最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

趣味

2019年9月17日 (火)

水彩画教室 明暗の練習

6週間の長い夏休みの後で集合する。
つい三日前に全員で展覧会を見に行っていたのに、教室で会うとなんかとても新鮮で<お久しぶり>な感じがした。

Img_6578

テーブルにはいつものように二本の花瓶。
いろんな花がごっちゃに入っていて、正直私の好みではないので描く気も起らないが、テーマは<明暗>でクロッキーの練習をする。

”空気の色が見えるでしょう?”

クウキなんて見えません。壁の色しか。。

 

”ホラ、花の後方のこの辺に<青>が見えるでしょう?”

ミエマセン。。

 

Img_6589

 

そこで爆笑となったが、本当にそこにそんな色が見える人が居るのだとしたら、私の目が節穴ということになるのだろうか。。

先日の展覧会のデモで同様に感動した先生は午前中に<二分間クロッキー>を実行したらしい。
(私は午前は欠席だったので見られなかった。)

"家に有った!” と言って先生がデモの作家たちの本を見せてくれた。

其処には1分クロッキーや2分クロッキーが掲載されていた。
凄い。

くねっとした線1ー2本で女がそこに蹲っていた。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年9月15日 (日)

穴八幡宮 中秋の名月

多分、今季最後の盆踊り。
電車で長距離を移動。
行ってみて、その荘厳さに身が引き締まる。

やっぱり<気>の良い所は清々しい。

Img_6640

仲間が通う別クラスの先生のお気に入りで、私はどんなもんかと参加した。
選曲が良い。
二回続けて流すのであっという間に覚えてしまい、全員が揃って踊る。
花笠音頭、鉄砲節、八木節と威勢のよい切れのある踊りが続く。

ここは参加者に商店街で使用可能な500円の商品券が配られる。
昨年までは帰りにコンビニに行列ができたそうだ。

その話を思い出して楽しみにしていたら、商店街の会長さんから挨拶があった。

”エー、ギョウセイのシドウがありまして商品券は中止となりました。。”

えー、 なんだよ、行政のシドウって。

 

Img_6655

 

地元で地産地消じゃないのかなあ。
金券の配布という事で何かに違反するのかしら。
ふるさと納税だって一生懸命智慧を絞って集金したのに、それを競争しあって何がいけないのだろう。
自治体は生き残りをかけて頑張っているのに。

 

”本日は中秋の名月です。”
一瞬、蜘蛛の巣を少し被ったようなお月様が顔を出した。

朱色の門に雪洞の下で太鼓をたたく女子。その真上に月。
暖かさを感じる光景だった。

私の中でこれまで中秋の名月と言えば武漢の月だったが、これからはこの穴八幡の月も思い出すのだろうな。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年9月 4日 (水)

水彩画教室 果物

お盆のせいか出席者はたったの7名。
忙しいからと一人は先月で脱会した。
彼女は先生の個人クラスに通っているので、こちらを切ることにした。

毎月の題材を準備するグループが順番で回って来る。


Img_6119_20190830094401
 

担当がスーパーで果物を買ってきた。

”盆休みのせいかこれでも良さそうなパイナップルを選んできたのよ。”

人数が少ないせいか、ぺちゃぺちゃとお喋りしながら描く。


後半の仕上げで先生の筆が入ると、あれよあれよという間に”それらしく”なる。
これがテクニックなんだ。。
先生が丁寧に色を塗る。

Img_6394_20190830094601

”もっと、丁寧に塗りなさい!”
(言われちまった。。)

パレットを見せたら、気に入らないようで自分のを持ってきた。
”色が少ないんだよ。。”
先生のパレットは40の仕切りがあって絵の具で埋まっている。

先生はいつも12色で充分だと言っているけれど、欲しい色を作るのが面倒らしい。

”白ある?”
はい、と干からびた白を呈示したら、”ナマ白は?”
ナマ?

先生は再び自分のバッグから絵の具チューブを持ってきた。


Img_6395_20190830094701

先生が訂正しているのはまさに<勉強>なんだけれど、隣の婦人と盆踊りの話をしてふと振り返ったら、
あれよあれよという前にパイナップルのゴツゴツ感が出来上がっていた。

Img_6396_20190830095301


へえ。。
ああやって、こうやって、白を最後に載せて出来上がるんだ。。
覚えました。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年9月 3日 (火)

先生たち

二つの盆踊りサークルに参加したことがあった。
現在の教室に満足であるが、もし来られなくなったら週末のクラスも確保しておきたいという理由で参加したのだ。
ところがA先生(70代)がどうにも嫌味な女で2回でやめた。 



そのクラスは実はいわくつきだった。
現在のB先生(60代)がAに依頼されて、”Bちゃん会”と冠したサークルだったが、
Aが”そうじゃないわよ!”と口を挟んで険悪な雰囲気になり、結局Bが追い出された形になった。
Aは口が悪くて下品で教え方が下手。
ヒステリックで白雪姫の義母のような人相。
<きつい>印象で温かみが無い。


私はBに習って3年目になる。
Bのファンなので少なからずBに同情していた。
(勿論、この出来事は第三者から聞いた話。)

Img_6371


ある盆踊り会場で二人が揃った。
ぼそぼそっと話をしている。

その光景が不思議だった。
私は自分に唾した人は忘れないし、話などしたくもない。
様子を見ていると、Aがなんの抵抗もなくBに話しかけ、Bはそれを受け身で少し構えて聞いているようだった。


思うに、AはBに対してこれっぽっちも悪い事をしたとは思っていない。
そもそもその程度の心遣いがあればあんな事は起きないし、反省も無いAはそれだけの人なのだろう。


Bの少し緊張した後ろ姿を見て思った。
<大人>ってのはこうじゃなきゃあいけないのだろうなあ。
好き嫌いの感情なんかに流されないで、そんな中を自在に泳ぎ回る余裕っていうのかなあ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年9月 2日 (月)

盆踊り 炭坑節

地域の最後の盆踊り。
仲間が来いというので行ってみた。

行ってびっくり。。
小さな公園の両脇にブルーシートの子連れ家族でごった返していた。
こんなに子供が居るの ?

ブルーシートって。。
なあに? 花火でも上がるの?

前日は雨で中止になったので、夏休み最後の日曜日に親子は公園へピクニック気分で夕涼みか。

Img_6429

 

仲間は10名ほど来ていた。
大勢の中で知った顔に出会うとクラスでは殆ど話をしない人でも満面の笑みで迎えてくれる。
5000人の友人は要らないけれど、面識のある人が居るって強味だわ。

ここはオーソドックスな曲ばかりだった。
一つ新曲があった。
”知ってる?”
”知らない。。”
それでも見様見真似で直ぐに覚える。

 

自治会の連のボスが ”櫓に乗って下さい!”
えー、上がっていいの?

初めて櫓で踊る。
場所が狭いだけに直ぐに一周してしまうので、地上の踊り子たちが良く見える。。
櫓の中心は機材置き場でロープなどの箱が置かれている。

へえ。。こんな風に見えるんだ。
快感。。
とても気持ち良い。
高い所って別の次元で見られるから新鮮な気分になる。


Img_6434

 

ここで驚いたのが ”河内おとこ節” を ”炭坑節”で踊ること。
えーっ??
あんな素敵で簡単なフリがあるのに、炭坑節かよ。。
炭坑節と同じフリで ”バハマ ママ” を踊るのには感心したけれど、河内おとこ節もってドーユーコト?

それでも踊りながら、”いけるじゃん。。。。”

全ての踊りは炭坑節で踊れるか。。
恐るべしタンコーブシ。


河内おとこ節を帰国してから聞いた時、ナカムラ何某を知らなかった。
あれまあ。。
五月みどりが老けてこんなになっちゃったんだと思っていた。
人相がこんなに変わるものなんだと衝撃を覚えた事を思い出す。

 


Img_6438



ここの太鼓は若者がメインで男女ともにとても威勢が良い。
子供たちにどんどん叩かせるのが良い。

こうやって地域の輪が広がっていくんだろうなあ。。

櫓を見上げる太鼓のお兄ちゃんと目が合った。
”あら、タケウチ リョウマ 似だわ。。”
”あらー、こちらはりりしいお顔で チョン イル 似。。”

私、太鼓兄フェチになったのかも。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年8月31日 (土)

盆踊り仲間のフラダンス発表会

おばさまの話が聞こえてきた。
”17と18日なのよ。。”

えっ? それって。。。

”ナカヨシ会の発表会よ。文化会館で。”

エーッ! 私は18日に太極拳で出るんです。

 

あら。。

おばさまは一日目にフラダンス、そして二日目は<民舞>で午前と午後と二回出演するという。

 

まあ。。フラダンスをしているんですね。
赤いレイを掛けるんですか?

フらに興味は有るんですけどネ。。

”是非、きてください、今、人が足りないんですよ。”

Img_6206

 

 

フラか。。

付き合いが遠のいた知人を思い出した。
彼女はハワイでは有名な精神的指導者(らしい)フラの先生の日本教室で習っていた。

”あらー、見学に行きたいわ。” と聞いてみた。

自分は万能だといつも自信過剰な友人の練習風景を見たかったのだが、それは出来ないと断られた。
<貴方には理解不能で高尚過ぎるから無理よ!>といったニュアンスだった。

へえ。。
見学不可の教室ってあるのか。。
いくら何でも我々にあんな小ばかにした返事はないだろうと思った。
フラダンスは神への奉納舞だってことぐらい。。皆、知ってますがな。。




昨年の文化会館での発表会でシニアーのフラダンスを二組見た。
真っ赤なレイと髪飾り、ムームー姿の舞台のおばさまたちはとても女らしくて素敵だったけれど、すれ違った時に”ケバイ!”と思ったっけ。。
あの中にこのご婦人も居たんだわ。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月30日 (金)

盆踊り 防災公園

あれ。。
居ないじゃん。
お目当ての太鼓は別のグループだった。

なんだ。。
折角バスに乗ってやって来たのに。。



そのうちに サークルの仲間が続々と現れた。
約10名。
そっか。。ここは部長さんの地元なんだっけ。。

 

Img_6373

 

あのお兄さんに話かけた時の様子をA子に説明した。
櫓の上の彼の踝辺りを人差し指で叩いたと。

そうしたらA子が ”ひらめXX”ね。
えっ? なに?

”ひらめXX”ヨ。
何を言っているのだろうか。。

”ひらめ筋よ!”
ヒラメキン。。どこかで聞いたことがあるなあ。
あー、ふくらはぎの筋肉か。。

”ヒラメニイ(兄)!!” ね。。


この呼び方がA子に受けた。。
笑い転げて私まで笑いが止まらなかった。


A子が、”私、盆踊りをやっていたらね、ヒラメ筋の下に割れ目がピッとできたのよ!”

私は思わず自分のふくらはぎに力を入れてみたが、全体的にうっすらと脂肪に覆われていて何の変化も見られなかった。


前日も参加していたA子は私がヒラメ筋目当てに来ることも、彼が居ないことも知っていた。
”居ないのよねえ。。ひらめのお兄さん。。”

”私のでよかったらヒラメ筋を触ってもいいわよ。”

別の友人に太鼓の兄さんの話をしたら、
”彦星と織姫のようでロマンティックですねえ。。。”

皆、ツッコミが上手い。

何でもかでも優しく包み込んで笑って転がして場外へ蹴飛ばす。。
私は話の分かる友人に囲まれて幸せモンだと思った。

ひらめ兄さん、来年までさようなら。
今年は(くそ)暑くって苦しい夏だったけれど、楽しい夏を過ごせました。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月29日 (木)

一人参加で楽しかった

盆踊り会場へ向かう。
明治座前の信号で並んだ女性が、”アレッ? 友人?”
と思ったが老けて見えた。
違う違う。。

それにいつもの浴衣じゃない。
つい三週間前に築地本願寺で挨拶したのとは大分違っていた。

茶髪でウエーブが掛かっている。
もしかして。。カツラ?
横顔の表情がきつい。


会場へ向かう前から人に話しかけるのがメンドクサイのでそのまま私は公園内の歩道を歩いた。
真っ直ぐ早足で歩く彼女を見て、”あれはやっぱり。。友人かな?”



踊りの輪で、彼女を斜め前に見つけた。
揃いの浴衣の仲間と一緒にいた。
個人の浴衣じゃあないなら、やっぱり彼女だったのかなあ。

 

あの帯は見覚えがあるんだけれど。。
たった三週間であんなに皺が拠るものだろうか。。


(話しかけてどうする?)

ああーメンドクサ。。

結局声を掛けなかったけど、それにしてもあんなに似た人がいるのだろうか。
彼女の母親は10年以上前に他界していたし、長女だからお姉さんでもないだろうし。。
妹がいるけれど、余りに老けた容貌だったからアリエナイ。

もしかして叔母さん??

 

Img_6306



私は一人で楽しく踊っていた。
4-5歳の娘を連れた母親たちがどんどん輪に入って来る。
軽く私に会釈をして半ば強引に前に入ってきた。

会釈するだけちゃんとしている。。
”どうぞ、どうぞ。。”


唄の文句にあるように、
♪雲の上から 神様も
ご先祖様も皆おいで~! 
チュチュっとチュチュっと中央区、チュチュッとチュチュっと輪になって、
これがお江戸の盆ダンス~~♪

神様もご先祖様も呼んでいるのだから親子もおいで。。

そして、はたと気が付いた。
踊りを知らない人の後ろについてはダメダ。。

こちらまで気が散って間違える。。
上手な人を探してその後ろに付く。

 


クラスの仲間を見つけた。
特に仲良くしている人でもないので迷う。
声を掛けるべきかなー、却って迷惑かしら。。
声を掛けたら我々は一緒に踊ることになるし、そうするとちょっと休むのにも相手に気を遣う。
あちらも気を遣うだろう。
そして、何を話そうかしら。。と頭を使うことになる。

あーあ、めんどくせー。

結局、二時間半を一度も休まずに私は一人で踊った。

一人で行動できない人がいるけれど、一人で楽しむことができるのは特権だろうと思う。
好きな時に休み、好きな時に飲み、食べる。
好きな時間に電車に乗り、好きな本を読みながら帰宅する。

とても充実した時間だった。
一人って悪くない。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月28日 (水)

臨床美術 とうもろこし

先ず、蒸かしたトウモロコシを食べてみる。
”甘いい!”

”台風で手に入るかどうか分かりませんでしたが、無事に群馬のを入手しましたので追加料金の百円は掛かりません。”
(そんなこと、案内ハガキに書いてあったっけ。。)

 

Img_6231

新聞紙を軽く揉んで形を作る。
紙粘土の白と黄色を混ぜ、それを麺棒で伸ばして新聞紙に被せる。
緩衝用プラスチックを押し付けて実のぶつぶつを表現する。

Img_6239

 

 

藁、棕櫚,木の繊維でひげを作り、ノリで貼り付ける。
色とりどりの和紙を千切って皮を作る。

そして丸めた無数の和紙を<実>として嵌め込んでいく。
いくつ乗せるかは本人の自由。

 

Img_6253



まるで巨大なバナナのようなヘンテコなトウモロコシが出来あがった。
あっという間の二時間だった。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月27日 (火)

大江戸まつり盆踊り大会 浜町

盆踊りは何処でも<健全>なイメージだ。

露店は昔と違って自治会などが運営している。
ガラの悪い連中は入れる余地がない。

Img_6294


中にクラブと勘違いした若者が下手なくせにシッチャカメッチャカ踊っていた。
というより暴れていた。
恰好悪い。。(アホが。。)
それを連れの女二人がギャアギャア笑って見ている。
(そんなにオカシイカ。あなた、自分のレベルを下げてるわよ。。)


皆は踊るので精一杯で無視。

ダンシングヒーロー。
そうだ。これだ。
今の振り付けがとても忙しいので不思議だったが、私の記憶が正しかった。
ぐるっと回るのも、両手を振り上げるのも4拍子ではなく倍の8拍子。
その後、前進ではなく4進んで4戻る。
だから<ゆっくり>楽しくこの曲を今まで踊っていたのだ。

場所によって振り付けが微妙に異なる。

Img_6309



東京2020。
評判によると振りが複雑で不評らしい。
そうだよなあ。
20名の教室だったら揃うのだけれど、300人となるとバラバラでグチャグチャ。
出だしのニ(2)マル(0)で両手をぐるんぐるん振りまわす動作は美しくない。
おまけに間奏で一部の連中が立ち止まって色々なポーズを取り始まった。
な~に?
競技のピクトグラム?

こんなに統一性のない踊りでいいの?
振り付けはコンテンポラリーダンスの振付師。
やっぱり。。
 
髷を結った櫓の二人が輝いていた。
そうだ、。。ここは浜町。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

より以前の記事一覧