最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

電車内

2017年7月23日 (日)

電車の中 ゲームをする男

友人から聞いた話。
朝の通勤電車で、二人の男が二人掛けの席に座っていた。
一人は読書をし、もう一人の若い方はゲームをしていた。
Img_9307
ゲームをする方は腕を動かす。
動かす度に隣の人に触れる。
どちらもガタイが良いのか席が狭いのか、ゲーム男はしきりに隣の男を見ていた。
そしてぶつぶつ文句を言った。
”狭いんだけど。”
何言ってんだろ。。
狭い所で腕を動かして他人を煩わせ、ゲームに熱中するオマエは何なんだ!
Img_9292
 
それが何度も続いたらしい。
廻りは一触即発のこの状態に冷や冷やした。
友人もそこから離れたかったが生憎の満員電車。
とばっちりを受けたくもないし、朝から不快なものは見たくないモノだ。
幸い、彼女は彼等より前に降車してホットした。
”その二人、どうなったんでしょうねえ。。”
ま、読書の人が”大人”だったって事でしょうねえ。

 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2017年7月21日 (金)

電車の中 翻訳する男

何語だろう。。
隣の男子が本とにらめっこして翻訳をしている。
チラリと見る。
うーーん。。
ラテン系のようだけれど。
何語だろう?
Img_0450
何よりそのテキストが変わっていた。
これってどうも聖書のフレーズのようだ。
ラテン語かな。。
彼の訳し方が面白かった。
白紙を押し当て、そこに<カタカナ>で書いて行く。
発音を書いているのかな?
でも、その後で下段に日本語を書く。
漢字が浮かばないからカタカナなのかなー。
それとも日本人ではなかったのかもしれないなあ。
でも。。
漢字はちゃんとかいていた。。
ミミズの這ったような薄い文字なので<勢い>が感じられなかったが、
とにかく、 エラく難しいものを訳していた。
何語なの?と聞きそびれた。
ちょっと暗くて太めで、話しかけられるような雰囲気の男子ではなかった。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2017年6月28日 (水)

電車の中 落とし物

先程まで満席だった。
ふと目を開けたら真正面が空席になっていた。
右の男がちょっと腰を浮かせていたので、彼がさっと右に移動したかと思った。
m
その空席の隅にはぽつんとスマホが転がっている。
男はそれを見て、その向こうに座っている若者を見た。
Img_9768
男がそれをしたということは、スマホは彼の物では無く、彼はその席から移動したのでもない。
んんー、思い出せない。
目の前にどんな人が座っていたのか、男性だったか女性だったかさえ全く記憶にない。
電車では大勢の人といるのに如何に彼らを見ていないか。
 
ポケットから零れ落ちたようなスマホは多分、若者の物だろう。
で、その彼はずーっとスマホを見ている。
(同じものを二台持っているの ?)
終点に到着した。
果たしてその人のなのか確認したかった。
立ち上がった男はスマホに気が付いて、不思議そうに手に取ってから元の位置に置いた。Img_9746
 
えっ?
それは貴方のじゃあないんだ。。。
という事は前の誰かの落とし物。
どうしよっか。。と思いつつ、折り返しの電車に人々が乗って来た。
私は時間に余裕が無かった。
エスカレーターに向かったが、戻って届けようかと思った時にアナウンスがあった。
”折り返し発車します。”
うーーん。ゴメン。
戻って届ける時間がない。
私はそれをくすねる人は居ないような気がした。
私の最後の落とし物のようにそのスマホは東京を東西に何回横切るかなあ。
でも、ふと先日のニュースを思い出した。
遺失物を拾ってカネを要求したり、ストーカーする輩がいるということ。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年6月24日 (土)

電車の中 よく似た人

通勤電車に妊婦が乗った。
バッグに妊婦ホルダーが見えた。
 
あら?
デザインが変わったのね。
Img_8872
良く見ればお腹が少し膨らんでいる。
 
彼女が気になった。
つり革にぶらさがる人の間に立ったので何処からも彼女のホルダーは見えないだろう。
疲れてるように見えた。
私はドア横に直角に立った。
優先席を見下ろす。
そこには4歳程の女児が寝ていた。
ううーん。
隣の母親に、”膝に乗せてあげられませんか?” とも言えない微妙な大きさだ。もし乗せたとしても、母の膝からずれ落ちるだろうな。
母親は席を子供が占有しているのを気にはしていたようだ。
奥の二名のサラリーマンは手元を見つめている。
そこで反対側の妊婦の後方の席を見た。
どっか空かないかな。。
 
その男性を見た時、あっ!ミネ課長?
以前の職場の課長さんだ。
私はまじまじとその男を見た。
白髪が多めのグレーのヘアスタイル、大きなマスクで顔の半分は隠れているけれど、目はまさしく彼。
もう7年も会っていない。
その間の老け具合を色々と想定してみる。
ガリガリに痩せた顔の皺が増えたとして、この目の前の男性にすんなり当てはまる気がした。
Img_9201
 
彼は目を瞑っている。
その表情は苦しそうに見えた。
課長さんは病弱だったが、相変わらずなのかなあ。
でも、彼のマンションは横浜だったよな。こんな時間に会社訪問もないだろうから帰宅するんだよなぁ。
完全に方向が違う。
 
このまま彼を見続けていたら、いつか目線が合うだろう。
でも。。
私は目線を外した。
それが彼だったとして、こんな所で会ってそれが彼に嬉しい事だろうか。
<すれ違い>ならまだしも、電車内での無防備な姿、ぐったりしてしんどそうな姿を見られたら嫌だと思うに違いない。
世の中には似ている人が三人いるというし、課長に良く似た人だったのだろう。
それに。。
それに私だって、ラフな格好で。
この7年間で体重も皺も増えたし。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

2017年6月22日 (木)

電車の中 杖を持ったご婦人

発車後にそのご婦人は向かいのドアヘ近づいた。
手には杖。
ひとつにまとめた白髪にピンクのリボンが上品だ。
Img_9727
あれっ?
彼女は今、席を立って次で降りる為にドアへ向かったのか、それともつい先程の駅で乗車して電車が動き出してから反対側のドアへ移ったのか。。
どっちだ ?
 
じっと彼女を見る。
彼女がこちらを向けば、そしてその目が席を探している様なら譲ろう。声を掛けるには遠すぎるし、あそこまで私が行くのも仰々しい気がした。
Img_9342
 
顔を斜めに横切る私の目線に隣の男子が気付いた。
私をチラッと見てから目線の先を追った。
私が何を見て何を考えているか瞬時に分かったようだ。
彼も一瞬考えて、そして腕を組んで目を瞑った。
次の駅でも女性は降りなかった。
そのうちにどんどん人が乗って来て、彼女の姿が見えなくなった。
もう気にするのは止めよう。
結論。
<彼女は座りたいとは思っていない。>
 
それから10個先の同じ駅で彼女も降りた。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年6月13日 (火)

電車の中 通勤ラッシュ

久し振りの満員電車。
前後左右と体が他人に密着する。
そうだ、通勤電車ってこんなに酷かったんだ。。Img_8575
今までどんだけこのストレスを受けて来たのか。。
m
ある意味、感無量だった。
 
都心に向かいながら人を拾っていく。
私の駅で満員になったのに、次の駅では必ず数名が乗れるスペースが出来て来る。
不思議だ。
このまま永遠に人を呑み込んでいく怪物のようだ。
Img_8027
押され押されて奥に運ばれて行くが、今の私は頼りのつり革を手放す訳にいかない。
インド系男子が一個ずれて行く度に私は彼の吊皮を掴むことになる。一時つり革が交差したが、もつれた糸を解くように我々は元の位置に戻った。
(つり革本体を交換すればよかったのに。。と笑ってしまった。)
 
どんどん人を乗せていくのに、ホームには結構多くの人が次の電車を待っている。
あれっ?
以前もこんなだったっけ。
Img_7467
必死の形相で乗り込もうとするサラリーマンはいない。
寧ろ最初から諦めてホームに佇んでこちらを遠目に見ている。檻にギュウギュウ詰められた哀れな動物を見送る様だ。
皆、余裕をもって出勤しているのかな。
それともフレックスの会社が増えたのかな。
車内は静か。
満員電車で誰もひと言も話さない。
尤も、連れでも居なけりゃあ話すこともないから<静かなイモ洗い状態>に乗客は慣れ切っているようだ。
満員電車のストレスはパイロットよりも大きいと聞いた。
日本のサラリーマンは頑張っているなあ。
都内の要の駅が3つ続き、膿が吸いだされるように人が減って行く。
ふとした拍子にスマホを見ている若者の足に触れてしまった。
反射的に ”ゴメンナサイ!” と私は軽く頭を下げた。
彼はイヤホーンをつけ画面に集中して私を見てはいなかったが、気配を感じて ”いいえ” とでもいうように軽く頭を下げた。
イイエ ドウイタシマシテ。。
まあ。。
日本人は礼儀正しいと言われているけれどその通りだと思った。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年5月11日 (木)

グイグイ来るおばさま

10時過ぎの電車ってこんなに混んでいるんだっけ。。
優先席の前に立つ。
真ん中の吊皮にぶら下がる。
Img_7230
次の駅で腰に何かがどんとぶつかった。
振り向く。
同世代のおば様が小型のスーツケースを私にぶつけたのだ。
Img_7233
登山にでも行きそうな赤いチェックのシャツに膨らみ過ぎたウエストポーチ。これでまたグイグイと私を押す。
振り向いた私に気が付いたようだが何も言わない。自分の荷物が他人を押した(振り向かせた)と気付かない。
否、気付いているがそれに対して何とも思わない。
鈍感というよりは居丈高で失礼である。
Img_6939
それどころか、
”ココ、掴まらせて下さい!”と、私と男性の間に割り込んできた。
 
言い終わらないうちに30代の男性は吊皮を手放した。彼女に譲ったのだが、それへのお礼もない。
彼女は依頼したのではなく、”命令”したのだ。
Img_7130
 
私は左手でつり革を、右手は鉄棒を掴んでいたが、”その手も邪魔よ!”と言わんばかりに上体を前に進めてきた。
その手を避けろ!というニュアンスだ。
目の前の手が目障りなのだろうけれど、私は足の負担を軽くするために出来るだけ可能な<物>に両手で掴まっていたかった。
女は私の隣に<同等>に並びたいのだろう。
 
やれやれ、これでとりあえず落ち着いたかと思ったら、その男子に
”前へ行ってくれません?” と命令的な口調で言った。
(ナニ 言ってんだろ、このひと。。ああだこうだって。。)
 
Img_7155
男が隣に居るのが目障りだったのか、彼に”ドア寄りに移動して!”と言ったのだ。
男は右手をサッと前に出して”どうぞ!”と彼女を促し、後ずさった。
大きく空いたそのスペースに ”じゃ、これ置きます。”と赤いケースをググッと動かした。
(なんでわざわざ其処へ置くかな。。その奥には人が立っているじゃアないの。現状でいいじゃあないか。)
 
なんでも命令的な女。
自分の都合の良いように周りを仕切りたがる<ごり押し系>の我儘な女。
ちょこちょこ動いて落ち着きのない女。
なんか。。
ウルサイ人だなあ。。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月18日 (火)

ヘアースタイル

その若者は頭の半分をもわーッと髪で覆っていた。
正面から見てすっごいボリューム。
何なの?
このヘアースタイル。
Img_5873
後方から前に乗っけている。
テリアみたいに目が隠れるほどに盛っている。
学生ではない。
20才前後の男子。
Img_5866
 
 
眼が見えないと言うのはイメージが宜しくないものだ。
顔の中心の眼が見えないのは対人関係では致命的ではないかとさえ思う。
 
どうなっているんだこれは。。
連れのフツウの男と話始まった。
横顔が見えた。
ほっほうう。。
 
Img_5874
頭の天辺から3センチ下がった所から髪を前に被せているんだ。。。
 
その内に髪が邪魔になったようで、右目の上をそっと分けた。
 
まあ。。これ。。
キタローじゃん!
 
後方は絶壁で、前部にボリュームを寄せ過ぎだわ。
 
もしかして。。若いのに。。ハゲてんのかしら。。
 
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月17日 (月)

女子中学生

正面の席の女子がスマホを見ている。
自分の部屋のように寛いだ恰好で緊張感は全くない。
電車の中だと言うのに。。
 
Img_5582
車内は6割ほどの乗客で空いていた。
何気なく彼女を見て、何だか分からないけれど、何かヘンだった。
膝上の10センチの紺色のミニスカート。
(学生って膝上を穿くんだっけ。。)
Img_5424
 
暫く彼女を見て気が付いた。
 
”えっ!”
 
両足を大きく開いてスカートの中が丸見えだったのだ。
内側に同色を穿いていたので<違和感>が感じられなかったのだが、彼女は股下5センチほどの短パンを穿いていた。
 
何だ。。そういうことか。。
Img_5446
 
でもね、 お嬢さん。
いくら短パンを穿いているからって。。
車内で股を開いて座ってはいけませんよ。
だらしないったらありゃあしない。
Img_5425
 
それに。。
その恰好が癖になりますよ。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月16日 (日)

車掌さん

私はゆっくりとホーム中央のエレベーターヘ向かっていた。

Img_5202_2
 
右手のエスカレーターから若者がホームへ出てきた。
丁度、私の前を横切り電車に飛び乗ろうとした。
Img_9747
 
でも、 若者は間に合わないかもーと思っていたようだった。
彼は ”ゆっくりと” 急いでいたが、1メートル手前でドアは静かに閉じ始めた。
 
”無理かなー?”
と思っていた若者は”やっぱり駄目だった。。” 
と、慌てる風もなく踵を返した。
 
Img_9756
と、ドアがさっと開いた。
若者は横目でそれを見て、それが自分の為に開かれたと理解して遠くの車掌さんを見た。

ホームに片足を出していた<影絵>のような車掌さん。
一瞬、点が線で繋がり、
そして彼は電車に飛び乗った。
Img_9739
 
 
”乗れよ!”
”サンキュー!”
そんな会話が聞こえてくるような一瞬だった。
 
あらっ。。車掌さん。。
優しいじゃない。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

より以前の記事一覧