最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 超真面目なB男 | トップページ | X子に絡まれる »

2020年8月 5日 (水)

同期の若者

最初の日に突き放された感のあった同期のS君。
配属が隣なので彼が走り回っている姿が見える。
軽快なフットワークで独楽鼠のように駆けまわっている。


仕事をする真面目な子だわ。。きびきび動けるのは賢いからだ。

 

パレットを引っ張る作業は危険でもあるので、私は腕力も無いのでもたもたしてしまう。
だからこの作業はしたくない。
そもそもワークシューズを支給されてないのだから、私にさせるのは論外だと思う。
パレットの危険性は説明会で散々聞かされた。
事故にあったら指が潰れる。
(こんな作業を我々にさせるな。。)


それでも一応、”これを引っ張って行って!” と言われれば持っていくし、兎に角私は<やる気>を見せないといけない。

 

こんな時にS君は率先して引っ張って私を助けてくれた。

あら、親切な子だわ。。
(ネクラで引きこもりみたいなのに。。)

 

或る時に別の部署で一緒になった。

そこには彼と同じ部署のM子がいて、何かとお話をしていた。
と言うか、既に彼から色々と聞き出していて興味を持っていたようだ。

(M子は情報収集に長けている。)

 

”あなたは動きが速いわねえ。。”


”前の職場ではもっと早く動いてました!!”

 

”ねえ、で、なんで XXXを辞めたの?”

 

(へえ。。。大手のスーパーで働いていたんだ。。)

以前、私が夜の仕事はしんどいわねえと言ったら、
”充分眠れましたヨ。夜勤には慣れてますから。” と答えていたっけ。

そっか。。スーパーXXの夜勤で棚だしをしていたのか。。

 

”実は。。あの職場には女性が多いんです。” とS君は言いづらそうに話しだした。

その女性たちの仕事がのろく、とても朝までに仕事が終わらなくてしわ寄せがいつも彼に来ていた。
話のニュアンスでは単にのろいというよりは意識が低く、だらだらとサボる人が多く、計画性もなくコンプライアンスに訴えても改善の余地もなかったようだ。
先輩たちがどんどん辞めていき、とうとう彼もブチ切れて職場を辞めた。


私が前の職場で聞いたところに拠ると、<仕事ができない>のは辞めさせる理由にならないそうだ。
罪を犯したり会社に何らかの被害を与えない限り。
(仕事をしない奴を給料ドロボーと呼んだのは昔の話らしい。)

 

 

まあ。。そんな辛い経験をしてきたのか。。
よっぽどだったのねえ。

そこで納得した。私が敬遠された理由が分かった。
女性(オバサン)には関わりたくないのである。

 

他の部署の手伝いに回された時も親切だった。
思わず、”あなた、経験上、おばさんには嫌な思いをしてきたけれど、私と一緒にしないでね!”
彼は大きく笑ってくれた。

 

S君は最後の二日を欠勤した。
えっ! もう来ないの?
あらまあ。。お礼を申し上げてきちんとご挨拶がしたかったのに。。

私などは全く眼中になかったようだ。
彼にとって私はただのオバハンには違いないけれど、

若者よ! 挨拶くらいきっちり出来る人間になりなさい !

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

« 超真面目なB男 | トップページ | X子に絡まれる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超真面目なB男 | トップページ | X子に絡まれる »