音楽

2017年2月 1日 (水)

MET オペラビューイング ハル かなる あい

フィンランド人の作曲家の作品。
現代オペラ。
どんなだろう。。
12世紀のフランス南部と対岸のトリポリに住む男女の恋愛物語。
二人の間を船で往来する巡礼者はお互いの愛の言葉を伝えるメッセンジャー。歌声が一段と澄み渡り、(メロディーはあまり私の頭には残らないのだが)、研ぎ澄まされた音は愛を昇華していくようだ。海のような、天空の星のような舞台に我々もスーッと吸い込まれていく。
舞台はシルクドソレイユを手掛ける演出家で舞台全体が海の設定。
全体に筋状に LED ランプが敷かれ、青くなったり白くなったり、さざ波を起こし、雲を映し、夕日に赤く変化しながら巡礼者の船が行く。
この船、段々と小さくなりながら去って行くのだけれど。
”俊寛”と同じ手法だったので笑ってしまった。
因みにヒロインのドレスのミツウロコ模様。最初、竜神?人魚?彼女は何の精なんだ?
海が舞台だから水を表わす模様を敢えて使ったのかしら。
相手を褒めたたえ、募る想いを巡礼が運んでいく。
二人の想いは切ないほどに膨らみ、熟成する。
そしていよいよ男が彼女に会いに行く段になって、愛しい人への期待と不安で病に倒れ、彼女の腕の中で息を引き取る。
病に倒れる程の”期待”って。。凄いなあ。
 
 
 
ふむふむ。。
ツルゲーネフの初恋みたい。。
相手を見るまでのドキドキ感。嫌われたらどうしよう。。
愛って空想がどんどん膨らんでいくから始末に困るのかもしれない。期待をし過ぎるから その分幻滅も大きくなる。
物語の二人はめでたく愛を確認し歌い上げるが、愛は彼の命を救えなかった。
男は彼女の腕の中で息を引き取る。
(まあ。。。やっと会えたと言うのに、なんて気弱な男でしょう。)
 
メロディーは頭の上を朗読が流れていくように通り過ぎて行った。
彼女は嘆き、神を恨み、そして”修道院に行くわ!”
最後に<遥かなる愛>とは神への愛だったようだ。
恋人たちの両岸が彼岸と此岸のようにも思えた。
生と死。
愛ってなんなんだろうネ。
 

エンジェル

 

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ