最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

ねこ

2019年6月17日 (月)

トラヨの帰宅

私が着替え始めると猫は後れをとらじとソワソワし、一緒に外へ出る。

いつもの事。。

スーパーへ行くときは大通り迄付いてくるので私は反対側に進路変更して彼女をまく。
それでも ”ゲーコ、ゲーコ!” のトラヨのダミ声が暫く聞こえる。

Img_0031

この日も ”そんなに泣かないで頂戴!” と呟きながらクラスに出かけ, 3時間後に帰宅した。

ヨシダさんが ”でかけていたの? トラヨちゃん泣いてたわよ。。”
(ホント。。泣き虫なんだから。。)



あれ ? 窓が閉まっている。。
しまった、昨夜少し開けておくのを忘れてしまった。
外からは爪を引っ掛ける凹凸がないので開けられない。

という事は。。
トラヨは未だ外に居るんだわ。だから泣いたんだわ。。

軽く”チッチッ” と呼んでも現れない。


あらー。。遠くへ行ってしまったのかしら。。

兎に角、ドアを開けた。
そうしたらトラヨが奥から駆けて来た。
一瞬何が起きたかわからない。
彼女は窓を開けて入り、そしてご丁寧にその窓を後ろ手で閉めた??

 

狐につままれたとはこの事だ。
数秒後、”アリエナイ!” と外に出た。

やっぱり。。
反対側の台所の窓が開いていた。
こちらは爪が入るだけの隙間があったようだ。

食料品の上を踏みつけて中に入ったんだ。。

 

トラヨちゃん、ヨシヨシ、大変だったねえ。ゴメンネ。
でも。。アータ、あの窓のことを学習していたのねえ。
良かった 良かった! 

いつもの窓が開けられなかった時の<絶望>と<焦り>に諦めずに努力した。
オマエはエライ! 
カシコイ!

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年6月12日 (水)

蚊帳の孔

蚊帳を年中掛けたままにしている。
夏は蚊よけ、冬は冬でこんなスケスケの布でも中に入ると暖かい気がする。

昨年トラヨが作った孔を塞いだが、またぞろ小さな孔が無数に出来てしまった。。
トラヨはそれらを段々大きくして遊んでいた。

Img_2136


猫は一人で遊ぶ。
それにも時間と場所がある。
朝日が射し始めると、”ウンミャー!” と鳴く。
鏡で光を動かして遊んであげる。
光を掴めないのは百も承知で猫は部屋中を駆け回る。

夕方にはトイレの前で尻尾を追いかけぐるぐる回る。
時々尻尾や肩をドアにぶつけゴツンと音が鳴る。まるで自分が打ち付けたように私は肩を竦める。
痛くないのだろうか。
自分の尻尾を追いかけて何が面白いんだろうか。
まさか体の一部という認識が無いわけではないだろうに。。
尻尾は自分の意思で左右に動かしているのではないのかしら。。
Img_1863

 

そして眠る前にベッドの上でドタバタ。
何をやっているのかと振り返れば、蚊帳の小さな孔に手を突っ込んでひっくり返り、体を蚊帳にぐるぐる巻き付けてドッタンバッタン。
よく一人でそこまで遊べるなーと感心する。

一人遊びが出来るって、賢いのかもしれない。

静かになった頃、振り返った。

”ナニ やってますの?”

頭だけ外に出していた。

”アータ、 首吊ってしまいますよ。 ヤメナサイ!!”


トラヨはその孔に肩を突っ込みあれよあれよという間に抜け出た。
自分で切り開いた孔が自慢のようで、わざわざそこから出入りする。
私は唖然とするのみ。

そしてその孔から私はTVを見たりしている。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年6月 7日 (金)

寝言を言う猫

冬の終わりごろ、トラヨが炬燵の毛布の間に潜り、丸くなって寝ていた。
突然、”ウウウーーン ムーーー 〇×▽XX〇。。”

あら、 トラヨちゃんが何か喋っている。
犬も猫もそして人間も寝言を言うけれど、今回は長めに話していた。
一体、どんな夢を見ているのだろうか。

威嚇でも恐怖でも無さそうだ。
親を思い出すのか、子育ての苦労なのか、野良で追いかけられていた頃の夢なのか。

思えば、この<迷い猫>は私の想像を絶する人生を送ってきている。
いつも ”お前はエライ! 大変だったねえ。。” と声を掛ける。
Img_0177

寝言に返事をしてはダメと聞いたけど、あれは人間相手の話だったよなあ。
夢の中で受け答えはしてはいけないというが、残念ながら猫の言葉が分からない。
猫語や犬語の本が出ているが、あれでどこまで理解できるのかなあ。

日常生活で毎日話しかけるのはトラヨちゃんだけ。
あいつは<うざったい!>と思って、”ウウウー”と言っているのかもしれない。
Img_0249
毛布に潜っているのを知らずに数センチ離れた所に足を置くと、

”ウンニャアー!!” 。

”踏むなよ~!!!” と怒っている様だ。。

 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年5月29日 (水)

トラヨの娘 ふみ

ふみを引き取ったのはゴスペル仲間。
何気なく言ったら即、”貰う!”。
彼女はシングルマザーで一緒に歌っていた小学生の息子が猫を欲しがっていた。

久しぶりに <ふみ>の写真を送ってきた。

”ふみはお母さん似ですね。
布団が大好きでしょっちゅう”ふみふみ”しています。
お母さんが恋しいのでしょうねえ。

ビニールを噛む癖もトラヨちゃんと一緒なので放置しないように気を付けてます。

 

6ngwnhskjpeg

 

病気もせずに元気にしています。
ふみは何より私の癒しです。毎日一緒に寝てます。。”

ふみの写真を見て笑ってしまった。
トラヨちゃんそっくりだ。

Img_1754

 

 

この冬はさほど寒くも無く、トラヨが布団にもぐった回数は数えるばかりだったが、気が付けば枕の脇で丸くなっている。
いつも私にケツを向けて寝ている。。
尻尾がワイパーのように私の顔の上を転がる。
(トラヨちゃん、それ。。邪魔なんだけど。。)

せめて腹の辺りまで毛布を掛けてあげる。

これが癒し。。

あの小学生はもう大学生になったかしら、母親を手伝って働いているのかしら。。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年5月28日 (火)

近所のお兄さん

トラヨは私の後を追ってぎゃあぎゃあ泣いていた。

私は前の家の裏庭へ廻る。グレゴリオに餌を上げるのだ。
ほんの2-3分姿が消えたのが気になるらしい。

 

よく泣くなア。。と玄関に戻ったら、20代後半の若者がトラヨに携帯を向けていた。

以前、トラヨの里親探しをしたときに、若い男性には猫を上げないと言う話を聞いた。
虐待が多いらしいから。
だから、トラヨにも若者とは関わって欲しくない。
私は知らんふりをしようかと思ったが、彼はいつまでも写メを撮っていたので、仕方なく彼に並んだ。

トラヨはきちんと被写体に収まっている。
知っている人なのかなあ。。

Img_5304

 

いくら通りすがりの振りをしてもトラヨは私に甘えてくるし、彼は私を見たことがあるかもしれない。
そのうちに彼は自分の住まいと近所の猫嫌いのおばさん、界隈を出入りしていた三毛猫等の話を始めた。

それらの情報は正確だった。


彼は単なる猫好きのようだ。
”この猫はこの辺にいるんですよね。以前は白いのと二匹居ましたよねえ。”

”あら、ヒメを知っているの?”
”ええ、これ。” とスマホのひめの写真を見せてくれた。

まあ。。
胸が詰まる。
もう二年以上経つと言うのに、愛しいひめが誰かの携帯に生きていることで胸に涙が湧きあがった。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年5月19日 (日)

猫の髭が刺さった

ん? 
歩きながら足の裏がちくりとした。
小石でも入ったんだろうか。
立ち止まって縁石に足を載せる。
ストッキングの上から足の裏をまさぐっても何もないし、靴をひっくり返したけど何かが落ちた気配もなかった。

そのまま気にならなくなった。

 

Img_3700

 

帰宅してソックスを脱いでぎょっとした。
なにこれ?
この白いの。。


ねこの髭が刺さっていた。

 

びくびくしながら抜こうとしたが、手が滑ったのだろうか中々抜けなかった。
信じられない状況に私は驚いていた。

Img_1154

こんな事があるのねえ。。
よく見れば先端が細くなっている。
どの段階で分厚い足の裏に刺さったのか。。


何事も経験っていうけれど。。
猫の髭が足の裏に刺さる確率って、想像しただけで気が遠くなる。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年5月 9日 (木)

猫のわるくち

電話で話をしていた。
友人は犬の話私はトラヨの話をしていたら、突然”ビーッ!”と鳴った。

トラヨが電話機を踏みつけたのだ。
”よく踏みつけるのよ。。”

Img_6127
通話の最中に突然 ”ギャアー!!” と叫び声。
ぎょっとして見れば網戸にしがみ付いたトラヨちゃん。
中指が引っかかって外れない。
痛いようだ。
”ドウシタノ?”

友人に説明する。
”トラヨはホント、アホでねえ。よくやるのよ。

引っかかったら引っ張るんじゃあなくて、手を開いて上にあげろって何度も教えてるのに。。
前の猫は賢こくて<忖度>が出来たのに、こいつは空気が読めないし、学習しないし、ホントバカなんだから。。。”

そうしたら友人が、
”当人のいる前で悪口言っちゃあダメ! 理解するんだから!”

Img_6164


そうだわねえ。
後でごめんねと謝ったけれど、顔をしみじみと見てしまった。

お願いだから、もうちょっと<学習>してね。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年4月21日 (日)

トラヨちゃんを病院へ

<におい袋>がお尻の両脇にあるなんて。。初めて聞いた。
へえ。。
その一つがはじけて化膿したらしい。
先生が絵を描いてくれる。
Img_9855

 

ベッドに潜りこんだ時に軽く腰に触れただけなのに5分ほど鳴き声を上げていた。
聞いたことの無い痛そうな鳴き声。
夜中に泣くなんて、どうしたんだろう。。
そして、翌日肩に抱き上げたら、
”ギャーッ~~~!!”

よくよく見たら尻に傷があるようだ。
どうしたの。。
数日前から元気が無かったけれど食欲はあったし、排泄は順調だし、10円玉ほど皮が剥けていたなんて気づかなかった。

コタローに尻を噛まれたのか、何かの棘が刺さって怪我をしたのか。。
それが化膿してしまったのかな。。
患部は赤くただれて痛々しかった。
Img_9826

 

女医が優しく説明してくれた。
”<におい袋>があるんです。”
えっ? ニオイブクロ?
そんな穴が肛門の脇にあるんですか?
それは体液ですか?
排泄物と一緒に出ないんですか?

これもマーキングらしい。
Img_9851

 

どれどれと二人でトラヨの尻尾を持ち上げて覗く。
トラヨは診察台の上に私が乗せたままのスフィンクス座り。
尻尾を持ち上げられても身じろぎもせず、ウンともスンとも言わなかった。
どうしちゃったのかしら。。

”薬は飲めますか?”
投与したことないんですけど。。
”抗生剤を打てば効き目が二週間持続シマス。”

注射針にトラヨはピクリともしなかった。
トラヨは待ち時間も大人しく、犬が近寄っても構えることも無かった。
えらく落ち着いているなあと感心したけれど、もしかしたらビビッていたのかもしれない。

終始オロオロしていたのは私の方だ。

エンジェル
こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年2月10日 (日)

ねこに起こされる

猫の小さなひと声ではっと目覚める。
多分、それが彼女の第一声だと思う。
そして私が目覚めたことを猫は感知するようだ。
執拗に泣き続ける。
クウーッ、クウーッと唸るように呼び続ける。
Img_2156
ガラス戸の前でひときわ高く鳴く時、私は飛び起きて開けようとするとさっと行ってしまう。
えー、なあに~? 
外へ出たいんじゃあないの?
それならどうして其処で鳴くんだ?
そうよね、出たかったら鳴く必要が無いわねえ。
あなたこの戸を開けられるものね。
初めてスーッという戸の空く音を聞いたときはぎょっとしたっけ。
こんな重いガラス戸をあの小さな手が開けるんだもの。。
そして閉めないから部屋に寒気が入り込む。
私がなかなか起きない場合は、”クウー、クウー” と、だんだん声が大きくなる。
ピアニッシモからフォルティッシモへ音量調節していくところは実に賢い。
それも襖の向こうで。
いつも襖の端は10センチ開けてある。
彼女はわざわざ真ん中の隙間の前で私を呼ぶ。
まるで大奥女中が ”ご主人様、朝でゴザイマス。”と三つ指ついて挨拶しているように襖に平行に座っている。
さっと開けると彼女は身を翻し、私は後について行く。
”オハヨーサン!”
エサは未だ有る。水もある。
なんで私を起こすのだ。。
犬は家族の其々に優先順位をつけて、自分より下と判断することがあるけど、まさか私に対して優越感なんて持ってないよねえ。
もしかしたら。。
私は単におちょくられているのかな。
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月 6日 (水)

炬燵のねこ

トラヨは炬燵の毛布の隙間に入るのが好きだ。
もそもそっと左から入って膝に乗り、いつの間にか右側に降りる。
そこは部屋の入口側なので私はよく踏んづけてしまう。。

”ギャオッ!” 
”あら、ゴメンナサイ!!”
足を5センチ近づけただけで ”ウウッー!” と唸る。
”踏むなよー!”
microicro
今まで飛び出した事は無いから、、それほど痛くは無かったと思う。
Img_1921
それにしてもよく寝るよなあ。。

私はベッドにもたれてTVを見ていた。
ボーっとしていた。
と、膝の布がピクリと動いた。
そうだ。。トラヨちゃんが膝の上に居るんだっけ。。
忘れていた。
2.5キロの重さを忘れていた。
布がピピッと動いてトラヨがクシャミを数回した。
小さな動物が体全体を震わせてするクシャミ。
その動きがとても愛おしい。

先日は向かい合わせに座っていた。
半眼の顔に私は話しかけた。
”アリガトー! 私の所に来てくれてありがとね。 お前は立派だよ。子供を6匹も産んで育てたもんなー。
私が出来ない事をやってのけたもんねえ。立派だよ。 トラヨちゃん。”
”最後まで面倒を見てあげるから、何かあったらヨシダさんちへ行くんだよ。
分かった?”
話しかけているうちに胸が詰まって涙が出てきた。
そうしたら。。
片目を細く開けて、”ウミャアーッ!” と返事した。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

より以前の記事一覧