最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

MOROCCO

2016年5月 4日 (水)

モロッコ 53 ドーハ→成田の機内で 男子がダウンする

添乗員を先頭にドーハ空港を端から端へ速足で歩いた。Img_2983

倒れた彼は乗れたのだろうか。
何も言わないからこちらも聞かなかった。<個人情報>って言われ兼ねないから。

.Img_2981
.
誰かが言った。
”乗ったようだよ。”
.
まあ良かった、良かった。
.

そして成田行きのフライトでは、若者がトイレの前の乗務員席でガタガタ震えていた。
.
まあーー。ドウシタノ!? 
ジャンパーをスーツケースに入れてしまい、さっきのフライトで風邪をひいてしまった。
熱があるという。
.Img_2989
”ヒコウキって寒いんッスネ。”
.
脂汗をかいていた。
ちょっとゴメンヨ ! と額に手を当てたら、確かに熱があった。
.Img_2999
.
まあ、カワイソウニ。。
.
スチュワーデスは<紅茶>を手渡した。
でも、心なしか遠くから眺めている。インフルエンザだったら大変だから、できるだけ近づかないようにしているようだった。
.
私だったら、(熱があるなどと)誰にも言わずに自分の席に留まるけれど。。
余程辛かったのだろう。
.

この男子とは羽田から話をしていたので、一番身近に感じていた。
私のダウンを着せようかと迷ったが、汚れてもいたので迷惑だろうと思った。

Img_2968.

”毛布を一杯貰って、ネテナサイ!”
.
.

Img_2982

.
成田到着後、真っ先に担当官がやってきて彼は後方の作業スペースへ連れていかれた。
検診を受けるのだろう。
.
私の荷物は早く出てしまったので、彼ら二人に挨拶しないまま空港を後にする。
それが心残りだった。

.Img_3007
 
.
それにしても29分の2の確率で機内で病気になるって。。
やっぱりユニークな連中の集まりだったのだろう。
実に楽しく、有意義な旅行だった。
.

エンジェル

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2016年5月 3日 (火)

モロッコ 52 カサブランカ→ドーハの機内 なんてことでしょう

なんてことでしょう。。 Img_2963_2
.
85歳女史が私を呼びに来た。彼女は私の3列後方。
.
”添乗員さんドコ?”
.Img_2976_2
.
さっき、トイレの前が騒がしかったが、どうもうちのグループの人だと言うのだ。
.
慌てて行った。
スチュワーデス3名に囲まれていたのは紛れもないウチの人。
”どうされたんですか?”
前向きに倒れたらしい。.
. Img_2972_3

顔面蒼白。鼻の上から血。
”酒飲んだんですか?”、”どのくらい 飲んだの!?”
エンジンの音に負けまいと私は詰問調になってしまった。
こんな気圧の低いところで何かあったらドウシヨウ。。
.
.
Img_7789
.
”飲んでないデス。ダイジョウブデス。。。 吐きたいんです。。”
そのまま通訳して待機する。
.
スチュワーデスが聞いてきた。
彼の名前は?年齢は?持病はあるのか?
.
そこで初めて、(ウワー。名前なんて。。知らないわ。)
. Img_2113
その内にグループの看護師2名がやってきた。
”脈は弱いが大丈夫です。 床に横になった方が良い。”
そこでスチュアーデスに掛け合う。
”この便は満席です。”
じゃあこの床でいいんじゃない?
”ここは緊急用なので物は置けません。ダメです。”
. Img_8568
.
この時点で女6名が乗務員席の彼を囲んでいた。
向かい席の大柄な乗客たちは、目の前が女の尻だらけでさぞ迷惑だったろう。
いつの間にか添乗員が来たので私は席に戻った。
.
看護師が引き揚げ時に、
”アレ。。(酒を)飲んでたわよ。おまけに、以前、軽い脳梗塞をしたみたい。。。”
.
ええーっ! (嘘をつかれた。。)
.
彼は結局、鼻に絆創膏を貼ってもらい、30分程休んで引き揚げた。
.
Img_8152
”医者がいるか?”のアナウンスが流れたが居らず、有事には地上の医者と対応を検討するという。
.
.
気分悪そうな彼に声を掛け、目の前で倒れられたスチュアーデスがお礼を言いに来た。
”もう、どうして良いか分からなかった。。アリガトウ。”
.Img_8861

.
その時に、先ほどの緊急時脱出口に物を置けない話から、
”彼にとっては今が究極の緊急時でしょう?<緊急時>には違いないのだから、全体の緊急時には<彼を動かす>ということで、上に掛け合って善処できないか?”と要求した。
.
彼女は、”仰ることは分かりますが。。無理だと思います。”
まあ、それがルールだから、しゃあないワネー。
私に出来るのはここまで。。
Img_8580
.
数時間後、私は映画<007 スペクター>を見ていた。
85歳女史がまたやってきた。
.
”あの人! トイレに入っている! 誰も付いていない!”
んっ !?
.

Img_8697

直ぐに言わんとするところは分かったので、私はトイレの前で彼が出るのを待った。
もし、10分以上出て来なかったら。。(大騒ぎをする。。。)
女史は振り返って私をずーっと見ていた。
彼女自身が見てれば良い事だろうが、"いざ"という時の為に私に声をかけたようだ。
.
数分で出てきた彼は”大丈夫だ!”と言った。
.

ドーハ空港での乗り換え時間は1時間。移動だけで終わってしまう。
”一緒に参りましょうか?”と声をかけたら、
”いや、ここで待ってるように言われたんで。。”
.
そっか。。
ドクターチェックがあるのかな。
出口には車椅子が置かれていた。
.

エンジェル

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2016年5月 2日 (月)

モロッコ 51 空港での買い物

日本を発つ時、搭乗通路でいつも自分が”戻って来る”のを想像する。Img_2937
10日間なんてアッという間だろうなー。
.
スグに私はココへモドッテクルノダ。。

(そして帰国時に、”ヤッパリ帰ってキタノダ。。”とデジャブを感じる。)
.Img_2939_2


楽しい旅行は”過ぎてみれば夢のよう”で、あっけなく<現実>に戻されてしまう。
.
カサブランカの空港へ降り立ったのはつい先日。そう、我々は下方の1階を歩いたのだ。
2階が出発ロビーなんだ。。とあの時に思った。
そこを自分が今歩いている。
旅の<魔法>が終わるんだ。。。
.

少し時間がある。
5-600円くらいの少額が残っている。買えそうな物がなさそうだ。
バラのキャンデーでもと思ったがコンビニが見えない。
.Img_2948
そこで民芸品の店に入り、”持ち金”を見せて尋ねる。
”これで何か買えるか?”
.Img_3332_2
.
YES ! と、グラスを見せてくれる。
これしか買えない。
.

コインが180円分くらい残った。どうにかできるかなー。Img_2943
と、本屋へ行く。
手のひらにコインを並べて”絵葉書が買えるだろうか?”
.Img_2950
スーツ姿のお兄さん。(ちゃんとした)店だろうから、ダメかな。。と思いきや、1枚買えた。
それにしても、正規の価格が幾らだったのか未だに分からない。
(価格を全てに記載して欲しいものだ。。。)
.
.
余ったお金(ディルヘル)は募金箱にと思っていたが、結局全部使った。
.
.Img_2947
ここの空港は”ユーロ”がメインだが、勿論ドル、ディルヘルも使える。
喉.が渇いたのでオレンジジュースをユーロで買う。
テーブルにグループの男性が3人いた。いつもは敬遠するのだが、座りたいので相席させて頂く。
.Img_2951.

そこでいろいろと話しかけられ、<年>の話になった。
あーら、 びっくり。
フラメンコのCDを買う為に前夜の夕飯をキャンセルした人は4歳上。
早口で滑舌の悪い人は2歳上。
右に座った大人しい方は1コ年下。
.
へええー!?。 
(まあ、どうでもいいっちゃあ、どうでも良い話だ。お話したのが最後の日でよかった。)
.
.Img_2949
ゲート前で兄弟参加の妹さんと<余った金>の話になる。
彼女も小銭を持っていた。
記念に持って帰りたいの? 
”否。”
.
Img_2959
.
私とほぼ同じ金額だったので、”カエマスヨ!”
さっきのグラスの店へ引っ張っていき、その後”アルガンの木の羊”の絵葉書を1枚買った。
.
彼女も使い果たして、”あー、嬉しいわ !”
.
.

エンジェル

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2016年5月 1日 (日)

モロッコ 50 猫 

ネコがのんびりしている光景は”平和”そのものである。Img_8727_2

先日、ネコ虐待男が捕まった。
チンケな奴。
いつも思う。虐待男は<同じ事>をされればよい。。
.
檻に入れて熱湯をかけたら少しは痛みがわかるだろうか。その熱で虐待の快感も焼き尽くされるだろう。猫のように死ななかったとして、その<激痛>に快感は無い筈。
優しさと想像力の無いイカレタ男。
.

Img_8326
Img_8369


Img_8266

Img_8158

.Img_8175 Img_8227

Img_1096_2

 

 

屋根の上から覗き込んでいるのは犬。

この手編みの帽子は実に可愛らしかった。

シャウエンの猫が一番のんびりしていて、フェスでは街の喧騒に隠れているようだった。

 

Img_1169

 

Img_8791_2 Img_1203

Img_1179

Img_8296

砂漠地帯では殆ど見かけなかった。ネズミさえもいないのかも。。

 

Img_8107_2

マラケシュでは旧市街でも全く見かけなかった。

Img_8206_2

.
ツアーの参加者、特に若者と添乗員が<猫好き>だった。

彼らの猫をあやす言葉にマスマス癒される。

.

.

エンジェル

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2016年4月30日 (土)

モロッコ 49 運の強い添乗員

何やかんやで、モロッコ最終日。Img_2844
カサブランカの空港まで240キロを走る。
本日は<見学>はない。
休憩所はオレンジ色のカフェ。新しくて綺麗。裏口から庭に出て周りを歩く。
.Img_2846

面白い建物がある。なんだろ?
トイレではない。。。
.Img_2847
そこでマークを見て分かった。
モスク。
男女別の礼拝所だ。
.Img_2849
Img_2848
戸口に絨毯が立てかけてあり、子供の遊戯場の塀にもズラリと干してあった。個人のスペースに分かれた”大部屋用”だ。
. Img_2853

 
最後の休憩を終えて、誰からともなく、バスの前で記念写真を撮り始めた。
そっか、次は空港だ。
一期一会。
ここで運ちゃんとガイド助手とはお別れだ。
結局、参加者全員の写真は一枚も撮らなかったなあ。。。
.Img_0983
.
旅の終わりには”旅”を振り返るものだ。
.
マラケシュへの峠越えがうまく行った時、添乗員がしみじみと言った。
あんまりしみじみしていたので、聞いているこちらもしみじみしてしまった。
(私はその考え方は違う!と異議申し立てをしたかったがやめた。メンドクセー。。。)
. Img_0917.
彼女は、
.
”私は本当に恵まれているんです。他のグループで色々と問題が起きても、私のグループは不思議とそれらをうまく切り抜けられるんです。
.
Img_1575

二年前の水害時、”後続”のグループがもろに影響を受けて、旅程が変更となった。
パリではこれを逃したらスケジュールが全部狂うという<列車>へ交通渋滞で間に合わないかと思った。
でも、”誰のでも良いからスーツケース1個を持って駆けろ~!”と指示して、間一髪乗車できた。乗客の連携プレーが素晴らしかった。
まさに奇跡なんです。”
. Img_1202
.
ここまでは、”ふむふむ。。ラッキーな 体験談!”だったが、次の言葉で驚く。
.

”私は運を全部<仕事>に使ったので、<プライベート>がついてないんです。
皆さんも、今回、大分運を使いましたから、今年は宝くじは買っても当たりませんよ。”
.
Img_0372
.
そりゃあ、ないだろう。。
今回、うちらのグループが運が良かったとして、それは全部”彼女の運”におんぶした訳じゃあない。29人全員の運を少し使っただけのこと。
.Img_1502.
それに、彼女の”私的”に幸せかどうかって、多分独身でいることだと察するが、<独身イコール不幸>という発想に至るような人とも思えなかった。
(だから、ふと気が弱くなってしみじみしちゃったのだろうか。。。)

. Img_8045
添乗員さん。
あなたは素晴らしい。
溌剌として、いつも力強く、適格な指示をし、丁寧な言葉で我々の面倒をよく見てくれ、<知識>を分けてくれました。29名は大いに笑い、楽しみ、学生には良い卒業旅行となり、それ以外には穏やかで満足度の高い、忘れ得ぬ旅となった。
.
Img_9128.

とても<徳>を使い果たした人のようには見えません。
<徳>は使えば減っていくけれど、日々の”善行”で蓄積できるんだそうです。
貴方にとっては”単なる仕事”かも知れないけれど、この10日間は我々に”善き行い”を実践してくれたようなものです。
全員が貴方に感謝して、その<感謝の気持ち>は貴方の徳へと繋がっている筈。 .

”宝くじを買っても当たらない!” なんて。。言わないで頂戴。

それだけが楽しみなんだから。。。
 
 

エンジェル 

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2016年4月29日 (金)

モロッコ 48 ファンタジア 騎馬ショウ

観光案内書を見た。面白そうだ。。。
オプションにはないのでホテルに直接申し込む。 Img_2694
ドリンク付き、送迎付きで450DN。(約5,400円)
.
Img_2662
.
ところが時間になっても迎えが来ない。たまたま別の日本人グループが出かけたが、そのバスは”貸し切りです!”と言われた。
.Img_2709
ホテルに確認したら、どうも忘れていたようで、10分程待たされてから
”車が故障して運転手が迎えに来れない。。”とバカな事を言った。

”何イッテンノ? ふざけんな!”とここで切れた。
. Img_2711
.
こういう時は”うわーっ!”と喚いた方が勝つ(と聞いている)のでガンバル。
.
タクシーを出させる。(トウゼンだ。)
帰りに迎えに来いと言ったら、電話しろというので”冗談じゃネエ!”と運ちゃんに息巻いた。
ナゼ ワタシがそんな事をしなきゃいけないのだ!ショウの終了時間に迎えに来い!
.
運ちゃんに今までの状況を説明する。
これこれこれでこうなのよ! ホテル側、ひどいでしょ!
.
Img_2716
運ちゃんは”マアマア、落ち着いて!” と笑った。
(日本人が切れているのを見たことがないらしい。)
.
”何がオカシインダ、コノヤロー!”
. Img_2723
.
会場の主任らしき男に私を引き渡す形になった。
.
テントに案内され、
”スープ、羊肉のタジン鍋が出ます。飲み物は別料金です。”
”エッ?!”
..Img_2744
Img_2721
.
ここで私は大いにむかついた。
と言うのも、申し込んだ時点で”ドリンク1杯つきです。”と言われて、食事を済ませていたのだ。スーパーで購入したパンに生ハムに牛乳にチーズにフルーツ。
.Img_2761
そこで主任にそれを説明した。
彼が間違えていると思ったから。
そして支払った金額を言ったら、
”それは食事付きです!”
.Img_2755
.
”エエーッ!!”
まあ。。。あのホテルの受付ヤロウ。
こちらが女だからって、アジア人だからって、上から目線で上品ぶって、そして”いい加減”なことを言いやがった。。”パンフレット”も領収書もくれなかったが、私は彼を信用したのだ。
添乗員が”一筆書いて貰え!”と言うので要求したら、不愛想な女が<メモ書き>をくれた。。。
もし、これが無かったら、夜はシフトが変わっていたから金だけふんだくられたのかしら。

.Img_2758
折角(?)だからスープだけでも貰おうかと思ったが。。
胸いっぱい、腹いっぱい、ムシャクシャいっぱいで、
もう。。喰えない!
.
Img_2637
.
”じゃあ、コーヒーを!” と注文したら、”無い”という。
なんで無いの?
何かを言ったが理解できなかった。
.
もう、どうしようもない。。
私の<不快>のツボがひとつづつ押されていくようだ。
.
時間になったら戻る!と言い置いて、表に出た。Img_2706
そのレストラン(テント)に座っていたら、私自身が爆発しそうだった。寒かったが座る気分でもない。入口の(セットの)城壁内の展示物を見て時間を潰す。
.
主任が探しに来た。”何処にいたんだ、サガシタヨ!”
(知るか!未だ時間前じゃあネエカ。。)
.Img_3312
.
何か飲む?
”要らねえ!” 
私は余り金を持っていなかったので、ここで遣いたくなかった。それに、そんな事をこの男に説明するのも嫌だった。
5600円払って飲み食い無しって。。。ドンダケ?
.
. Img_3308
結局、帰りは主任の車で送ってくれたが、私も彼も終始無言。彼に責任がないのは百も承知だが、話すのがメンドークサかった。
彼のご機嫌を伺う必要もないし、私がムカついている事を知ってもらって構わない。
Img_2774
.
それに、この男、以前ラスパルマスで私を虚仮にした日本人によく似ていた。顔が似ていると笑顔や話し方まで似てくる。
(これも不快のひとつ。)
.

とにかく寒い。
火にあたっていたら、タンバリンを持った男たちが手と楽器を温めに来た。
Img_2776
このショウは(絵葉書のように)昼間のほうが迫力があるようだ。
数名が全速力で疾走し空砲を撃つ。
その瞬間は”はらわた”をグッと捕まれるようだ。
そしてベリーダンス、アクロバット騎馬、市民と楽団の行進で約1時間で終了。暗くて写真が撮れない。
音楽に合わせて、観客が躍る。ノリの良い音楽だ。
.
Img_2781
.
帰国して、ホテルに文句を言った。
嘘を言いやがって酷いじゃないか、折角のマラケシュの夜を台無しにされた。
それだけでは迫力(?)がないので、最後に決まり文句の”金返せ!”
.
やっぱり三流ホテルだ。
返信が来ない。
謝ることは非を認め支払いに応じることになるから、簡単に謝罪なんかしやしない。
女一人だからってバカにして。。
.

エンジェル

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2016年4月28日 (木)

モロッコ 47 マラケシュ ハマム モロッコ風呂

フェズのホテルでハマム(モロッコ風風呂)を申し込んでいた。Img_9239
でも突然の断水でキャンセルとなってしまった。
Img_9241

レストランの隣の”SPA”。
帰り支度の女史にお願いして中を見学させて貰った。
彼らも商売あがったりで、早退するところだった。

Img_9243

パンフレットを手に取って見たが、何か変。
モデルが男なのだ。
長い髪の方もどう見たって男じゃあないか。。。
そうよ。。イスラムだから。女性の肌は出せないんだ。。
Img_3533


シャウエンの街を散策中に薪を積み上げた家が有った。
ハマムだという。
しかし外国人は入れない。
料金は100円もしなかったようだ。Img_4537
.

ホテルでは20倍以上となる。
マッサージ込みで400-500DH (5-6000円)
まっ、観光客だし、設備と対応が異なるのだろう。
Img_8303


そんな訳で、ハマムをやっと”マラケシュ”で体験できた。
.
先ず、素っ裸で腰かける。(トルコ風呂では布を巻いた。)
頭からボールで掬ったお湯をザバーッと掛けられる。(まあ、乱暴な。。)
この時、バシャバシャとお湯を掛けられ、私は水をペッペッと吐き出す。
(こんな所で溺れてはイケナイ。。。)
Img_2622
彼女は洗い流しながら脇の下をチョコチョコ、”乳”の下をチョコチョコ。
そしてお臍に指を入れてチョコチョコ。
これらを3度繰り返され、私は堪えきれずに笑い出した。
Img_2627

それから大理石の上に仰向けになる。
この時布を載っけてくれれば良い物を、そんな<手ぬぐいサイズ>のタオルなんて無いだろうし。。
相手は20代の女子だし。。まあ。。しゃーないか。。
Img_2505
アー、こうやって羞恥心が失せて行くんだわ。。。

Img_2628_3

.
うつ伏せで20分待てという。大理石の下から熱が伝わってくる。
岩盤浴みたいなもの。

そして優しいアカスリ。
専用の手袋で擦るが韓国程の強さは無い。

Img_2578
次にガウンを着てマッサージ室へ移動。
マッサージというのは<体を撫でる事>。
体に何かを擦り込んでくれる。

”バラの香りのアーガンオイル”
実に気持ち良い。

Img_2527


香りがまろやかで、この香りは丸一日私の体から発散していた。
そうだ。
嘗てアラブ系の人からほんのり感じていた匂いはこれだったんだ。
.


トルコ風呂のように泡が背中でピリピリと弾けていく不思議な感覚はなかった。
寧ろ大雑把な三助に油を塗られたというところだろうか。

Img_2592

翌日、70代の男性に聞いてみた。
丁度、入店時に彼がハマムを終えて白いガウンでマッサージ室へ向かうのを見かけていたのだ。
.
スッポンポン?
”いや、”
彼はパンツを穿かされたそうだ。

Img_2594

頭部側から背中をマッサージされた時に、彼女の豊満な胸が頭にぶつかった話をしたら、彼は”そうだな。。。”とニヤリとした。

我々のグループで体験したのは二名のみだったが、お互いにゆったりした時間を過ごした。

エンジェル

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2016年4月27日 (水)

モロッコ 46 男社会

イスラム社会は<男性社会・女性蔑視>のイメージが強い。Img_8315
.
でも、多かれ少なかれ女性蔑視はどこの国にもある。
.
Img_8444
.
それは歴史の中で形成されてきた肉体的<違い>でもある。
狩猟民族では”食料調達”という大事な仕事は男、女性は部族繁栄の為に子を産んだ。
.
.Img_8684
カフェテラスで通りを見ているのは男ばかり。
.
Img_2128
.
女性は禁止されてでもいるかのように、ゼロである。
人前に出るなどもっての外なのだろう。
”店内”から男性と一緒に出てきたのを数回見た。Img_1830
女同士では居なかった。
<女性保護>の意味合いもあるのかも。
.
Img_8922
.
男たちは会話に興じている訳でも無く、所在なさそうに通りを見ているだけ。
一杯のコーヒはあっという間に終わる。Img_1827_2
飲むでもなく、食べるでもなく、話しするでもなく。。週日だというのにボーっとして。。
失業中なのかしら。
.Img_2421

.
コート姿の老人たちは年金受給者かしら。
話し込んだ”会話”の中身を想像する。
フードを深く被り、俯いているのは居眠りをしているようだ。
. Img_1802

.Img_2326


若者が週日カフェに座っている光景に私はいつも軽い憤りを覚える。
働けよ。
ボランティアで道路の掃除でもしろよ。。
.
.Img_2338
そして思い出した。
嘗て同じような光景を見た。
そう。。。メキシコと中国。
なんだ。。”宗教”は関係ないんだ。。。
.Img_2359
.
添乗員が、”イスラムの女性はとっても働き者です!”
.
そうだ。
外に出ないということは 家の中で働いているということなのだ。
.

ひたすら食べて、太って、家の中でゴロゴロしているのは。。
(あらっ、 アタシ だわ。。。)
.

エンジェル 

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2016年4月26日 (火)

モロッコ 45 マラケシュ 土産物屋

先ず、連れていかれたのは金細工の店。Img_2377
.Img_1881
真鍮、銀、錫などのお盆、お茶セット、ランプ等と物が大きいので興味も湧かなかった。
.
.Img_5713
ファティマの手。
イスラム教、ユダヤ教の<魔除け>のお守りが壁にずらりとぶら下がっていた。
小さいのから大きいのまで。
. Img_2380.
(もう、一つ持ってるわ。。)
エルサレムで買ったブレスレットの留め金がファティマの手。手の平の穴に棒を差し込む単純な形だが、その棒にはオリーブの枝を咥えた鳩がいる。
<魔除け>と<平和祈念>と。。
私のお気に入りだ。

.
. Img_2379
集合時間近くに壁のピアスケースが目に入る。
その中に銀の<涙型のピアス>。可愛いのだが、自分でも”とても欲しい!”んだか、”あれば面白い!”程度の興味なのか分からなかった。
価格も高い。
Img_2378
.
バスに乗り込む時、”600DHまで下げるよ!” と追いかけてきたが、”もう一声!”が無かったので辞める。
. Img_1106
それにしてもタイミングの悪い男だ。
5分前にそう囁いていたら買ったのに。。
.
その為に<出発時刻>を遅らせる訳にはいかないではないか。。。
(半分、自分への言い訳)
. Img_2386_3
.
次に大きな土産物屋。
入り口のライオン像は正面を向かず、我々を見上げる。眉間の皺が悲しいんだか甘えているんだか。。
.
絨毯、家具、革製品、銀細工、アクセサリー、小物、etc.
モロッコの全ての製品が買えるようだ。
3階まで一気に案内されてから解散。
.
よーうし、先ず近所の銀行で両替ダ!と降りる。
そして。。迷子になる。(私としたことが、どこの階段で上ったか覚えてなかった。。)
.
レジに辿り着いたら、その店での両替が可能だった。Img_2385
. .

ランチョンマットより大き目のシンプルな手織りの絨毯が欲しかった。アイト ベン ハッドゥで見かけたラクダの図柄を探したが無い。Img_2381
.
”欲しいものはその場で買うこと!”
国は広い!同じ物は見つからない! と、九寨溝でガイドに言われた事を思い出す。
(そのとおりだわ。。).
 
.Img_3939_2
そのうちに(絨毯は嵩張るから)メンドクセー。。と諦める。
壁掛けバブーシュは”バルサ”が無い。
アクセサリーはまがい物の石が多い。
.
結局、最近集め始めた”スノウボール”を購入する。
.
 
. Img_3437
 
.
”入口”で皆が集まるのを待つ。
そこには家具・ドレッサー・鏡が壁一杯に並んでいた。
白い模様は<ラクダの骨>の象嵌。
へえーー。
.

Img_2388
.
向かいの店”DETOX JUICE"では観光客が美味しそうに飲んでいた。
あら。。
私も飲みたいけど、あちらはこれから注文する人が3人いる。
直ぐには出来ないわね。。。

.Img_2400

そして、街のスーパーへ立ち寄る。.
最近のツアーはスーパーへ連れて行ってくれるから嬉しい。
.Img_2396

.
ここは小さくて日用品と食料がメインだった。
コジャレた土産物はなかった。

探し物が見つかった。良かった! 
他宗教の人の為に(フランス製の)生ハムがあった。。。
.
午後のフリータイムはホテルで過ごし、ショウの為に夕飯をキャンセルしたから、これが私の夕飯となる。
.

エンジェル 

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2016年4月25日 (月)

モロッコ 44 マラケシュ 旧市街 いちじくの思い出

高い塀の向こうから大きなイチジクの木が通りに顔を出す。
Img_2339若芽がほんのり付いている。


Img_2351
.
こちらのイチジクはトロイで見かけたように枝先が細かく分かれている。
実は小粒で丸い。
.
.Img_2366
Img_2354

.
街路樹のオレンジと同様に、旅人が食すことも出来たのだろう。
.
イチジクは私の好物。
Img_2365 乾物屋の右下の数珠ツナギが”干しイチジク”。
.Img_1859
 
.
懐かしい思い出がある。
実家には4本の大きなイチジクの木があって、毎日、次に採れる実をチェックした。
収穫するのはじいちゃんと私だけ。Img_2152 .
.Img_2364

.
スペインでもイチジクの季節は嬉しかった。
二種類ある。
鮮やかな”緑色”と黒に近い”茶色”でどちらも小粒。
.Img_2361
緑色は外見からは想像できないほど甘い。
値段も高いが、これが<一番>美味しいイチジクだった。
.
Img_2358_2
.
旧市街の赤い壁の色合いは柔らかで、面白いのは”戸”の装飾。
木に鋲を打った重厚なもの、黒・灰色に塗られた金属製、木製のもの。
そこに幾何学模様が描かれ、シンプルな鉄棒で模様を乗せる。
.Img_2389
Img_2360
.

フェスでもそうだったが、屋上に林立する白いアンテナは”丸顔の人”が笑っているようだ。
.
この”とぼけた”感じが好きだ。
.

 

エンジェル

 

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

より以前の記事一覧