最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

大阪

2016年11月16日 (水)

大阪 ミサへ行く

バスが大阪駅に到着したのは08:30。Img_7075
早速、コーヒーを飲みに行く。
たまたま外人さんが列を作っていたのでその後ろに並んだ。
”次のかた~あ!” で真ん中のレジ嬢はこちらを見ていた。同時に外人さんは私に ”どうぞ!” と手を揺らした。

Img_7078

 
広場のテーブルに座る。
隣に彼らがやって来た。
リーダーらしき人が”日本の都市は小さな都市が集合して一大都市を形成していて、N.Y.とは異なる。”
(ふむふむ、面白そうな話だ。)
 
聞き耳を立てる。英語の勉強だから聞ける会話は盗み聞きする。
”オオサカ xxxxx xxxxxx。” と言って全員が笑った。
(何て言ったのかなー。。)
気に成る。
 
Img_7071
その内に突然、”ソレワ ナンデスカ!” と日本語が飛び出した。
振り向くと、リーダーが各自に気に成る物を ”ソレハ ナンデスカ?” と聞いて、それでも分かんなかったら写真を撮って来い!と5人を早朝の駅ビルに送り出した。

Img_7246_2

 
 
私は友人との待ち合わせにはかなり時間がある。
やっぱり聞いてみよう。。
 
茶色い便箋に何やら書き始めた彼に近づいた。
そして、先刻大阪云々でなぜ笑ったかを尋ねた。
”それはね。エレベーターの立ち位置が大阪は他と異なる。大阪人は他人と違う事が好きなんだ。”
そこで皆が爆笑したらしい。
 
Img_7282
へえ。。
ところで、日本語の先生?
ツアーガイド?
 
”牧師”だという。日曜に礼拝が有るからおいでと名刺を呉れた。

Img_7206
 
 
教会か。。
以前、ゴスペルに参加していてUSA系の教会へ何度も足を運んでいる。
半日ミサに行ってから京都へ向かうのもいいだろう。。
 
会場は地下の体育館で、早速ギターを弾いてリハーサルをしていた。こういうところが ヨーロッパと異なるところだ。
牧師は私を覚えていた。
ハロウィンのチョコを<差し入れ>のつもりで渡したら、後で奥さんが”有難う!”と言った。
(そっか。。”差し入れ”って発想がないのか。。)
足下が冷えてきたので、ガサゴソと靴下を探していたら、牧師が先日の男子5名を引き連れて来た。彼らは3日前にミズリー州から来日し、知らない人ばかりで暇だったようだ。
ミズリーって何処よ?
”真ん中ダヨ!”
 
おっと。。
5人のイケメンに囲まれてしまった。。。
(人生で滅多に有る事ではない。まあ、しゃあないからテキトーに話す。)
 
Img_7274
 
こういう時、必ず1名はリーダー格で積極的に話かけてくれるものだ。
そしてもう一人が(私を)フォローしてくれる。
3人目は無口だが興味を示す。
そして4、5番目はめんどくさそうにしている。
Img_7277

ドンだけ最初の一人と話し続け, 3番目までを会話に引き込むかだ。
 
ミサは讃美歌から始まり、この教会の設立の歴史を語り、最後に集合写真を撮ることになった。”撮る!”と言ってから実際にシャッターを押すまでに20分かかった。
(これがアメリカ式かな。。)
 
Img_7276_2
最初の男が言った。
 
”この写真を10年後に見て、この女(私のこと)誰だっけ? って言うんだろうなー。”
 
Img_7279
 
思わず、10年後の彼らの会話を想像して笑ってしまったが、私が一気にセピア色に退色して、<10年後の自分>になってしまったような妙な気分になった。
その彼も牧師で他の4名は牧師の卵。
楽しい人々だった。

エンジェル
こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2016年11月15日 (火)

大阪 電車の中 チワワ

友人との待ち合わせは玉造。Img_7079
ふと目を落とせば婦人の膝のバッグにお人形のようなチワワ。微妙に動いたから<生き物>だと分かった。
 
Img_7080
 
余り可愛いので声を掛ける。
 
突然、”これ 2.2キロですねん!”
 
”ん?”
Img_7082
 
あー、チワワは 2.5キロ(だっけ)を越えるともうチワワと呼べないと聞いた事が有る。
ぎりぎりチワワだと言いたいのだろう。
 
Img_7083
 
愛くるしい。
ご婦人は犬の経歴を述べ始めた。
昨年ダイノウとショウノウの間の腫瘍をとりましてん。頭の毛が、ほら、やっと目立たなくなりましたけど、痕が。。
 
”まあ、えらい大病を。。”
 
Img_4963
 
産まれた時から水頭症で長生きできないと言われていたけど、6歳ですねん。
これから玉造ヘ年に一度のMRIをかけに行くんです。
 
Img_4635
 
”あら、まあ。。
 
私の友人の犬は13歳でミニチュアダックスで半身不随ですけど、鍼灸へ連れて行ったり、一生懸命面倒見てまして元気ですよ。”
 
 
あら。そうですか。。犬にも鍼灸が有るんですか?
(私が前回友人にしたのと同じ質問をした。)
そうなんですよ。 有るんですヨ。。
 
Img_7084
 
我々は玉造で下車した。
 
Img_7086
そっか。。ここが<真田丸>か。。
 
友人がやってきた。
開口一番、”ポロが死んじゃった!!”
Img_7090
前夜、どうも様子が変だと抱きかかえた娘の腕の中で静かに逝ったという。
お寺への搬入も済んでいた。
 
Img_7515
 
ポロがいた場所はがらんとして彼の備品が有るだけだった。
(まあ、とんでもない日に来てしまった。。)
”いや、娘の為には丁度良い日に来てくれたわ。。”

捨てるというので形見に彼のオモチャを貰って来た。
 

エンジェル
こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2016年11月14日 (月)

大阪へコロッケを見に行く

また大阪・奈良へ行くことになった。Img_7054
(3週間ぶりだ。)
 
友人から”コロッケ!”と言われて、コロッケを思い浮かべた。何で電話でコロッケの話をするんだか理解できなかった。肉屋のコロッケ。。


Img_7187
 
”コロッケよ!!”
で、やっと思い出した。
上旬に滞在した時、コロッケの無料鑑賞券がスーパーのくじ引きで当たったと見せてくれたのだ。
私は今年の東京公演に行けなかったので、

”面白いから是非見に行けば?”と勧めておいた。
Img_7193
 
そこで、娘さんは行くのだが、どうにも”連れ”が見つからず、別件連絡のついでに私にポロリと言ったのだ。

”コロッケ!”
Img_7112
 
んんーーん。。私。。行くって言いましたっけ?
 
”言った!”
(そっかな。そんないい加減な事を言ったっけなあ。。)
 
どうしよっかな。。
幾ら入場券が無料とは言え、大阪だ。
何かと経費が掛かる。
彼女は私と仲良くしてくれるし、彼女にもコロッケを楽しんで欲しい。。
 
Img_7163
そこで行く方向でいろいろと調べる。
 
 
何れにせよ、京都へ紅葉狩りに行きたいと思っていたし、泊まりたい宿坊があった。
でも、そこは12月20日まで満室だった。

そんな中、コロッケ公演の翌日に1泊だけ取れたので行く事にした。 紅葉には早いけれど、まあ、シャアナイカ。。


Img_7124
 
 
昼前に電話を受けて、その夜には大阪行きのバスの中。
やっぱり周りが言うように私はフットワークが軽いのかもしれない。。。
 
コロッケ公演は”文七元結”と”死神”を足したお芝居が実に面白かった。
 
Img_7150
彼の物まねは絶えず進化している。
 
最初にJ.ソウルBrs.、エクザイル、韓国のビッグバンから始まった。
リュウセイ? ビッグバン? 
どっかで聞いたなあ。。
 
客は圧倒的にシニアーが多いので、コロッケが、
”分かりますか? ついて来れますか?”
私はどうにか付いて行けたが、後半の演歌・歌謡曲に彼女はついていけなかったようだ。。
 
彼のコンサートはいつもサブちゃんの<祭り>で終わる。
この曲はエネルギー満載の素晴らしい楽曲だといつも感心する。
日本の風景がバーッと早送りのように頭に溢れてくるのだ。
 

エンジェル
こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2016年7月27日 (水)

大阪の犬たち

今回は3匹の犬にも会ってきた。Img_3992
友人の母親は2匹飼っていた。
彼女の傍らで犬たちは添い寝し、通夜でもお別れをした。
その後も2匹は主人の居ないベッドの上で寝ていた。チワワは2年前に亡くなり、ミニチュア ダックスが残った。

Img_4020

それを聞いただけでもホロリとくるが、仲間が居なくなって残された彼女はどんなにか寂しいだろう。

現在は目が見えない。
私は毎回玄関先で吠えられた。2匹揃って”キャンキャン、ワンワン”とけたたましいお出迎えを受けたものだ。
侵入者に一応威嚇するのは犬の大切な”お仕事”。
今はそのしょぼんとした見えない目で笑顔を見せるようだが、声が出ない。

あー、老いの悲しさ。

Img_4004
もう一つは”ワイマラナー”。6歳。
以前フィレンツェの花の教会を見下ろす高級住宅街で、一目ぼれした犬種。

Img_3898
これは声が太く力が有り、つい飛びかかるので、周りからは敬遠される。
私の匂いを覚えていたようで、笑顔で寄って来る。

その銀色のビロードのような毛並み。
正に高貴な美しい犬だ。
Img_3826

そして初対面の14歳のミニチュアダックス。
この犬種は胴が長い分、背骨に負担が掛かる。
下半身が麻痺してしまった。

Img_4634

食堂の窓際に檻がある。
なぜ檻に入れているのか?
P1000003_2
それは檻ではなく蓋で、”これが有ると安心するようなの。”
ふーん。包まれた安心感なのかしら。
器用に鼻先でタオルをすっぽり被って眠る。
うまいもんだ。。

Img_3869

家族は毎晩介護する。
オシッコを絞りだす。
食欲は有るので元気だが、殆ど動けない状態は可哀想だ。

エンジェル

こちらも書いてます。

(Angelaのかんたんスペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2016年7月26日 (火)

大阪 あべのハルカス ピカソ展

帰京は昼過ぎのJRバスにした。Img_4179_2
経済的理由が第一だが、のんびりと500キロの風景を楽しみたい。
Img_4193_2
 
それまで何処へ行こうか。。
そうだ。。
到着時に梅田駅で見たポスター。
あべのハルカスの<ピカソ展>を見に行こう。
日本一高いビルにも登ってみたい。
Img_4207
友人を誘ったら予定ありで、娘が来ることになった。
てっきり阿倍野で降りるのかと思ったら”天王寺”だという。
 
Img_4198
 
私は何度も間違えて”あべのハルカス”を ”アベノミクス” と言い、友人たちの失笑を買った。
生憎と曇天なので、展望台からの眺望も同じと思われた。
”展望台は次回、天気の良い時にしましょう !”
 
Img_4194
空中庭園のクチナシが密やかに、でもゴージャスに咲いていた。
そういえば大阪の街路にはクチナシが多かった。
地下の回転ずしを食べてから梅田へ出た。
Img_4209_2
 
 
地上に出たら、そこは駅前で人で溢れていた。
マスコミの脚立がズラリと並び、人が降りている。
丁度何かが終わって、大きな塊が徐々に四方に拡がっていくところだった。
目の鋭い連中が道路からこちらを見ている、
Img_4232_2
SP?
凄いオーラだわ。
サラリーマンに聞く。
何があったの?
Img_4247_2
”アベさんです。”.
一瞬、アベノハルカス、アベノ、アベ がぐっちゃになった。
安倍さん? どこどこ?
いやー、今帰っちゃいましたよ。
Img_4245_2
 
マスゾエの事をなんか言ってた?と茶化したら、
いやー、それは無かったですヨ!と大笑いとなった。
 
あれだけ騒がれて、ウンザリした問題もとっくに過去となったんだなー。
 
 
それにしてもSPは対象者が去った後も周りの警戒を続けているなんて。。
凄いわ。。
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/himehimetorayo/
(Angelaのかんたんスペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2016年7月25日 (月)

大阪 クリスマスツリーのパネルを作成する

友人は習い事を色々としてきた。Img_3798
手先が器用だ。
引きこもり気味なので、幼馴染が何とか外へ引っ張りだそうとしている。
Img_3802
 
そこで同窓生に<手芸>を教えることになった。
スポットの話で今回は二度目。
 
Img_3803
前回は<額縁>作成と<手毬>作成。
表現したいモチーフを置き、奥行きを持たせて額を作る。
 
毬は発砲スチロールの玉に布を貼り、六面の溝には紐を載せる。
魔除けの毬。思い出の着物の端切れで作った毬。。
 
Img_4174
 
こんなアートがあるなんて、知らなかった。
人に何かを教えてあげられるって素晴らしい。
 
材料の確認で打ち合わせに行くことになった。
”一緒に来る?”
別に予定もないので、付いてゆく。
Img_4098_2
 
今回はパネルに載せたクリスマスツリー。
先ずペーパーナプキンを薄く剥がしてパネルに貼る。スポンジを布でくるみツリーを台に貼る。
そして各種の飾りを糊、又は目打ちで台に固定していく。
Img_4096
 
材料が揃っていれば1時間で作れる。
面白そうだ。

Img_4123
実際の参加者は19名。
それに先立ち、友人一人では全員を見られないから、数名は事前に作成を済ませて<要領>を把握しておくことになった。
 
そうすれば彼女達も当日は他の人に教えてあげられる。
Img_4103
 
 
そこで、私もその作成に参加させてもらう。
”ワタシも 作りたい!”
Img_4107
終了後、そのまま<串焼き屋>へ行く。
彼らの定期的な飲み会に私が参加する形だ。
小さな店は先客で満席。
我々は10人以上になった。
Img_4117
 
よくよく話を聞いたら5人は全員がB型で<独身>。
(未亡人と離婚者と未婚者と。。)
 
Img_4138
”アタシラ、金婚式やねん。”
”その辺の夫婦より長いねん。”
中には小学校からの付き合いだと言うのもいる。
Img_4131
 
そうっか。。
半世紀も一緒なんだ。。
長く同じ道を歩いてきた人たち。
 
メンバー2名の誕生日用に準備したケーキを部屋に忘れたとかで、急遽近所でバームクーヘンを調達した。
新しい人を何も聞かずに受け入れてくれるのって。。
とっても嬉しいものだ。
実にあっけらかんとした楽しい人々だった。
 
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/himehimetorayo/
(Angelaのかんたんスペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2016年7月24日 (日)

大阪 夜行バスで梅田に着く。

友人の母親が帰幽して4年経った。Img_3786
そうだ。。
大阪に4年も行っていないという事だ。

Img_3784
.
そこでご挨拶に行く事にした。
夜行バスは安価でそれほど悪くないというので東京・鍛治橋から出発する。
 
駐車場に着いて吃驚。
申し込んだバスは1号車、2号車と2台あり、同じ時間帯のバスが7-8台並んでいた。
大混雑で、殆どが女子。
週末遊んで帰阪する学生と言ったところだろうか。
 
 
Img_3788
道路の継ぎ目ってこんなに有るんだ。。
揺れる。揺れる。
眠れない、眠れないと思いつつ、その揺れの無い<停車中のエンジン音>で覚醒する。
Img_3790
 
目覚めて笑ってしまう。
(なんだって一番静かで<安定>した状態で目が覚めるんだ。。)
頭では絶えずガッタンゴットンの繰り返しで、”寝られやしない。。”と思っていたのに、やはりうとうとしていたようだ。。

Img_3792
これは2回目の休憩なのか、3回目なのか。。
あと4時間なのか2時間掛かるのか、と頭の隅でぼんやり考えていた。
あと4時間もあるんだったらシンドイな。。
Img_4054
 
そうしたら、直ぐに夜が開けた。
(あの休憩は3回目で、京都あたりだったのかな。。)
 
到着したところが”XXインターナショナル ホテル”前の小さな駐車場で、土地勘の無い私には何処だか全く分からない。
 
Img_4209
梅田はどっち?
南森町へ行くんだけど。。
バスの運転手は”ああ、東梅田ネ。”
えっ。ヒガシ? 
いや。。よくワカンナイ。。
Img_4252
 
とにかく、”ああ行って、こう行きなさい。”
私を梅田まで歩かせたら迷子になるとでも思ったらしく、一番近い地下鉄駅を教えてくれた。
角のコンビニで再度確かめる。
茶髪の店員は夜明けの関東からの客に至極丁寧に道順を教えてくれた。
 
Img_4083
 
梅田の地下街。。
あーあ、懐かしい。
スペインから戻って4か月住んでいた大阪。
あの頃の私を思い出す。
何を思って暮らしていたか。。
 
兵庫の親友はご主人の命日あたりだから、忙しいだろうなー。
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/himehimetorayo/
(Angelaのかんたんスペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ