最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

趣味

2020年7月 4日 (土)

水彩画教室  品評会

3か月遅れの品評会が行われた。
机にずらりと作品が並んでいる。

テーマは<画材>だったけれど、先生が”何を描いても良い。”と言ったので、数名が2-4枚、中には6枚持ってきたのがいた。

あら、まあ。。

 

結局、先生のアトリエに通うベテラン女史が複数の作品で票を稼いだ。

 

結局、私を含めて票の入らない作品が10点ほどあった。

あっちゃーー。。
入らなかったか。。
しゃあない。。

Img_7729

 

 

 

 

 

 

先生の用意した景品はたくさんあった。
絵具、画用紙、鉛筆、色鉛筆、菊皿、絵葉書、マスキングテープ。
一等者を先頭に順番に賞品を一個ずつ取る。
続いて二回目、三回目、四回目とテーブルをぐるぐる回って残った商品を取っていく。

2月に決めていたのに入部が延び延びになっていた二名にも色鉛筆と菊皿を記念に手渡す。
大量の絵葉書は殆どが興味を示さなかったので私が頂くことにした。

 

いよいよ先生の批評が始まった。
先生はどんな見方をされるのか、それぞれの絵の長所を語るので興味深く聞いた。

 

Img_7739_20200703153901

 


先生はいつも作品を褒める。
そうしないと辞めてしまう人が出るかもしれない。

みんな、褒められたいし、何しろ<楽しむ事>がサークルや人生の目標なのだ。
この年齢に達して、<褒められて伸びる>を実感しているのだ。

 

私は3月に渡せなかった桜柄の折り紙箱に菓子を入れて皆に配った。

思いのほか喜んでくれて、”アンヘラって繊細なのね!” というから、
”アタシャ センサイダよ!!!”
(どんだけ私は無神経と思われていたのか。。)

 

翌日、A子から箱のお礼の電話があった。

”とても嫌だったわ、ああいう品評会。。。自分以外の点数が入らないんだもん。。恥ずかしくて、恥ずかしくて穴があったら入りたかった。。。”


へえ。。
そんなにショックだったのか。。


”そりゃあ私も残念だったけどサー、私のは皆の好みではないんだとわかったわ。。”


あの後で先生に絵の改良点を指導してもらい、帰りが一緒になった。

思わず、”絵って好みですよねえ!? ” と申し上げたら、

”そうだよ!” と答えてくれたけど、あれは私自身への言い訳だったんだろうなあ。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年7月 3日 (金)

臨床美術 玉ねぎ

五か月振りに開催された。
おでこに向かって検温器を向けられたが、頭部に何かを向けられるのは緊張するものだ。

36.1度 ?

確かめるように聞かれたが、私はあれ?36.5-36.8までがここ数日の体温なんだけれど。。
そんなもん?
疑問形で聞かれても答えようがない。
この無接触検温器の正確性はどうなんだろう。。。



Img_7749参加者はこれまで6-8名だったが、定員を3名として2回に分けて開催されることになった。
事前に先生から希望時間の問い合わせがあった。
1.13:30
2.15:00
3.オンライン
4.当面参加しない。

半数が4を選んだ。

 

Img_7754_20200701100301

 

先ず<玉ねぎ>のスライスを食べて、その苦みや辛味の印象から2色選んで重ねて塗る。
その後、表面に好きな色を重ねていく。

それを切り取り、アクセントをつけた色紙に貼り付ける。
何も深く考えずに色を塗っていくのがボケ防止になるそうだ。

 

もう、お茶を飲みながらの雑談はなくなった。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年7月 1日 (水)

太極拳サークルの再開

3か月振りに17名が集合した。
何れも再開を楽しみにしていたようだ。

何もすることがないからダイジョウブよ!と”副部長”を引き受けたけれど、30分以上前に来て出席簿をつけなければいけない。

私はいつもギリギリに到着し点呼もしていなかったので、こんなノートをつけているとは知らなかった。

 

さーっと入って来る人を目で追って、傍の人に尋ねる。

”あれは誰ですか?”

半数以上の名前を知らなかい。
これからは覚えなくっちゃ。。
普段からお喋りをしている人に、”お名前は?”と尋ねるのは失礼だろうし、恥ずかしい。

 

出席簿以外に<本日の行動>を記入する。

”前回のと同じように書け!” といわれた。

何をしたかを報告するのだ。。
(そっか。。サークル活動は小学生の授業みたいなものなんだなー。)


新しい先生は来月からくるが、それまでは先ずラジオ体操、立禅、用手、八段錦前半、太極拳24式、百花拳、八段錦後半、用手、立禅、練功1.
それと連絡事項などを記入する。

私は後方で試技をしながらそれらを随時書き込んでいく。

 

市の施設なので入館時に体温、個人データの用紙を提示し、退出時に取りまとめて提出し、次回のための用紙を手渡す。
他の部屋に立ち入りましたか? 
直ぐに部屋を退出しましたか?
大声で話しましたか?
マスクは外しませんでしたか?


”一年間宜しくお願いします!” と85歳の先輩に言われた時は何の事か分からなかったが、そんな言葉をかけられるほどの事でもない。
30分早く入室するだけだ。

それにしても、皆さんは毎回こんな早くから来ていたのか。。
知らなかった。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年2月10日 (月)

処方箋

今回も処方するにあたり先生の診断(話)があるという。

えっ? 前回、新しい薬の調子を聞かれましたけど。。

”今回もその必要があるんです。”

それって薬が変わったから?
それとも国の指導なんですか?

”そうです。薬の出しっぱなしはいけませんと言う事です。”

 

ふーーん。
その日は通常の患者が多かったのでリハビリを終えてから大分待たされた。

Img_2161

 

先生は ”お待たせして申し訳ありません。” としきりに謝る。
子供の頃の医者はふんずり返って、およそそのような柔らかい物腰で対応するなんて考えられなかったけれど、こうでも言わないと患者がこなくなるのかしら。

今は患者が病院を選ぶ時代。

 

”ヨクイニン錠はどうですか?”
”どうですかと言われても。。先生が仰ったように外に出来たイボは直せないんですよね? 果たしてその薬の効果が現れているのかどうか分かりません。引き続き摂取したいです。”

その時先生の顔をまじまじと見つめてしまった。
”センセ、肌が綺麗ですねえ!”
坊主頭の先生の顔がはちきれんばかりに輝いていた。皺ひとつないピンク色。

”いやー。。これはアブラなんですよ。”

素晴らしい職業に従事していると生き生きしてくるのかしら。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年2月 6日 (木)

盆踊り教室

残った日を数えていくのは何でも悲しいものだ。
卒業式のように<何か>が次に続いているなら良いけれど、これで終わりと言うのは寂しい。

先生はやめるまでに、”もっと一杯新しい曲を教えて上げたい!”

そうしたらひとりが床に平伏して、”もっと、おせーーーて!”

副部長が会計の話を始めた。

”今後のクラスは会費は要りません。会費が溜まってますので新年会の一部を負担しても余ります。お茶菓子は未だ出せますので。。”

 

Img_0021



会費ったって百円。
きっちり徴収して余ったら先生に渡せばいいんじゃあないの?

”センセはお金を取らないのよ。。”

最終日には全員でお茶でも飲むのかしら?

”花束を用意してます。”

そっか、記念品は無いんだ。。

 

ねえ、上手い人を中心に同好会の継続は出来ないの?

”それはありません。あのセンセあっての会ですから。。”
そっか。。先生に遠慮しているのか。。

離れていく人への忖度より、これからどうするかは考えてないんだ。


こんなもんか。。
楽しい仲間だったのでこのまま簡単に閉会してしまうのは残念だ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年2月 5日 (水)

臨床美術 2 落花生

月一度のクラスに二度欠席してしまった。
そこで先生が隣の市役所で開催するクラスに参加する。

 

Img_0062



1.5時間のクラスでお茶もお菓子も出ないのでその分参加費が安い。
徒歩40分が私には適度な運動だ。

Img_0060

 

今回は<落下生>。
なぜラッカセイと言うか。。
私は根の先に出来るものだと思ったら、そうではなく黄色い花の茎が延々と伸びて土に突き刺さり、その先に実が生る。
へえ。。そうだったんだ。。

 

先ず一粒食べ、実の周りを包む殻に注目する。

”はい、このイカンソクが面白いですね。”

イカンソク?? 

”どんな字を書くんでしょうか?”
漢字が分かれば意味も分かる。。

”今まで小学生を相手にしてきたのでそんな質問を受けたのは初めてです。”
維管束。

 

Img_0064

 

先ずクレヨンの好きな色で実を描く。
次に別な色で実を覆い、続いて三色選んで<殻>を被せる。
クレヨンを塗る度にベビーパウダーで押さえ、その繰り返しで<厚み>が出て来る。

最後に色鉛筆で網目模様を書き込む。
クレヨンが剥がれていくと同時に色が入っていく。

それにしてもなんで茶色なんだろう。
落花生はどう見てもオフホワイトなのに。。
これって、先生のお手本がいつの間にか生徒の既成概念になってしまうようだ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年2月 1日 (土)

臨床美術 雪化粧する樹木

墨で樹木を描く。

参加者は3名。
先生が雪景色のプリントを見せてくれて、”雪の思い出”をそれぞれに尋ねる。

Img_0109



大阪出身者は子供の頃に父親に連れられて北海道ヘスキーに行ったという。
”あら、いいわねえ。。”
サラサラの雪で最高の雪質らしい。


Img_0114

 

参加者は新潟と富山の出身者。
”今年は雪が無いってよ。”

 

先ず墨汁で木を描く。

薄めた白いジェッソの雪を絵筆で降らす。

次に指で大きめの雪を降らす。

大小の雪で遠近感が生まれる。
ジェッソの原液で木に積もる雪を乗せていく。

次に青色系の墨汁で雪に陰を入れる。

 

Img_0136

 

仕上げはクレヨンの腹でベールのように雪景色を完成させる。
そうしたら風が現れた。

”今日から一か月間は玄関先にこれを飾るの!”
C子は作品を毎回玄関に置くらしい。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年1月29日 (水)

水彩画教室 水仙

4人が休みなので、ゆったりとした雰囲気で前回の水仙を仕上げる。

1時間も過ぎた頃に見学者がやって来た。

”新聞をご覧になったんですか?”

いや、ここへ来たときにチラシを見て。絵なんて学校で習ったくらいなんですけど。

それでいいんですよ。
皆そんなもんです。

Img_0095

この日は部長がお休みなので生徒は女子だけ。

”アンヘラ、XXを説明して! 年間のスケジュール表ある? ほら、連絡先を差し上げて!”

お喋りしていたら何度も先生に中断させられたけれど、そっか、副会長だから私が説明しなきゃあいけないんだ。。
一通り内容、会費などを説明して雑談をしようにも彼は余り乗ってこない。
無口そうな男性。

そしてもう一人見学者が現れた。
こちらも同世代の男性。

 

皆、びっくり。

飛び入りの見学者なんて私以来2年振りだ。

二人目も、”ギムキョウイク でやったきりです。ホラ、小学校でやるでしょう。”

水仙の仕上げで八割方描いてきたのを先生がアドバイスして仕上げをする。
あっという間に<陰>が入って綺麗な絵に変貌していく。
その様子を彼らは熱心に覗いて行った。



あの二人来るでしょうかねえ。

”ひとりは3月からって言ってたよ。”
先生は嬉しそうだった。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年1月22日 (水)

水彩画教室

部長が5日間の入院をすることになった。

あら、まあ。。
結石だというからそれほど複雑な手術ではないようだ。
そこで、”次の部長会議に出席してほしい。ただ話を聞くだけです。”

 

Img_9791

 

 

その施設では毎年節分の行事として各サークルの発表会とバザーがあり、当日の役をそこで割り当てられるというのだ。

え-っ。。

私は旅行中だし、どうしましょう?

”それじゃあ全員に聞いてみれば?”
”どなたか有志でお手伝い頂ける方はいらっしゃいませんか? 
申し訳ないんですが。。私は。。居ないんです。”

皆が一瞬シラーっとしたので、”日本に。”と付け加えたら
全員が大きく笑った。

 

Img_9807

 

 

旅行をばらしてしまった。
しゃあない。。
(チョコレートでも買ってこなくっちゃ。。)

誰も手を上げて呉れなかったが、部長がどう画策したのか一時間後にA子が役を引き受けてくれる事になった、

私は会議の内容を次のクラスで発表すれば良いだけだ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年1月16日 (木)

臨床美術 小さな屏風

月に一度のクラスに二か月参加できなかった。

そうしたら先生から隣の市で有るから、宜しかったらどうぞ! と案内が来た。
そこで会場の市役所へ向かう。

昨年選挙の期限前投票で通った場所だ。
てっきり小部屋だと思っていたが、そこは大部屋というか一般客が利用する<ラウンジ>の一角だった。
向こうのソファにはオジサマたちが座ってこちらを見ていた。
(どうせならこちらに来れば良いのに。。)

Img_9584

 

会費は700円。
参加者は10名で臨床美術士が3名もいた。
(この方たちってはボランティアなのかしらー。)

カウンターにやってきた市民への説明がうるさくてこちらの話が聞こえない。
先生が ”負けませんよーー。”(暗にウルセー!)と叫んだ。

臨床美術はボケ防止の頭の体操で、先生方はとても明るい。

ハガキより一回り大きな金紙に和紙が貼り付けられている。
水で濡らしながら割りばしペンで和紙を除いて行く。
残った和紙に色鉛筆で好きなように描いていく。

夫々に訳の分からない模様が出来上がる。
なかに片岡球子の富士山みたいな作品があった。
”玄関に飾ったら素敵ですねえ。。”

金色が見えると何でもゴージャスに見えて来る。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

より以前の記事一覧