最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

一年を振り返る

今年も無事に過ごせた。
大過なく、旅行にも行けたし、海にも行けた。

久しぶりに友人たちと旧交を温めたし、新たにお話をする人も増えた。
苦手な人は現れなかったけど、それはお互いの<気>が相手を避けるんだと思う。
上手くできているものだ。
お世話になった方々には年賀状をだした。

Img_5699

 

トラヨチャンも元気だし、アキちゃんも元気だ。
トラヨは20時間以上寝ているし、アキちゃんも低温の水槽で冬眠状態だから目を覚ますのを待つっきゃあない。
あいつらは<眠り姫>状態だ。

“まったく、生産性の無い奴らだ。。” とぼやきながらエサをあげる。


毎朝、”今日も頑張りましょうね!”、夜には”お疲れ!”と声を掛ける。

たとえ無口でも、そういう相手がいることは幸せな事だと思う。

 

今年一年の星に感謝。
来年の星も善き事を願って。


明日は誰にも会う予定が無いから好物のステーキにニンニクを一杯かけて食べよう。。
(食う事しか思い浮かばないのも幸せかも。。)

皆様、どうぞ良いお年を!

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月30日 (月)

バスを待つ間 風の強い日

天気予報通りに風が強い日だった。

横断歩道で何度か風に煽られながら停留所に辿り着いたら、老婦人が建物の敷地に避難していた。
どう見ても<避難>だった。

”風が強いですねえ。飛ばされそうになりました。”

”ワタシもです。”

適当なお喋りをしているうちに、”あなた、こちらへいらっしゃい!” と私を招き寄せた。
なるほど、一歩入れば同じ戸外でも風は建物に多少ブロックされる。


風は道にそって流れて行くんだ。。

 

Img_9410

 

”風は怖いですよねえ。台風では大変でしたものねえ。”

”あの知事もダメでしたねえ。。”

”ありゃあ、お終いですわ。自宅より県民の事を思わないと。。”

やっぱり厳しい意見だ。

 

風に吹かれて10名程が並び始めた。
バスが遅れているようだ。

婦人が、”反対方向のバスがあちらに来ると、ちょうどこちらも到着するんですよ。”
ところがバス停の前にバンが駐車したので向こう側が隠れてしまった。

 

突然、彼女が ”もう来ますよ!”

バスが見えないのに何で分かるんだろうかと思ったら、
”ほら、人がぞろぞろ歩いてくるでしょう? バスから降りた人たちなんですよ。”

あっ、そうか。。

いつも通ってれば分かることなんだろうけれど、なぜか新鮮だった。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月29日 (日)

年末のアルバイト

たった10日間のバイトにも面接審査そして説明会があった。
面接は仰々しいものだった。
年齢的に無理かと思ったが(悪い事は全て年齢のせいにしたがるわたし。。)、人手が無いせいかOKが出た。
有り難い。

説明会に一番に到着し端の席に誘導され、”ここへ座った方は宣誓をお願いしてます。”

えっ?
実際には男子が入り口でもたもたしていたので”彼が一番早かった!”と言ったけれど、その男はへらへらとしていた。
何を言っても現状は変えられない。

 

私に続いて100名が復唱する。
<生徒会長>になったみたい。

小学校で児童会長をしていた。
毎週の朝礼では校長先生の後で連絡事項を壇上で発表していた。
だから今更キンチョウすることも無いのだが、言い間違えないように細心の注意を払った。
やれやれ。。

コンプライアンスの説明、今年起きた様々なSNS投稿事件で、それは”犯罪です!”と耳にタコができるくらい聞かされた。
あれほど言って聞かせてもアホな事をする輩がいるんだそうだ。。

Img_9394

 

出勤初日。
9割が高校生。
もたもた動く彼らに思わず”さっさとせい!”と叫びたくなるのを堪える。
それにしても雇う方は ”静かにしろー!” の発言も一切しない。
出来ないのだろう。

世の中、変わったんだと思い知らされる。
何でもかでもパワハラ、セクハラと訴えられる昨今。
金を払う方が行儀の悪い子を叱れないって、やっぱおかしいだろう。。

<服装は地味に>という記載に思わず笑ってしまったが、三日目にミニスカートを履いてきたアホがいた。

 

高校生と言うと孫にあたる年代。
隣の体操着のいがぐり頭に休憩時に話しかけた。

スポーツ部なの?
”全員、野球部です!”

あなた、190センチある?
”はい。”

ピーッチャー?
”いえ、外野です。”

彼は終始笑顔だった。
こういう人は社会に出ても人気者になるんだろうな。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月28日 (土)

ブダペスト ヨーロッパとハンガリーの美術400年

日本・ハンガリー外交開設150周年記念。

ハプスブルク展でチラシを見た友人が、”明日はこれを見たい!”

聖母子像はどこかで見た事があるような。。
それって題材が同じだから構図も似てくるし、ヨーロッパで沢山見てきたからだろう。

クレオパトラの絵で後方のご婦人が、
”彼女は色がもっと黒かった筈ヨ。”

Img_9484

 

ふうーーん。。

これを友人に告げたら面白い事を言ってきた。

これらの歴史絵や宗教画はね、15世紀から<西洋人>が描いたのよ。だから顔も服装も西洋人の発想なのよ。

目からうろこ。
(そうだ、その通りだ。)

 

クラーナハの<不釣り合いなカップル―老人と若い女>。
醜い老人の懐に手を入れて金を盗ろうとする女。
隣にはその逆パターンの<不釣り合いのカップルー老婆と金目当ての若者>。

 

友人が苦笑いしながら、
”こういう絵が昔からあったお陰で、老人と若い女のカップルは社会に容認されていたんだと思う。だから私も非難されることは無かった。
年の差があったのにね。。”

夫々が絵の前で感じる事はその人の境涯に依って異なる。

 

Img_9474

 

今回の目玉の<紫のドレスの婦人>。
当時は不評だったとある。


”これはね、モデルがあまりに美人なので批評家が嫉妬したのよ。そうに違いないわ。。”

 

子供の埋葬の絵。
平面的で全体的に暗い。
夕闇迫る頃、小さな棺を抱えた農夫の後ろから若い母親が泣きながら墓地に向かうシーン。
入り口には十字架のキリストが立っているが、なぜか輝くような白い線で表現されていた。夕日が反射しているのか天上界へ誘う光なのか。
この絵の前に立った私はあっという間に悲しみで一杯になった。。

友人がふと寄ってきて、
”あの絵は。。悲しいねえ。。”

作家の気持ちが絵に入り込み、絵はそれを放出する。
絵は<気>の貯蔵庫だ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月27日 (金)

パプスブルク展

一度見ようかどうしようかで結局見てなかった。
里帰りの友人が見たいというのでご一緒する。

約束の15分前に到着したら、待ち合わせの文化会館の植え込みに座っていた。

あれ?どうして外に?

”太陽が。太陽を浴びたいの。。。”
そうだ、スエーデンに住んでいる彼女には冬場の太陽は貴重なんだっけ。。

Img_9302_20191224110901

 

スペインのフェリッペ王やマルガリータ王女はベラスケスであまりに有名だ。
説明をきっちり読む友人はそれを瞬時に頭に叩き込み、私に説明してくれる。

ふむふむ。
なんでこの絵がここにあるかというと<見合い写真>の役目を果たしていた。

マリーアントワネットの大きな肖像画は母親に充てた<現状報告>。

華やかなる王室の華美な服装にうっとり。

 

王家のコレクションが後世の我々の目に触れる。
自分の残像が永遠に人の記憶に残っていくって、痛快だろうなあ。

 

日本・オーストリア友好150周年記念と銘打った展覧会。
”明治政府が各国と国交樹立を開始して150年に当たるイベントがここ数年続くのよ。スエーデンは昨年だったわ。”

 

次に何度も見ている<常設展>を見る。
”松方さんってすごい人だったんだねえ。。”
膨大なコレクションが戦争中にロンドンで消失したとか。。

 

”やっぱり、ギリシャ神話と聖書を読んでないと西洋絵画は理解できないですよねえ。”
クリスチャンの彼女は聖人たちの話を色々と説明してくれた。

 

Img_9353



内藤コレクション展「ゴシック写本の小宇宙――文字に棲まう絵、言葉を超えてゆく絵」。
ラテン語の聖書のページが色鮮やかで遊び心満載だ。
こりゃあページを捲っていくのが楽しいだろうなあ。
とても面白く拝見した。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月26日 (木)

水彩画教室の買い出し

会計係からお茶菓子の買い物を誘われた。
私も何かしなくっちゃ。。

途中で分かったのだが、フクブチョウとして参加した積りだったが、単に今月は我々Cグループが当番だった。
道理で役員でないA子がなんで我々に付き合うのか分からなかった。

予算はひとり500円まで。
コーヒースティックと紅茶スティック、お煎餅、チョコレートに和菓子。
最低条件は小分けのパックに入っていること。
今時は殆どが小分けだ。

駄菓子コーナーで帯状のえびせん4パックが95円。
チョコレートクッキーにホワイトチョコの棒状のお菓子。
最後は和菓子コーナー。
私は栗饅頭60円、A子は100円の羊羹を勧めた。
イチゴ大福は105円。。

”さあ、どれにしましょうかね。。”

結局、二回廻って95円のどら焼きになった。

”これで恰好がつくわ!”
なるほど、大きいどら焼きは存在感がある。

Img_9459

 

30分で終了。
会計が”お茶しましょうよ!”



お喋りが続く。
”役員は5名で、現在11人だから来年度は残り半分ね、二年置きに廻ってくるのよね。”
先生は来年年男で以前から85歳で引退すると言っているし、その後はどうなるんでしょうねえ。

そこで実は秋の展覧会に出展出来たという話になった。

”えっ? なにそれ?”

皆、出展を励みにしていたのに。。
どうも役員が面倒くさがって忘れていたか、黙っていたか。。
”来年は出展する方向で行きましょう。。”

 


間違いだらけの募集広告だったが1名が見学に訪れた。
良かった良かった。。

 

Img_9514

 

さっさと10人分の菓子袋を作って配った。
余ったどら焼き3個と歌舞伎上げ数枚は施設の受付に差し入れた。
部長が不参加で帰ってしまったので、夏の暑気払い同様私が挨拶することになった。
もごもごと話していたら、会計が私の菓子袋から歌舞伎揚げをそっと取り出した。

えっ? なあに? (私の好物をなんで取り上げるの?)

”センセイの分が足りないの。。”

まあ。。
人数を数え間違えたらしい。。
余分の菓子はもう無い。
そこで当番3人の袋から抜き出して先生の分を急遽作成した。

こういうのを”オチ”って言うんだろうなあ。
(人生は喜劇だ。)

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月25日 (水)

ブエノスアイレス の クリスマス

思い出すのはブエノス アイレスで過ごしたクリスマス。
イブは家族が集まるとても暖かい雰囲気の夕食。
わいわいしながら24時を待つ。

 

必ずシドラ(リンゴ酒)とパネトネ(パン)とトゥロン(チョコレートヌガー)が出る。

 

Img_8271

 

ブエノスアイレスは夏でクリスマスツリーの雪は重そうに見えた。
なぜかその雪が暑そうだった。

家族の知人だか親戚だかの別荘で昼過ぎにアサド(焼肉)を食べる。

延々と食べる。

先ず席に着く前に前菜としてチョリッソをパンに挟み各自がそれぞれの場所で食べる。
チンチュリン(小腸)、モルシージャ(血詰めソーセージ)時々トリッパ(大腸)、そして肉が続く。
ステーキ肉、T-ボーンステーキ、肋骨がポンポンと入った細長いアサード デ ティラ。
付け合わせは野菜サラダ。

これらをゆっくり延々と食べる。
とても贅沢な食べ方だ。

プールサイドのテーブルでは男子は必ずシャツ着用。

デザートは一体何時ごろに食べたっけ。。
夕方4-5時頃にはお開きとなる。


楽しいクリスマスだった。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月24日 (火)

チームラボ ボーダーレス デジタルアート ミュジアム

里帰りの友人が行きたいというので付き合う。
ゆりかもめに英語圏の若者が二人乗車していたが、一人は空いた席でぐったり寝込んでいた。

枕付きのリュックを持っていたので、ホテルに行くのだろうと思っていたら、友人が、
”あの人たちは同じところへ行くのよ。このあたりのホテルは高いし、彼らは絶対チームラボヘ行くわよ!”
よく断言できるなあと思ったらやっぱり来ていた。
友人の感の良さに感心し、外国人の多さに驚いた。海外では人気の場所らしい。

 

Img_4997_20191223173801

 

”ボーダーレス”と言うのは映像が部屋から飛び出して館内を駆け巡るので、同じ部屋でも全く違う景色となるので<境界>が無いという事らしい。
同じ景色が二度とない。

エンドレスだわ。。


お目当てのランプの部屋に中々辿り着けない。
係員に尋ねたら、”ご自分で探して欲しいんですけどねー。”

”我々はもう二時間も<迷子>状態ですわ。”と言ったら、笑いながら教えてくれた。

 

 

光のアートなので建物全体が暗く、どの部屋も廊下も壁は黒色。思わず寄りかかろうとしたら壁では無くてカーテンだった。

壁を歩く花びらの牛。
顔を触ればこちらを向き、花ビラのクジャクは胴体を触ると<花びら>が抜け落ちたように本体から離れて空中に漂う。


暗い所は不安であまり歩きたくない、転びたくない。

どの部屋も音楽で満ちていた。
つくづく<音楽>は我々と切り離せないものだと感じる。

透明人間の部屋では硝子板に投影されたほぼ輪郭だけの人間がずらりと並び延々と踊り続ける。案外小さな部屋なのだが鏡のせいで<兵馬俑>のように整然と奥の奥まで並んでいる。
平安ごろの市民や兜を付けた兵士やうさぎ、カエルの鳥人戯画の世界を思わせる動物たち。
前に立つとふと踊りをやめて深呼吸したりまるで人間がそこにいるようだ。
阿波踊りのようでもあり、太鼓や鐘に合わせて踊っている。聴いているうちに瞑想といおうか、頭に何かが満ちて来るようだ。
それが溢れたら狂気となるのかトランス状態になって夢の世界に行くのか、奇妙な部屋だった。
楽しいような薄気味悪いような。。

ランプの森。鏡をふんだんに使った部屋は<無限大>に広がり、空中に浮いているような気分になる。
光は楽しく美しい。光は希望。
光明は悪を滅する。

 

Img_5205_20191223174301

アスレチック広場。
塗り絵? ”描きましょうよ!”。
それを器械に通して、あら不思議、動物が立体的に床に投影されて動き廻る。
友人はサンショウウオ、私はカエルを描いた。

”カエルは早いですよ!”

何の事かと思ったら、映像がポロっと床に投影された次の瞬間ピョンピョン飛び跳ねて、あれよあれよと言う間に彼方に去って行った。
立体的になった<私の>カエルを撮ろうと、再度投影してもらったがやっぱりダメだった。
追いつかない。。
(笑い話だわ。。)

多くの床を這う動物を踏むとぱっと花束がはじける。

カエルを追いかけて居たら誰かが踏んずけて行った。
(アッ、潰された。。)


こうなるともう誰のでもいいからカエルを写真に収めたい。
それだ!と構えたら、友人がぼんぼん踏んづけて潰していた。

 

Img_5047

 

別の部屋では塗り絵が壁に流れていく。
圧倒的に橇に乗ったサンタクロースが多い。
トナカイも橇も真っ黒なのがいた。
(こりゃあ、大人が描いたんだろうな。。)

Img_5050

 

映像に触るとセンサーが察知してサンタが飛び上がったり、プレゼントを配ったりと愛嬌を振りまく。
童心に帰って楽しいひと時を過ごした。

入場料がちと高いが楽しんだ後ではさもありなんと言ったところだ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月23日 (月)

トラヨの寝る場所

炬燵に毛布二枚と布をかける。
座る場所にはタオルを被せる。

トラヨは炬燵の中の四角い空間には入らない。 怖いのか後ずさりだ。
いつもこの毛布とタオルの間に潜りこむ。

その方法がユニークで、いつも左手から入りゴソゴソと私を踏み越えて右側に下りてそこで丸くなる。
たまたまそれが部屋の出口の方なので私は注意しながら歩く。

 

たまにバスタオルの下の塊を忘れて軽く蹴飛ばしてしまう。

その度に ”あら、ゴメン!”

一度足を踏んでしまった。
これまでに聞いたことのない、まるで赤ちゃんが精いっぱい気張って泣き叫ぶように、
”イッヤアアアアーー!!!” 
この悲鳴に、私はおろおろしてしまった。

 

Img_8854

 

席を立つときは意識するのだが、戻る時についつい注意が薄くなってしまう。

数センチの処に足を着くと ”ウギャアーッ!” と喚く。

”ちょっとおー、静かに歩いてよおー! 踏むなよおーー!”

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月22日 (日)

水彩画の募集広告を出す

地域の新聞に募集広告をお願いしてきた。
それが二週間後に掲載されたらしい。

らしいというのは私はそれを見ていなかった。

 

掲載の二日後に会計係から連絡がきた。

”火曜日ではありません。10時からではありません。”

”エーッ!!!”



私が紙に書いた情報の大事な二点を間違えていた。
(なんてこった。。)

私は狐につままれた状態だった。
なんで? どうして?

たった4行のデータを何をどう間違えてしまったのか。
練習日の帰りに企画会社に寄ったから、先ず<曜日>を間違えるなんて。。アリエナイ!

Img_8867

 

火曜日の10時からって。。
私の<盆踊り教室>のやん!!

数日後、二名から問い合わせがあった。
一人は端から火曜日ではなく他の日にないかとの問い合わせ。

もう一人は曜日変更は問題なかった。
”70歳になったので何か始めようかと。。”
年内にもう一度あるので見学に来てくださいと申し上げた。

そしてその一週間後にもうひとり。
曜日に問題はなく、”是非見学したい!”

 

数日して仲間から、”先生が心配している。”と電話があった。
しまった。。
皆、この募集記事を気にかけていたんだ。
(見てないのは手配した私だけ。)

 

”申し訳ありません。”

”いいのよ別に。だってあなたの電話に掛けて来るんだからその時に訂正すればいい話じゃん。”

そうだよな。。
今回は私が説明すれば良い話。
来年からは<正確>な情報で再度申し込まなくっちゃ。

それにしても、思考回路がショートしているなーと考え込んでしまうこの頃だ。
(ダイジョウブかな ? ワタシ。。。)

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月21日 (土)

恒例の忘年会

いつものように持ち寄って、いつものように近況を話し合い、いつものように楽しく過ごした。

”段々と食が細くなったから少しでいいよね。。”

そういわれると、毎年爆喰いして、普段飲まないシャンペンやワインを3杯以上飲んで真っ赤になっていたものだ。

 

Img_8955

 

 

痩せたなーと思ったA子は食事と筋トレのお陰で痩せてしまったという。

会社では誰も痩せた事を尋ねず、ある日久しぶりに会った同僚が何気なく、”おっ!痩せたねー!” の一言に初めて”筋トレよ!”と答えたら、途端に雰囲気が緩むのを感じたそうだ。

皆、忖度しているんだ。痩せた理由が不快な事だったらと。。

 

Img_8967

 

そこで筋トレのスクワットのやり方を伝授してくれる。
一人は腿を気にしていた。
練習用のベルトを嵌めて、”はい、膝を拡げて!”

私の方が開いているというので、私は頑張った。
そして翌日膝が痛んだ。
(やっぱり。。アホな私。。)

でも、スクワットって効くんだなあと実感した。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月20日 (金)

MET オペラビューイング マスネの ”マノン”

”マノン レスコー” と ”マノン”。

同じ題材で作曲者が異なる。
前者は何度か見たがマスネを聞くのは初めて。

私はこちらの方が好きだと感じた。

Img_8782

修道院に入る予定の田舎少女が青年と恋に落ちて駆け落ちする。
(大胆だわ。。)

二人は仲良く暮らしていたが、女は物理的に贅沢な暮らしに魅かれて彼と別れ金持ちの囲われ者となる。
金の切れ目が縁の切れ目。

それでも捨てた彼が忘れられず、神父となって恋の痛手を癒している彼を誘惑し再び二人の生活が始まる。
二人は堕落し賭博で捕まり、彼女は島流しとなる前に波止場で彼の腕の中で死んでゆく。

煌びやかな金持ちの生活に憧れる少女は恋よりも金をとるけれど。
(よく分かるわ、その気持ち。。)

 

Img_8784



何でも失ってからその価値が分かるのよね。
手中に無いその価値は段々と膨らんでいき、同時に悔恨の情も数倍に膨らんでいく。
もう辛くて辛くてたまらない。

欲が無ければ嫉妬も苦悩も湧いてこないと教わったけれど、あんな赤いドレスは一度は着てみたいものなのだ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月19日 (木)

笑えるトラヨちゃん

うとうとしていた。
ドサッ、サーと音がして羽根布団がバサッと床におちた。

ん?
トラヨが飛び乗ってドサッ。
布団が半分ズレ落ちていたのでトラヨの重さで一緒にずるずると落ちた。
トラヨは藻掻きようがなかった。。

 

寒くなって布団の間に潜るようになった。
直接私の懐には入ってこない。

毛布と羽根布団の間にもそもそと進入する。
わたしを乗り越えて腿の裏側に落ち着くのだ。
或る日、私を乗り越えようとしてトラヨの左足がずるっと滑ってずっこけた。

私は腿に引っかかったトラヨの体重を感じて笑ってしまった。
(ドジな所は私と同じだ。。)
恥じ入ることは無いわよ、トラヨちゃん。
ガンバ!!

 

Img_7935

 

猫は20時間寝て、2時間は毛繕いをして生きているような気がする。
喰って、寝て、用を足して体を洗う。
この体を洗う回数以外は人間も同じようなものだ。。

いつものように布団の上で首を大きく曲げて肩の毛繕いをしていた。
左手が宙に浮いて、私の手と握手をする形になった。
あの小さな手の平に私の人差し指がすっぽり嵌まった。 トラヨは私の指をギュッギュッと ”グー パー” をするように握りしめた。
爪を最大限に出して縮めて、ギュッギュッ。

人間の握手と同じじゃん。。

毎朝、”アキちゃんオハヨウ!”と言って金魚に餌をあげる。
私も朝食を終えた。
ふと、トラヨは。。ドコだ? 
”トラヨちゃん!”
餌の前に佇んでいたが振り向きざま舌なめずりが始まった。
そして顔を洗い始めた。

ようし。。
トラヨも食事終了。

”ミンナ、今日も一日頑張りましょう!”

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月18日 (水)

水彩画教室 クリスマス

各自がクリスマス物を持ち寄る。

”何もないので、家の壁に貼ってあったものを剥がして持ってきた。”
サンタクロース、クリスマスツリー、ちっちゃなリース。

なぜかウクレレが置いてある。


Img_8860

私は聖母子像を持って行った。。
30年程前にトレドの正門の前の露店に沢山のマリア像が並んでいた。

 

Img_8857

 

 

この袋を抑えるのにちょうどいいわ、いいですか?

(抑えるってなんだ?)

深く考えずに ”どうぞ。” と申し上げたが、暫くしてそのマリア様の顔にウクレレが立てかけられた。

 

思わず息を呑んだ。
(それはないでしょう。マリア様ですよ。あなた、仏様の顔に何か載せられますか? 
それに。。あなたはロシア正教なのよねえ。)

それって神へのボウトクだわ。。

(踏み絵ってこんな感じだったのかしら。。)

ワタシの顔にウクレレが覆いかぶさったようで正視に絶えない。

 

Img_8864

 

そこで申し上げた。
”マリア様の向きを変えて、ウクレレをその<肩>に掛けて下さる?”

それでも重そうでごめんなさい、マリア様。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月17日 (火)

友人からのSOS

”マリアから依頼があるのですが、よく分からない時は助けて下さい!” とA子から連絡が入った。

私はブエノス アイレスのマリア宅に一年間居候していた。
A子がチリに行った際に紹介して、一週間くらい滞在した。
マリアの娘とはその後も連絡をとりあっている。

頼み事はマリアの甥の娘の事。
添付された顔写真を見ても、どの甥っ子なのかわからない。
でも記憶にあるどの顔にも合致しない。
苗字も違う。。

 

A子のメールに少なからず驚いた私は ”なにごと?”
私を飛び越えてなんでA子の手を煩わせるのか。。

Img_8813

 

 

マリアの甥って一体、誰?
翌日、もしかして私が唯一会ったことの無い<弟>の息子かな?

 

話はこうだ。
マリアの甥は日本に住んでいて、日本は学費が高いので娘をブエノスアイレスの学校に通わせている。その娘がホームシックで6か月でもう日本へ帰りたいそうで、その為には日本人の<保証人>が要るというのだ。

娘の年齢が分からない。
学校に通わせられない程の貧乏生活をしているの?
少女をなぜ遠い国へ留学させたのか?
娘の国籍は何処なんだ。
日本に父親が住んでいるのになんで<保証人>が必要なの?

ドーユーコト?


マリアからの返信でやっとわかった。
娘は大学生の20歳。
あちらでは授業料は無料。

私が年金受給者なのでA子に話が行った。
(マリアはA子が現在失業中だという事を知らない。)

 

”私が言えた立場じゃあないけれど” と前置きしてマリアに言った。
”折角、海外の大学へ親の負担も無く通えるというのに、何が寂しいんだ。親戚もいるのに。。言葉も分かるし、若いんだからトモダチなんて直ぐにできるだろうに。親だって娘を遠方に送るのは寂しい事だけれど、娘の将来を思ってる訳で勉強させてあげたいけれど金がない。親の事を思うなら”さびしい。”なんて甘えてる場合じゃあないでしょう。。大卒の肩書は就職に有利だし、若いんだから4年間を頑張れば? 寂しさなんて我慢しなさいヨ!”

マリアは、”彼女は弱いのよ。。あなたは勇敢だったけれど。彼女は貴方とは違うの。。人それぞれなのよ。。”

そっか。。
マリアはとっくに説得を試みていたのだ。


そうね。。
そういわれると私は勇敢と言うよりは<若さ>ならぬ<バカサ>で過ごしてきたんだっけ。
人それぞれか。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月16日 (月)

太極拳 大会

二月に大会がある。
そこで立ち位置が決められ24式を練習する。
与えられた時間は13分。

”13分とは長いわねえ。”

 

そこでゆっくりやってみましょう。
それでも10分。
これ以上ゆっくりだと片足立ちで安定が保てずぐらぐらする。
”XXの時に間を置いて全員が数秒停止するのはどうよ?”

そうだ、そうだ、その方が綺麗だ。。

 

最前列はベテラン連中。
客席に向かった形で列ごとに演舞する。綺麗に揃っていた。

 

Img_8729

 

私は3列目の端。
これまで四方を囲まれてやって来た私は、(前と隣が居ない!! ドウシヨッ!)

リーダーが正面から我々をチェックするが、私は演舞を忘れてしまった。
いつも前後左右を見てやっているので真似る相手がいなくてぼろぼろだった。

きょろきょろしている私に気付いてリーダーは私の視界に入るように前進してくれた。

でも、向かい合った時に、私は彼女の次の動作を待っていてお互いが見つめ合って動きが停まってしまった。

”顔を見てんじゃあないよ!”と大笑いだ。

”まだオボエテナ~イ?”

この一言に私は恥じ入った。
(私ってなんてバカなんだろう。。次の型がどうなのか出てこない。)

 

気功をやっていた友人にその話をしたら、
”あれは流れだから、いちいち考えてやっていたら動きがガチンガチンになっちゃうじゃあないの。”

”そうよ。私はいつもガチンガチンなのよ。。!”

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月15日 (日)

盆踊り教室

メンバーが増えてきた。
シニアーは複数のサークルに参加しているので、共通の知人が居たりする。

あらまあ。。
カトーさんのお知り合いですか?
地元の顔は何処でも人気者で一目おかれている。

各自の人間関係が放射線のように広がり、そのどこかで私と繋がるのだが、だからと言ってその人のトモダチが同じように繋がるというものでもない。
でも、中にはトモダチ以上の信頼関係を築く事もある。
所謂、波長が合い笑いが同じなのでそれは大切にしようと思う。

 

人間関係を構築したくてサークルに行っているわけではない。

健康のため。

Img_8725

友人とそういう話になって、

”別に友達を作ろうなんて気力はもうないわ。”

そうよねえ。。人と付き合うのは疲れるものね。
 
現在の友人で充分だ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月14日 (土)

チャチャがトラよを追いかける

通りの角辺りはチャチャの縄張りで、いつも通行人に声を掛けてくる。

私が気もそぞろに歩いていると、何処からともなく私を呼び止めて寄ってくる。
大概、不快な物想いの時なので、彼女の”ニャーッ!”で私は我に返る。

 

その日は駅に向かっていた。
後方からトラヨがついてきた。
チャチャはトラヨを見て構えたがトラヨからはそれが見えない。

やばい。
このままではトラヨが襲われる。

そこでトラヨを捕まえようとするが、彼女は鉄の階段の隙間に隠れながらこちらにやってくる。

そして2メートルまでに接近したときにチャチャが猛ダッシュでトラヨの前に飛び出した。

Img_8822

 

あれよあれよと言う間にトラヨは植え込みを抜けて通りを横切り、隣家の庭に逃げ込んだ。チャチャも躊躇うことなく門扉の隙間から進入する。
トラヨの ”ギャオウウッ!!” が聞こえてくるかとハラハラしていたが、次の瞬間には自宅の階段を駆け上がっていた。
(まあ、機敏だこと。。)



チャチャはそこまで。

チャチャは今まで見たことないほど背中と尻尾を膨らませていた。
先日TVで見たむささびみたい。

ねえ。。チャチャ。
あなた、ひめとは仲が良かったわよねえ。
トラヨは臆病で決して攻撃的ではないしいつも追いかけられる方なの。
小柄で力もないのよ。
どうしてそんなに目の敵にするの?

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月13日 (金)

太極拳 辞める人

先生が退任されたこの機会にA子が辞めることになったらしい。
80歳半ばで10分ほど自転車でやって来る。

A子は耳が非常に遠く補聴器がうるさいからと付けないので、とんでも無い時に一人で大声で喋る。

”近所のサークルに移ります。。”

ところが、辞めると言っていたのに継続するのでその分の費用を支払いに来るという。

 

Img_8208

 

Tリーダーが、”ありゃあ B子が悪いんだよ!! 余計な事を言うから。。”
部長が、”そうですよねえ、あれで自転車で来る途中に何かあったら。。”


何のことかと思ったら、同世代のB子が寂しくなるのでA子が居残るように仕向けたらしい。

そういえば、休憩時間にそんな話をしていたっけ。
”A子に言ったのよ。新しい所で周りは知らない人ばかりじゃあつまんないでしょう?? 仲間外れになるわよ。”

私は ”えー! 80過ぎた人を無碍には扱わないでしょうヨ!そんな冷たい人ばかりのサークルがあるなんて思えないけど。。”

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月12日 (木)

ホノルル マラソン

先日のバイト仲間の同窓会。
義理の父親を見送ったり介護の話ばかりで、唯一明るい話題を提供してくれたのは一番<テンネン>のA子だった。

”ホノルルマラソンへ行くぞ!”

Image2

 

そしてメールが入った。

 

Image3


” Aloha(!)
無事、完走しました。
暑かった!
20キロ以上から暑さにくじけそうになりながら到着しました。
フィニッシュで名前呼ばれるのは感動しましたよー。”


Image1_20191211204401

すごい。。

 

Image4

完走したんだ。。
根性あるんだ。。彼女。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年12月11日 (水)

MET オペラビューイング トゥーランドット

2019-2020のシーズンの第一番目。

”誰も寝てはならぬ” があまりに有名だが、それ以外は余り馴染みがないメロディー。
それでもオーケストラの響きってやはり綺麗でゆったりした気分になる。

”オペラなんて有名なアリアの1-2曲を聞いて,後は眠っていればあいいのよ!” と言った友人の言葉を思い出す。

中国が舞台なので衣装には毎回ギョッとする。
こんなけばけばしい色使いだっけ。。
(最近見た中国ドラマは白を基調にとても上品な色合いの服を着ていた。。)

西洋から見たらこんなイメージなんだろうな。

 

なぞなぞをして答えられない求婚者を殺していく冷たいお姫さま。かつて異邦人に虐待された姫君の恨みを晴らそうというものだが、多分悪霊が乗り移ったのだろう。
かぐや姫よりたちが悪い。

いくら美しいとは言え、そんなイカレタお姫様に一目惚れしてしまう他所の国の王子様。
3つのなぞなぞを解いて勝ったのに、悔しがるお姫さまに今度は”私の名前を当てよ!”と”逆になぞかけをする。
当てられたら処刑されるのに。。
(なんでそんな面倒な事をするのよ。あなたが勝ったのに。。堂々としてりゃあいいじゃあないの。。)

それでもって彼の名前を知っている侍女は彼を愛するが故に拷問を受ける前に自害する。

”誰も今夜は寝ないでその男の名前を調べよ!”

 

Img_8843

 

彼は死ぬ覚悟で自らを名乗り、お姫様は “名前が分かった! 彼の名は<愛>だああ~!!”
ここで感動すべきなのか、拍子抜けするか。。

トゥーランドット姫は迫力満点の美しい歌声だったが、インタビューで ”大体、ストーリーがストーリーだから。。。”
全くその通りだ。
清ました顔して歌っていてもストーリーの矛盾は掌握している。

 

おとぎ話だから信ぴょう性なんてどうでもいいのだ。
美しいメロディーは心を温かく満たしてくれる。

”誰も寝てはならぬ。”
なぜかしら、演歌を聞いているように胸がぎゅっと締め付けられるメロディー。
どうしても頭に湧いてくるのはパバロッティのあの切ない透き通る高音。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月10日 (火)

水彩画 仕上げ

先生が順番に各自の絵に手を入れていく。

あれよあれよと言う間に<絵>らしくなってくるから 不思議だ。
広告会社で勤め上げた人はヤッパリ凄い。


Img_8732
単に<コツ>というだけではない。
絵心と言うよりはセンスなんだろうなあ。

 

Img_8733

 

長期に4か月休む人の会費について部長・会計と相談する。
これまでは徴収しなかったが、会計から ”会がやっていけないから500円貰えば?”と提案が出た。
そうだわね、それだったら文句は出ないだろう。。

これを会長が全員に打診する。


そうしたら先生が、”以前は来れなかった分を払い戻していたが、会計がぐちゃぐっちゃになった経緯がある。”
そこで ”支払った物は返金しない。これは原則です。私が知っているどのサークルも休会する場合は月謝の半額を徴収します。”

へえ。。そんなもんなのか。。

この先生の鶴の一声で<半額徴収>と決まった。

Img_8734

 

終了後に<会員募集>の話になる。
そうよね、人を増やさないとね。
最高18名が在籍していたが現在は12名。

 

そこで私が地域の新聞社に申し込むことになった。
(そうだ、私は副部長なんだっけ。それくらいしないと。。)

この日は午後のサークルもあるので別の日にと思ったけれど、前を通りかかった際、”えー、また来るのもメンドクセー!” と、さっさと入って5分後には募集要項を提出してお終い。
(簡単だった。。)

先生の申し込みではなく福祉センターのサークルと言う事で<無料>だった。
一回の申し込みで一回限りの記載となる。

あと数回申し込めば人が集まってくるだろう。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月 9日 (月)

夜行バスで戻る

なんばから東京駅行きのバス。
友人は難波駅のエスカレーターのある方を教えてくれた。私の目指す出口は反対側だがその方が<寒くない>し地下街で何か腹拵えもできる。

ふむふむ。。

改札を出ると天井に四角い枠があって、A,B,C,Dと色分けされているが、さあ、これが分からない。
目指すB3出口が見当たらない。
ごちゃごちゃしていて、これを判断してフォロー出来ない自分が情けなくなった。

大阪のオノボリサンだ。。

尋ねた20代の男子も即答はできず、”地図を見てみましょうね~” と親切に案内板へ誘い、”後ろですねー!”

でも。。<後ろ>は今私が出てきた地下鉄やん。。
(こういう時に全く融通が利かないワタシ。。)

 

女性に尋ねる。

後ろったって幅広い<後ろ>なのだ。
正確には左寄りのその後方。

なるほど、楽しそうなショウテンガイ。。
これを友人は私に教えたかったに違いない。

Img_8656

 

B3出口を出たら高架橋下にバス停が並んでいた。
ここか? でも、なんか変だ。
案内が薄暗いし、バスは1台しかいない。飯屋の並びに沿っているので油の匂いが溢れて汚らしい。
そこでベンチに座っていたサラリーマンに尋ねた。
バス会社名を言ってもピンとこないようで、”ここは市バスです。東京行きなら大通りを左です。”

その時、向かいに確かに目指すバス会社名が書かれた前を通ったが、そこは切符販売所だと思った。
思い込みとは恐ろしい。
東京行きの高速バスは大きな駐車場から出発すると思い込んでいた。
それに説明では<B3出口から徒歩5分>とある。
此処だと1分だ。

結局、辿り着いたのはJRのバスターミナル。
そこで係員に念の為尋ねて良かった。

”えっ?ここじゃあないの?”
出発まで未だ20分は有ったものの、私は焦ってもう目指す場所へは辿り着けない気がした。
だって、教えてくれた場所は私が今やって来た道で駐車場なんてなかった。。
こうなると、私の思考回路はショートしてしまう。
何も考えられない。
私はその場所を発見できない。。
通りすがりの人に泣いてすがりたくなる。。


そっか。。二番目に尋ねた女子たちがスマホで探してくれて”後方ですよ!”と言っていたのは正しかったのだ。
それを聞き流して三番目に聞いたサラリーマン5名の ”そこです!” に従ってJRバスターミナルに行ってしまった。


パニックのまんま、だまされた気分で戻ったら、”なんだ、さっき見かけた店舗だったんだ。。”

バスは出発10分前に店の前にやってくる。
先刻はバスが停まっていなかったのでそのまま通り過ぎてしまったのだ。
受付嬢にその話をしたら、
”そうなんですよ。この辺りにはいろいろなバス会社があって、空港行きもあそこから出るし、間違えやすいんですよ。”

 

Img_8653

 

やって来たバスは全身が<ワンピース>。
ウワーッ、楽しそう~!!
21時発だから暫く大阪の夜景を堪能できると思ったら、窓は真っ黒で光が全く入らない。。
そっか。。<ワンピース>に塗られているからだ。。

今回の旅の目的はUSJと犬。
それらが叶って満足だった。

 

東京の到着場所は記載されていた鍜治橋ではなかった。
東京駅は?と尋ねたら、”人の後をついて行けば。。”
ところが途中で靴をなおしていたら、人が居なくなった。
あれま? ここはどこ?

たまたま信号にやって来た青年に尋ねたら、親切な関西人は、”タクシー乗り場へ行くので一緒に行きましょう!”

東京駅はすぐそこだった。
それにしても男性から ”イッショに行きましょう!”のセリフを最後に聞いたのはいつだったかなあ。
心がほっと温まって嬉しくなった。

家のドアを開けたら、トラヨが三和土で三つ指ついて出迎えてくれた。
これもまた嬉しい。
人生は感動の連続だ。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月 8日 (日)

カチューシャ

TDKでもいろんなカチューシャがあるけれど、USJのは実に面白かった。

Img_8279

恐竜があんぐりと頭に歯を立てる。
ジョーズが頭を飲み込む。

 

Img_8269

スヌーピーがぐだっと寝ている。

まあ。。
全てのキャラクターのカチューシャが敷地内を闊歩する。

 

Img_8317_20191207093501

恐竜の帽子は暖かそう。
はりーぽったーの黒いガウンは子供から大人まである。
身に着ける事で気分が段々盛り上がっていくのだろうなあ。

 

Img_8280_20191207094401

一つ買っていこうかしら。。

でも。。

 

Img_8352

たった一人でこれから電車に乗るわけだから、大阪の通勤電車では変人を通り越してイカレたオバハンになってしまう。。

そうよね。
もう一人いたら頭に載せていくのだけれど。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月 7日 (土)

ワイマラナーの服

友人は昨年奈良に引っ越してきた。
と言うのも母親の遺産相続で揉めに揉めて、やっと片がつき実家を追い出された。
犬はその泣き声で近所からクレームが入り、家族によく棒で殴られた。
お手伝いさんは箒で追いかけた。
”ブサイクでバカイヌ!”と罵られて。。

 

そんな訳で犬と一緒に越してきた。

このワイマラナーは美しく数年前に会った時は喜んで飛び跳ねる明るく楽しい犬だった。


数年前にフィレンツェを見下す丘の上で、黄色いフェラーリが駐車した門扉の向こうにこの犬がすっくと立っていた。
その姿があまりに美しくて私は声を失った。
これは<金持ちの犬>と言う定義が私の中で出来上がった。
高貴な犬。

Img_8562

 

 

ところが犬は9月から体調を崩しガンで余命いくばくも無いという。
”好きなものを食べさせてください。”と医者にいわれた。
12歳。

散歩してたら突然倒れたというから脳梗塞でも起こしたのだろうか。

 

”ワタシが行くまで死ぬなと言っといて!!”

 

話には聞いていたが実際に横になって、どっと倒れる犬を見るのは初めてで驚きだった。
半身麻痺で散歩どころではない。

数時間おきに庭に出し用を足す。
20キロ越えるので抱えるのもひと苦労だ。
やッと立ち上がれても足に力が入らない。
知らない人の声が煩わしいようで、エサを上げながらでもウーっとうなり、私は知らんふりして体を撫でるのだが、
時々牙を向いて”ウルセー!”と言う。

Img_8629


以前はほんの数分で仲良くなったのに、私の事は覚えていないのだろう。。

 

オデュッセウスの犬は飼い主だから覚えていた。
私はただの彼女の人生の通過者。
覚えているだろうと期待していた私が浅はか。

Img_8642

老いさらばえた人間も動物も哀しい。

服を編んでくれと言うのでついでに帽子も編んであげた。
わかるかな。。その温かさが。

 

私が奈良を発つ一時間前に初めてヨロヨロと傍にやってきて右脚で腿を叩いた。
え?

”あら? 見て!寄って来たわよ。”
頭を撫でてあげる。

手を止めるとまたねだった。
頭を撫でて目を合わせているうちに涙が溢れてきた。

”アリガトウって言っているのよ。”

そうだ。
彼女は編み物をしていた私を見ていた。

お前とは短いご縁だったねえ。
向こうで会おうね。
どうぞ痛みが無く穏やかでいられますように。。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月 6日 (金)

USJ アトラクションに乗る

先ず車椅子を借りた。
東京デズニーランドで快適に過ごしたから。
でも、直ぐに自分が間違えていたことに気が付いた。

あの時は押してくれる人がいた。
それに一人で動いた時はスムーズで道が整備されていて難なくか車いすを操ることができた。
ここの道路は真ん中が盛り上がっているので、右へ右へと傾いていく。
それを手で止めるだけで精一杯。

人にどんどん追い越されていく。
自動車椅子でなければ、私の腕の力では無理だ。

Img_8284

Img_8439



これじゃあ借りた意味が無いので最初の<スパイダーマン>で乗り捨てた。

バックドラフト、ジュラシック パーク、ジョーズ、ウォーターワールド、ハリーポッターとその小さなジェットコースター。
4人の弦楽器演奏のストリート パフォーマンスも通りすがりに観た。
クイーンのメロディーは踊りたくなるくらい楽しかった。

 

20191118111816709_20191207093801

TDKのようにアトラクションの順番を予約することはない。
入場優先パスと言うのがある。
私は通常のだから待つっきゃあない。

 

夜のイベントが綺麗だと聞いてきたが、広場のプロジェクションマッピングであと一時間待つことになる。
最後のターミネーターは二時間待ち。

Img_8337

どうしよっか。。

雨がポツリポツリ。
広場に陣取った人々が一斉に傘を差し始めた。
その光景に ”凄いなー” と思った。
雨の中でシートに座っていたら濡れてしまうだろう。。


これでは戸外のアトラクションは中止だろう。

中途半端な時間だ。
ようし、もうここまでと切り上げることにした。
大阪を西から横切り奈良へむかう。

 

”エーッ、ジェットコースターに乗ったのおお??”

そうよ。
ババアがジェットコースター乗ってナニがワルイ!?
(次回はジュラシックパークのあの宙づりに乗ってやろう。。)

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月 5日 (木)

USJは外人で一杯だった

08:30にゲートに到着。

アジアの団体客が地球儀の前で記念撮影している。
早やーー。。


大勢が入場待ちしていたのにもうジェットコースターが悲鳴と共に流れていく。
前向いて乗っていたのが、次には後ろ向きに走っていく。
”キャアアーッ、キャアアーーーッ!!”

なあに? なんでもうアレに乗れんの?



Img_8264

荷物検査で、”これは友人への土産のお菓子です。”と言ってしまってアウト。

”ハイ、あちらのロッカーへ入れて下さい 食べ物はダメです。”

しまった。。。


最初から荷物は外のロッカーに入れてしまうべきだった。
再び列に並びなおす。
並びながら思った。
(そうだ、さっきのスタッフに言えば直ぐに通れたのかも。。)

時すでに遅し。。
慌ててもショウガない。
珍しく素直に並ぶ。
(最近、穏やかになったのか、単に疲労で怒る気力もないのか、メンドクセーと思う事が多くなった。)


それにしても余りに小学生が多い。

Img_8268


”今日は旗日じゃあないですよね?なんでこんなに子供が多いんですか?”
ご婦人は、”ハタビ?”

(あれ、旗日って死語なのかなあ。。)

 

子供が ”展覧会!” と答えた。

テンランカイ? なんだ? 
あー、文化祭のような物ですか?
土曜に展覧会があったので、振替休日と言う事らしい。

それにしても子供が多い。

”大阪市全体なんですかねえ?”

”ワタシたちは名古屋からです!”

 

その後ハリーポッター城で小学生3名が数メートル離れた仲間と列が蛇行するたびにふざけ合っていたので同じ質問をしたら、日曜日に学校へ行ったのでと答えた。
大阪の区全体なの?

”ボクたちは岡山からです。”
バス一台で15名ほどが母親達が付き添って遊びに来たらしい。
お父さんは?
”仕事!”

 

ここは初めて?

”ぼくは二回目、彼は4回目、あっちも。。”

へえ。。東京デズニーランドへは行ったことある? 
(どうだ!と自慢げに言った私。)

全員が”うん”と首を縦に振った。

 

恐るべし今どきの子供たち。
親は子供を大型パークに連れて行くんだ。
皆、リッチなんだなあ。。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月 4日 (水)

USJ 夜行バス

一度は行きたいと思っていた。
手持ちのポイントで引き換え可能だったのがUSJ入場券だった。

年内有効でそのうちにと思いながら冬になってしまった。

無職になってからは<夜行バス>を利用する。
殆ど眠れないけれど、今の処は耐えられる。。
(以前はポンポン新幹線に乗っていたけれど。。)

 

Img_8257

池袋のサンシャインからUSJ行きのバス。
隣の30代女性は席を間違えて座っていた。
違いますよ。で会話が始まり真夜中発なので、その後お互いが言葉を発することはなかった。

 

当然ながら車内は静か。
最近ではスマホの光が迷惑になると注意がでる。
あれは本当に強烈な光で迷惑なんだ。。

隣席がしきりに欠伸をしている。
完全に息を出しきる時に<サ行>の音が出る。
勢いがあるから”ア~ッ”に続いて”プシューッ”と空気ブレーキのような音。

 

Img_8259


なんでなんだろう。

ゆっくり吐き出す息の最後の何CCかを一気に排出したいのか。。

彼女は小一時間程 ”ア~。。フワーッ、ア~。。フワーッ”を繰り返した。
それが気になって仕方ない。

やっと止んだと思ったらさっさと夢の世界に入ってしまったようで、今度は右足がぐいぐいと伸びてきた。

窓に背を凭れ少し斜めに座っているからだが、押されるこちらはなんとも気持ち悪い。

不思議なものだ。
満員電車なら何も感じないのだが、これから長旅をする知らない人と体が触れ合うのはどうにもいやだ。
眠る状態に入るから警戒心が湧いてくるのだろうか。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月 3日 (火)

猫に見送られる

早朝に出かける。

向かいの庭から猫が出てきて、道路際にちょこんと座る。

 

”あらっ?あなたは。。”
確か角のアパートの野良猫だよな。。

”おはようさん!” とカメラを探したらエサを貰えると思ったのか数歩近づいてきた。

(いいの、いいの、来なくていいのよ。私にはお前の面倒を見る余裕はないから、あんまり仲良くもできないのヨ。。)

 

Img_7905

 

猫は逃げる気配はない。
何度か見かけて、”ミャアー、ミャアーッ!!”と声を掛けている私を覚えているのだろう。

私は”バイバイ!”と手を振りながら何度も振り返った。
猫も然り。

私が角を曲がりきるまで、私を見ていた。

視界から消える際に、大きくて手を振った私は満面の笑みを湛えているのに気付いた。

なんだか、見送られてとても幸せな気分だった。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月 2日 (月)

通販でサポーターを注文する

TVのCMで会社名を聞いて、あっ、これいいわ、ひとつ買ってみよう。
以前、腱鞘炎で病院の推奨するサポーターを購入したが、そのしっかりした作りを見て”真面目な会社だ。”と思った。

 

風呂に入ってから電話をしたら、別の会社名だったので、

”あれ、30分過ぎちゃったかしら。そのサプリメントでは無くて膝サポーターが欲しいんですが。。”

はい、現在サポーターとサプリメントの<セット>販売をしております。

ふむふむ。。

 

Img_8703

 

サポーターは具合をみてもう一枚買うかも。
いや、今二枚買おうかしら。。

 

オペレーターは、”先ずキャンペーンに登録して頂ければ二枚目も半額で買えます。”
よくよく聞いてみると、サプリメントとの抱き合わせで、一応、定期購入を申し込まなければいけない。

えー、定期購入って勝手に届くんですか?

はい、でも二回目から不要の場合はお電話で連絡を頂ければストップできます。

(う~ん、、メンドクセー。。)



オペレター嬢は愛想が良いので、二枚目の可能性を丁寧に説明してくれる。

でも、今二枚売ってくれない理由がいまいち分からなかった。
キャンペーンでは1枚のみが対象で、あくまで提携会社との<抱き合わせ>だから、定期購入にしない限り二枚目の半額は無いそうだ。

ふむふむ、そちらの理屈は分かるんだけど。。
そっか、私が友人の名前を借りればいいのか。。
でも、そんな事で隣人のデータを使うわけにはいかない。

気まぐれな私は ”あー、メンドクセー” とは思ったものの、このまま要りませんというのも悪いし、彼女は感じいいし、膝の痛みも酷くなったことだし。。

”長々と説明して頂いて申し訳ないけど、サポーターだけお願いします! あなたの売り上げに貢献できなくてコメンナサイネ。”

オペレーター嬢はけらけらと笑い、
”長々と聞いていただいて有難うございます!”

この<ナガナガ>の重複で大笑いした。

このサポーターは中々使い勝手が良い。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年12月 1日 (日)

水彩画 雲を描く

最近は先ずクロッキーの練習から始まる。

先生が用意した人形の写真、これを3分で描く。
続いてバラを2分で。



Img_8750

”このバラがどれだけ白いかを意識して!”


再びバラを3分間で彩度を意識して描く。
どんだけ白いかはその隣がどんだけ暗いかだ。

(すげえ練習だ。。難しい。。)

 

Img_8748

先生が用意した5枚のうちのどれでも好きなのを描く。
3名が同じ景色を選んだ。

”赤と黄と青の3色のみ使います。”

緑や他の色はこれらを組み合わせて作りなさいということ。

 

Img_8749

タッチが異なる3作品は別物のように見えた。
おもしろい。

Img_8773

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »