最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

MEXICO

2015年12月 5日 (土)

メキシコ 53 空港 ハバネロ味のインスタントラーメン

カンクン空港で面白い色の塩入れを買う。Img_0171

全て順調で、メキシコシティー空港でも十分な時間が有った。機内食まで時間があるので、何か軽い物を食べたい。。
.
仲間と空港内をウロつく。
サンドイッチは欲しくない。。コーヒーじゃ足りない。。
そこで、コンビニで<インスタントラーメン>を発見した。

”ハバネロ味ヨ!”
食べよう!
Img_0173

.
そんなに辛くない。
最後までメキシコを楽しむ。


今回の最後っXの買い物は真珠の指輪。
何でなんだろう。。。
もう少しでこの国を離れると言う時に、何か買わなくてはいけない衝動に駆られたのだ。
なまじ空港で時間があって、小銭があるのも考え物だ。
Img_0219

帰りはモンテレイ経由だった。モンテレイなんて聞いた事が無いといったら、メキシコ第2の都市だそうだ。
隣の女性はCAの妹で家族で東京見物。席が2・1に別れてしまったが、私が変わってあげて解決するものでもなかった。

Img_0590
.
モンテレイで小柄な金髪女子が窓際に座った。

日本まで何時間かかるんだっけ?と隣と話した。12時間?
”14時間ダヨ!”と窓際女子が言った。
彼女は奨学金を受けて台湾へ留学しているロシア人。英・西・露・中国語も話すという。
スゲエ。。。
そこで3人でぺちゃくちゃと話をする。

私はカンクンからもう何度も見ている映画”Night Museum”を見始めたが、2回目のフライトでも見終わらず、やっと3回目で完了した。
Img_0608
後ろの席でざわざしている。
何?
”訳してください!”

CAが”カップルの為に席を変わってあげてくれないか?”と男性に打診した。
彼は”NO!”と答えた。

後で聞けば、彼はモンテレイまでに一度席を交換しているというのだ。CAはそこで交替していたから、その所の事情を知らない。
”二度もなんて。。ええ加減にせい !!”
(その通りだ!)
.

もう一度行っても良いと思ったけれど、帰国後2週間は膝がガクガクだった。恐るべしピラミッド。。
友人の子に買った靴。
何を間違えたか。。男児なのに私はピンクの靴を買ってしまった。。。

エンジェル

こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2015年12月 4日 (金)

メキシコ 53 トゥルム遺跡

一路南下してトゥルム遺跡へ向かう。Img_9599
途中、Playa del Carmen を通過する。
(あっ、私が世話になったブエノスアイレスの友人の子供たちはここで働いているんだ。。)

.Disfrutando_del_agua
.
夫婦は二人を養子にした。優秀な子供達で大学まで行かせて貰ったのは良いのだが、就職先が見つからず、妹も兄を訪ねてメキシコへ渡った。
.
何とも皮肉だなーと感じた。同様の話を思い出す。Img_9614
アルゼンチンへ70年も前に移住した夫婦。
苦しい生活だった。
夫に先立たれ3人の娘の内、2人は結婚と就職とで日本へ渡った。そして一人は病死した。
老母の心の内を思っていたたまれなかった。

Img_1984

.
人生ってあっけない。。。
子は親離れしていくものだから、生活を他所の土地へ求めて行くのは不思議ではないけれど、あまりにも遠くだ。
親は寂しいだろうなー。
私も親をそんな気持ちにさせたのだろうか。。

Img_1983

.
トルム遺跡は海沿いに開けた公園だ。
ジャングルが無い分、とっても明るい。
平坦なので歩き易いし、海風は気持ち良く、カリブの海は深い藍色だった。

エンジェル

こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2015年12月 3日 (木)

メキシコ旅行 52 失くした物

浜辺を散歩する。Img_9815
折角来たのだから、歩いて海に触っておかないと。。
ペリカンが数羽居た。
野生のペリカンって。。凄い。。
カンクンの入り口の建物に大きなペリカンの絵が有ったっけ。
.
Img_9612


.
満ち潮が削り取った浜辺には海藻の長い筋と大きな<段差>があった。
それを越えようとして、砂が崩れた。
不覚にも、カメラのレンズを開いたまま砂に押し付けてしまった。
.
レンズが開かなくなった。Img_1902
ホテルでバカチョンを探したが、水中用しか無かったので諦めた。
まあ、しゃあない。
(今から思えばそれでも良かったんだけど。。)
.Img_0225
 
.
ぶらぶらとホテルのショップを見に行く。
オパールのイヤリングを買う。
私は<メキシコオパール>と<ブラックオパール>を混同していた。

”これがメキシコオパールです!”と見せてくれたのはオレンジがかった飴色。
”乳白色のこれもそうです。どちらも<透明感>があります。。”
.Img_1982
この時、母の指輪(白系)と姉の婚約指輪(オレンジ系)は<メキシコオパール>だったと気が付いた。

ユーロとドルとペソを混ぜて使ったので、店員の伝票作成に時間がかかる。
Img_1906

私はひとまず部屋に戻り、チェックアウト時に引き取りに行った。
ついでに指輪も買う。

これを日本でオパールに詳しいという米国人に見せたら、”これは貝殻のようなものダヨ。。”
(ウルセエ!!)

Img_8907
今までの旅行で物を壊したり、失くしたりはしなかったけれど、今回は幾つかあった。
.
Img_1978
.
パールのピアスはセノーテに沈み、お気に入りのパナマ帽はランチのテーブルの下に忘れてきた。
誰かのガイディング レシーバーを拾ってあげたのに、自分のを紛失した。バスにもホテルにも無かった。
そして今、カメラを壊してしまった。Img_1980    

.
ピアスは記念に、帽子は誰かが使うだろう。
レシーバーは8,500円を弁償した。
カメラは修理をすればよい。
(この旅行、色々とあったわね。。)

.
そして、ふと思った。
”物”は失くしたけれど、でも、”命”は失くさなかった。。

エンジェル

こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2015年12月 2日 (水)

メキシコ旅行 51 カンクン 酔っ払い

朝食に行く。
海を見下ろす景色の良い部屋だった。Img_9794
ビュッフェ式で、席は数段上がった所だったから、料理をとってはいちいち階段を上らなくてはいけない。

その時に昨日話をしたイギリス女性(多分)に挨拶した。
”Hay, Good Morning!"

Img_9805

彼女は不思議そうな顔で私を見た。

やっぱり。。
昨日の事を覚えていないんだわ。。。

.
我々がプールサイドを行列を作って歩いた時、ビキニ姿の40代、小柄な金髪女性が、”クワッ!クワッ!”とアヒルのような声を上げガニ股で歩きながら、仲間に絡んで(話しかけて)いた。
我々を馬鹿にしているのかと思ったので、 Img_1988
”どうしました?”と冷たい目で見たら、それに気づいたかどうか、”アヒルよ! クワッ!クワッ!よ。えへへ。。”とゴム草履をぎゅぎゅっと押し付けながら数歩歩いた。

面白くなさそうに微笑んだ私に、お決まりの
”どっから来たの?チャイニーズ?”

Img_9822
.
我々の中にそのような歩き方をした人が居たとしても、幼稚で失礼な奴だ。
適当に話して礼儀正しく”ゴキゲンヨウ!”と挨拶をした。
(ったく、酒ばっかり食らって。。アル中女め。。).


私は彼女をよく覚えていたので、挨拶したのだ。 Img_1979
”おはようございます!”

彼女は覚えていなかった。 
”アヒルのクワッ!クワッ!ですよ!昨日、プールサイドで。。”
Img_1977

.
”あー”と彼女は言ったが、思い出してはいなかった。記憶なんてそもそも無いだろう。酔っぱらってフラフラしていた女。

.
席に戻りながら思った。
あの顔にはアルコールが大分残っていたなー。
彼女はその日も、あくる日も、滞在中はずーっと飲んだくれているのだろう。

エンジェル

こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2015年12月 1日 (火)

メキシコ旅行 カンクン San Telmo ウエイター

マネージャーが”ちょっと寂しい席だけれど。。” と言う。Img_9773
何のことかと思ったら6人掛けの丸テーブルに私がひとりで座るのが”寂しい”と思ったらしい。
(一人飯は慣れているのヨ。。)
そんな事は全く気にならない。

Img_9774

壁に背を向け部屋を見渡す。
35席ほどの小さなレストラン。 ヨーロッパ系の40-50代の夫婦が殆どで子供はいない。

注文を取りに来た担当のウエイターは色黒のマヤ人。。
テキパキしている。Img_9776
プロボローネ(チーズ)の焼いたのがある! チョリッソも!
どちらも前菜で食べたいけれど、ポーションはどのくらい?
” 両方イケルヨ。”
.  
Img_9777
.
チーズもチョリッソも通常の半分以下の量だった。 丁度良い。
ステーキ(Bife de chorizo)も通常サイズより小さい。
それほど柔らかくはなかったけれど、私は食べながら胸が一杯になって不覚にも涙が出てきた。
食べ物に感動して泣くなんて。。(私もヤキが回ったという事かしら。。。)
Img_9781_2
食べ物にしか感動しない自分って、恥ずかしい事ではないけれど、決して威張れることでもないわねえ。。。
(最近、カンドウが少ないのだ。。。)
.
Img_9782_2
.
ペロッと平らげて、デザートをアイスクリームにしたら、アルファホーレス(お菓子)がついてきた。これも感激。

胃は満杯だった。
マネージャーが聞きにくる。 ”いかがでした?”
私の笑顔を見たら、彼も満足のようだった。 Img_9784

そこで Dulce de Leche の生菓子の話をしたら、似たのが有ります!と、そのソースを持ってきた。分厚いクッキーとココアと共に。。
(ゲッ !)
苦しいと思いながらも食べた。

Img_9779
.
担当と話をする。 翌日にトルム遺跡へ行く話をしたら、
”僕は休みによく行くよ!自転車で!近道があるんだよ!”
へえー。
ジャングルのマヤの道を行くのだろうか。

対応がとても良かったのでチップを渡すことにした。
ところが彼が中々厨房から出てこないので、同僚にカルロスを呼んでくれない?と言ったら、
”カルロスはマネージャーで、担当はオスカルだよ。”
Img_9780
”あの アリ だろ?”
蟻?
”そう、 蟻!”

そこで二人で笑ってしまった。。
.
なるほど、オスカルは蟻のように<小さな男>だった。
仲間内ではあだ名で”オルミーガ(蟻)!”と呼ばれているんだそうだ。
.
VIVA ARGENTINA!


エンジェル

こちらも書いてます。

 
 
 
(Angelaの簡単スペイン語)
 

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2015年11月30日 (月)

メキシコ旅行 50 カンクン アルゼンチン料理

館内見学後にSan Telmo へ戻った。Img_9651
予約をしたら満席だという。
えーーーーーー!!
.   

Img_9653_2
.
”明日以降では如何ですか?”

明日帰るのよ。。。。

思わずスペイン語で(それまで英語)腹の底から絞るような声が出てきた。
”お願いだから、私にアルゼンチンの肉を食・わ・し・て・頂戴ぃぃぃ。。”

.Img_9801_2
女性とマネージャーは私の迫力ある低い声に吃驚したようだ。
Img_9789
そこで一席ぶった。
”アルゼンチンに住んでいたのよ。もう30年以上もアルゼンチンの肉を喰っていないのよ。
日本では食べられないの。それがここで食べられるなんて、私の喜びは如何ばかりか想像してください! たった15時間の滞在で私は明日日本へ帰るのよ。
オ・ネ・ガ・イ・ダ・カ・ラ 肉を喰わせて頂戴!! ”

.Img_9803
自分でもこんな声が出せるんだ。。”深い思い”の詰まった声で淡々と喋った。
まさに<哀願>だった。
(こんなに哀願した事なんてナカッタ。。それも食べ物に。。)

Img_9799
.
粘り強くその場を去ろうとしない私に根負けしたようだ。マネージャーが、
”分かりました。こうしましょう。あなたは隣のレストランへ入って、そこからウチのメニューを注文すればよい。”と隣までついてきてくれた。
彼に話を付けておいてもらう。
Img_9772_2
私はひと風呂浴びてゆっくり休み、寿司をつまんで8時過ぎにレストランへ行った。

ただ、席が空いていないのでカウンターで待てという。
ジントニックを飲みながらふと見ればカウンターの右手のガラス張りの部屋で仲間が食事をしていた。
.
Img_9770
まあ。。彼らは1時間前に始まった筈なのに。。まだ食べて居るんだわー。

そのうちに仲間が私に気づいて数名が手を振ってきた。
(私はメキシコ料理はもううんざりなのよ。。) Img_9745

カウンターの隣には席待ちの<カップル>が居た。
(あーあ、声をかけてくるような独り者はいなかった。。)
.
20分ほど待たされた。
そうしたら、San Telmo にキャンセルが出たからいらっしゃいという。
私は大喜びでついていった。

エンジェル

こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2015年11月29日 (日)

メキシコ旅行 49 カンクン 寿司カウンター

ホテルの向かいはヨットハーバー。Img_9752
ぶらりと散歩に行く。
仲間はショッピングセンターに出向いたようだ。
.
Img_9754

夕飯までは1時間以上ある。
バーの隣の寿司コーナーで幾つかつまんで行こう。
丁度、人も居なくなったのでゆっくりできる。Img_9756
.
”こちらでは<冷凍>のまま寿司が出てきます。”とガイドが言っていたっけ。ショウケースには巻物やデザートのようにトッピングした理解しがたい物もあった。
Img_9762
.
マヤ人の職人は握ってはいなかった。
(或いは彼が握ったものを冷凍しておくのかもしれない。)
.
30度越えで生ものはなんとなく敬遠する。Img_9766
トビコ巻き2個とタコ2個を注文する。
.
Img_9763
.
これまでもそうだったが此処でも”スペイン語を話すの?”と驚かれる。
そして笑顔で話しかけてくる。
私にとってメキシコ旅行は<スペイン語研修>みたいなもの。ガイドは現地人であって欲しかったがそれは叶わなかった。
練習する機会が殆どないのが残念だった。Img_9764
.Img_9768

”どうしてスペイン語を話すのか?”
ああだこうだと言いながら、気が付けば皿にはトビコ巻き一本(4個)が盛られていた。
(えっ? 2切れでいいのに。。一本が単位なのか。。。)
Img_9750
”もっと要らないの?”
夕飯にしては少ないと思ったのだろう。。”もっと要らない?”
何処で握るのを覚えたの?
”人がやっているのを見て覚えたんだヨ。。”
.
Img_9760
そうよね。
何も寿司屋に弟子入りする必要は無いのよね。<見て覚える>のだ。
母親が作っているのを見て料理を覚えるのと同じ事だわねえ。
.
肌の色が近いせいか、我々に親近感を覚えるようだ。Img_9758
そもそもマヤ人は人懐こい。
こちらのバーマンやウエイターは黒いネットを被っている。
髷に被せる薄いネットのようなもので頭全体を覆う。

Img_9769
.
髪が落ちない為だが、彼らは他の国でも同様だろうと思っている。
でも、私は初めて見た。(否、昔のイタリア映画で見たかもしれない。。)
清潔感があって、黒く細い<線>が生え際にスッと通っているのは格好良いものだ。
カウンターでジントニックを注文する。
ヤバッ。。
お腹が一杯になってきた。。

エンジェル

こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2015年11月28日 (土)

メキシコ旅行 48 カンクン San Telmo

到着後、館内の説明と案内があった。Img_9631
ここは宿泊に飲食代全てが含まれている。

Img_9638
.
所詮、15時間の滞在ではそんなに飲んで食えるものではない。。
家族、食べ盛り、飲んだくれにはお得かもしれないが。

.Img_9640
さっさと部屋に入りたいのに、ガイドは我々を館内ツアーへ連れていく。
手荷物を肩から下げた日本人団体がプールサイドを練り歩く。
水着姿で遊んでいるヨーロッパ人の間を行列作って歩く様は恥ずかしい限りだ。場違い。
.
Img_9642
.
こんな必要があるんだろうか。
地図を渡してくれれば済む事なのに。。
もっとスマートに行こうよ!
高級ホテルなんでしょ?
それに相応しいリゾートの恰好で歩きましょうよ!Img_9643
迷子になったらなったで、ルームキーを見せれば書いてあるじゃあないか。”サウス タワー”って。
.
Img_9647
.
”ここはイタリアン レストランでドレスコードがあります!”
ドレスコードといっても短パン、サンダルが駄目で、ジャケット着用といったもの。。


その隣に”San Telmo”という看板が見えた。
私は飛び上がって喜んだ。Img_9650
ガイドは”ここは何のレストランか?”と店に訪ねたが、”San Telmo” といえばアルゼンチンの旧市街の名前。 
”ザ アサクサ” みたいなものだ。
.
Img_9656
.
私は行列の最後だったので、受付台にいた女子に訪ねた。
”ここはアルゼンチンの肉を出すのか?”
そうだ!と言うので私のテンションが上がった。
.
結局、あれだけレストランを説明したのに、ツアコンが”今晩の夕食を<別なところ>で摂る人?”と聞いてきた。
”?”
(なんなの? さっきの行列は何だったの? 最初から21名で既にレストランを予約しているの?)

.Img_9657
手を挙げたのは私だけだった。
(皆、英語を話していたじゃあないの。もっと、冒険しようヨ!)

エンジェル

こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2015年11月27日 (金)

メキシコ旅行 47 カンクン ホテル

いよいよ最終地のカンクンへ向かう。Img_9596
私の友人3名は既に遊びに来ていた。
二人は新婚旅行、もう一人は留学先のUSAから奥さんと遊びに来ていた。
.

Img_9609

いつだったか、(行ったことの無い)カンクンの夢を見た。
”蛇”という地名ときいていたせいか、それはとても奇妙な夢だった。
景色は夜。
鬱蒼と茂る林の中に小さな田んぼが沢山拡がっている。
漆黒の水面がきらきらと原油のように反射して、私は畦道を歩いていく。
Img_9607
蛇がたくさんいるんだろうなー。嫌だなー
そう思いながら数名でいく。。チェックインする宿を探している。そこは”温泉”のようだ。

Img_9620
.
夢の中でも湿気があり、気温が高くて何しろ気味が悪かった。
でも、ヘビは見なかった。。。

現実のカンクンは300~500メートル幅の半島で、ホテルが両脇に立つリゾート地だ。

<一人で行くところではない。>
やっぱ、ハネムーンだろうなあ。。。
ガイド曰く、半年ごとにホテルが増えている。Img_9616

Img_9635

.
メキシコでは大統領は任期中に必ず大きな事業をするのだそうだ。
時の大統領がここを開発した。USAに近いこともあり、この事業は成功した。
そして利益の一部はなんと大統領に支払われるのだそうだ。
Img_9629
この話を聞いて、植民地支配以降の政権がコロコロ変わるのが理解できた。なんで、<優秀な人>(政権のトップ)が民衆のために働いたのに、すぐに嫌われて追放されるのか。
全て金、利権絡みなのだろう。
.Img_9664 .

友人が言っていた。
”両側が海だけど片方はワニが居るから泳げないんだよ。反対側でなきゃあ泳いじゃあいけないよ。”
Img_9689
本当かいな。。とガイドに訪ねたら否定はしなかった。
泳げる方はカリブ海。でも<大海>なので波が荒い。
.

Img_9710

私は翌日のシュノーケルを申し込んだが、時間的に参加は不可能だった。
夕方到着して、翌日の11:00には出発だなんて。。
カンクンにくる意味がないじゃあないか。

エンジェル

こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2015年11月26日 (木)

メキシコ 46 マヤの道

Img_5972 ビジャエルモッサからはバスでマヤ遺跡を目指して進むツアーだ。ジャングルをひたすら走る。
ユカタン半島は日本の九州を除く面積と同じ。
大きい。
.

Img_7321
.
青空に低木のジャングル。
そのところどころに白い遺跡が突出しているのだが、主要道路からは窺い知れない。

最初に遺跡を発見した人の感動と興奮は、とてつもないものだったろう。
興奮の続く中、ジャングルで一夜を明かす。火を焚いて動物の接近を避ける。夜の間に魔法の国にさ迷いこんでしまう<恐怖>は感じなかっただろうか。
Img_7325
人が居なくなって寂れてしまった廃墟には、人の<気>だけがいつまでも漂い続けているような気がしてならない。

Img_9564

 

.
主要道路はマヤ時代の道を整備したもので、それは<直線>でドライバー泣かせだと言う。
本当に。。
まっすぐな道が続いていた。Img_9563

Img_9455
.
対向車も殆ど無く、我々を追い抜く車もない。白とオレンジ色のバス停はあるのだが、待っている人は殆ど見かけない。
Img_8165
そういえばバスも見た記憶がない。
弱いスコールが通過する。
.Img_7877


東山魁夷の”道”を思い出す。
あれは下りの”向こう側”が見えない。
戦後の日本人に”希望を持たせる前進の道”。Img_9577

平坦な大地を延々と行く。
悠久と安穏。
俯瞰でなければ道の全貌は見えないんだ。と、何でもない事に気付く。


Img_7763

.
両脇の牧草地は雨季には湿地帯と変貌する。
真っすぐに効率よく道を作ったマヤ人の几帳面さと頑固さを思う。
 

カラクムル公園ではバンを降りてから10分ほど歩いて遺跡に到着した。小道は石が撒かれて固まっているので音もしない。
静寂だった。Img_8870

雨季の終わりで木漏れ日に緑が映え、とても心地良かった。でも、ジャングルの細い木々の間から動物が這い出るのかと思うと不気味でもあった。

Img_8098

.
このジャングルの<マヤの道>は確認されたもので4万キロメートルに及ぶ。
碁盤の目状に<道>はジャングルを網羅していたようだ。
移動手段が荷馬車であるならそれなりの幅があったのだろう。
道の真ん中に生え出た木に時の流れを思う。

エンジェル

こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

より以前の記事一覧