最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

趣味

2020年8月29日 (土)

先生でこんなに解釈が違うのに驚く

物事を<複数>の先生から教わると混乱が生じる。

ここまでで5人の太極拳の師範から教えを頂く機会があった。
サークルの新旧先生と自由参加の公園の3名。

 

数学と違って、それぞれの先生の解釈がこんなにも違うのかと驚くばかりだ。

 

膝を前後左右に回す運動で、頭と足首が軸となって膝だけが回転していくと教わったが、
新先生は、”それは理論的にあり得ないんです!” という。
膝から上が一本の軸となるから、膝の向きによって頭も肩も同じ方向を向くと。。

 

 

Img_8043

 

指でV字を作り、それをググっと<真横>へ伸ばす。
目はVの間を(コノヤロー!!と)睨みつける。
睨むという動作はエネルギーを溜めるんだそうだ。

 

ところが公園の先生は手は<真横>ではなくて45度の方向だという。
”太極拳はね、両腕で胸の前に大きな輪を作るように、どちらかと言うと形は丸く丸くなっていくんですヨ。。”

 

まあ。。
師範の解釈がこんなにも違っているなんて。。
どういう具合に昇段していったのか知らないけれど、所詮、それは遊び幅(許容範囲)と言うことなのかしら。

 

でも、”体に力を入れない!” が大前提なのだから堅苦しくないのは良いけれど、90度と45度の違いはどう納得すりゃあいいんだ。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年8月25日 (火)

公園の太極拳 立ち方

夏になって多い日は40名ほど集まる。
ここには先生(師範)が3名いる。
こんなに先生がいるのに、音楽に合わせて全員がひとつに動くのだが、前に出て教えてくれる人がいない。

 

それがずーっと不思議だった。

サークルの部分稽古のように堅苦しく構える必要はないけれど、40分の練習中に先生方がチェックしてくれないのかなあ。
こんなに<教師>が居るのに勿体ない話だと思っていた。

勿論、終了後に尋ねれば教えてくれるけれど簡単な説明に終始する。
無料の同好会だから、もっと知りたければ先生の<個人クラス>にどうぞと言うことになる。

”どうして前に出て教えないんですか?”

 

”以前は教えていたけれど、それが嫌だという人がいるのよ。”

えっ? 

教えてくれなくていいってドーユーコト?

 

どうも長年参加しているベテラン女史から苦情が出たらしい。
おまけにそのベテランはどう見ても下手くそなのだから笑ってしまう。
(どこにでもこういうアマノジャクがいるんだわ。。)

 

Img_8213

 

 

まあ、迷惑な話だわ。
折角参加しているのだから、きちんと説明を受けた方が良いに決まっている。
見よう見真似で覚えるのにも個人差があり限界がある。

先生たちは教えるのが好きで、教えたくてしょうがないのに。。

 

最年長の先生が言っていた。
”太極拳は正確にやらないとなんの意味もない!”

彼女が<基本>を教えてくれた。
それは<立つ>姿勢。

踵に力を入れ足の裏で大地を踏む。 
膝の関節を緩め、股関節、腰、肩を緩めると重心が約2センチ下がる。
”この姿勢で1時間は立っていられます。”

4年目にして初めて聞く<立ち方>に眼からウロコだった。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年8月20日 (木)

太極拳の部分稽古 右攬雀尾と左攬雀尾、単鞭と雲手

これまでの先生は漢字の意味をしっかり教えてくれた。

それなのに私がそれを新先生に尋ねたのは、私が単に記憶していないのか、その説明時に欠席していたか。。

(前者かもしれない。)

 

センセ! 雀尾<スズメの尾っぽ>って今の動きのどの部分なんですか?

 

”これはスズメじゃなくて孔雀なんです。
(えッ?!、スズメとクジャクじゃあ全然違うじゃん。。)

 

開いた両手をくるぶしで重ねた格好が<孔雀の開いた羽>なのだそうだ。

 

 

Img_8044

 

開始と終了時にも手をこういうふうに組みますよね?

これは相手の拳を受けるんです。

そもそも武術で、攻撃と防御の型だという。

 

<単鞭と雲手>では

”この鈎手は何を掴んでいると思いますか?
(そんな事、考えたこともない。。)

 

相手の首を捕まえて、左足を相手の足にかけ、その伸ばした手で股間(急所)を突くんです。

まあ。。
目からウロコ。
こういう解説はとても面白い。

防御と攻撃か。。

やられたらやり返す。
(最近、どっかで聞いた言葉だわ。。)

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年7月27日 (月)

水彩画教室 コロナと夏休み

再開してまだひと月だと言うのに、先生から提案があった。

副会長が言いずらそう話し始め、直ぐに話を先生に振った。

 

急激なコロナの第二波には驚くばかりで、先生はそれがどうにも不安でしょうがないらしい。

無理もないことだ。

85歳で体力は落ちるばかりだし、ここへ来てコロナに恐怖を抱くのは当然の事。

 

Img_7914

 

”このクラスの状態はどちらかと言えば<蜜>でしょ? もう少し状況を見たいので八月は<夏休み>として休講としたい。”

 

先生は中国からの引揚者で少年時代に辛い経験をしている。

”あの事、疫病が流行ったんです。 僕は助かりましたが、母親がだめでした。。”

 

この最後の言葉が胸にじんと来た。

無論、誰にも異存は無い。
早く落ち着いて貰いたいものだが、数字が減少する気配はまだ無いようだ。

 

仲良しのM子が ”ねえ、ねえ。。あのさー。”
何かと思えば、彼女の趣味のサークルの話。
現在 <XX体操>と<吹き矢>のクラスは自粛で、この水彩画も休講となると残ったのはつい先月再開した<ゴスペル>。

”歌を歌うなんて今、一番危ないんじゃあないの? 札幌であったじゃない?”

現在はフェースマスクをして 大きな会場で離れて歌っているという。

(へえ。。それも凄いなあ。。)

 

今は先生がおらず自主練習と言うことで、
”先生も全てのクラスが休講になっちゃったから、生活もあるだろうしタイヘンなのよ。。。”

それで、今後どうするかを話し合う<総会>が午後にあるという。

ううーーん。 
彼女は体が弱く、しょっちゅう帯状疱疹を患っている。。

”あなた、体力ないし、そこまでして歌う意味ってあるの? フェースシールドでは音が籠るし、合唱は隣の音と共鳴し合ってハーモニーとなるわけじゃん? 今は無理せずに、やめておけば?”

 

”そうよねえ。。。”
彼女は相槌を打ってくれる人が欲しかったようだ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年7月25日 (土)

太極拳 自己紹介

先生が、全員の年齢を知りたかったのは、90歳以上だと県の協会から表彰されるらしい。

現在のところ該当者は居ない。

 

3回目に先生から<自己紹介>をしたいと要望があった。
会長は次回でいいんじゃあなあい?と言ったが、
”今日は参加者が19名で多い日だから今日にしましょう!”

 

先生は現在<指導員>の肩書だ。
第一日目に、”私は10年やってますが、皆さんの方が長いと思います。” と仰っていた。
師範になるには数年の修行の後で次の受験資格が得られる仕組みだから、そろそろ受けることが出来るようだ。

 

自己紹介。


先生が、”生年月日の名簿を頂きましたが、私より年下がひとり居ます。”

(へえ。。じゃあ、センセイは私より年下ナンダ。。)と私は思った。

誰だろう。。

そうしたら隣が”あなたじゃなあい?” と、私を指さしたので、いつもピンクのTシャツの方に ”あなたでしょう?”

何年(生まれ)?
何年?

そこで6-7歳は私より年下だと思っていた彼女が実は、”73ダヨ!!”

えー!っと驚く。

じゃあ。。
もしかして。。

先生が干支を言った。
私の前の干支。
私は早生まれなので、”じゃあ、学年が一緒ですか?”

 

85歳が二人いて、結局、先生と私が若い(?)と言うのが分かった。



参加者は大半が先生よりも長く太極拳をしていた。
10年から35年。
(みんな、凄いなあーー。)


講習を一年受けてから11年と言うのが仲良し三人組。

私は経験の浅い下から二番目で、 ”入会して3回目です!” の婦人にどっと笑いが起こった。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年7月23日 (木)

水彩画教室 丸と四角い箱と布

最近の題材は ”家にあるもの。”

 

殆どの人が下書きをして来た。

あらっ すごいなあ。

 

副部長のK子は先生のアトリエにも通い、上手に素敵な絵を描く。


私は皆の間をウロウロと見歩いて、K子っとずーっと喋っていた。

”あなた、何も描いてないじゃない。 描かないの?”

好きじゃないのよ。テーマが。。

(私も同感。)

 

暫くしてK子は犬のデッサンを描いた。
クローバー一面の野原に犬が立って飼い主を見上げている。
写真の通りに正確に描いていたが、先生が

”これ、脚はどうなっているの?”

そう言われれば、写真では右側の脚しかみえない。
左は隠れているのだ。

それが自然の(写真の)姿であるにも関わらず、言われてみれば<不自然>に見えるのだ。

”向こう側の脚は前に出ているのか、それとも後ろにあるの?”



写真で見えない脚がどうなっているのかK子は返答に窮した。
”この写真のとおりですけど。。”

 

先生が見えていない筈の脚を描きこんだ。

 

あれ、不思議、犬が安定した姿になった。

 

”そっか。。絵空事か。。” とK子が呟いた。

 

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2020年7月 8日 (水)

臨床美術 ししとう

”オンライン レッスンをこれから始めるので、良かったら残って一緒にどうぞ!”

まあ。。どんなもんかしら。

興味があって暇を持て余している3名が残る。

 

スマホとアイパッドをいじりながら繋がるまでに少し時間がかかって、小さなアイパッドの向こうにやっと2名が現れた。

 

特に仲良くしている人ではないのに、”お久しぶりー!!” と手を振る。



相手に向かって嬉しくて手を振るなんて事は滅多に無かった気がする。
なんだかバカみたいなんだけど、少女気分も悪くはない。

 

 

Img_7755




先生は既にその二名に市販のししとうと画材を送付していた。

我々が手にした<ししとう>は先生の家庭菜園からだ。
小ぶりだがいじらしい。

 

Img_7757

 

 


名刺大の紙に赤ペンでししとうの輪郭を描いていく。
それもテキトーに頭からしっぽまでゆらゆらと約30往復する。

へえ。。

そしてクレヨンで<色>を乗せて行く。
可愛らしく美味しそうなししとうが現れた。

 

Img_7756

 

やっぱり最終的には何事も<色>なんだなー。


植物の持つ独特の色。
人生に添えたい沢山の色、色、色。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年7月 4日 (土)

水彩画教室  品評会

3か月遅れの品評会が行われた。
机にずらりと作品が並んでいる。

テーマは<画材>だったけれど、先生が”何を描いても良い。”と言ったので、数名が2-4枚、中には6枚持ってきたのがいた。

あら、まあ。。

 

結局、先生のアトリエに通うベテラン女史が複数の作品で票を稼いだ。

 

結局、私を含めて票の入らない作品が10点ほどあった。

あっちゃーー。。
入らなかったか。。
しゃあない。。

Img_7729

 

 

 

 

 

 

先生の用意した景品はたくさんあった。
絵具、画用紙、鉛筆、色鉛筆、菊皿、絵葉書、マスキングテープ。
一等者を先頭に順番に賞品を一個ずつ取る。
続いて二回目、三回目、四回目とテーブルをぐるぐる回って残った商品を取っていく。

2月に決めていたのに入部が延び延びになっていた二名にも色鉛筆と菊皿を記念に手渡す。
大量の絵葉書は殆どが興味を示さなかったので私が頂くことにした。

 

いよいよ先生の批評が始まった。
先生はどんな見方をされるのか、それぞれの絵の長所を語るので興味深く聞いた。

 

Img_7739_20200703153901

 


先生はいつも作品を褒める。
そうしないと辞めてしまう人が出るかもしれない。

みんな、褒められたいし、何しろ<楽しむ事>がサークルや人生の目標なのだ。
この年齢に達して、<褒められて伸びる>を実感しているのだ。

 

私は3月に渡せなかった桜柄の折り紙箱に菓子を入れて皆に配った。

思いのほか喜んでくれて、”アンヘラって繊細なのね!” というから、
”アタシャ センサイダよ!!!”
(どんだけ私は無神経と思われていたのか。。)

 

翌日、A子から箱のお礼の電話があった。

”とても嫌だったわ、ああいう品評会。。。自分以外の点数が入らないんだもん。。恥ずかしくて、恥ずかしくて穴があったら入りたかった。。。”


へえ。。
そんなにショックだったのか。。


”そりゃあ私も残念だったけどサー、私のは皆の好みではないんだとわかったわ。。”


あの後で先生に絵の改良点を指導してもらい、帰りが一緒になった。

思わず、”絵って好みですよねえ!? ” と申し上げたら、

”そうだよ!” と答えてくれたけど、あれは私自身への言い訳だったんだろうなあ。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年7月 3日 (金)

臨床美術 玉ねぎ

五か月振りに開催された。
おでこに向かって検温器を向けられたが、頭部に何かを向けられるのは緊張するものだ。

36.1度 ?

確かめるように聞かれたが、私はあれ?36.5-36.8までがここ数日の体温なんだけれど。。
そんなもん?
疑問形で聞かれても答えようがない。
この無接触検温器の正確性はどうなんだろう。。。



Img_7749参加者はこれまで6-8名だったが、定員を3名として2回に分けて開催されることになった。
事前に先生から希望時間の問い合わせがあった。
1.13:30
2.15:00
3.オンライン
4.当面参加しない。

半数が4を選んだ。

 

Img_7754_20200701100301

 

先ず<玉ねぎ>のスライスを食べて、その苦みや辛味の印象から2色選んで重ねて塗る。
その後、表面に好きな色を重ねていく。

それを切り取り、アクセントをつけた色紙に貼り付ける。
何も深く考えずに色を塗っていくのがボケ防止になるそうだ。

 

もう、お茶を飲みながらの雑談はなくなった。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年7月 1日 (水)

太極拳サークルの再開

3か月振りに17名が集合した。
何れも再開を楽しみにしていたようだ。

何もすることがないからダイジョウブよ!と”副部長”を引き受けたけれど、30分以上前に来て出席簿をつけなければいけない。

私はいつもギリギリに到着し点呼もしていなかったので、こんなノートをつけているとは知らなかった。

 

さーっと入って来る人を目で追って、傍の人に尋ねる。

”あれは誰ですか?”

半数以上の名前を知らなかい。
これからは覚えなくっちゃ。。
普段からお喋りをしている人に、”お名前は?”と尋ねるのは失礼だろうし、恥ずかしい。

 

出席簿以外に<本日の行動>を記入する。

”前回のと同じように書け!” といわれた。

何をしたかを報告するのだ。。
(そっか。。サークル活動は小学生の授業みたいなものなんだなー。)


新しい先生は来月からくるが、それまでは先ずラジオ体操、立禅、用手、八段錦前半、太極拳24式、百花拳、八段錦後半、用手、立禅、練功1.
それと連絡事項などを記入する。

私は後方で試技をしながらそれらを随時書き込んでいく。

 

市の施設なので入館時に体温、個人データの用紙を提示し、退出時に取りまとめて提出し、次回のための用紙を手渡す。
他の部屋に立ち入りましたか? 
直ぐに部屋を退出しましたか?
大声で話しましたか?
マスクは外しませんでしたか?


”一年間宜しくお願いします!” と85歳の先輩に言われた時は何の事か分からなかったが、そんな言葉をかけられるほどの事でもない。
30分早く入室するだけだ。

それにしても、皆さんは毎回こんな早くから来ていたのか。。
知らなかった。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

より以前の記事一覧