最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 同期の若者 | トップページ | X子に切れた若者ふたり »

2020年8月 6日 (木)

X子に絡まれる

”評判の悪いX子” がとうとう私に絡んできた。

当初からあからさまにじろじろと見られていたので私は彼女を見ないようにしていた。
こんなガサツな女とは関わりたくない。
目付きが悪く、相手の欠点を虎視眈々と見つけようとしている<悪意>がびんびん感じられる。
これほどの<敵対心>を持った人には初めて会った。

 

所詮、私は短期だし、一生の友にはなれないどうでも良い人の為に不愉快な思いはしたくない。
それに、もし私が切れたとして、その後の反省、後悔、不快を覚えるのは明らかに私の方であって彼女ではないことも明白で、それも腹立たしい。

 

たまたま私の前に出された米30キロをB男が優しく”いいよ!”と運んでくれた。

 

そもそも、面接時に ”えっ? 米20キロを持つんですか?” と尋ねたら、
面接官は目の前で手を振り、”いやいや、それはオトコの人がやりますよ!” と笑いながらへらへらと言ったのだ。
(それなら私にも出来るだろう。。)

 

でも、そうは言われたけれど、初日にリンゴだの水、米、ビールが目の前に来て、”話が違うでネエカ。。”と思ったが、甘えるわけにはいかない。そのうちに空き箱を逆に重ねた台に乗せてガラガラと運べるようになった。
そして下ろす際に踏ん張って腰を傷めないように細心の注意を払った。

 


日を追うごとに、男性は重いものを持ってくれる。
私が少し引いたのもあるが、大小の荷物の場合には小さい方を何気なく私に振って、大きいものを持ってくれる人が殆どだった。
この米30キロは”シャアネエナー”とテーブルから台車に乗せようとしていたのをB男が”いいよ!”と言ってくれたのだ。

 

それを見たX子が私と二人だけになって、
、”♪ いいな、いいな、優しくしてくれていいなー ♪” とまるで小学生のように10回程しつこく言った。

そんなに言われれば私も何か返答しなくてはいけないだろう。
彼女は私と会話がしたいのだろう。

 

”あれは30キロですか? とても持てませんワ。。”

”あら、ワタシ持つわよ。”

”ソウデスカ。。腰を傷めませんか?”

”ワタシ、持てるわよ! あれが持てなくてこの仕事は出来ないわよ!” 
と二度のたまわった。

 

あんたなんかにゃこの仕事はできないのに、よくもここに来たわねえ。と言うニュアンスだ。

(ウルセエ コノヤロー ナニイッテンダ! アタシャ、あと二日で辞めるんだよ !!!)

 

私に嫉妬?
ざけんなよ、さっきから重い荷物をD男がアンタの後ろに運んでくれているじゃあないか。
ガキじゃああるまいし、いい年してんだから現状をきっちり見ろよ。


相手を貶めて自分が優位に立った気になるサイテーヤロー。

 

ちょっとムカついたのでD男に報告した。
”さっき、X子にヘンな事を言われました。。”
彼は何も聞かずに、即、”気にしないでください!”

あら、オトコだわ。
詳細を聞かないなんて。と感心していたら、作業終了後に寄ってきて、”何を言われたんですか?”

話を終えた後にまたしても、


キニシナイデクダサイ!! どうせもう会いませんから!!


これで二人で大笑いになった。
そう、わが人生でもう二度と会わない人なんだ。。


X子とは週に一度のたった4回のシフトだったし、やっぱりM子が言ったように全員がX子にはうんざりしているようだ。。

 

”バイト ガンバッテネー!”と友人たちに言われたが、
”ナニ 考えてんの?” とひとりから呆れられた。

そこでハタと気が付いた。
コロナじゃあないけれど、私だけは(神様、ホトケ様、ご先祖様に)守られているからダイジョウブだという変な甘えがあったのだ。
それで、腰を締めるジーパンに矯正下着、それに加えて肋骨を傷めた時の幅広のベルトをぐぐっと巻いて作業にあたった。
念には念をだ。


友人の忠告に感謝した。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

« 同期の若者 | トップページ | X子に切れた若者ふたり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 同期の若者 | トップページ | X子に切れた若者ふたり »