最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2019年6月20日 (木)

大切な飲み会をキャンセル

数か月前にLAのヨーコから里帰りの連絡が入り、仲間で飲み会を企画していた。
これまで1-2年に一度で集まっていたが、ヨーコが加わるのは何十年ぶりだ。
とても楽しみにしていたが、前日からダウンしてしまったのでキャンセルすることになった。

3日後にはLAに戻るので、今年はヨーコに会えない。

地団太踏んで悔しがるとはこういうことだ。



どうにも参加できないと幹事へ3行のメールを打つのに30分掛かった。
体を起こしてメールを打つってこんなに体力が要るの?
文字を打ち間違える。
イライラの積み重ねで思わず叫びそうになる。



Img_3972

 

 

夕食の前には男子1名と三人でお茶する事になっていた。
ヨーコは ”アンヘラとヨシ君のデートの邪魔をしちゃあ悪いわねえ。” と言っていたが、
会の翌日には、”彼を独り占めしちゃったわよー。”

皆、楽しく過ごしたようだから良かった、良かった。

親睦会はブラジルのシュラスコの店。
50代後半の幹事が、”皆さん、食べ放題ですからお昼を少なくしてお腹を空かせて来てください!”
私は思わず、幹事くん若いわー。。どんだけ喰う気でいるんだろう?!

本場のシュラスコを何度か食べているけれど、せいぜい6片でお腹一杯だった。
(私は普通のステーキ一枚でいいんだけどな。。)

 

数日後にヨシ君からどんな具合?とメールを貰い、”未だ寝ている。”と言ったら、

”オマエそれ重症だなあ。風邪とかウイルスじゃないの?”

そうよねえ。
医者に行く体力も気力もなくて<熱中症>で片付けていたけれど、風邪だろうなあと思った。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年6月19日 (水)

寝込む

暑い日が続いた頃、しんどいなーと思いながら習い事を予定通り消化していた。
そして、寝込んでしまった。

熱中症?

 

疲れが溜まって弱ったところに暑さで風邪のような症状が出た。
しんどかった。
胃が疲れ、咳が出て、微熱が続いた。



食欲が無いが何かを食べなくっちゃ。。とトマト1個とひたすら水を飲んで三日間寝ていた。。
今までこんなに寝込んだことは無かった。
どうしちゃったんだろう私。。
<孤独死>、<餓死>、<トラヨちゃんの世話>などと色んな言葉が浮かんでは消えた。

Img_3822



でも。。
米はある、塩もある。
だいじょうぶだ。
こんな時に摂取する量なんてほんの少しだ。

その後も咳が続き、野菜スープを飲みながら10日ほどごろごろと寝ていた。
リンゴが食べたいなあと思ったものの、友人の手を煩わせる気も起きなかった。
メールを打つにも体力と気力が要るし、人の顔を見るのも面倒だと思ったのだから私はそんなに悪くは無かったのだろう。


猫のエサを買うためにやっと12日目にスーパーへ出かけた。
ついでにリンゴを買おう。。

足元がフラフラしていて、まるでクスコの街を歩いた時の様に肩で息をしている自分に苦笑した。

スーパーの入り口には服のリサイクルショップがある。
いつものように足がそちらに向かい、数列眺めていた。

”あら、このピンクのパンツは着易そうだわ。。この綿のワンピースは寝間着にもなるしいいじゃん。。”

そして、はっと我に戻った。
”服なんか見ている場合じゃあない。猫のエサだ!!”
私は猫のエサを買うためにわざわざ出てきたのだ。
服なんかチェックして体力が切れたらどうするのだ。。
私は病み上がりなんだ。。

地下の食料品売り場へ向かいながら笑ってしまった。
やっぱ、服を見ちゃうのは女心。
それだけ回復しているってことだよなあ。


この日、どういう訳か売り場には一個のリンゴも置いてなかった。
何が起きたの?
12日の間にリンゴの時期が終了したっていうの?

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年6月18日 (火)

ばあちゃんのサンゴのかんざし

祖母は髪を長くしていた。
くるっとまるめていつもサンゴの簪をしていた。
和風の髪飾りだが、彼女の<着物姿>は全く覚えていない。

Img_7358

祖父母は裏の隠居所に住み、食事の時だけ母屋にきていた。
食事は3世代8名で賑やかだったけど、我々は食べるのに忙しくて父とじいちゃんが主に話をしていた。
(そうだよなあ。。女6名に男2人だもんなあ。。)

 

TVがやってきてからは会話が少なくなった。
ご飯の味もさほど感じられなくなった。
食事時に食事に集中できないのは寂しいものだと今は思う。

或る日、ばあちゃんが笑いながら、”これを火鉢に落としてしまってね、色が変わっちゃったんだよ。。”
大きなサンゴ玉の簪だった。
落ちたのを気づかずにサンゴはゆっくりと焼かれていって、象牙色になっていた。


Img_7368

山サンゴは焼いて赤くするが、ばあちゃんのは熱を加えて白くなった。
そんなことがあるんだろうか。
あれは本当にサンゴだったのだろうか。

サンゴ玉を見る度に思い出すのはばあちゃんの焼けた簪。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年6月15日 (土)

3円のレジ袋

買い物を終えてカート置き場に向かう。
後ろで、”3円とられちゃったよ。。” と男が言った。

誰に言ったのかと振り向くとどうも私に話しかけたようだ。
”そうですねえ。”と適当に答えていたら、男は籠を乗せたままのカートを隣に放置して行ってしまった。

(オイオイ、おじさん! 自分の使ったカートはきちんと仕舞いなさいよ。。)

 

ったく、なんなんだよ。。

Img_2980

 


男が言った”3円”で、先刻レジで ”3円です!” と女性が言われていたのを思い出した。

あれ? 1円じゃあなかったっけ? 
今は3円取るんだ。。


後でレシートをじっくり見たら、私はレジ袋持参なので ”-2円” とあった。
あら、私は2円貰っているんだ。。



そっか。。
3円で売ってそのうちの2円を持参者に還元しているんだ。。
結局、スーパーは以前同様に実質1円でレジ袋を売っているのか。


最近はレジ袋持参が多い気がするけれど、
何だか。。
世の中はみんなで上手く廻しているようだ。。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年6月10日 (月)

じいちゃんと金魚

今まで仏様のような男性が二人居た。

ひとりは叔父で母の姉の旦那さん。
”私は悪いことをした事がない!”と御年90歳で言い切った時、これは真実だろうと思った。


そしてもう一人は祖父。
芸者遊びにうつつを抜かし、祖母が置き屋に乗り込んで、”私も仲間に入れて貰おうか?”と開き直ったという逸話がある。
そんな<遊び人>でも私にはいつも格好良いじいちゃんだった。
飄々として将棋と碁遊びが日課でいつも仲間のじいさんたちが集まってきた。
彼らを見て、年をとるって<楽しい>事なんだろうと思った。

Img_7608

 

或る夕暮れに女児がタドンを一個買いに来た。
私と祖父しかいなくて、私はその値段が分からなかった。

爺ちゃんは背中から、”クレテヤレ!”と言った。
私もそれが良いと思った。
この時、爺ちゃんは私の尊敬する人になった。
(単に面倒くさがりの生活感のないじいさまだったのに。。)

 

祖父はおよそ暇な老人の遊びを一通りしていた。
盆栽や菊の鉢植えに鯉や金魚を飼っていた。

そしてある日、立派な白と赤いリュウキン二匹をそれぞれ串に挿して持ってきた。

”死んじゃったんだよ。” と寂しそうに言い、
”ホレ、これを猫に。” と串を母に手渡した。
それは丁寧に焼いてあり、色が鮮やかで綺麗な飴細工のようだった。


可愛がっていたのに突然死んでしまったリュウキンを埋めてしまうのではなく、究極の再利用で猫に食べさせようとした。
最初はぎょっとした私も成る程と納得した。

Img_8892



これを友人に話したら、”エーッ!!”と驚いていたけれど、私はそれを見ても残酷だとは思わず、
リュウキンはパンパンに膨らんで綺麗な形をしているんだなーと思った。
ジイちゃんの<優しさ>とリュウキンへの愛情しか感じなかった。
私は爺ちゃんが大好きだった。

結局、猫も食べなかったから、最終的には母が庭に埋めたのだろう。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年6月 9日 (日)

自転車で通う患者さん

80歳を超えた男が待合室で居眠りを始めた。
あら、こんなところで眠くなるんだ。。

彼はさっき馬鹿でかいクシャミをした。
私の視界に入っていなかったので、その音に私は心臓がギクッとするほど驚いた。。よくそんなクシャミをして周りを驚かす人がいるけれど、あれで本当に心臓が止まる人もいるんじゃないのかしら。。
(それって罪よねえ。。)


Img_3005
看護婦さんが二度名前を呼び、三度目に目が覚めたようだ。
杖を使って立ち上がろうとしたが中々長椅子から立てない。
思わず手を貸す。

 

私の座り位置では彼の歩行の邪魔になるだろうと席を移動した。
覚束ない足元なのにサイズの大きなサンダルを引きずって歩いている。

彼が診察が終えて出てきた。
私は立ち上がって心の準備をした。
よろめいたら手を貸さなければ。。

看護婦さんは診察室から患者を出したらさっさと部屋に戻ったが、彼は中々長椅子に座れないようだったので腕を掴んだ。
多分、私がそんなことをしなくても彼は足の力を抜いてドスンと座っただろうけれど。。

 

彼が清算で呼ばれた。
”ヨッコラショ!” と杖に力を入れて彼の尻は3センチほど持ち上がったが、上がりきらずに椅子に落ちた。
落ちたという表現がぴったりだった。

この人はどうやって帰るのだろうか。 迎えが来るのだろうか。。
彼はよろよろと外に出た。
ガラス戸に見えていた自転車に触ったようだ。
まさか。。
あの自転車で来たんじゃあないだろうなあ。。


そのまさかだった。
あんなよぼよぼで自転車を漕げるの?
均衡を保てるの?
大丈夫なの?
彼はぐるりと反対側に廻って自転車をバックした。

だいじょうぶかしら。。


彼は自転車を軽々と持ち上げて道に平行に置いた。
へえ。。
足がよぼよぼでも力が有るんだ。

オッチャン、凄い!

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ 

2019年6月 6日 (木)

展覧会の入場券のはなし

先日のクリムト展。
入場制限で通路に並んでいた。
後方の女性4名の会話が聞こえてきた。


”この前ね、1500円の切符を1400円にしますからって買ったのよ。そうしたらそれって<招待券>だったのよ。”
(ふむふむ)

もう一人が、”そうなのよ、私もそんな事があったの。”
よくもタダで入手した招待券で金を取ろうとするわねえ―というニュアンスだ。

”アリガタサも失せるわよねえ。。”

Img_3748

何を言っているのだろうと思った。。
そもそも ”タダ券に1400円も払わされた、ああ、悔しい!” と言う発想だが、それはないだろう。。
売り手はただで招待券を入手したかもしれない、拾ったかもしれないが他人には1500円の価値があるもの。

100円安く買えた事を良しと思うところだろう。


タダ券を1400円で売る根性が ”有難さを減らす” と言うが、赤の他人に1500円の価値のあるものをおいそれと呉れてやるケースも中々ないだろう。
例え友人・知人が1500円で売ろうが1400円だろうが、それはそれ。
それをよく非難出来るなあ。

 

Img_3756



タダで上げる気が無い人にタダで貰う気でいるのが厚顔というものだ。
需要と供給が合致したから売買が成立した。
こちらは100円得をしたのだ。
そう単純に嬉しく思えばよい。


”アリガタミが薄れる。” なんて。。
その小さな欲があっという間に大きな不満となってしまうんだ。。

それに、招待券を入手するに至ったその方の背景だって色々有るだろう。
それなりに努力して、もしかしたら経費を掛けて培ったご縁で得た<招待券>かもしれない。

棚からぼた餅なんて、先ず無いのだ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年6月 5日 (水)

マンモグラフィー検査を受ける

嘗て一度スペインで受けたことがある。
30年近く前で、当時は平面の板に置く形だった。
”胸が小さい人は大変ですねえ。。” と言ったら、
”いいえ、小さいのは大丈夫だけど、困るのは大きすぎてこの板からはみ出るんです。”
えっ? そんなに大きな人がいることに驚いた。

今は縦に挟む。
”痛いわよー!” と友人たちから聞いていた。

X線部屋に入ると”ヨロシク オネガイシマス”の挨拶が終わる前に、看護婦が私の後方に廻り胸を下からさっと摘まんだ。
その動作はあまりに自然で素早くて、驚きで”あっ!”と声をあげる間もなかった。
(ナニ? このアリサマは。。)
他人に胸を摘ままれている図なんて笑いたいような、怒るに怒れないような。。
看護師のペースでその流れに反発できない。。
摘ままれたまま機械へ誘導される。
牛が鼻輪を引っ張られるような気分だ。
(いつまで摘まんでんだ。。これって言葉で指示出来ないことなのかなあ。。)
Img_2222

 

彼女は手袋をしていたのだろう。
肌に柔らかくて同じ温度。私は掴まれている方なのに彼女の手になった気がした。


感覚が麻痺する瞬間とでも言おうか。
丁度、冷えた手を額に当て熱を吸い取らせる時、熱を奪う方と奪われる方の二つの感覚が存在するので、暫く頭が混乱する。熱を吸い取っているのか、冷を与えているのか。
熱移動は私の体内で行われているから結局同じことなんだろうと思いながら手の平と額は無感覚状態。。
どちらがどっちか分からなくなる。

こんな時、いつも或る童話を思い出す。
王子に恋した若い霊媒師が王子を一晩中看病して熱を下げる。額に手を当てて熱を吸い取り、反対の手から地上に熱を逃す。
電流を流すアースのようなのだが、洞窟で看病している絵を見てなぜかドキドキしたものだ。
これぞミステリアス。。


ボーっとした頭に看護師が、
”はい、肩をもっと奥に(器材を)抱え込むようにして、はい、前を向いて、左手は下デス。下デスヨ!
体がガチガチですねえ。力を抜いてください。”
(初めてなんだから要領がわかりません。。)

こんなオネエサンに緊張していると言われて思わずふっと笑ったら、
”はい、ソウデスヨーー。 もう少し押しますね、良いですかあー。 痛いですよー。”
NO!と言っても彼女は職務に忠実に機械を絞っただろう。


変な感覚だ。
彼女の手はまるで自分のようで、卵の黄身をそっとつまみ上げてるようでもあり、掴まれた胸は大福饅頭になった気分。
その大福の表面の粉は手袋の方だったのか、私の方だったのか。。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年6月 1日 (土)

アキちゃんの成長

小さな金魚に一日二回餌をあげていたらあっと言う間に倍の大きさになった。
これではいけないと心を鬼にして一日一回に減らした。

Img_8823

 

水草はおやつだときいたので、これで当分ダイエットをしてもらおう。

相変わらず三食食べている私と目があうと私は申し訳ない気持ちになるが、
これも皆貴方の為よ。。。


Img_8404



冬には動きが鈍くなってエサも食べなくなるという。
<家>から出てこないので、そんな時はそろりとガラス戸を閉める。
目を合わさないようにする。
(寝てろよ。。。)

そして春が来て、アキチャンは私を見れば体を振り続ける。
ひとつまみの餌が終わっても右に左に激しく動き続ける。

 

Img_2964



あれ。。
ダイエットで痩せてるかと思ったけど、一度辿り着いた体長が縮むことはないのか。。


いや。。
寧ろ太ったんではないか。。
13センチのアキちゃんが45センチの水槽で壁にぶつかりながら泳いでいる。
飢えで藻をむしり取って飲み込んでいるのだろうか。
唇に怪我をするんではないか。



10か月前の写真と比較する。。


あーー、ダメダ。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年5月31日 (金)

煙草を止められない友人

しゃがれた声の友人が風邪をひいた。
それでよく煙草を吸うなーと呆れる。
吸ったって味なんか感じられない筈。
不味くて寧ろ苦しいんじゃあないかなあ。。

オリンピックに向けて禁煙運動が広がっていくのは良い事だ。
以前は一日10本ほど吸っていたが、20年ほど前に止めた。
止めると言う意思に関係なく吸えなくなった。
Img_1986

 

それというのも、炎症で声が出なくなった時、内線電話に”はい、XXでございます。” と答えたら、相手が驚いて折り返し上司に電話を掛けてきた。

”おい、会社にゴウトウが入っているのか?”


苦しいから当然吸えない。
煙が肺の中をくすぐっているようでとても吸えたものではなかった。

私はそれですんなり止められたが、今では通行人の煙でも肺がむず痒くなって咳き込んでしまう。

今、ひと箱いくらすんの?

”480円。”

はー、えらい出費やねえ。

”そうなんです。。”

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

より以前の記事一覧