最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

友人

2017年5月20日 (土)

ランチの後で展覧会へ行く

遊びに来た友人は動物好きだがネコも犬も飼っていない。
驚くことにトラヨはごく自然に彼女に擦り寄った。
Img_6888
えっ?
あの<人見知り>のトラヨちゃんが。
どうしたんだろ。
Img_6899
 
しっかり食べてお喋りをして、2時間も経った頃に<展覧会>へ誘われた。
そうだ。。以前、仲間からそんな話を聞いていたわ。。
 
Img_6951
車で行くというので願ったりだ。
久し振りに外出したい。
Img_6957
駅前は商店街のお祭りで子供連れでごった返していた。太鼓の音が聞こえてくるが、人垣しか見えない。
親たちは家族サービスで大変だ。。
展覧会場にもテントが出ていた。
終了時間に近くほぼ終わりかけていた。
”ドイツのコーヒーが100円で~す!”
<ドイツのコーヒー>って。。どんなだろ。

Img_6953_2
たまたま友人は当番で受付に居た。
日本画、書、陶器、アート、切り絵など見応えのある物が展示されていた。
Img_6971
 
18;00の終了後に3人で夕飯を摂る。
先に我々がファミリーレストランに入り、”XXに着いたわよ!”とメールを送る。
折り返し、”じゃあこれを注文して!”とメニューの画像を送って来た。
Img_6982
あら、早いわね。
歩いて3分だと言うのに注文が待ちきれないようだ。
余程空腹なのねえ。
Img_6968

メニューを見て迷っていたら本人が到着した。
”あれってランチメニューなんだけど。。この時間でもやっているの?未だ注文してないわよ。”
えっ?
Img_6958
そこで初めて気が付いた。
友人が、”イヤー、私、間違えて<名古屋の友人>に送っていたわ。。”
名古屋の友人はユーモア溢れる人のようだ。
まあ、面白い人ねえ。
じゃあ、こう返事すれば?
 
”注文したわよ。最終の新幹線で間に合うわよ!”
 
エンジェル

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

2017年5月18日 (木)

GWに暇な友人を招く

チューリップの球根の処理はどうするのと聞いてきた。
Dsc_0077
庭の無い私が引き取る訳にもいかないから、追肥して取り出すか地植えのままか、マンションの通路だったら公園の隅にでもどうぞ植え替えて下さい。
Img_6935
ら開花率が4割だったと聞いて少なからず驚く。
成長途中で掘り出した性で根を傷めてしまったのか。(でも他の人のは咲いていたけれど。。)
あの店の商品が不良品だったのか。
 
暇を持て余していると言うので、”ランチに来ませんか?”
そろそろ誰かを呼ばないと部屋がいつまでたっても片付かない。
Img_6990
 
誰にも見られないというのは気が楽で緊張感も消え、部屋の片付けは8割まででホッタラカシとなっていた。
この際、最後の仕上げをしよう。
転がっていた袋を押し入れに突っ込む。
ただそれだけの事だったが、出来なかった。
ついでに敷物も取り払い、最近届いた掃除機をかける。
Img_7862
この掃除機、ものすごい唸り声をあげる。
こんなに大きな音を立てるの?
ハンディータイプで小さいのに、とにかく凄い音。
(これって近所迷惑になるかなー。)
夜は使えない。
 
猫が驚いて逃げ惑うだろうと思ったが、驚いてはいるもののジーッと掃除機を見つめている。
大きく眼を見開いて。。
(跳びかかるには強そうだ。。)
 

エンジェル

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年5月10日 (水)

白内障の手術

久しぶりの近況報告で友人が白内障の手術をすると言う。
Img_6292
まあ。。
白内障は殆どが持っているもので、私も眼底検査の際に、
”白内障ですね、でも未だ手術するほどじゃあ有りません。”
Img_6267
母の友人は70歳過ぎて白内障の手術をした。
まあ。。大手術の様で大変だなーと思ったが、次にお会いした時はどうという事もなかったから、そんなに心配する事でもないのだろう。

”どうよ?”

経過は良好で1週間は眼帯着用で風呂に入れない。車の運転は駄目なので不便ではあるがのんびりしているという。
その後しばらくはサングラスを使用する。

手術そのものは20分ほどで、痛くも痒くも無いと言われていたが少しチクチクと軽い痛みが術後も30分は続いたそうだ。

Img_6303
彼女が驚いたのは手術前に2本の点滴(瞳孔を開くものと手術の化膿止め?)に2時間近くかかった事。

え。。そんなに?)

Img_6308

最後の行を読んで思わず笑ってしまった。
 

”看護師さん(若い男性)が、しっかり手を握っていてくれました!”

えっ?
手を握ってくれる?

眼を瞑った世界では音と匂いと触覚が全てで、その中でもスキンシップって不思議なくらい敏感なものだ。
子供の頃、高熱に苦しむ王子様の手を一晩中握り続けて熱を下げる魔女の童話を読んだ。王子様の熱は彼女の右手に伝わり、魔女は媒体となってそれを左手から空中に放出する。
ありそうな事だと思った。


手の平から<相手>の体温と共にあ<血潮>までが体に入り込むようだ。

恋人同士なら熱い思いが二人の体内を駆け巡る。

ふうーん。
だったら私も怖がることはないわね。。

 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年5月 6日 (土)

友人から手紙が届いた

転居通知を出したら岡山の友人から手紙が届いた。
あらっ、手紙なんて。。 
なんだろう ?
Img_6180
と言うのも、彼女とはここ20年, 年賀状と暑中見舞いだけのお付き合いだった。
久し振りの挨拶にしては”手紙”だなんて。。
Img_6235
読んでびっくり。
昨年、父上が他界されたのは聞いていたが、今は88歳の母親と二人暮らしで、母親は50歳で<全盲>になったとか。
そっか。。彼女は介護の日々なんだ。
 
父親が居なくなって初めて気が付いた。。。
車の給油や自転車の空気入れや水道管のパッキンの交換とか。
”自分の気が付かないうちに父が全部やってくれていた。。”

Img_6233
五年も運転していたのに、燃料の注入口を開けるボタンがどれだか、それが車の右側なのか左側なのか知らなかった。父親が小まめに全てやってくれていたのだ。

父親の入院中にそういう事が分かって、ガソリンスタンドのお兄さんが呆れた。
まあ。。自分はなんてアホだったのか。
 
Img_6169
 
泣きたくなるような<笑い話>である。
父親が逝って未だ一年。
悲しみは癒えず、見えない所で色んな事をやってくれて自分たちを守ってくれた父親への感謝と懐かしさに胸がしめつけられる毎日なのだろう。
 
現在の願いはただ一つ。
IPS細胞で網膜が再生できて、母親がもう一度物を見る日が来ることだという。
何だか。。皆、凄いなあ。
Img_6268
彼女は35年ほど前にたった一度お会いしてちょこっと話をしただけ。
 
リスボンのバスターミナル近くの喫茶店で、”地球の歩き方”を持っていた彼女に私が話しかけた。
”日本の方ですか?”
 
未だ日本人が珍しい頃だった。
そこでセブンアップを飲んだ。
20分くらいのお喋りだったが何の話をしたのか覚えていない。
私にはほんのり<置いて行かれた感>があったから、彼女が先に出発したと思う。
私は南へ、彼女は北のオポルトへ向かったのだと記憶している。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ