最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土)

電車の中 大男

大きな男が乗ってきた。
背丈は170センチくらいでに150キロ近い50代後半。

重さのせいか体調が悪いのかヨロヨロと向かいのドア付近に立った。

 

今までこんなに太った人は見たことがない。

彼の大きな尻をみてそのパンツは特注だろうなーと思った。
元力士かな?
いや、違うな。。力士だったらもっと綺麗に痩せる筈だ。


あの尻では二席分を占領するだろうなー。
座りたくても座れないだろうなー。

前の席のサラリーマンが立った。

巨体は細かく歩を進ませながら座ろうとしている。

 

Img_7682

 

エーッ、無理でしょ?

隣のサラリーマンは譲る気配はない。
(そりゃあそうだ。。)


男は座るつもりで向きを変えた。
(絶対無理よ。。)

 

ところが隣が少し動いただけで男は座った。
立っている人に遮られて着席の瞬間は見えなかったが、大きな影響はなかったようだ。
周りは彼に注目していた。

新橋で人がどっと下りた。
あの尻をどう縮めたのか、男はすっぽり椅子に嵌まっていて、私は上海雑技団の樽に体を折り畳んで入った男を思い出した。

人間の体って柔軟性があるんだ。
けど、あの方の顔色は良くなかったな。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年11月29日 (金)

太極拳の役員 

部長さんが電話をくれた。
何事かと思ったら先生の送別会での発言がきちんと伝わったかの確認。

 

”貴方、聞いてた? あれは送別会と<忘年会>も兼ねてるって事!”

はい、そのように仰ってましたよね。

(その時私は、ショボッ!と思ったのだ。予算が無いのか, 11月に忘年会もないだろうに。。)

”聞いてない人がいるのよ。”

”だったら、忘年会は有志が集まればいいじゃないですか?”

 

Img_8204



”そうよねえ。ところで貴方、来期の役員をやってくれるんですってね ありがとう。”

そう。。
Tリーダーに、”あなた、今期は仕事するからって言ってたけど仕事してないじゃない。” と指摘され押し付けられたのだ。
(仰る通りデス。。反論も出来ない。)


隣に座ったH子は部長を打診され、”私が部長をやるからアナタは副部長をやれば?”
H子とはウマが合うので拒否も出来ず、
”そうよ、そうよ” と外野の口出しで、あっという間に決まってしまった。

フクブチョウか。。

(水彩画で今年はフクブチョウになったけど、実際には何もしていないんだっけ。。)

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年11月28日 (木)

口を漱ぐ女

トイレの洗面台に二人並んだ。

手を洗っていたら隣の女史が妙な音をたてた。

所謂、”グチュ グチュ”と口を漱いだのだがそのスピードが凄いので奇妙な音が洩れ出て、思わず振り返ってしまった。

40代の小奇麗な長い髪の上品そうな女。
それが清ました顔して唸り声のような音を口中から発して鏡を見ていた。
軽快なリズムというよりはミキサーをウイ~ンと回したようだ。


Img_8116

 

よっぽど口にベッタリしたものが付いて気持ちが悪いのだろうか。
でもそれだったら、普通は歯を磨くよなあ。。

へえ。。

人ってわかんないんだなー。
無くて七癖。
旦那の前でもこんな凄まじい事をやっているのかしら。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年11月27日 (水)

エマヌエル 猫

毛糸を取り出して帽子を編む。
編み物は子供の頃の冬の楽しみだった。

クラスの女児は残り毛糸を集めて休み時間にせっせと編んでいた。
棒針で幅5センチほどの紐のようなマフラーを編んでいく。
でも、仕上げたマフラーを首に巻いていた人は居なかった。

田舎の子供の遊びなんてそんなもんだったが、お陰で編み物を覚えた。

 

Img_7701
Img_7700

 

ガシャガシャと音がする。

いつものようにトラヨが袋の中身を覗いているのだろう。
振り向いたら、大きな袋の真ん中を均して丸く納まっていた。

なんでだろう。。

その光景に<エマヌエル夫人の籐椅子>を思い出し、トラヨが ”エマヌエル夫人” に見えた。

あの気品と色気。
プティ エマヌエル。。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年11月26日 (火)

髪の色

間違いだった。。

喫茶店のお姉さんの髪色がきれいだったので同じ色に染めて見たが、こりゃあ間違いだったと気付いた。。

 

黒にも濃茶色にも飽きていたので素敵なお嬢さんが染めていた<アッシュグレイ>にしてみたのだ。

明るい色だから、これで顔の印象もやわらかくなるかしら。。

 

ところがである。

染料はこめかみや生え際から色が剥げてくる。
当然ながら伸びた部分から目立ってくる。


色が明るい分、以前にもまして薄汚れた白髪に見えて明るい印象と言うよりは老けて見えた。

ダメダ。。この色は私には合わない。。

Img_7830

 

一層の事、金髪や赤茶にしたほうが斬新だけれど。。
そこまでの勇気もない。。
やっぱりダークブラウンに変更しよう。。

 

80歳過ぎた母は髪の手入れをよくしていた。
或る日帰省したら、染料が剥げて赤茶けていたパサパサの髪が真っ黒になっていた。


大正生まれの彼女には染めると言ったらそれは<黒髪>なのだ。

パーマで傷んで艶の無い木綿のような黒に、姉と一緒に大笑いしたものだ。


あの時、ダークブラウンを勧めれば良かった。。

本人は至って冷静で内心は若返った気分で嬉しそうにしていたが、私には滑稽にも思えたけれど幾つになっても<見てくれ>を気にする母が好きだった。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年11月25日 (月)

太極拳 今後の方針

先生が去って第一回目の練習。

ラジオ体操から始まったが、それが第二体操だったので皆はうろ覚え。
あれ?どうだっけ?
とバラバラに体を動かして笑うっきゃなかった。

1時間の練習後にお茶をしながら<今後>の方針を話し合うことになった。

 

部長が説明する。
リーダーのT女史は準師範でリウマチを患っている。お陰で師範の道を断念した。
彼女を中心に<同好会>として継続しようという事になっていたが、彼女は健康に自信がない。
自分ひとりではとても責任を全うできるかどうか分からないと言う。

”痛いんだよ。知ってる? リュウマチは動かすと痛いんだよ。”

 

Img_7130



そこで二名の候補の先生の話になった。
要点は指導代。

現在の<相場>を説明してくれた。(月謝+盆暮れの支払い)
この地域の人だったら交通費がかからないから良い。

A子は(裕福で)金に頓着しないので今までより少ない金額で可能だろう。

B子だったらこれまでの倍の金額になるだろう。
”だって師範を取るのにカネ掛かってんだよ。今はバイトだって時給1000円は稼ぐだろう?”

どうしよっか。。

お茶を飲みながらあちらこちらで関係ない話が盛り上がっていたが、最後に部長が、
”それでは、とりあえず年内はTリーダーに全員が協力してやってみましょう。そしてその時に状況を見て決めましょう。”

それがいい、それがいい ! 
と、結局一番無難な方針に決まった。

そうよねえ。
誰だって経済的にも現状維持でいきたいのよ。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年11月24日 (日)

イボのそうだん

足のデンキ・マッサージを終えて清算を待っていた。
ふと”皮膚科”の文字が見えた。
(最近、皮膚科も開設したんだ。。)


そこで先生にイボを見て貰う。
気が付いたら首周りと体に出来ていて、年に数回の垢すりでは変化がない。

 

先生はそれを見るなり本を開いて、”これですね。”
角質扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)。

”へえ。。この字、ユウゼイと読むんですか、知りませんでした。。。”

ボクも知りませんでした。。

(おもろい先生。)

 

Img_687111

 

昔、よく太陽を浴びていた。。
30代の頃に首に出来て、当時の医者には ”お肌の老化現象です!”と言われた。

それからずーっと忘れていて、ここ数年また気になりだした。

 

”出たものは取れません!”。 とズバリ先生に言われた。
”専門医院で液体窒素か麻酔をかけて切り取るかです。”
”原因は遺伝もあるようです。”

 

XXジェルで取れるってCMが気になるんですけど。。あれって。。

”ああ、韓流ドラマの間のCMでしょ? ボクはXXXません。”

 

”センセ、私の母は白くてとてもきれいな肌だったんですう。。” 
(私は症状に関係ない事を喋ってるなあーと思いつつ。)

 

そんな無意味な私の言葉に先生は少しイラっとして、
”お母様にだっているでしょう。その上の世代やおじさんとか。。”
(そうよ、過去なんてどうでも良いこと。。問題は<今>なのよ。。)

結局、ヨクイニンがどれだけの予防になるかは保障の限りではないがと処方箋を呉れた。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年11月23日 (土)

ひまわりとグレゴリオ

猫が ”ギャッ!” 鳴いた。

トラヨ?
いや、とらよは私の隣で寝て居る。

誰かしら?
ベランダに出たら、塀の上にひまわりがいた。
彼女が出入りする窓の外。

”あら、どうしたの? 入れないのお~?”

 

Img_7754

 

そして、数日後に再び猫の叫び声。
同じ猫がこちらを見上げていた。

暫く見ていてハタと気がついた。

違う!

これは<ひまわり>ちゃんじゃあ無くて<グレゴリオ>だ!

 

二匹は似ているもんだから混同したのだ。。。

ひまわりはグレゴリオに追いかけられて家に逃げ込んだんだ。
グレゴリオは成す統べなくじっと佇んでいる。

ふう~ん。。
ストーカーか。
ひまわりに恋をしたんだわ。。

 

その数日後にまたまたヒステリックな叫び声がした。
あら。。
今度は茶トラで赤い首輪をしている。
これは 何処の猫だろう。
ふむふむ。。グレゴリオの強敵だわ。。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年11月22日 (金)

水彩画仲間の墨彩画展覧会

上野の東京美術館。

多くの展覧会が開催されていた。
しまった、友人の展覧会名を忘れてしまった。

どれだっけ ? これだっけ?
3か所回ってやっと辿り着いた。

30分程で見学終了したので、ついでに隣も見てみよう。
2か所が<有料>で4か所が無料。

そっか。。有料もあるんだ。。
ところがそんな事はすっかり忘れて、こんにちわ!と入場しようとしたら声を掛けられた。

”XX歳以上でらっしゃいますか?”
”ハイ!”
でも、身分証明書を携帯していなかったので、あらっ。。
以前、同じ状況で誕生日の自己申告で入場したことがあった。
それを申し上げたのと同時に ”どうぞ、どうぞ。”と笑顔で入場を促された。

Img_7213

 

 

変な気分だ。
年相応に見られたことが嬉しいやら、ちょっぴり寂しいやら。
お陰で無料で入場できたというのに、女心は複雑なのだ。

とんとん拍子に全ての展覧会を見られる筈だったが、階下の有料では身分証明書を忘れたと言ったらけんもほろろに無視された。
その受付女はくたびれたスーツの50代で出展者の一人だろう。
無視されたら次の段階に進めないから、そこで拒絶されたということだ。


会場はがらがら。
私がその年齢を超えているのは承知していて、ルールに則って拒絶したわけだ。
ルールはルールだけれど、先刻の会場では笑顔で許可してくれたので、私の勝手ではあるけれど、
”なにさ、作品は多くの人に見てほしいもんじゃあないの?” と心でどつく。

Img_7228

 

水彩画教室に最近入ったB子も出展していると聞いた。
A子の作品は毎回スタイルが異なるのが意外で面白い。B子のも見つけた。蓮の花の大作である。
ふむふむ。。B子はこんな絵を描くのか。


後日、先生とその話をして愕然とした。
B子の名前を私は勘違いしていたのだ。ヤマモトをムラオカと勘違いしていた。
蓮の花は別人の作で、B子のは私の記憶に残ってなかった。

先生と二人だけだったので私は恥をかかずに済んだが大笑いだった。
(ホント、ドジなんだから。。)

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年11月21日 (木)

年賀状の印刷

そっか。。

もうこんな時期か。。
写真屋に<年賀状印刷>と大きく幟が立って数種類の申込書が並んでいた。
さあ今年はどんなだろう。。

来年は<子歳>か。。
ネズミのイラストをみながら、ネ、ウシ、トラ、ウ、

トラ?

 

Img_0842

 

そうだ。
前の寅年には<トラヨとトラ吉>親子の年賀状を作ったんだっけ。
トラヨは丑年の7月に出産したから、本人はその前の子年生まれということになる。

そっか。。
トラヨは干支を一巡したんだ。。
来年は13歳か。。

こんなメデタイ事はない。
ようし! 
来年は豪華な<ねこーおせち>を用意してあげませう。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年11月20日 (水)

久しぶりに怒った日

太極拳のイベント終了後に13名でレストランに入る。
当初、7名と6名で離れた場所を呈示されたが、直ぐにテーブルをくっつけて一つにまとめてくれた。
これが却って面倒なことになった。

大勢のシニアーに店側は喜ぶどころか迷惑そうな感じだった。

 

店長らしき太った40代、脂ぎって髪が汚れてそうな男がお茶をテーブルに置き始めた。
5杯目を置いたころに、”本日のメニューは何ですか?”と尋ねた。

冴えない印象の店長は答えなかった。
”チョット。。”

今、作業をしているのだから話しかけるなという感じで無視された。
別に質問が集中したわけじゃあないのに、なんで言葉が出てこないの?
度忘れしたなら、少々お待ちくださいとか言えないのかしら?

 

そして大きな声で、
”はい、は~い、皆にねー聞かれる前に言っておきますねー。 トイレは店を出て右で~す。ドリンクはフリーであちらで~す。注文は後で取りに来ま~す。”

まるで幼稚園児に、黙って聞け!と言っているようだった。

我々シニアーに対してそんな物言いはないだろう。未だ痴呆はいないのに。。。
我々全員がバカにされたようで、怒りが込み上げてきた。

”なに、アレ? 我々をバカにしているわ。なんて失礼な!!” 


先輩が ”まあ、まあ、まあ。。”と言い、数分後に”味噌カツ定食だって!”と本日のメニューをわざわざ確認してくれた。

そうだ、店長は私の質問を無視したままだ。
(私も怒りで忘れていた。)


こんなに失礼で回転の遅い人が店長か。
13名の元気なババアにパニックになったか。。

 

 

Img_7851

 

直ぐにトイレに行った数名が注文を言い残していった。
それを書き留める人も要領が悪かった。
こういう時は<誰か>が<まとめ役>になるものらしい。
この時点で対象外は黙ってれば良いのに復唱したり自分のを言ったりするので、じれったいほどもたもたしていた。


数分後に店長が注文を取りに来た時は全員が揃っていた。
(なあんだ。。これで一人ずつ言えば済む。あのドタバタは無用だった。)
ところがメモした人が代読を始めてそれに本人たちがガヤガヤと口を挟む。自分の注文が終わっても他人のメニューの確認までする。

当人が目の前にいるのに何で代読するんだ。。
(なんでこんなにガヤガヤするんだ。。)

Img_5888



飲み物がフリーなのでコーヒーを飲もうと思ったら、数名がさっさと上着を着始めた。
”えっ、もう帰るの?”
家路をそんなに急ぐ理由があるの? 

全員が同じバスで帰宅するのに、そわそわ、そわそわ。先に帰りたい人はさっさ退出すればよいのだが、一人で帰る気もない。
ただ周りを急かせる。
究極のKYだなあ。


落ち着いてコーヒーを飲みたい仲間への配慮が全く見られない。
自分勝手。。
5-10分のコーヒーを楽しむ余裕さえ無いんだ。。

さて、支払いの段になった。
一人づつ払えばよいものを、テーブルに置かれた小銭から<釣銭>を取って、”じゃ、お願いね。私、XX御膳よ。”
おいおい、頼まれた方は他人のメニューまで言わされるのか。
残したごみは勝手に処分してね、と言われたようだ。

何なんだ ?
どうしてこんなに<せっかち>なんだ。
自分の事だけをさっさと済ませても、過ごす時間は同じなのに何をそんなに焦るんだ ?

結局、店長が嫌っていたのはシニアーのこの<せっかち>と<もたもた感>と<人の話を聞かない>で<自分勝手>なとこなんだろうなあ。

恐るべしシニアー。
気をつけようっと。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年11月19日 (火)

猫に布団の半分をとられる

トラヨはいつも枕の傍に寝る。

おまけに私に尻を向けて寝る。


私は<安全な人>だから、入り口に頭を向けるのだろうか。。
(いや、そこまで考えているとは思えないけど。)

”ワタシにシリを向けるな!”と何度も尻尾を跳ね返すが、脚で頬を突かれたり、尻尾で顔を撫でられたり首に巻き付いたり。

”トラヨちゃん! やめてくれる?” 
思わず笑ってしまう。

 

Img_5131

 

朝になって気が付いた。

えーっ、あなた半分を占領しているじゃない。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年11月18日 (月)

同窓会 不登校の娘

年に一度の旧職場の仲間とのランチ。
現在もその会社に残っているのは1名のみ。

話しているうちに昨年の話を思い出す。
同じ内容ってことは、彼らの家の事情は好転していないのか。。

 

A子の義母が自宅の風呂場で亡くなった。家族もいたので解剖された。

B子の傲慢で金持ちの義父はとうとう施設に入ったが、そこでも我儘で威張り散らしているので、嫁は月に一度は挨拶に行く。
自分の身の回りの事が出来ない義妹も施設に入った。

C子は病の義兄の精神不安定・暴言に振り回され、一昨年に二世帯住宅から引っ越しをしていた。そしてこの夏に義父が他界したが、義兄の狂気で義母にも促されて家族は葬儀に参列できなかった。義兄に何をされるか分からないと身の危険を感じたそうだ。

 

Img_7157


まあ。。なんてことでしょう。。
義兄は弟夫婦が妬ましい。
どうして自分だけが病気でこんな目にあうんだ。。
全て周りが悪いと攻撃することで欝憤を晴らしている。
可哀想だとは思うけれど、自分の感情をコントロールできなくなるとこうなってしまうのか。。。

 

帰りの電車でC子がぼそりと言った。
中学の娘が ”自律神経XXXX症”とやらで朝起きられない。
不登校状態。

えっ、それって ”いじめ?”

”それがね、虐められてはいないんだけれど、<虐める方>がそのグループに入るように強制する。” というのだ。
それで体調を崩し拒絶反応を起こしたようだ。
それもいじめと同じこと。
(まあだ、虐めをする低俗な子供がいるんだ。。そうだ、先生にも居たっけ。。)

医者や先生と相談はしていて、医者からは”兎に角、思いつめないようにひとりにしないでください!”

淡々と語る友人に、親はちゃんとしていても環境が悪いとどうしようも無いんだなと思った。
”今は学校なんか行かなくたって勉強できる施設があるのよね。”
こんな事しか言えなかった。

いつも話が噛み合わないノー天気のD子、”ホノルル マラソンに参加します!” が唯一明るい話題だった。

 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年11月17日 (日)

宮崎へ移住した友人

"元気だったぁ?”
約一年ぶりの友人は真っ赤なワンピースで颯爽とやってきた。

相変わらず恰好いい。

 

5月の集まりを私の体調不良でキャンセルしたら、あれよあれよと言う間に会が流れてしまった経緯があった。
じゃあ別の機会にと言いつつ時は流れ、7月に ”ロンドンに遊びに来ました!” と絵ハガキが届いた。


へえ。。仕事を辞めてロンドン見物か。優雅だねエ。。

 

Img_3258

 

”仕事は順調そうだったのになんで辞めたの?”

”実は九州に移住したんです。”

はっ? イジュウ ???

そんな話は全く聞いていなかったので驚いた。

どーゆーこと??

”彼と一緒に移住です。。”
彼氏? 
そんな話は聞いたこともなかったし、なんで彼とイジュウなんだ?
次の言葉を待つ。

そもそも彼氏は移住を決めていて、それに彼女が便乗した。
ところが、”ここに私は住めない。”と気付いて2週間で東京に舞い戻った。
移住を取りやめたのだ。

ふむふむ。。
よくある話だ。
ロマンがあって、現実がそのロマンを冷たく包み込んで凍らせて粉砕する。。
私の頭は何をどう想像して良いのか分からず、まるで絵本のページをゆっくり捲るように話に耳を傾けた。


好きな彼について行くという決断は素晴らしい。
ここでは暮らせないと気付いて戻ってきたのは英断だ。
反省や後悔や未練などの湿っぽさはない。
多分、彼女も必死にそれらを撥ね退けていたのだろう。

選んだ道を進んだ彼女はえらい。
それが計画通りにいかなくたって一歩を踏み出した行動力は称えるべき。
尤も、世界中を動き回っている人だから、そんな事はヘでもないのだろう。
これを<挫折>と呼ぶなら、私は大先輩にあたる。
人生は挫折の繰り返しだった。

 

その二週間の二人の心理の推移を尋ねた。
彼の方から<不安>が出てきたそうだ。
彼の友人が、”オマエ、仕事も無いのに彼女を食わせていけるのか?”

彼女は端から自分のカネで生活するつもりでいたのに、相手が<生活>と言う現実に縛られ始めた。



”アータ、それってフツウは女の方が先に考えることだけどねぇ。” 
ここで我々は大いに笑った。
(そうそう、そうやって笑ってればいいのよ。)
本人だって少なからず落ち込んでいた筈だが、私は笑いを引き出すことくらいしかできない。

”でも、なんで教えて呉れなかったの? 遊びに行ったのに!”

”だから、イジュウだからいつでも呼べると思ったんです。。”

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

 

2019年11月16日 (土)

貝がいなくなった

金魚の水を替える際は先ず貝を3個移動する。
間違って潰してはいけない。。

新しい水に戻した時、ひとつが変だった。

ホワイトラムズホーンの殻に赤い身が見えない。
中心は黒いんだけど。。
どうしたのかしら。。

 

Img_6924

 

暫く水につけて上げたら、ドロッとした緑色の糸のようなものが流れ出た。
手に取ったら強烈な腐臭がして、それは暫く指から消えなかった。

 

これって身 ?
赤い肉質は死んだらこんな色になるんだ。。

トラは皮を残し、貝は殻を残すか。。


残った貝殻をしみじみと見つめる。
あらためて、藻がついた貝殻のフォルムってこんなに美しいんだ。。


エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年11月15日 (金)

夢で友人に会う

朝ごはんを食べながら唐突に、上下瞼に銀色のアイシャドウを塗った顔が浮かんだ。

誰だ? このシャドウ。。
最近こんな人に会ったっけ?

そんなメークはヤマンバ以来だから、最近会った人ではないよなあ。。

 

そうだ。。

昨夜見た夢の相手だ。
10年以上も消息の分からない友人。

私はボランティアで大きな公園で清掃をしていた。
水を汲んで建物を出ようとしたら、入り口に3人が居た。
女性二人はオレンジ色のつなぎを着て、ひとりがもう一人を持ち上げて風車のように回転させ無事に着地させて全員がげらげら笑っていた。

 

Img_7274

 

その<力持ち>の女性が私が逢いたい人で、”あらーっ!!!”と私は驚いた。

彼女はウエーブがかったショートで茶髪。
20代のような若い肌で、こんなに顔が丸かったっけと思うほど真ん丸でにこやかに笑っていた。

私は大喜びで彼女も笑っていたけれど、会話は全く無かった。

その大きな顔の上下の瞼に銀色のシャドウがよく似合っていた。

 

笑っていたから、とうとう結婚でもしたのかな。。
タミーさん、おめでとう!

 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年11月14日 (木)

銀座でマロニエの実を拾う

東京と有楽町の中間でランチをした。
店を出る。
コーヒーでも飲みましょう。

”さあ、どちらへ行きましょうか?”

”左へ行けば東京駅、右は国際フォーラムの有楽町で、銀座は近いですよ。。”

友人は誘導が実に上手い。
<ギンザ>の響きは魅力的だ。

 

国際フォーラム辺り。
そうだ、夏にここへ来たんだっけ。。

ふと、足元にマロニエの実が転がっていた。

そうだ。。

マロニエの木は多いのに街中で実を見つけたのは初めてだ。

 

Img_7940

 

栗に似た実。
(これって。。たべられ無いんだけど、茹でたらどんなかしら。。)

 

そうよ。。
これより一回り大きくて扁平の実をユカタン半島で買った。
ピラミッドの入り口の露店で、ビニール袋に沢山入っていた。

その時はマロニエと気付かなかったが、”これはなあに?”
”体の悪い部分に当てるんだよ。。”

へえ。。
中国の石のようにこの実にもそんな効能があるのか。。
握っていると気が落ち着いてくる気がした。

あれはハッタリだったと気付いたが、その実を握っていると私の悪い気が吸い取られていくようだった。


トラヨちゃん、これはあなたの分としましょうね。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年11月13日 (水)

クラス仲間の名前が覚えられない

”先生のアトリエの展覧会が明日からあるの。”

水彩画教室にも参加している5名が出展する。

じゃあ、折角だから見に行こう。。

 

20畳ほどのギャレリーの中央で6名がお茶を飲んでいた。
二名は当番で、訪問した3名も同じクラスなので全員が顔見知り。
私も座れと促された。

お団子を出された。
手ぶらで行ったので恐縮していたら、”3名からの差し入れよ。”

 

Img_6771_20191102105301

先生は座ったままでいくつかの作品を我々に説明してくれる。
クアラルンプールのシンボリックな建物に絡む竜の絵では、
”遠くから見ると竜が掴んでいる<玉>が良く分からないでしょう ?”

お花畑の土偶の絵は、”楽しそうでしょ?”

そっか。。
先生なりに教えたいポイントがあるのだろうけれど、楽しく描く<趣味の世界>だから皆自分の思った通りに描く。こればっかりは本人の好みで<個性>ということになるのだろう。
仲間の絵は模写が多かった。

”これはXXさん、あれは○○さんのよ。”

そう名前を聞いても顔が浮かんでこない。。
こんなに物覚えが悪かったっけと思うほど、どのサークルも人名を覚えられない。
そもそも端から覚える気も無く、友人付き合いも求めていないので、脳が拒絶するのか、それとも単に加齢で記憶力が低下したか。。

 

Img_6779

 

水彩画、油絵、パステル、そして一番印象に残った貼り絵。
”和紙でこんなに強い色が出るんだ。。これ、和紙の上から色を塗ったんですかねエ?”

”いやいや、ぜえ~んぶ和紙だよ。 この作家は海外で売れてるらしいよ。”

へえ。。
目がぱっちりした美人が片手を頭の後ろに回し、妖艶な微笑でこちらを見ている。隅には華やかなバラの花束。

このポーズが実家にあった美人画を思い出させた。
ずっーとモデルは叔母だと信じていたけれど、今、はたと気が付いた。
あれは。。
叔母じゃあないっか。。ヌードだから。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年11月12日 (火)

太極拳 退任される先生の送別会

ご高齢の先生がとうとう退任することになった。
当初は9月の予定が発表会や学園祭で2か月伸びた。

最後のクラスは30分で切り上げて、食事会となった。

感謝を込めて何か差し上げたいと思ったが、却って気を遣わせるだろうし他のメンバーとの兼ね合いもある。
(メンドクセー。)

 

Img_7465



そこで先生の似顔絵を描く。

”帽子を被せたら20歳若くなっちゃった!” と仲間に言ったら、
”それでいいのよ!”

この2年3か月はあっという間だった。

先生、有難うございました。
太極拳の基本は ”健康、和合、友好”。
私は十分楽しませてもらいました。



エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年11月11日 (月)

奉祝パレード

もう二度と見られないだろうからひとりで行こうと思っていた。
先月一緒に行く筈の友人が朝に連絡を呉れたので, 予定より早く家を出た。

 

道は繋がっているからぶらぶらと適所を探せるだろうと簡単に思っていたが、それは間違いで検問所を通ればそこの指定された区域にしか入れない。こうやって人の<流れ>を食い止めている。
そして一度その場所から離れてトイレにでも行ったら再度検査を受けなければいけない。


へえ。。
そっか入場券があるわけでもないし、人が他所に動いてしまったら安全性を把握できない。
この荷物検査に1時間かかり、チェックは想像以上に徹底していた。

 

Img_7981

 

あの”相棒”の警視庁はどこかしら。。
自分がどの場所に居るんだかわからない。官公庁が並んでいるけれど大きな看板が出ている訳でもないので、正門まで行って初めてあーあーここがーと言うことになる。


検査を終えて国会議事堂側へ向かう。
座って目の前のビルを見上げたら警視庁だった。
なんだ我々は1時間も警視庁脇で並んでいたんだ。。

 

足を延ばして道路に後向きに座っていたら、小太りの40代女性二名が我々の前に立ちはだかるようにやってきた。
あれっ何だろう。。と思ったら、”ここ、いいですか?”
良いも何も好きな所にぱっと座ってしまえばよい事だ。
向かい合った形のままお喋りが始まる。
暫くしたらひとりが鼻にチューブを入れていた。”検査が大変だったんです。この<酸素>で。。”

まあ。。
こんなもんまで持参して、大変だったわねえ。

 

Img_8060



二列目で3時間待つ。
この間、両隣ともお喋りが始まる。

警察官が ”ダイジョウブですよ! ちゃんと見られますから。”

そのうちに警察官が等間隔に立ち、目つき鋭く観客をずーっと凝視している。
凄いなあ。。
目つきが悪い男たちは案外優しい声で ”押さないで下さい!手には旗とカメラ、スマホだけです。両手を開いて見せて下さい。ポケットに手を入れたりすると声をかけられますよ!”
不審な動きをしたら飛び掛かるという事だ。

<警備犬>が何度も往復している。
ケイビ? そっか。。麻薬犬じゃあなくて警備か。
それって不審者に飛び掛かる犬だわ。。



パレード開始の1時間前に全員が立たされる。(なんでえ?立ってるのがしんどいんだけど。。)
この区域に満杯に人を入れるためだ。
お茶を茶筒に移し替えるときにトントンと軽く叩いて押し込むようなものだ。
数センチでも進んで隙間から行列を見たい心理で後方からジワリと押された。

Img_8034

この間、隣の80歳近いおばさまが出かけたきり帰って来ない。彼女の残した新聞紙とお茶とハンカチは小さく畳まれた。
”もう、こうなったら 自分の席に戻れないんじゃあなあい。”
こんな話をしているうちにおばさまは ”どんな方でしたっけ?”。


ところが誰もはっきり彼女の事を覚えていなかった。
席を外すからと言われた隣人も同様にその婦人をよく覚えていなかった。

結局、40分後に無事に戻ってきたが、ズボンは薄いブルーだと思っていたら白、上着は茶色ではなくジーンズ地の水色だった。
たまたま顔をちらりと見ていて、随分と化粧っ気が無く陽に焼けてシミの多い肌だなー、と子供の頃に野菜を売りに来ていたおばちゃんを思い出していたので、”あ、この人だ。。”
人の記憶なんて曖昧なんだ。

 

Img_8038_20191111024501

15分前に桜田門前の音楽隊が2-3曲演奏し、3時過ぎに再度演奏が始まった。
いよいよだ。
先導車に続き自衛隊・警察などの制服組が続く。
(誰だろ。。)
ふと見れば ”あっ、管さんだ!”
次の車を覗いたが分からなかったら、誰かが ”アベさんだよ!”
数台後に赤い皇室旗が見えて皇后陛下が手を振っている。
一瞬、笑顔が泣いているように見えた。

 

4時間待って5-6秒か。。
車列はもっとゆっくり進むんだと思っていた。。。

後方の人々は拝見できたかしら。。でも、一目でも見られただけで祝賀ムードに酔いしれ、皆笑顔で満足そうだった。

愉快だったのはそれから一斉に写真チェックが始まった事。
お互いのを見せ合い、”あら、よく撮れているわ! それ、撮らせて!”
動画の画像を静止して10名ほどがそれを携帯で撮影するコピータイムが続いた。

ほんの5秒でも喜びの5秒だった。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年11月10日 (日)

ミサンガを貰った

年賀状のやり取りだけになった元同僚がいる。
体が段々と動かなくなる難病にかかって退社した。

休職の一年後に車椅子で挨拶に来た時、我々は絶句した。
病状を伝え聞いても実際に見るまでは他人は実感できない。

 

休職に入る数か月前に彼女が ”週末はずーっと泣いていたの。。夫と。。”
と悲しそうに言ったのを思い出す。
体の不調は全く感じられなかったが、私は”なぜ?”と発することが出来なかった。


なんだか透明な悲しみが彼女を包んでいるようだったから。

 

IMG_6694 

 

昨年は九州へ一人で旅行したというから体調は安定しているのだろう。

 

年賀状を頂く度に文字はひん曲がっていった。
今年の暑中見舞いの返信はとうとうパソコンになってしまったが、前向きに人生を楽しんでいると書かれてあった。
最近飼い始めた<まるちゃん>の写真を送って来たので、どれどれと絵にした。
お守りと一緒に送ったら、”車椅子にぶら下げてあるお守りと交換します。” と礼状が届いた。
(そっか。。あげていたんだっけ。。)

 

Img_7824

 

黄色いミサンガが同封されていた。

”指を動かすのはリハビリにいいんです。”

その細かい網目を見ていたら私が癒されていくようだった。。


エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年11月 9日 (土)

臨床美術 きのこ

アルミの針金で軸と傘を作る。

先ず新聞紙を何重にも巻いて軸を作り和紙を貼る。

Img_7505_20191025152301

 

次に延長部分で傘を形づくり、こちらにも新聞紙を数回重ねる。
そして和紙をちぎって貼り付ける。

軸の下にマグネットを付けて和紙で包む。

 

Img_7513

 

バランスが良ければ、キノコが金属の盆に立つ。

Img_7541

 

お茶を飲んだあとで先生が、”和紙を持ち帰って下さい。”

あら? 誰も持っていかないの。。

Img_7522

 

翌朝、割り箸やアイスの棒を芯にして、どうしてこんなものが手元にあるのか分からないバネを伸ばして傘にした。


一時間で5本のキノコが出来た。

 

Img_7552

 

単純作業が好きなので材料があればもっともっと作っただろう。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年11月 8日 (金)

曼殊沙華

この夏は暑さで昼はあまり外出しなかった。
9月の終わりに公園の曼殊沙華が咲いているのを見てとても驚いた。


えっ? 咲いているの?

 

私の曼殊沙華は芽も出ていなかった。
なんで?
日当たりが悪いわけじゃあないのに。。

Img_6791

 

思えば宮崎から貰ってきて根を張った頃に、引っ越しでまた根を傷めてしまった。
幸い貰ってくれた先ではちゃんと咲いた。

だから鉢植えで二年は咲かないことに疑問を抱かなかったが、今年は楽しみにしていたのに一厘も咲かなかった。


そして巷では曼殊沙華が咲き揃っているのに気づかなかった自分に唖然とした。

私は一体何を見て街を歩いていたのだろう。。

世間のペースよりだいぶ遅れてやっと数個の葉が伸びてきた。
水を上げすぎてダメにしたシンピジウムのように半分以上が溶けてしまったのかしら。

全てが遅い。
ボーっと生きているんだわねえ。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年11月 7日 (木)

太極拳 大学祭

そもそも先生の奥方のご縁でこの大学祭に参加している。
先生は今月引退だから来年からは参加できるかどうか分からない。

今年も見知った人々が集まった。

ボスからは”記念写真を撮ってね!”と頼まれていた。

Img_7898

 

 

練功十八法、気功八段錦、楊名時24式、気功太極十五勢、木欄拳、不老拳、そして最後に芝の上で全員の百花拳。プロの先生たちの気功は漂う気が見える様だ。

 

我々の演舞は24式。
最前列の先生はちと早かったが、生徒はそれを無視していつものペースで続けた。

 

Img_7879



昨年もそうだったが午後の部はフラダンスから始まる。
5組程が練習をあちらこちらで開始していた。
格好いいなあ。。
昨年よりも増えたかしら。。

”あれは学生さんかしら?”

そうじゃなあい、学生さんよ。。

 

でも彼女たちに近づくに連れ、”違うよ、トシ行っているよアレ!”

シニアーの我々がそんな事を言うのは可笑しいけれど、フラの連中はこちらの平均年齢よりは20歳は若いようだ。

ブースには美味しいものが並んでいたが、我々は駅前で打ち上げランチがあるから買うに買えない。
たまたまベトナム料理のブースをカメラに収めようとしたら、あれよあれよと言う間に美女たちが集まってきた。
いい笑顔だ。

 

Img_7887

 

結局、先生との最後の全員写真がないまま全ての演目が終わってしまったので、ボスに尋ねる。

”記念写真はどうしましょうか?”

皆、コートを羽織り着替えてしまった者もいた。


ボスは ”もうええわ。先生もそれ何処じゃあないみたいだし。。”

何だ。。すべて成り行きまかせか。。
状況に合わせて考えがころころ変わる。

所詮人生もそんなもんかもしれない。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

 

2019年11月 6日 (水)

盆踊り教室 500円の浴衣

あの人、500円の浴衣を買ったそうよ。。

”えっ? 500円 !”

大売り出しで500円で買ったらしい。

 

そのA子に店を教えて欲しかったが、生憎ひと月もクラスを休んでいた。

やっと捕まえて<500円の浴衣>を尋ねた。

”えっ? そんな事言ってないですよ。”

A子は私が先日行った店でいつも買うそうで、
”500円の布地なんて有り得ないですよ。あの店は反物が6千円から1万円以上しますよ。”

 

Img_6373_20191025150501

 

そこで<500円浴衣>は一体誰なんだということになり、赤い浴衣のB子じゃないかと言う事で意見が落ち着いた。

私が反物を買いに行った日にたまたまB子と電車で一緒になったが ”500円” には反応していなかった。

赤い浴衣がえらく安かったと言っていたが、”あの赤いのは抽象柄で目立ちますねえ。”と言ったら、

”そう、私、目立ちたいのよ!!” 

はっきり答えたB子はカッコよかった。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年11月 5日 (火)

失恋の度に電話を呉れる人

5-6年振りに知人が電話を呉れたのは数か月前だった。
20年来の知人で、あえて友人と呼ばないのはそんなに付き合ったことが無いから。

そして今また電話をくれた。

話しながら気がついた。

そっか。。彼女は失恋すると私を思い出すんだ。。

彼女は50歳で結婚がしたくてたまらない。

 

Img_6322

少しづつ前回の話を思い出す。

見合いの相手を気に入っていたのに上手くいかずに断られたが、彼女は未練たらたらだったっけ。。

 

今回は業者の紹介だった。


”ワタシ、お見合いをしまくっています!”
(いいんじゃあないの。どんどんしなさいよ。)
偶然の出会いを夢見る時間の余裕はもうない。

彼との出会った印象や会話をぺらぺらと話し出した。
胸に溜まったものを一気に吐き出している。
こういう時はひたすら聞くしかない。

ふむふむ。。
相手は52歳の離婚経験者。関西出身でお喋りは楽しいようだ。
ボディータッチが増えてきて、それが引っかかり友人に話すと全員が ”そんなオトコはやめなさい!”

ふうーーん。。
”それって何回目のデートなの?”

”3回目です。”

”あら、それだったらフツーよ。”

エーッ!と驚く彼女。

”あなたね、考えてもごらんなさい。向こうもケッコンを意識している訳でしょ? 彼は至って健康な成人男子よ。貴方の魅力に引きずられたと思いなさいよ。”

私の意見は大半の女性と異なるようで彼女は呆れていたが、

”そういえば前回、アンヘラに言われた事が凄く印象に残っているんです。。”

ワタシ、なんて言ったっけ?

『アナタ、免疫がないのねえ。。』

 

(そんな下品な事を言ったっけ?)


失恋した人に言う私の決まり文句は、
”落ち込まないのよ、ダイジョウブ! 男は星の数程いるんだから。絶対に巡り会えますよ! 心底求めれば得られるわよ。。”


斡旋業者と契約する際には釘をさされるそうだ。
<個人的にそういう関係を結んではいけません。>

へえ。。
そんなのがあるんだ。。それって自己責任の範疇だろうに、そんな事まで言われるんだ。。
多分ケッコンに到らなかった時に女は損したと思うのだろうな。

めんどくさー。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年11月 4日 (月)

小指を噛む

”痛っ!”
小指の第二関節の皮がむけている。

あれっ、何したっけ。。こんなところ。。

 

思い出した。
夜中にここが痒くなって猫が体をなめては噛み噛みするように前歯で掻いたのだ。

たまに指先を蚊に刺されて指ではうまく掻けず、余りの痒みに歯ですることがある。

小指をグルグル咥えて、第一関節が随分と太くなっているなあーと感じた。

 

Img_7500

 

高校の頃から右手の小指の先が内側に傾いていて、私はその傾斜が好きだった。

”この指がね、色っぽくてね、好きなのよ。。”

ところが数年前にそれは<加齢>によってできる関節変形症だと聞いた時、頭を殴られた気分だった。

えーっ!!
私の青春、このカワイイ小指が変形症だったの ?

 

それにしても皮が剥けるほど前歯で掻いていたなんて。
しみじみと指を見る。
節々の皮膚は梅干しを貼り付けたようで、関節は完全に膨れ上がっている。
いつの間にこんなにごっつくなったのかしら。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年11月 3日 (日)

ベッドで朝ごはんを食べる習慣

映画で何度か見るシーン。

起き抜けに顔も洗わずベッドで朝食を摂るなんて、私にはちっとも素敵に思えない。

 

病気じゃあないんだから。。
背中の位置が決まらず食べずらいし、パン屑がボロボロ布団に落ちる。。

 

嘗て、ブエノスアイレスでと或るマンションを訪ねた。
<住み込み女中>募集を聞きつけた友人が私の仕事探しを始めたのだ。
其処は高級住宅街の一角だったが、私にはごく普通のマンションに見えた。

”日本人だから日本食に中華もたべられるわねえ。。” と友人はテキトーに話していた。

Img_9926

そこには10代の娘が風邪だったかでベッドに寝ていて、丁度朝食が運ばれてきた。

彼女の背中に大きなぬいぐるみが嵌められた。
これで背中を固定した。

 

それがテディーベア―だったかミニーだったか。。
ディズニーのキャラクターだった。
”あ、こうやって使うんだ。。”
脚の付いた膳でくっと足を押さえる。
(まあ。。窮屈だこと。)

 

彼女は歩けるほどの体力はある様で、単なる<怠慢>にしか見えなかった。

住み込みって一日中拘束されそうで窮屈だなと思ったが、友人がそうしろと言えばそれに従う積りでいた。
何しろ私は夕食会で知り合った夫婦のアパートに一銭も払わずに1年も居候していたのだから。

でも友人は私の意思を尋ねることもなく、その話は自然消滅した。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年11月 2日 (土)

レストランの予約

台風19号で友人の地域名が報道され、膝まで水に浸かって男性が避難している映像が流れた。

びっくりして ”ダイジョウブか?” とメールを入れる。

”多摩川が氾濫しない限りダイジョウブです。”

翌日に多摩川が氾濫した。
再度、”ダイジョウブ ?”

友人は5月にボツになった食事会の幹事で、あれ以来連絡もとっていなかった。

”ランチしましょうよ!” 

ところが当日は大雨で、”やめときましょう。。”と、またまた延期で翌週にずらした。

 

Img_7759_20191101170701

 

彼女とは一年ぶりになる。
三度目の正直。

 

有楽町のフレンチレストランの室内はヨーロッパの雰囲気で明るい。
背の高いウエイターは白いワイシャツに黒のベストと前掛けでニコニコとやって来た。

もうこの段階で、(いい店だわ。。。)

ホント、パリの雰囲気だ。

 

Img_7766

 

ところが予約が見つからない様で、
”タナカ様ではないですか?”
”いや、友人がこの一週間で結婚してなければスズキですけど。。”

彼はふっと笑い、予約を探したが見つからないので私が言葉を添えた。
”25日に予約を入れてましたが大雨で今日に変更したんですけどね。。”

”(ホントウに)予約されました?”
(私はしていない。。)

 

そこで、予約が無いなら無いで名前を書いて順番を待てばよい話だから、
”そちらのご都合に合わせますので、こちらで待たせて頂きます。。”

彼は直ぐに席をあてがってくれた。

 

友人がやって来た。
予約の件でウエイターを呼んだ。
”ごめんごめん、予約してたんですけど<シブヤ店>でした。。”

我々は大いに笑った。


メニューのフランス語が分からない。
ウエイターは名前の由来を快く簡潔に、そして丁寧に笑顔で説明してくれた。
凄い。。
本物のウエイターだ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年11月 1日 (金)

机が揺れる

突然、机から<地響き>が伝わる。

えっ? 地震?

否、違う。
何だ、なんだ。。

パソコンの向こう側のトラヨが伸びをしたのだ。

こんな小さな猫の伸びが手にドッドッドと伝わる程の力があるのか。

私が伸びをしたとしても体全体をこんなに震わせることはないだろう。

トラヨは時々鼾なのか歯ぎしりなのか ”ウウーーン!” と唸る。
なあに? どうしました?と声を掛けると、”ううん。。”と返事をする。

パソコンに隠れているので、伸びてコップを蹴落としたのに気付かなかった。

 

Img_5427

 

あれ。。花が。。転がっている。。


またかよ。。
おまえの足蹴りは強いのねえ。

 

パソコンの蓋を畳んで猫を見る。

そして”ドクターーX” のようにトラヨの胸元に手を置く。

(よく寝ますわねえ。。トラヨちゃん。長生きしろよ。。)

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »