最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

福島県

2016年8月 2日 (火)

福島 相馬野馬追 大内宿

会津‐日光間の下野街道の宿場町”大内宿”。Img_0490
伊達政宗が北城氏へ合流するためにここを通った事は確認されているとか。
Img_0558
そう聞いて、時があっと言う間に飛んでいく。
(どうしても渡辺謙が現れる。。。)
 
此処で運転手が又、道を間違えた。
右折するところを10分も行き過ぎてしまった。
。。。。
Img_0389
大型バスだから直ぐにUターン出来ない。
客はこの4回目の大きな<ミス>に一瞬黙った。
乗客は眠気も飛んで、行く先を凝視する。
又間違えないように。。。
 
戻って左折する。
道端の表示が目に入る。こんな大きな看板を彼はどうして見落としたか。。
 
Img_0387
もう ”マタ マチガエタノ?”という人は居なかったが、数分後、笑いがこみ上げて来た。
私は一人で笑った。
 
もう、笑うしかない。
可笑しくて可笑しくて。。
TVのコントを見ているようだ。
運転手もそんな感じの(剽軽な印象の)人だった。
 
散策を終えてバスへ戻る時、添乗員が客に”また間違えたんです。もお~。。”
Img_0493
ああ、やっぱり。。
添乗員は何食わぬ顔で客にニコニコと接し、道を間違えた事を、”もう暫くお待ちください。” と柔らかく言うのみだったが腹に据えかねていた様だ。
Img_0619
 
間違えたことへの謝罪はなかったが(謝罪のしようもないが)、イライラしていたようだ。
 
ツアーでは旅の終わりにアンケートを提出する。
私は敢えて書くことも無かった。
だって、笑わせて貰ったし。。。
 
Img_0597
添乗員は”(遅れた分)少し速度を上げてきました。”と言ったが、そっちの方が怖い。
Img_0627
 
彼の焦りのせいか、高速でしきりとブレーキを踏むのに私は冷や冷やしていた。
 
葵の花は天辺まで咲いて、そろそろ梅雨も明ける頃だ。

エンジェル 

こちらも書いてます。

 

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2016年8月 1日 (月)

福島 相馬野馬追 会津若松城

郡山のホテルから会津へ向かう。Img_0131
再度、磐梯山を観る。
真ん中が噴火でごっそり抜けた。
この山って筑波山を大きくしたようだ。
Img_0251
 
先ず柏屋で薄皮まんじゅうを頂く。
前日<つぶ>を間違って買ってしまったので、<こしあん>を買う。
私の大好物だ。
 
会津城。Img_0268
私は3度目になるが北口から入るのは初めてだった。
お堀を渡り石垣を観る。
入城の際は背筋が伸びる。
城の威厳がそうさせるのだろう。
Img_0290
 
青葉の桜並木。
”桜の頃は見事でしょうねえ。”
ボランティア ガイドは嬉しそうに、
”そう、これですよ!”と写真を見せてくれた。
Img_0310
城に桜。
白壁に石垣。
我々の心にぐっと迫って来る景色だ。
Img_0339
 
入り口の石垣に大きな”丸い”石が嵌め込まれている。
<鏡石>と言って”魔除け”だそうだ。
 
3種類の石垣が見える地点でガイドが説明してくれる。
隙間のないもの、少し隙間が有るもの、そして秀吉の頃の”野面積み”は先の震災でもびくともしなかったという。
 
Img_0286
会津がどうして戦わざるを得なかったか。。

白虎隊の他に”二本松少年隊”というのが戊辰戦争を戦った。

Img_0073

 
12歳から17歳の少年部隊。
当時は<入れ年>という危急の際には2歳加算して出兵許可を出す制度があった。数え年の1年と2歳足して12歳は15歳相当。
余りの幼さに勤皇派は捕らえようとしたが、抵抗が激しく討つしかなかった。。。
 
戦はいつの世も悲惨だ。

エンジェル 

こちらも書いてます。

(Angelaのかんたんスペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2016年7月31日 (日)

福島 相馬野馬追 甲冑競馬と神旗争奪

甲冑姿の若者が7-8騎で10レース走る。Img_9633
出走ゲートは無い。
Img_0027

全頭が<疾走>という訳でもなく、中には駆ける気の無い馬も居る。1200メートルのコース。

進行係が騎乗者の名前と部落を紹介し、それを審判が”承知~!!!”と叫び、出走となる。
その訛りとトチった時の照れ具合で観衆に笑いが巻き起こる。

のどかだ。。。Img_9513

Img_9549

三コーナーを回る頃には息切れして、ほぼギャロップ状態。馬っていつもいつも駆けるものじゃあないんだ。。。
Img_9673

 
武者が落馬して空の馬がウロウロと逃げ廻る。
それがとても穏やかな印象だ。
Img_9582
 
 
そうよ、がむしゃらに走らなくたってイイノヨ。
そんなシンドイこと。 
したくなければしなくていいのよ。
 
Img_9927
それにしても大旗の見事な事。
若武者たちの凛々しい事。
 
Img_0002
 
競馬の勝者や<神旗>を捕まえた青年達が意気揚々と羊腸坂を上っていく。
中には高校生の女武者もいた。
満面の笑みで黄色い神旗を振りかざす。
 
Img_0006
名前の通りくねくねした”羊腸坂”。
これがきつい。
Img_9734_2
競馬の後で一気に登って行けた馬は5頭ほどで、他は途中で歩いてしまう。
丘の上の本陣で賞品を頂く。
 
Img_9886
友人が来ていたが、この人混みじゃあ巡り合える<偶然>は無さそうだし、だからと言って呼び出しを掛けるのも気が引けた。
Img_9918
 
 
 
背中の大きな旗がヒューッ、ヒューッと風を切る音が丘の上迄聞こえてくる。
Img_0031
進行係が叫ぶ。
 
”これが相馬の夏の音だ~!”
 
Img_9902
 
 
時折パラパラと降られたが、曇天のもと暑さにも襲われずに観客は十分に楽しんだ。
 
磐梯山麓の夕食会場へ向かう際、運転手はまた道を間違えてUターンした。
 
後ろで女性の声。
”マタ マチガエタノ!?”
 

エンジェル 

こちらも書いてます。

(Angelaのかんたんスペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2016年7月30日 (土)

福島 相馬野馬追 会場へ着く

南相馬市内に到着。Img_9424
ところがいざ駐車しようとした所は、我々の指定された場所じゃあなかった。
(大分離れていた。。)
 
 
Img_9480
 
”コンビニの斜め前の<生涯学習センター>の駐車場”って、あれほど説明を受けているのにそんなものは何処にも見当たらない。
Img_9481
交通整理のお兄さんがああ曲がってこう行って、ミニストップがあるからそこを右折だのと説明しているが、先ずそのショッピングセンターの出口を探してぐるっと回って、田舎道で。。
右か左か分からない。
Img_9495
 
業を煮やした客がスマホで地図を取り出して運転手に教えてあげる。
”其処の橋を左折ダヨ!”
コレ?
Img_9598
 
ウロウロ、ウロウロ。
行く当ても無さそうにウロウロ。。。
やれやれ、やっと着いたと思ったのに。。
お祭りの唄が始まってしまう。
Img_9505
 
到着予定は11:30分。
渋滞も無かったのに運転手の重なるミスで4-50分は遅れたようだ。
Img_9734
 
会場入り口から前方の高台に人が溢れているのが見える。
凄い人だ。
謡がかすかに聞こえてくる。
Img_9569
 
ナニはともあれ”百聞は一見に如かず。”
 
こんな大きな運動場なんだ。。。

Img_9626

エンジェル 

こちらも書いてます。

(Angelaのかんたんスペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2016年7月29日 (金)

福島 相馬野馬追 帰宅困難地域

前の座席の女性はポケモンを探していた。Img_9393
20代の女子も遊んでいた。
 
そんなに面白いんだろうか。。
Img_9439
 
途中、友部のサービスエリアで笠間の<おいなり弁当>を買う。
食べ始めたら、添乗員がその話をした。
”売り切れちゃって中々無いんです。。”Img_9406
最後の一つをゲットした!と報告したら嬉しそうだった。
 
味は濃い目だが、山菜の組み合わせが美味しかった。
Img_0982
 
 
添乗員がこれから真っすぐ南相馬へ向かうという。
えっ? 今日は会津見物じゃあなかったの? 旅程変更?
変更は何時決まったのですか?
”あれは<前日>のものなんです。”
Img_0081
どーいうこと?
送られてきた旅程は前日発の予定表で、三日続くお祭りのメインの<本祭り>甲冑競馬・神旗争奪はこの<中日>に行われるのだ。それが我々の出発日。
Img_9423
 
もしその表の通りなら、重要無形民俗文化財である<野馬懸>見学となり、2時間程度の行事で時間的にもホテルの場所からもあり得ないという。
これは白装束の若者が神様に捧げる野生の馬を素手で捕まえる。
我々はそもそも<本祭り>を観るツアーだから、記載ミスだった。

Img_9416

 
 
帰宅困難地区を通る。
道端に数値が表示されている。
XX シーベルト。
もう、この数値がどの程度のものだったのか忘れてしまった。。。

Img_9434
ほんの少し見えた山間の民家に人は居ないし、静かな家々のカーテンは崩れていたり障子はボロボロだったり。
家畜小屋は空っぽだった。
街中はもっと悲惨だろう。
Img_9411
 
困難地域を見下ろすように高速道路では車が行き交う。
どちらも<現在>なのだが静と動、虚ろと現がなかなか頭で繋がらない。。
冒された土地の上を人や物が流れていく。
あの震災から止まってしまった地域。
所々に除染ゴミの黒い塊が積み上げられ道端に並んでいる。
不気味と言えば不気味な景色だ。
Img_9457
晴天の下で人間が放射能に成す統べなく平服している。いっそ、緑が無ければ理解もできようが、青々とした深緑の中で目に見えない悪が堆積されて行く。
Img_9425
 
”目に見えないから怖いんだよ。。”
前の方から聞こえて来た。
悲しさというより静かな憤りを覚える。
この土地はあと何十年待たなければいけないのか。

エンジェル 

こちらも書いてます。

(Angelaのかんたんスペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2016年7月28日 (木)

福島 相馬野馬追 ドコモビル

昨年、福島駅で見かけたバスの背の大きな広告。Img_9372
”相馬野馬追”
それを見て来よう。
Img_9361
何とも面白いバスツアーだった。

 
新宿・都庁前07:00発。
久し振りに新宿駅西口から都庁へ向かって歩く。
ここは私の青春時代だ。
まあ。通路の綺麗になった事。
白く輝いている。
嘗て此処は薄汚くて、浮浪者が沢山いて、車がびゅんびゅん走っていた。
そう。。動く歩道ってあの頃からあったよなー。
静かな通路だ。。
Img_9358
 
参加者は25名。
一人2席を使える。楽だ。
添乗員はとてもおしとやかな50代の女性。
Img_9374
 
出発してぐるぐる回って首都高速に乗り都庁を右手に観る。
えっ?
まだこんな所を走っているの?
 
Img_9390
”あれはドコモのビルです。”
面白いんですよ。ご存知でしたか?ビルの側面にもう一つビルの絵が描いてあるんですよ。
 
へえー。そうなんだー。。
Img_9376
 
運転手が ”xXXxで下へ降りなきゃあいけない。。”と添乗員に言った。
添乗員は ”まあ。。”
何なんだろう。。
道が混んでいるのかしら。。
 
初台のオペラ劇場を過ぎてから高速を降りて、Uターンする。
何処へ行くのかと思ったら、そのまま反対方向へ乗る。
又、都庁とドコモビルが見える。
Img_9395
 
添乗員がそこで”道を間違えました。。”
客は唖然とした。
私はぐるっと回って東北道へ行くのだろうと思ったが、向かったのは常磐道。入り口を間違えたらしい。
Img_9403_2
 
それにしても、バスは甲州街道を下って行く。
行先は東北なのに。。。
この違和感を25名+添乗員の誰も感じなかったって。。
トテモ 可笑しい。。。
Img_9399
 
高速でハーレーの連中が気持ちよさそうだ。
最近格好いいオジサマたちをよく見かける。
私の大好きな筑波山が見えて来た。

エンジェル

こちらも書いてます。

(Angelaのかんたんスペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ