最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

趣味

2019年5月16日 (木)

水彩画 印象の薄い人

福祉センターの廊下には展覧会に出品した絵が飾ってある。
反対側には書道の作品が並んでいる。


久しぶりに眺めて、顔が思い浮かばない人がいた。

”この方ってどんな人でしたっけ、今日はいらっしゃいました? 何処に座ってました?”

”それはE子さんよ、貴方の斜め向かいに居ましたよ。”

えー。。
ひとりひとり顔を思い浮かべるが、全く思い出せない。。

 

Img_1951

 

当日の参加者はたった10名で、9名ははっきり覚えているのだけれど。
面白いくらい、E子が思い出せない。。


これって<盲点>かなー。


私の盲点に入ってしまった人。


エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年5月13日 (月)

太極拳 先生が無事復帰した

先生がクラスに戻ってきた。
術後の経過も良好で、少し痩せたかしら。。
やっぱり先生がいると緊張感が生まれる。
そうすると演舞も冷めた雰囲気で集中できる。



翌月に開催される県の大会の告知があった。

太極拳と百花拳グランドで行い、午後は収支決算報告と講演会があるそうだ。
ピクニック気分で参加できそうだ。

Img_9071



会長さんが ”あなた、行くでしょ?”
別に断る理由もないので ”はい”。
結局、参加者は8名。
案外少ないと思ったけれど、でも自分の都合を最優先に出来るからそれで良いのだ。

 

その会場で90歳以上の会員の表彰式があるという。
会長が、”センセイも。。” と口を滑らしたら、先生が慌てて手を振る。



えっーー?
”先生って90を過ぎているの ?”
知らなかった。。
私はてっきり84歳だと思っていた。

センセ、スゴイ。。

 

エンジェル
こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年5月10日 (金)

太極拳 自主練習

”いい? こうやってクラスに参加することが大切なのよ!”
諸先輩が言う。

先生が欠席でも出席率は相変わらず良い。
リーダーが、”はい、ラジオ体操でーす。”
”案外忘れないもんだねえ。。”
子供の頃に覚えた動作は自然と出てくるから不思議だ。

Img_9074

そして、”いきいき体操”
私も含めて初めての数名はモタモタしてステップを間違えながらやる。
スムーズにステップを踏むシニアーの後ろ姿に、
”あー、日本のシニアーは元気だわ。”

 

 

先週のコーヒータイムに会長さんがフルーツケーキ(のようなもの)を差し入れた。
パンケーキの粉にヤクルトとドライフルーツを入れ電気釜で簡単に出来るという。
へえ。。
それじゃあ私もと次回に<スペイン風オムレツ>を作った。
皆は興味深々で全部食べてくれたのでほっとした。
どうやって作るのか?と数名に聞かれた。

 

仲良くして貰っている先輩が、うちのおじちゃんは変わったものを一切受け付けないのよ。
”おじちゃんって誰? 義父さん?”
いや、旦那のこと。。
(幾ら年齢が離れているからって、旦那さんを”おじちゃん“ってないよなあ。どうして身内をそんな風に呼ぶんだろうか。。)

その80半ばのご主人は”それは何だ?”と拒否して知らないものは一切受け入れないそうだ。
いますよねえ、そういう人。その年代の男性は頑なですよねえ。
私の父も同じようなタイプでした。

女性は結構ランチだなんだで横文字の海外の食べ物に馴染みがあるけれど、男性はそれがないんですよねえ。
女性の方が知識も好奇心もありますよねえ。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年4月27日 (土)

太極拳 先生の入院

休憩時に先生が役員とリーダーを別の部屋に呼び出した。
あら、何事かしら。。

先生が入院するのでその間の指導をリーダーにお願いしたようだ。
えっ? 
先生は体調が悪いんだ。。
Img_0135

誰も詳細を知らない。
先生が言わないから誰も聞かない。
病名も病院も言わないから見舞いにもいけない。大勢押しかけては同室の方に迷惑だし患者が疲れてしまうからお見舞いは却って迷惑だ。

手術の一週間後に無事に退院し自宅養生となった。

先生の留守の6週間は、ラジオ体操、いきいき体操をして休憩。太極拳の後で二度目の休憩。
この時はテーブルを出して20分のコーヒータイム。
お茶菓子も持ち込みで和気あいあいとお茶を飲む。
Img_0568


<いきいき体操>教室ではこんなパターンで過ごしているらしい。
先生がいつも言うように、
”心穏やかに楽しく仲良くすることが大切”。
太極拳の目的は健康・友好・和平です。

先生の練功や演舞の説明がない分、時間が余ってしまう。
二週目は<呼吸法>も取り入れて、全員が楽しく時を過ごした。
シニアーは遊び方を熟知している。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年4月26日 (金)

太極拳 聴力の弱ったシニアー

福祉センターの玄関先に血圧計がある。
計っている人と目が合った。太極拳のメンバーだ。

どうされました?
”胸がドキドキしてね。。180もあるのよ。” と驚いた様子だった。
あら、それは高めですね。深呼吸して、話もしてはいけないですね。もう一度計ってみて下さい。

160。それでも未だ高いので本人はオロオロしていた。
”胸がドキドキして、お医者さんへ行った方がいいのかしら。。”

もう一回計りましょう!
146になった。
Img_1902

私は部屋に荷物を置いて様子を見に戻った。
5-6回計測し140-150の間になっていた。
それでも本人は不安でたまらない。

”こんなんで練習していいのかしら。。家の近くの教室に変えた方が良いのかしら。。”

今日は寒いから血圧が高くなるんですヨ。
それに自転車でいらしたんですよね、数字が高くて当然ですよ。
兎に角、ここは寒いですから部屋に入りましょう。中で暫く座っていれば落ち着きますよ。

パニックに陥った彼女にゆっくり説明して入室を促した。


彼女は86歳、周りが”綺麗な人”と表現する上品で肌の白い美人。
補聴器を携帯するが、感度が良すぎて”うるさい”ので外していることが多い。
だから本人が話す声がどうしても大きくなり、独特のだみ声が静かな部屋に響き渡ってしまう。

先生の話の最中に彼女がよくお喋りしていて不思議だったが、それは難聴のせいだった。
最近はリーダーが ”静かに!” と注意する機会が増えた。
(これじゃあ小学生みたいだな。。)
学校だったら先生の一声で解決するが、そんなに大声だと言う自覚が無いから繰り返す。

老齢になるのは哀しい。
知らぬ間に不快な事をしてしまう。
その場がどんな状況で周りは何をしているかまで気が廻らなく、忖度もへったくれもなくなる。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年4月24日 (水)

展覧会

額縁で絵は変わるのよと言われていた。
現在、教室に飾ってある額縁を使おうと思いつつ、取りに行く時間がなかった。
そこで手元のちっちゃい額にいれて搬入した。

そして搬出日に絵を見に行く。
Img_9658


訳の分からない15号の絵と小学生が書いた文字の間に<ハルちゃん>を見つけた時、泣きたくなった。

”ごめんね、はるちゃん、こんな所にいたのね。ごめんね。”

Img_9659

 

なんで他の水彩画と同じ列に飾ってくれなかったのかなー。
額縁が貧相だったからかしら。。
(イヤ、関係ないか。。)


一番気に入った作品は小学生が書いた<東京メトロ>。
素晴らしい。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年4月20日 (土)

METオペラビューイング 連隊の娘

きらきらしてとっても明るいオペラ。

二幕目には台詞も多くあって演技力のある歌手ばかり。

<あらすじ>
連隊に拾われた孤児マリーは隊員全員に育てられ彼らを父と慕い、又、彼らに愛されている。
農村の青年トニオと恋仲なのだが、大金持ちの娘と判明し引き取られる。
トニオは入隊して鍛錬しマリーに会いに行く。
最後にめでたく結ばれるというコメディー。

 



 

 

 

 

 

 



友人は”オペラなんて、アリアのひとつふたつを聞けばそれでいいのよ。”と言っていたが、このオペラの聞き所は奇跡の高音テノール J・カマレナが9つの<高音ハイC>を歌い上げる。
”ああ友よ、なんと嬉しい日!”。
凄く楽しい歌。

観客の ”ブラボー!!!” が鳴り止まず、アンコールでもう一度歌う。

幕間のインタビューで ”今回はハイCを18回歌いましたがどうでしたか?”
”18回は問題ないです。練習ではもっと歌って声が出なくなることもあります。。”

強烈な高音が清清々しくて、音の魔力に我々は魅了される。
<音>って凄いなあ。
こちらまで嬉しくなってくる。


ハイCってどの音? と調べてみたら、五線譜に二本加えたドの音だそうだ。
3代大テノールのパバロッティは出せたが、ドミンゴもカレーラスも出せなかったとか。
(そうなの?)
で、現在では発声練習の変化により大概のテノールは出せるようになったとある。
へえ。。
発声法も進化しているのか。。

このハイCの音が頭でずっと鳴りながら帰宅した。
楽しいオペラだった。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年4月17日 (水)

MET オペラ カルメン

オペラを見たことが無い人には”カルメン”を薦める。
というのも、殆どの歌を我々は知っているから。

あれ、このメロディー? と思う曲ばかり。
美しいメロディーが続く。
Img_0038

序曲でうっとりしたらそのまま最後まで楽しく過ごすのみ。
あとは、”カルメン”の歌手が自分のイメージに合うかどうかだ。。

Img_0035

 

各場面の開始にバレーが入る。
これが実に効果的に<情熱>を現わす。
バーでのフラメンコの群舞も迫力があって、つくづくMETの舞台演出は最高だと思う。

 

セビリヤは何度も訪れた美しい街。
”ここが(カルメンの)タバコ工場があったとされる場所です!”
へえ。。
そこは太陽輝く明るい場所だった。
こんなところであんな事件が起きたのか。
男女の愛ってあんなに動物的なんだ。
相手を殺してしまいたいなんて。。

Img_0037

 

でも、そういう事件は哀しいかな現代にもある。
そうなるとあの格好良いホセは実は頭の悪いどうしようもない男だったのか。。

 

Img_0036

 

大好きなロベルト アラーニャが奥方と共演しているんだわ。。
へえ。。
インタビューで堂々とのろけるこの男には好感を持つ。

流石に人気の作品で映画館は珍しく半数以上が埋まっていた。
美しい音楽には癒される。

エンジェル 
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年4月16日 (火)

盆踊教室

なんやかんやで4か月不参加だった。
11月は予防注射で熱っぽく、12月は日にちを失念した。1月は膝が痛いし友人が欠席だったので面倒になった。
そして春の晴れ間に久しぶりに散歩がてら出かけてみた。

Img_9980

新しい人が4名入っていた。
休憩中にお茶菓子が廻ってきた。
二回目という人がこっそり聞いてきた。
”あの、お茶菓子は差し入れしなきゃあいけないんでしょうか?”
まあ。。そんな事を気にしていたの?


Img_9864


”そんな、気にすることはないですよ。”
この飴は多分経費から出てますよ。

彼女はピンクのボレロを着た話好きで楽しそうな人。
”体を動かすのはいい事だからねえ。。”
”そうですねえ。。その通りですね。。”
東京五輪音頭2020の間奏の振り付けを記したものが配られた。
絵ではなく文字で説明したもの。
こういうものは読んだって却って分からない。。
盆踊りは人を真似て覚えりゃあいいのよ。。

エンジェル
こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年4月15日 (月)

臨床美術 元気桜

もうそんな時期だっけ。。早いなあー。
そっか、先月は28日か。。

Img_0577

テーマは<元気桜>。
桜といっても単に画用紙に描くのではなく、薄く糊を塗ったベニヤ板に墨汁を垂らし、板を動かしながら<線>を伸ばしていく。

その模様が前夜に観た”陰陽師II”のヤマタノオロチの呪文を思い出させたので、一瞬、キモチワルーと思った。

Img_0582



桜の太い黒々とした幹が好きなので、それを意識しよう。。。
”桜と言えば良い思い出が多いでしょうが。。”と先生が仰ったが、私が思い出すのは小学校の卒業で満開の桜のトンネルを駆け下りて、”ワタシ、明日からどうなるのだろう。。次はドコへ行けば良いのだろうか? ”
と不安で泣きそうになったのを思い出す。
たかが小学生でも、人生の節目に<不安>を感じるのは私の常のようだ。
Img_0578

そして坂口安吾の”桜の花の満開の下”。
人間の狂気と大きな綿菓子の様に膨らんだ桜の花に締め付けられるような不安が一緒になって、私は山賊になって気がふれていくようだった。
桜の圧倒的な迫力に私は押さえつけられる。。

花見は大好きだが、こうやって振り返ると私の桜に関する思い出は案外暗いもののようだ。

Img_0588


”次に3色のクレヨンを選んで空気や匂いを現わします。”
臨床美術は別な言葉で表現すれば<テキトオー>に楽しむこと。
そして点描で花を描き込み、最後に水彩絵の具を重ねる。
クレヨンが水を弾き面白い色合いを放つ。

Img_0482



そして、”こんなはずじゃあなかった作品”が出来上がる。
ああですね、こうですねと先生が一通り褒めてコーヒータイム。
お喋りしながらお菓子をチョウダイする。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

より以前の記事一覧