最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

社会勉強

2018年12月19日 (水)

公開講座 音の話

実験が売りの講座だったけれど、超音波で紙が揺れるのってそんなに 目新しい事ではないし、助手の学生たちもモタモタしていて<実験>のワクワク感はゼロだった。
実験と言えば、高校の頃は先生に近い私がよく試験管を持たされて、ボンという破裂音に周りがびっくりしてたっけ。。
聴講生はシニアーが7割。
皆、実験に興味もなさそうだった。
Img_1636_2
<江戸っ子一号プロジェクト>で深海7800メートルでの映像を見せられたが、何がその評価対象だったのか。。
魚群探知機は昔からあるのでその音源の位置の話なのか、水圧に耐えうる器材を作ったことなのか、その評価の対象がよく分からなかった。
mている
後で調べたら、<産学官金連携で水深7800Mでの生物の3Dハイビジョン撮影に成功して深海探査機の開発を進めたこと。>だそうだ。
探査か。。
あの白っぽくユラユラした魚は食べられないしなあ。。
音源に超音波を加えると音が増幅する。
ふむふむ。。
これってそんなに凄いことなのかなあ。
何もわかっていない私だから驚きもなかった。。
さっき、アルゼンチンの友人のブログを読んで笑ってしまった。
著名な人の言葉で、
”理解できなくても説明を聞いて理解する人はいるが、説明を聞いても理解できない人は何を聞いても理解できない。。”
(あ、私の事だ。。)
なんだろうな。。
教授は手渡されているテキストを読むだけで机とスクリーンをうろうろする。
口でモゴモゴ言うのが聞き取れない。
それって私の聴力の衰えかなあ。。
退屈だなあーと思っていたら、数名が途中で退出した。
こんなの初めて。。
(あー、やっぱり面白くなかったんだ。。)

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月16日 (日)

公開講座 微生物の話

講座開始の3週間ほど前にお知らせメールが入った。
(へえ。。珍しい。。人数が集まらないのかなあ。。)”
いつもと違うキャンパスなので当初は興味は無かったのだが、折角だし散歩がてらに聞いてこようかしら。。
豊洲はもう下町ではなく、モダンな街だった。
マンション群が駅前に広がり、それに見合ったゆったりした公園の木々は紅葉の終わりだった。

こんなステキなキャンパスで勉強できるなんて。。
羨ましいなあ。。
m提出
Img_1605
”大阪弁で失礼します。”
先生のこの第一声で私は楽しくなった。
ユーモアのある人には魅かれる。
単に教材を読むだけでなく、話が面白くて講義の中身が膨らむ。
先生にも<話術>が大切だ。
オチがあって笑いを入れてくれるのだが、生徒の反応がいまいち鈍い。
なんで反応しないんだろう。
東京のシニアが退屈というわけではないのに。。
ノリが悪い。
こういう点がオオサカジンに嫌われるのかも。。
腸内環境を改善する話。
先生が”ボク、驚きました。。”
”ショウチョウと言ったらそれが腹のどの辺にあるのか知らない生徒がいた。ダイベンとショウベンンを知らない生徒がいたんです。。”
全員が絶句。
全く、先生ならずとも驚きである。
(大丈夫かいな、このガッコウ。。)
ある種の微生物は金属を取り入れる性質がある。放射性物質を取り込むと言われたひまわりの効果はあまり無かったようだが、現在研究中であるとのこと。
金属の腐食や福島の原発まで、微生物が見えないところでひっそりと活動しているのに神秘を感じる。
”人間は大威張りしてこの世を収めているようだけれど、微生物は凄いんです。。”
中身の濃いお話で最後に質問が相次いだ。
特に福島の放射能の質問が多かった。
皆、もどかしいのだ。。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月14日 (金)

公開講座 語学ボランティア 最終回

A子は鶴模様のとてもステキな風呂敷を持参した。
。m
前回、エジプト人とおせち料理の話をしていたB子は立派な重箱。
現在は既製のおせちを購入し、価格は5000-1万円以上と言う話に留学生たちは驚く。
m
”スーパーで小分けで売っているから、好きな分だけ用意すればいいのよ。”
Img_1575
そしてC子はソロバンを2本持ってきた。
計算の速さにびっくり。
”計算機と算盤とどちらが早いか?”
我々は”そろばんだよ!”
では、試してみましょう !
B子が二桁の数字を読み上げたが、たった五個だったので暗算が一番早かった。
次にソロバン。
Img_1579
私は数珠を持参した。
海外で一番多く受けた質問は”仏教について”だった。
”あれは宗教じゃあなくて哲学なんだよ”と彼らに教えられた。
<色即是空>という言葉は知っていても、その意味はよく分からなかった。
でも知らないと答えると単なるアホと思われるので、私はテキトーに答えたものだ。
宗教の話はタブーというが、それは間違い。
相手の信じるものを冒涜してはいけない、相手を敬うことが大切なのだ。
隣のテーブルでは御朱印帳を拡げていた。
Img_1576
全員がしっかり勉強してきた。
学ぶっていうのは自分で調べた事が頭に残るってことなんだろうなあ。
最後に ”Kickstarter Course” の終了証を頂く。
Img_1583
帰り道、風呂敷のA子が、
”私はアメリカ駐在中に若くして旦那に死なれてね、それから銀行で働いたの。だから完全な主婦でもなければキャリアーウーマンでもないのよ。B子やC子のようにマダムではないのよ。。”
と、何かにコンプレックスを抱いているような口ぶりだった。
”何を仰いますか、皆さんは<マダム>でとっても素敵です。
あくせくしているのは私ですヨ。。”
あー、いろんな人生があって、ご苦労をされて来たんだなあ。。
以前、友人の母親に言われたことがある。
”人の話は聞いてみるものよ。”
ホント。。聞いてみないと分からないものだ。。
m事がある
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月11日 (火)

公開講座 語学ボランティア 日本の物を説明する

最終回は日本的な物を持参してその説明を3分でする。
何にしようかしら。。
浴衣を持ってきて3名の女性にそのままあげようかしら。
でも、3分で着せて説明するのは無理だ。
教室で話すという事で必死に練習を重ねた。
ちゃんと言えるかなあ。。

Img_1577
教室で話すと言えば、以前、ブエノスアイレスの大学生のバス旅行に参加した事があった。参加者は学生とその友人達でバス2台で南部の風光明媚な保養地(バリローチェ)へ出かけた。
中に小学校の先生がいて、”日本について話をしてくれないか?”
今思えば超へたくそな幼稚園レベルのスペイン語で話すことになった。
あの時は漢字・ひらがな・カタカタを説明した。
30分くらいだった。
私には話せなくても黒板に<書く>という強みがあったので、緊張することなく漢字の意味・読み方を話した。
子供たちは<線>を集めた漢字や、くねくねしたひらがなに眼を輝かせていた。
私が初めて接する日本人だったのだろう。
この時、先生って素晴らしい職業だと思った。
大勢の前でうまく話せるかなーと緊張していたら、いつものようにグループでの説明だと聞いてほっとした。
1対1で座って話せるならもうこっちのもの。
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月27日 (火)

公開講座 語学ボランティア 3回目

後半の二回は英国人の先生。
部屋が大講義室に変わった。

入室しただけで部屋の大きさ、天井の高さに圧倒される。
気後れっていうのかなあ。。
人生いろいろあって、もう物事に気後れするなんてことはないだろうと思っていたけれど、雰囲気に呑まれるなんて、私もまだまだガキだわ。。

後方に留学生が11名、打ち合わせでイギリス人の先生の話を聞いていた。
仲間が着席していた。
あれが先生ですねー。
ジーパンに紺のTシャツで185センチはある。格好良い男性。
”そう。。”とにこっと笑った。
心なしか彼女は頬を赤らめたようだ。
一瞬ピンクのオーラが拡がった。
そうよ。
習い事は異性の先生のほうが頑張れるのよ。
今でも思う。
私の中学の数学の先生は美人すぎて授業がちっとも面白くなかった。
もし<男性>だったら私は頑張ったと思う。
(と、今でもセンセのせいにする私。。。)
Img_1188
どちらかと言えば、褒められて勉強するタイプだったから、何も褒められなかったので面白くなかったのだろう。
(って、最初から褒められるほどの点数を出して無いこちらが悪いのだけれど。。)
先生はイギリス英語を蕎麦のようにはっきり区切って、大きな声で分かりやすく話してくれた。
典型的な赤毛の先生。セイン・カミユのような声で英国訛り。
各テーブルに3名の留学生が配置された。
またエジプト人だったのでエジプト料理の話になった。
”あのハト料理は美味しかったわよ!!”
え、レストランで食べたの?
あれは高級なんだヨ。。
kt
エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月20日 (火)

講座の仲間

50代の奥様。
二回目からはどんどん話が進んでいく。
自己紹介の段階で、
”息子が海外をうろついている” と言ったのが良く分からなかったが、よくよく聞けば大学を休学してバッグパッカーで世界旅行に出ているという。
”まあ。。それは心配ですねえ。”
現在はロンドンにいて年末にフランスへ行くので、そこで ”オペラを観よう!”と母親を誘っているそうだ。
(ふうん。。オオクラ省を呼び寄せるか。。賢い息子だ。)
Img_1145
よくお金が続きますねえ。
余程仕送りをしているのかと思ったら、
”お年玉をコツコツ貯金してアルバイト代を稼いで、自分の金で行っているのよ。私は一切あげていないの。”
(やっぱ賢くてタイシタ息子だわ。。)
”知らない人の家へ泊るのよね。。”
旅先で知り合った人の家に泊まるんだそうだ。
エエーッ!? おーっ、怖わ!
女子ならもってのほかだけれど、男子でも今は変な人が多いから気を付けないと。
よくそんな知らない人の所へ泊るわねえ。。
<親切な人>に巡り合うのは有難いけれど、今は悲しいかな何でも先ず疑ってしまう時代。
 
水戸黄門のように”ちょっと一晩の宿を!”って、泊める方も泊まる方も善人なら良いけれど。。
”私は語学ボランティアは出来ないかもしれないけれど、<宿のボランティア>をしようかしら。。”
へえ。。そんなボランティアも有るんだ。。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月19日 (月)

公開講座 語学ボランティア 二回目

エレベーターホールで先生と出くわした。
あら。。笑顔だわ。
話しかけてくる。
愛想が良い。
(前回は緊張(?)していたのかしら。。)
鼻先を持ち上げて話す癖があるようだ。隣国のトップの妹のように。
ただ笑顔でいるから見下された感はない。
教室には男性が前回と同じ席に座っていた。
”えっ? 同じ席なんですか?”
廊下の係員に尋ねたらそうだと言われた。
(他の方ともご一緒したかったんだけどなー。)
Img_0981
開始5分前に生徒がどっとやって来た。
勤務を終えてきたのだろう。
廊下の受付には未だ名札が4枚残っている。
参加者は名札を持ち帰っているので、この人たちはもう来ないんだろうなあ。。
二回目ともなると我々も親近感を覚えて話が弾む。
二人がぼそぼそ言っている。
なあに? えっ? シュクダイ?
そんなのあったっけ?
(最近、忘れっぽいダメな私。。)
慌てて日本食の説明を考える。
留学生たちの条件は<一定の英語力>だが、各自の性格もあって微妙にレベルが違うようだ。
前回、よく笑ったエジプト人が再度やって来た。彼はとてもきれいな英語を話す。
各グループで宿題の日本食の説明をする。
先ず一人が<お好み焼き>を材料と調理法を話し始めた。
”それには焼きそばは入らないのか?”
それは広島風で関東では入れないのよ。
たまたまお好み焼きは彼の好物で自分で良く焼き、ソースまで作るという。
へえ。。タイシタモンダ。。
もう一人が<おたふくソース>を薦める。
”それにアルコールは入ってませんか?”
宗教上の決まりが多いといちいち確かめなければならない。
大変だなあ。。
先生が誰かに似ているなあーとずーっと気になっていた。
帰路、ふと思い出した。
あ、クリムトの”ユディト”だ。。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月16日 (金)

公開講座 ”めざせ語学ボランティア”

前回は選に漏れたが今回は応募が少なかったようだ。

どんなものか受けてみよう。
私が最高齢でもなさそう。
定員は30名。
2-30代の女性が主で男子は約2割で半数は60代。
全体の8割は仕事帰りのようだ。
Img_0382
5つのグループに分かれ、留学生が順番にテーブルを回り会話の練習をしていく。
普段、話す機会がないとさっと言葉が出てこないものだ。
どうしても<恥ずかしい>という感覚が抜けきらない。
喋れないからって恥ずかしがることなんてないんだけど。。
言葉が分からない国で生活をしていたから、身振り手振りや筆談で必死に自分の想いを伝える事には慣れている。無知は恥ではない。
30代の講師は美人だがあまり愛想が無い。
いつの間にか入室して壇上でパソコンをセットしていた。
有れ、いつ来たんだろう。。
挨拶した?
(聞こえなかった。)
挨拶は相手に自分が敵ではないと知らせる為にするもんだと友人に言われた事がある。
もしかして声がとても小さい?
(だから聞こえなかった?)
シャイ?
人間嫌いかな?
そっか。。
人前で話す職業だからと言って、話好きとは限らない。
講義もさらっとテキストを読むだけで、印象が薄い。
笑いが湧く瞬間がない。
私は<笑い>を重視する。だって、それが一番楽しいしとても印象に残るものだから。
あー、一度でいいから林先生の授業を聴講したいものだ。
知性とユーモアと愛が溢れている。。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2017年2月 3日 (金)

芝浦工業大学の公開講座 

公開講座のタイトルは、

”脳の老化ってどんなこと?”
Img_3275
 
最近、物忘れも多くなったのでちょっと聞いて来よう。

ひえーっ。
田町駅前にズラリと並んでいた飲み屋が無くなって、後ろに飛んでもなくでかいビルが出来つつある。。。舗道のソメイヨシノが全部切られてしまった。
桜を残せなかったのかなあ。
4年も働いていた田町。 変わったわねえ。。
mImg_3287
聴講者は100名。
 
生理学的にどうして老化していくのか。
全ての生き物は老いて、死んでいく。体が干からびて消滅していく。
この世の理に逆らうべくもないのだが、出来るだけ長く<生>を謳歌したい。
Img_3291
だって、此の世は楽しい所だから。
苦しみも同じくらいあるといわれるけれど、そんなのは最後まで生きてみなければわからない。
”あーあ、タノシカッタ !お母さんアリガトウ!”と叫んで終わりたいものだ。
先ず、こういう研究をしている人が居るんだという事と、研究材料にされたネズミが沢山いてカワイソウと、全く内容に関係ない事を思う。

ネズミの寿命は2-3年なので 生育状況は”月”単位で表現する。これは3月のネズミなどとカウントするそうだ。(って、ネズミの話はこれくらいで。)
Img_3302
 
能細胞に含まれるリンが酸化し、錆付いていくことで劣化が生じ、アルツハイマー、認知症が進む。
それを遅らせるために青魚のEPAだのビタミンだのを摂取しよう。
と、結論はほぼ世間が周知の事実ばかり。
Img_3300
 
酸素を沢山取り入れて酸化が進むのであれば、家で大きな運動もせずに静かに時を過ごせば長生きできるのかと学生たちから尤もな質問が出るそうだ。
Img_3234_2
でもそれでは何の為に生きるのかわからなくなる。
色々な補助食品や流行りのXX水などについてコメントを求められた先生は、
”うーーん。。私からは断言できません。ただ、効き目は人それぞれだから。とにかく<注意>はしてください。”
まあ。。これ以上の事は言えないだろう。
”アンチエイジングと<若返り>は違うんです!”
”若返る事はゼッタイに有りません!”
 
なるほど。。
 
聴講後に思った事。
青魚と野菜をもっと食べよう。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチを宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ