最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月31日 (木)

ヤモリが戻った

植木鉢を並べる。
風に飛ばされないように順番や角度を変える。

 

この小さい4葉のクンシランは二個の間に挟み込むように置こう。。

あれ?

灰色のヤモリが。

急いでカメラを取りに行く。
戻ったらヤモリは未だ同じポーズでいた。

 

Img_7474

 

戻ったのね。。
ここが自分の居場所なのか。。

植木には米とぎ汁をかけるだけで、エサとなる昆虫はいないだろうになあ。。
と言っても、鉢に餌を撒く訳にもいかないし。。

とにかく、そっとしておこう。

 

”ヤモリって家の中に入って来るの?”
”来るわよ~。”

まあ、隙間だらけの家に入って来られたら嫌だけど、
何よりトラヨに捕まったら可哀想だ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年10月30日 (水)

お祭り

楽しみにしていた神社の大祭が台風で中止になってしまったので、地域のお祭りを見に行く。

 

<神輿>が有名なのだ。

いつもの駅前公園にはブースが立ち並び、朝っぱらから大勢が集まっていた。


”こんなに大きな公園だったっけ。。”

Img_7580

 

 

<神輿>が目当てだったが、出口付近に浴衣の連中が見える。
もしかして私の先生がいるかしら。。

いたいた。
先生が先頭にいた。
後続の連にはクラス仲間の3名。

 

Img_7675

この盆踊りは駅の周りをぐるっと回るそうだ。


軽トラに積んだ音源の後ろからついて行く。
そっか。。
流しの音源は車か。。

私は神輿を見たら次に行くところがある。
それなのに盆踊りや太極拳の仲間やら5人に次々に出くわした。

5人目が ”ブースを見ようよ!” 
一人で見るより二人の方が興味が増すから付き合えよというニュアンスだ。


これから出かけるのにたこ焼きや焼きそばを買うわけにもいかないが、連れがいると丁寧にブースを覗くようになるから不思議だ。
ひとりだと油断してボーっとしているが、誰かが隣にいると<緊張感>が生まれるようだ。

友人につられて肉厚のシイタケ300円を買う。

 

”アンケートよ、答えましょ!”

彼女は毎年参加しているのでよく知っていた。
アンケートに答えるとお土産が貰えること。
クリアーファイル2枚、ボールペン1本、野菜の種、紙風船、洗剤にメモ帳。

持つべきはイベント慣れした友人。
お陰で楽しく有意義に過ごした。


エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月29日 (火)

電車の中 ゲイノージン

40分間の乗車、がらがらなのでゆっくり読書が出来る。

東京駅から乗ってきた20代の女性も隣で本を拡げた。

よし、よし。。
並んで本を読むのも良い事だ。

 

Img_7500_20191028162501

 

男性2名が乗ってきてドアー前で話の続きを始めた。

”ゲンノウジンがさー。。”

(なんだ なんだ?)

”カネ貰っててさー、納税してないってさー。。”


最近の話題だ。
ホント、みんな驚いた。。
人の頭の中ってわからないもんだ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年10月28日 (月)

水彩画 ぶどう

二か所の水彩画サークルは同日開催なので、その日はとても疲れる。

たった数時間集中するだけなのに、思えば今までこんなに集中して何かをしたり、講義を聞いたりしたことはなかった。
職場でも1時間くらい書類作成に集中したら息抜きが必要だった。

 

 

午後の部はクロッキーで明暗の練習をしてから絵を描き始める。
午後から参加の私に先生が黒板の内容を復唱してくれる。

ふむふむ。。


そしてさっさと同じ練習をして、皆に追いつく。

 

Img_7002

いつも言われていることなのに、一向に上達しない自分はダメだなあ。。
いつまでも<個性>と言う言葉に逃げてもショウガないのに。


所詮、素人の手慰みだ。
楽しもう。。

Img_7007

 

テーブルの上には雑多な花の花瓶。


先日観た大きなキスリングの花瓶を思い出す。
あれは豪華だったよなあ。。
花の数の問題ではないのだろうけれど、いつもの花には魅力を感じない。


そして隣にはブドウに唐辛子が並んでいる。

”絵の中には主張や関連性が無いといけない。ストーリーが無いといけない!”

先生はそう仰るけれど、ぶどうと唐辛子に何の関連性があるんだ?
秋の収穫?


エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年10月27日 (日)

スナップ写真

アルゼンチンへ行く際に従兄がカメラを呉れたが、コパカバーナで砂に落として壊れてしまった。

以来、写真を撮ることがなくなった。
当時はそんなものは不要だと思っていたが、今になると<セイシュン時代>の写真が無いのが寂しい。

ブエノスアイレスの同じペンション(貸し部屋)にウルグアイ人夫婦が住んでいた。
美男美女だった。
結婚して5-6年経っていたが、結婚式の写真は故意に撮らなかったそうだ。

”その幸せな瞬間をしっかり記憶して置きたかった。。”

これは奥さんの意見で、あー、女は変な所でロマンチストなんだなと思った。


彼女は後悔していた。
子供にウエディングドレス姿を見せることができない。

感激や感慨は時とともに薄れて色褪せていく。


Img_6793

 
現在では写真を毎日のように撮る。
猫や花や犬や。意外な光景にはっとする。
旅先では100枚撮って1枚いいのが有れば良しと言ったところだ。

サークルでもスナップ写真、特に盆踊りの写真を配るのが楽しみになった。
勝手に撮ってあげているから迷惑かなとも思ったが、
”今まで撮ったことがないからウレシイ!” と好評だ。

中にはいつも悪いわねーとお煎餅を呉れる人がいる。
そんな時、あー差し上げて良かったとほっとする。


エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年10月26日 (土)

盆踊り教室 ハロウィン

また人が数名増えた。
80歳近いかな。。

知り合いの知り合いが入って来るが、不思議と皆雰囲気が似ている。
穏やかだ。

 

Img_7470

二時間の間に休憩を二回とる。
最初の休憩に入る前に、”河内節”を踊った。
通常は曲を二回繰り返すのだが、うちの副部長はちと言葉がきつい。

”もう一回やったらこの連中タオレチマウよ!”

アッハッハと全員が笑ったが、笑うっきゃなかった。
言われた方々が不快に思わず笑い飛ばしてくれればいいけど。。

 

休憩でお菓子袋が配られた。

副部長が毎年準備してくれる ”ハロウィン袋” を会計が配る。
彼女はこういう気配りをする人なんだ。。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年10月25日 (金)

盆踊り教室の新人

”初めて来ましたXXです。”と挨拶された。

これまで7-8人が私の後に入会したけれど、こんな丁寧なご挨拶をされたのは初めて。
3名の上品な方々。

盆踊りは数年前から始めたという。
今年は数か所でご一緒していたことになる。

この3名は難なく普通に踊っている。

Img_6467

 

我々がここ数回習い始めた郡上踊りの ”かわさき”と”春駒” は初めてのようだ。

”かわさき”
却って不安定になるのになあ。。


先生はベテランに混じって内側の輪にいる。
我々は彼女を見ながら覚えていくのだ。

足は下げるのだと言ってあげようか迷ったけれど、初めての場所で初めての踊りでは私が何気なく言ったとしても本人はキンチョウするだろう。
それに、ここは<楽しむ場所>。
正確性よりも楽しく体を動かして笑う場所だし。。

 

そうしたら先生がラジカセのスイッチを押しに来た時、さりげなく、”足は前じゃなく後ろね。足がね、なかなか合わないのよねえ。”
とやんわりと言った。

”ええ、そうなんです。。”

内側からでも先生は全体をきっちり見ているんだ。


私はこの先生が大好きだ。

 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月24日 (木)

国旗のはなし

私がいない項に、国旗・国歌についてなにがしかの議論が巻き起こったようだ。

気がついたら、国旗掲揚が減り、勝者の国歌斉唱もあまり見られなくなった。
一体何があったんだろう。
国旗への愛着・敬意は街を歩いてよく目にするけれど。
Image1

南米では普段からベランダに国旗や国旗色の長い幕を飾り付けているのをよく見かける。
メキシコシティーの広場の国旗の大きさにはひれ伏したいほどの威厳を感じた。
ベトナムのフエ王宮前には川に向かって大きな赤い旗が翻っていた。
我が国でこんなに大きな国旗は見た事がない。


外人の私でさえ感動するのだから国民は猶更だろう。
毎日見ていると感動は薄れるものかもしれないけれど、国家のイメージは強くなる。

オリンピックムードで盛り上がる中、いちゃもんが付いた。

今更言われても。。

エンジェル 
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月23日 (水)

PCの不具合

数か月前からPCに反応しないキーが出てきた。
困ったわ。。
でも、enterキーはひとつじゃあない。そっか、こっちがダメならそっちか。。

暇もあるので色々やってみる。
ふむふむ。。
<ローマ字>入力が駄目なら<かな入力>。
おまけに漢字は音・訓で探せる。
(漢字ってスゴイ!!)
普段使わない右側の数字盤も活かせる。

打てなくなって気付いたが、全て二重に対応できるんだ。。。

Img_5302

PCって凄いなあ、便利だなーと感心した。
何て素晴らしいんだ!
 
文字を探し出す作業も楽しかった。


でも、どうしてもアルファベット、音・訓読みでも3文字が出て来ない。
書くに書けない。
数倍の時間をかけて疲れてしまったし、これらが無いとどうしようもない。

修理に持っていったら、別のキーボード購入であっさり解決した、

そっか、本体の文字盤がイカレたら<替え>があるんだ。
凄いなあ。。


エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月22日 (火)

同窓生と絶縁した話

上野の展覧会で ”同窓会” と言う絵を見た。
素敵な絵。


同窓会か。。
嘗て高校の同級生と年に一度一泊旅行に出かけていた。
近場の温泉へ5回ほど行った。
Img_7407 

その年は6名が参加した。

Nの大学の先輩が我々を案内してくれた。
紳士的な彼はアッシーとなり、キーホルダーの土産を呉れ、こちらが払う予定だった昼飯を逆にご馳走してくれた。
我々は大いに恐縮した。

そこでその時の残金でNから御礼の菓子を送る事になった。
私も感謝を表したかったので、これで縁が拡がればと郷里の焼き物を送ろうと考えた。

でも先輩は我等の謝意の受け取りを固辞した。
結局、住所が分からず、最初に”知っているから後で教えて上げる。”と言っていたNに私はイライラした。

私の考えを告げたら、
”フン、あんな物喜ばれないわよ!” と郷里の産物をバカにした。
(よくそんな事が言えるわ。。)
私はその言葉に非常に傷ついた。



Img_6730


数日後にNがメールを寄越した。
”ジムから帰るとこなんだけど、ケーキバイキングが2千円なの。あの金(残金)で食べていい?”
自分のお陰であなた方もいい思いをしたんだから、ご褒美でもらっても当然よね、と言うニュアンスだ。

ふざけた話で私は ”NO” と返した。
あれは皆の金だ。
腐る物ではあるまいし、負担になる金額でもない。次回まで預かる金だとどうして思えないのか。

そのメールは全員に流れた筈だが誰がどんな返事をしたのか知らない。
(あれは貴方んじゃあない、2千円のケーキバイキングは自分の金で食え!早期退社時に1本(1千万)もらったって自慢していたじゃないか。
2千円くらい自分で出しなさい。。)

二日後に340円分の郵便切手が届いた。

Nは私の意が理解できず、腹を立て、私を仲間から外したんだ。。。

親友のキャサリンに話したら、
”どうせ高校の友人なんて懐かしいのは最初の数分だけ。後はいつも同じ話ばかり。
それぞれが歩んだ人生は違うんだし話が合う筈がないわ。
その切手、舌に貼って写メ撮って送ってやんな!!!”

あれから5年。
ひとりは賀状を数回くれた。
所謂、それだけのご縁だったんだわ。。

エンジェル
こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月21日 (月)

ゴミ袋に寝るねこ

ふと、トラヨはどこだっけ。。
”トラヨ、トラヨ、トラヨちゃ~ん! どこにいるの~?”

パソコンの裏裏側に、いない。
ベッドにも、いない。
カレンダーの上にも、絵の上にも、いない。
押し入れに手を突っ込んでも、いない。
畳んだ毛布の上にも、いない。
トイレ、いない。

表? 
ドアを開けるが植木鉢の陰にもいない。
気温も下がってきたから外で長居はしない筈。

”トラヨちゃ~ん、ドコにいるの~?”

返事なし。

しゃあないわねえ。
(一体どこに潜ってんだ。。)

 

Img_7099

 

再度確認する。
ふと見たら、先ほど毛布を取り出したプラスチックのごみ袋が物と物の間にすっぽり嵌まっていて、何かが見えた。
空の筈なんだけど。。

”トラヨちゃん! アータこんなところに居たの?”
撫でても返事どころか身動きさえしない。爆睡中だ。

”ったく。。危ないじゃあないの。”

プラスチックのそれもゴミ袋にくるまってって。。
なんか。。
落ちぶれたイメージだわ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月20日 (日)

宛名書きを頼まれる

尊敬する隣人がお願いがあるのと言ってきた。

何だろうと思ったら海外への手紙の宛名を書いてくれという。
宛名?
ローマ字が書けない訳じゃあないだろうに。。おまけに差出人名はシールで貼ってあるという。
だったら、そのまま書けば良いのに。。


”恥ずかしい話なんだけど、息子にも頼めないのよ。”

それが男性からの手紙なので息子に頼めないようだ。

差出人は高校の同級生で、学生運動に熱心に参加していたせいで教授から、”君を採用する会社は無いだろうから海外の大学で勉強を続けろ!”と言われ海外に行ってしまった。

 

Img_6916



<ガクセイウンドウ>で思い出すのがショーシャでバイトをしていた頃に憧れていた人。
”おれ、XX社を受けたけど、学生運動に参加していたと答えたら落ちた。”
だから、”NO” と答えそのショウシャに就職できた。
苦笑いしていたが、当時は学生運動に参加するのが若者の特権のようだった。


教授からそう諭された同級生は学生運動に深く関わってブラックリストにでも載っていたのだろう。

”彼は優秀でね。京大へ行ったのよ。あんな田舎の学校から5名受かったのよ。凄いでしょ。。”
それは凄いですねエ。
私の所は一人もいないんじゃあないかしら。

 

”いつも一番でね。抜けなかったのよ。。” と悔しそうに言った。
えっ? それって、貴方が二番だったってこと?

”一回だけ一番になったけどね、それ以外はずーっと二番なの。”

へえ。。
隣人はただものではないなー。
半世紀以上前の同級生から数十年ぶりに手紙が届くなんて、彼らの青春時代の甘い香りがした。
素敵だわ。。


エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年10月19日 (土)

子供の喧嘩

男児3人が家の前で騒いでいる。
甲高い声が続いた。

その声に私が撫でていたチャチャが驚いて逃げてしまった。
飼い主が、”子供の声に驚いたんだよ。。”

”あれって、ケンカしてるんですかねえ ?”

アパート住人の5・8歳の兄弟と一回り体の大きいヨソモノが怒鳴りあいだ。
あんなやかましい口論はTVでしか見たことがない。

隣家の男が道路に出て ”うるさい!” と注意した。

やばっ!

あれはうちのアパートを目の敵にしているクレイマーだ。
ガキの喧嘩で大家に文句を言いかねない。



ところが子供たちは大人なんてへでも無い様で、ケンカは続いた。
(昔は大人に怒鳴られたらシュンとするものだったのに。。)

余りのけたたましさに私は立ちすくんだ。
大人(私)を見れば立ち去るだろうと思ったが無視された。怒鳴り合いは止まない。
状況を把握しようとしたけれど、語彙の少ない子供の会話から経緯を理解するのは不可能だった。

声を挟もうものなら、”うるせーババア!”と罵られそうだ。

私は黙って部屋に入った。

 

Img_6765

 

10分経っても声が続いていたので様子を見に行った。
兄弟(アジア人)対日本人ひとり。
そうだ、この弟にチューリップの花をあげたことがあったっけ。。

”帰れ!”、”帰らない!”、
”どうすんだよ、ここで寝るのか?”、”ここでは寝ない!”
応答は間が抜けていて、一体この子たちは何で口論しているのか分かっているのかしら?
アホらしい。。


”俺んちはここだよ!”
”ここはアパートで俺んちはマンションだ。。”
支離滅裂な会話だが、察するに二人を差別したようだ。

 

弟が振り返ったので、”ダイジョウブ?” と声を掛けたら、

兄が ”ダイジョウブじゃあない!!”

そして大きいヨソモノが、”ケイサツを呼んでください!” と静かな声で言った。
ケイサツと聞いて驚いたのは私だ。
(なに言ってんだろ。。この子)

 

”帰れ!” コールが続くのにその子は帰らない。
私に警察を呼べと繰り返す。
”この人たち変なんです!”
(なんだ、人種差別かよ。あんたがそこから動かないのが変なんちゃうの?)



そのうちに”コロス”だの、”死にたくない!”だの、おもちゃのピストルを見せて”撃ってやる!”だのと兄弟が言い始めた。
(なんて物騒なことを簡単に子供たちは口にするのだろうか。。)

”帰れ”!と弟が相手のランドセルに手を掛けたので ”止めなさい!”と私は叫んだ。
(触っちゃあいけない。それはボウリョクになっちゃうよ。。)

あーあ、ダメダ こりゃ。。。子供の世界は子供で解決しな。

でも、何か変だわ。
ケイサツを呼べと言う子は30分以上もそこに突っ立って、おまけにずーっと涙をこぼしている。
(どうして泣いているんだ。。)

兄弟は甲高い声で”帰れ!”と怒鳴りまくる。

私が話を聞いたとしても、大声を出されて近所迷惑になるだけで、多分何も解決できないだろう。
ガキの喧嘩一つも仲裁できない自分に情けないと思った。

 

でも。。どう見ても、相手の男児が変だ。
いちゃもんを付けているとしか思えない。

”貴方、お家へ帰りなさい、お母さんにケイサツを呼ぶように言いなさい。” と三度言った。

”君たちはさっさと部屋へ戻りなさい!” と兄弟に二度言ったが、ごたごたは続いていた。
(大人の言う事なんて素直に聞かないんだ。。)

喧嘩は理解力の異なる人たちがやるもので、いろんな人間がいるから絶えることがないのだろう。

アーア、 アホクサッ!

”キミタチ、続きは学校でやんなさい!”

 

学校の先生はタイヘンダ、先生が先生を虐めてるんじゃあ子供ももっとタイヘンダ。。

 

エンジェル
こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月18日 (金)

水彩画教室 ざくろ

コスモスの予定だったが手配できないという事で、急遽先生がザクロを持ってきた。
コスモスやざくろの作品コピーも配られた。

 

先生は、”今日は ボクも描きますので!”
オレに聞くなという事なのだが、殆どの生徒がデッサンのチェックで先生の作業を中断させた。

(センセ、ご自分も描きたいだろうけれど。。立場上無理な話です。)

Img_6992

それでも先生はあっという間に描き上げた。

 

最後に先生のその絵を誰が貰うかでくじ引きになった。
一人が棄権した。
”ワタシ、前に頂いているから結構です。”
(至極当然な考えだと思う。)

早退した方は、”残った籤に私の名を書いてね!”と言い残した。
(そういえば彼女は自分の絵を描いてもらったよなあ。。)

Img_7092


テーブルの片付けが始まった。
向かいの席ではあみだくじを一人づつ発表している。

あれ? さっきXXが当たったって言っていたのに、なんで<複数回>なんだろう。。
と思いながらも仕上げに集中する。

”早いわねエ。” といつも感心されるが、多分、小学校のお絵描きは1時間だったからその体内時計が残っているのだろうと思う。


”ハイ、アンヘラ 当たり!”

エッ? 絵が当たったのかと思ったら<ザクロ>がポンと置かれた。

くじ運のない私が好物のざくろをゲットした。

あら、嬉し。。

 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月17日 (木)

唐辛子を貰う

盆踊り教室に昨年末に入った婦人はなぜか私に親しげに挨拶にくる。
暫く休んでいた私が隣に座って色々と話をしたからだろう。

最初はひとりぼっちだったようだが、今では周りに溶け込んでいる。

彼女はいつも私に或る人を思い出させる。

40年近く前に池袋の駅地下で半年働いていた。
そこにどっからみても<どんくさい>人が入ってきた。
所謂<いなかもん>を絵に描いたような30代で、訛っていて話も的を射ず、服の好みもオバサンだった。
小柄で塗りたくった白い顔はオカメを想像させた。
エステに高額を掛けたと自慢げに話したが、余りに不釣り合いな言葉だったので嫌味に感じるよりも天真爛漫な子供のように思えた。
”化粧に1時間掛けるのよ。”と聞いて我々は苦笑した。
(これが1時間の結果?)
周りは冷ややかに見ていたが彼女は一切気にしていなかった。。<テンネン>なのかも。

特別に仲良くなったわけでは無いが、彼女はいつも楽しそうに笑っていた。
不快な表情は見たことが無かった。
顔全体が白粉でぼけていたが、思い出すのはその笑顔。今となっては<ボサツ>のような笑顔だった。

 

Img_6568

 

或る日、練習の帰り道で自転車の彼女が私に追いついた。
思い出したように ”庭の。。”と言って唐辛子の枝を二本呉れた。
艶の有る鮮やかな赤。
綺麗だ。。

しなび始めた葉が息を吹き返すかしらと花瓶に入れてみたが変化が無いので、彼女に言われたように吊るした。

二週間後に唐辛子を摘み取って細かく刻む。
料理にひょいといれる。

美味しい。

盆踊りの写真は現像する必要はないと言われたので、ボスから適当に参加者のスマホに拡散してもらう。
たまたま手元の一枚を”唐辛子の御礼デス!” と差し上げたら思いのほか喜んでくれて、次の回にお返しを呉れた。

可愛い猫のハンドタオル。
(これじゃあ切りがないわ。。)

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月16日 (水)

浴衣地を買う

今年はベージュやモカ系で縦柄の浴衣を沢山みかけた。
ようし。。
もう紺色は飽きたからこの明るい色をひとつ作ろうか。。

一番近い呉服屋へ行ってみたが、あれ、こんなに高いんだっけ。。
おまけに探す色もない。

約10反程を広げたが、どれも同じ花柄ばかり。

そっか、これが<今年の柄>だったんだ。


Img_6153


そうすると私が見かけた布地は数年前のデザインということか。
さあ、何処へ行けば残っているのだろうか。。

最初から買うつもりでいたのに、目指す色も柄もない。
でも、店員さんも親切だったし。。

Img_6763

 

鏡の前でベージュを当ててから黒地を当てる。
そりゃあ、体型的に寒色の方が締まって見える。
結局、想像もしていなかった<黒地>にアジサイの赤い大玉がポンポンと散っているものにした。

”これにシマス。”

ふと店員が布地を広げた一角を振り返る。
あら、このすーっと花が入ったのもいいわねえ。

どちらにしようかな。
黒に紅色の大玉の花か、茎の伸びた淡い色の幾何学的な花か。。

 

”両方当てて見ましょうか?”
我ながら一度決断したのに未だ迷いが残るのは100%満足していないから。

さあ、どっちにしようかな。

”XXさん、ちょっと見てください。” と別の店員が呼ばれた。

”ヤッパリ、こっちよりこっちかしらねえ?” 
私の独り言に、 
”そうですねえ、その方がスーッとして。。” と同調した。

所詮、アドバイスなんてその程度の物。決断するのは本人だ。
呼ばれた年配の店員さんはその辺りをよくご存じだ。

黒の浴衣なんてそもそもアリエナイ、20代が着るもんだと思っていたのに、どうして買ってしまったんだろうか。。

でも縫うのは楽しみである。

 

エンジェル
こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月15日 (火)

坂本冬美 コンサート

仲間5名で行く。
演歌好きでパリの街が似合いそうな美人に格安オファーが入る。
こういう機会でもないと行かない。

歌手は場数を踏んでいるせいかユーモアたっぷりで話が上手い。
丁度台風の前夜で、しきりと感謝を述べる。


景気の良い歌で強制的に観客を参加させる。
”アッパレ、アッパレ、アッパレ よいしょ!” だったか、そこで手を突き上げる。
その瞬間に場内がぱっと明るくなるのでさぼる訳にいかない。

 

Img_7032

 

また台風の話になる。
”アッパレなんて言ってる場合じゃあないですねえ。。” 会場は笑いに包まれる。

そう。。
我々はプロの歌を聞いてしんみりして、そして大いに笑いたいのだ。

カバー曲のアルバム3枚から1曲づつ紹介した。
”イントロが始まっても何の歌だか分からないんですよ。”

♪ あなたを~ ほんとは~ さが~してた~ 
  汚れ汚れて 傷ついて 死ぬまで逢えぬと思っていたが ~
  けれどもようやく 虹を見た ~ 
  あなたのひとみに 虹を見た ~
  君こそ命  君こ~そ命  わが~いのち~ ♪

どうしたのでしょう。
出だしから一語一語の気障なセリフが心に沁みる。
この歌が流行った頃は字面をなぞっていただけなのに、どうして今、胸にジーンと入っていくのでしょう。。

こんな言葉を告白される女っているのかしら?


次は怨念の歌。
私は聞いてて気色悪いと思うのだけれど、友人は ”<女の怨念>を歌ったら最高ね。”
えっ、こんな切った貼った、あの世の向こうのその向こう、殺したいだの女の心には鬼が棲むだの。。
こんなセリフに酔いしれる先輩は。。ただものじゃあない。。

私には理解不能。

心がしっとりした100分を過ごさせては貰ったけれど、
最初の”夜桜お七”で私の前を双眼鏡を渡したり使い方を説明したりするのはやめてくれない?
迷惑なのよ、私のお目当ての曲なのに台無しじゃあないの。
唄を聞きにきたんでしょ?

スーパーへ行くような恰好に運動靴でくるのも驚いたけど、日常のメリハリを自分でつけないと面白くないんじゃあないの?

次回は一番端に座るわ。。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年10月14日 (月)

台風一過

超大型で先月の15号よりはるかに大きいという。
のんきな私も準備を始めた。

と言っても通路の数鉢を取り込み、選択竿を床に置き、ベランダにぶら下げたポトスと金魚鉢を収納するだけ。

先日、3鉢並んだひとつを動かしたら灰色の5センチほどのヤモリが出てきた。
以前ならギャアーッ!と叫ぶところだが、”あら、ここが貴方のねぐらなの?”


暑い日にはトラヨがこのそばで寝ていたけれど、あなたは襲われなかったのねえ。

大きなクンシランは窓格子に縛り付けてあり、ヤモリの寝床を取り上げてしまうのは可哀想でそれだけ残しておいた。
固定されているから大丈夫だろう。。

Img_7051

 

気になるので数時間おきに見に行った。
就寝前に見たら、 あら、まあ。。
部屋の中では感じなかった<風>がびゅうびゅう通り抜けていた。
鉢は繋がれたまま横倒し。


取り込まなくっちゃ。。

ヤモリの姿は見えない。
驚いてとっくに逃げたのだろう。

 

フレアーの部屋着のまま出たら、風が私のスカートをめくった。それも背中まで。
手で押さえられるレベルではない程の強烈な風。
私は驚いたが鉢の紐を外すのに集中した。

それでもこの姿を頭で考える。
こんな真夜中に外を見ている人はいないだろう、正面の家にはこちら向きの窓もない。
従って、誰も見ていない。。
鉢を持ち上げた時にまたまためくれ上がった。
(色気どころかクレームが着そうだわ。)

 

思わず、”ちょっと! いやらしいわねエ!!” と風に言った。
風にからかわれた気がした。

ドアが大きく風に持っていかれて、一瞬千切れたかと思った。
壁のポスターがめくれ上がった。



無事にドアを閉じてやれやれ。
さっきの出来事は一体何だったんだと思い返して笑ってしまった。

マリリンモンローはスカートをまくられて笑っていた。
あれは後ろ姿ではなく正面だから可愛い絵なのだ。
(いや、彼女だったらどっから見ても可愛いだろうな。。)

 

刻々と明らかになる水害の多さに胸が傷みます。

エンジェル
こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月13日 (日)

友人の近況

猫の世話を頼む仲のヨシダさん。

月に1-2度ばったり会って立ち話をする。

 

これからどちら?

”チョッと病院へ、デンキよ。”


姉夫婦との沖縄行きが決まったそうだ。
沖縄へは一度訪れているのだがと色々聞かれた。
義兄はゴルフ三昧。

 

指を4本立てたので、”4マン円?”

40マンだという。

あれ、まあ。。
3泊4日で私だったら4万が予算だけれど。。
そっか。5つ星ホテルに泊まると言ってたっけ。。

海に入らないのなら、首里城とちゅら海水族館と、etc。

 

Img_2542

 

彼女が突然嬉しそうに、”お友達が出来たのヨ!”
美術館巡りが好きな身障者が、最近付き添い人と喧嘩をして独りぼっちになってしまった。
そこで、
”ワタシが付き添いで<タダ>で入場できるのよ!”

あら、それは良かったわねえ。

一瞬、”貴方が行けない時は私に!” と言いかけたが、余りに嫌らしい気がしたので黙った。

 

エンジェル
こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月12日 (土)

地域の大祭

太極拳で神社の大祭の話になった。
小一時間の流し踊りがある。
数名は私とは別の盆踊り教室に通っていて、何度か盆踊り会場で会った。

地元の金持ちの奥さんがA子を誘った。
”皆で踊ろうよ! 浴衣を貸すから一緒に踊りましょう!”

 

そこでA子は仲良しの私を誘ってきた。
”ねえ、行かない?”

私は早速詳細を彼女たちに尋ねた。
個人の浴衣でも参加OKだというし、翌週には自治会館でその練習があるという。

何でも決めるのは早い方だ。
A子と一緒なら楽しいだろう。。

 

Img_6650

 

ところが翌日、Bから ”参加の話はXXさんに確認してくれ!” と電話があった。

なあ~に?

もしかして、参加者には条件があったのかもしれない。
私にOKを出したことで不安になったようだ。
”そう言う事なら別に構いませんよ。” とやんわりと申し上げたが、”XXに確認しろ!”を連呼して電話は一方的に切れた。

XXは私の盆踊教室の先生でその町内に住んでいる。

Bは私が参加できるかどうかをXXから私に言わせようとしている。
ひとたびOKを出したけれど不安に思ったら、本人が確認して私に言えばよい事だ。
責任転嫁。
XXの電話番号なんて知らないし彼女にも迷惑な話だし、別にそこまでして参加したいとも思わない。

あー、メンドクセー。。

A子に連絡する。
というのも浴衣が無いというA子にその練習日に浴衣を持っていく話になっていたから。

A子は ”浴衣が見つかったの~!”と嬉しそうに言ったけれど、私がイチ抜けた話をしたら、自分もやめるという。

Bからは何の連絡もないというから、もしかしたら私だけが<要カクニン人物>だったのかも。
そうなると、A子も私もその地域の住人じゃ無いので近頃はやりの<差別>ということになるのかしら。

それともBはA子を誘った<金持ち婦人>に忖度したのかも。

 

結局私は折角のA子のチャンスを潰してしまったのを心苦しく思い、そう思う事さえ大きなストレスとなった。


”アー、メンドクセー。”

 

エンジェル
こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月11日 (金)

カレンダー

大きめの壁掛け用のカレンダーを使っている。
スケジュールを書き込める余白が多い。

直ぐに書き込めるように手元に置く。
就労していた頃はカレンダーが頭に入っていたが、最近は ”あれ?今日は何日だっけ?何曜日だっけ?”
これで確認することが多い。

毎日ボーっと無為に過ごしている気がするこの頃。



夏の間中、その冷んやりした紙の上で猫は眠っていた。
”チョットごめんよ。” と猫をずらす。

 

Img_7295

 

カレンダーをめくる度、”来月は何も無いわねえ。。” 
ちょっぴり寂しい気がしても、次のページをめくる頃には予定が埋まって来る。

過ぎた月を眺めて、
”結構動いたじゃん。”。
(遊んだじゃん! 生きたじゃん!)

エンジェル
こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月10日 (木)

リハビリ室で

膝のデンキと赤外線、腰の低周波治療を終えて最後のマッサージをしてもらっていた。

ベッドのカーテンは滅多に引かれないので大部屋が見渡せる。
いろんな話が耳に入る。
シーンとしている時もあれば、声の通るおば様の話に耳を傾ける。

 

壁際で肩を揉んでもらっている女性。
話好きの施術士と旅行の話からディズニーランドの話をしていた。

友人が行って遊んできた話なのだが、それがLAなのかフロリダなのかは分かっていないようだった。
(フロリダだったら乗り換えがあるなら3泊じゃあ無理だろうなあ。。)



次に彼が話し始めた。
”友人がカノジョとディズニーランドへ行くんですよ。”
(へえ。。フロリダまで。凄いなあ。。)

 

”そこでするんですよ。”

”何を?”

”プロポーズです! 彼はとても緊張しているんですよ。”

(えっ、わざわざあそこまで行ってプロポーズするんだ。。)

私が思わず頭を上げたので、私の担当者が ”痛かったですか?”

”いや、凄い話だと思ってね。。プロポーズにわざわざあそこまで行くんかい!”

”そうですねえ。” 

”そんなもんなんかネエ。。ガキだねえ。。”


顔を見合わせて笑ってしまった。
彼も私もロマンティックの基準が現実生活の中ではるか遠くに行ってしまったようだ。

エンジェル
こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月 9日 (水)

水彩画教室

自由課題。

個人的に先生のアトリエに通っているのが数名いる。
うち一人は人気者。

 

Img_6771

彼女は毎回殆どお喋りしている。
別教室での作品を持ってくる。

”今日はどれを描いたの?”

”何にも。。カイテナイヨ。”

 

Img_6697_20191002172801

 

いつも途中経過の作品を見せてくれる。
ナガヤマさんの絵。
”こんな難しい絵をよく模写するわねえ。。”

 

Img_6770

 


どんだけ時間をかけて細かい作業をしているのかしらと私は驚くばかりだ。

彼女は全員に満遍なく話しかけ、周りもそれを受けて楽しく過ごす。

 


Img_6780


”あー、ここへきてお喋りするのが楽しいのよーー。”


同感だ。

全員の良い息抜きとなっているようだ。

 

エンジェル
こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月 8日 (火)

ラグビー W CUP

南米ではスポーツの大会で国の一体感を感じた。
スポーツでしかひとつになれないのかと少し呆れていた。

でも、最近、この一体感が理解できるようになった。

友人は以前、”ラグビーの試合を見たけれどあちらでごそごそ、こちらでごそごそで何が起きているんだか見えないし、ルールも分かんない。おまけに<紳士のスポーツ>って言うけれど、あれじゃあ格闘技みたいにぶつかり合うだけで実に乱暴で野蛮で、どこが紳士的なのよ。”

 

その友人が今回、”TVで見るとスクラムがはっきり見えるし、ぶつかりあいに力を感じる。”
日本チームの快勝やオールブラックスのハケが格好良くて、実に爽快な気分だと言ってきた。
数年前までは0点が続いてどんだけ弱いんだと思っていたが、ハケで威嚇したNZに勝った。
凄いとしか言いようがない。

Img_6908

 

同じく世界陸上大会でも好成績を収めている。
私は桐生くんのファンだが放送時間が遅すぎて、毎回翌日のニュースで結果を知った。
決勝の翌日はニュースも見ずに外出したので<銅メダル>と知ったのは夕方だった。


嬉しい。
日本人の活躍を見て、日の丸を見て、この数日はなんともウレシイ気分だ。
そして最終日は眠気も湧かず、最後の男子400メートルリレーまで全部見た。

オダ君の快活な話と甘い笑顔に、”この人はやっぱりハンサムだわ。。”
と私までニコリとしてしまった。

おかげで翌日は猫も私もボロボロだった。


エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年10月 7日 (月)

トラヨの第一声

私が夢を見る明け方にネコも目が覚めるようだ。
私の目覚めに気付くのか、猫の覚醒に私が引っ張られるのか。
(時々、猫は私を昼寝に引っ張り込む。。)

静かに”ウーッ”と啼く。
第一声、第二声でも私が放っておくと突然 ”ウオーッ!!” と叫ぶので私は飛び上がる。

こんな時は、食欲を満たすのが第一だ。
トイレには黙って行くし、終わったらよほど気持ちが良いのだろう、部屋を二往復駆け回る。
(ヨウシ。。カイベンか。。)

 

”はいはい、わかりました。 オハヨウサン!” と頭を撫でて台所へ行く。

その間、ずーっと鳴き続ける。
(シズカにしてチョウダイ!)

Img_6710

 

手早く皿に盛って置こうとしたら、”ギャーッ!!”

尻尾の先を踏んでしまった。
慌てた私は別の足でトラヨちゃんの両手を踏んだ。

”ギャッ!!!”

ご・め・ん  ご・め・ん
(私が転ぶとこダヨ。。)



いつもは私の下がろうとする気配に、”フンギャアー!”と抗議する。
”ここに居るから踏むなよーーー!”と言っているように。。

それなのに、私に接近しすぎたようだ。

朝の4時にトラヨの声が響き渡る。。
(シズカにしなくちゃいけないのに。。ここで叫ぶ??トラヨちゃん!?)

”お願いだから、すぐ後ろに立たないでくれる?”

 

エンジェル
こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月 6日 (日)

アキちゃんの産卵

三回目の排卵。
4-5週間に一度の割合で水を替えている。
そしてその翌日に排卵している。

バケツに移し替えるからストレスが溜まって排卵しちゃうのだろうか、それとも人間と同じ<周期>で排卵するのか。。

そういえば昨夕、しきりに砂利をガチャガチャとひっくり返す動作を続けていた。

”アキちゃん、お腹が空いてるの? でも何も落ちているわけがないのよ。水を取り替えたばっかで、石も貝殻も屋根も全部洗ったんだからさー。隙間に餌なんて落ちてナイワヨーー。”

余りガチャガチャうるさいのでエクストラのエサをあげた。

 

今朝は透き通るような卵が散らばっている。
金魚の産卵っでどうなんだろう。薄い膜に包まれた塊を産むのかしら。
その時は屋根の下でじっと人間のように唸っているのかしら。。

Img_6906

 

あら?

アキチャンを暫く見ていたら白い粒がゆらっと落ちていった。
へえ。。泳ぎながら排卵するんだ。。
アキチャンはエサを食べながら3秒に一つずつ卵を産み落としていった。

そっか、、
痛くは無いようだ。

そして屋根に付いた卵を口で引っかきながら食べている。
固いゴムのように弾力のある卵はしっかりと屋根に付着していた。
こりゃあ剥がすのも一苦労だ。

そんなアキちゃんを見て思った。
まるで<鬼子母神>だ。。


エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年10月 5日 (土)

蝶々夫人 佐藤しのぶ

初めてオペラを見たのは”蝶々夫人”だった。

オペラは高尚で退屈で少々お高く留まった人が好むものだろうと偏見を持っていたが、どんなものか一度は体験しなくっちゃと出かけた。
そこで当時から有名な佐藤しのぶの蝶々夫人。

 

”綺麗な人だなー。。”
そのバタ臭い顔に海外にも出られる人だと思った。

その美貌にうっとりして私は幸い寝ることもなく観た。

その後彼女の作品を幾つか見て、多くの歌手の”蝶々夫人”も観た。

 

Img_0563

 

その度に、”あー、佐藤しのぶは美しかった。。” と思い出す。
オペラは視覚から入るので、襟元が開いて裾がだらしない蝶々夫人には先ず違和感を覚えた。
日本髪はヤッパリ日本人に似合う。

ロンドンでは、”一番美しい蝶々夫人で一番声の出ない蝶々夫人” とこきおろされたそうだ。
(それはそれで理解はできるけれど。。)

私は最初のオペラの美しい蝶々夫人が忘れられない。

 

エンジェル
こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月 4日 (金)

変わったいなかもん

田舎の友人3名と台湾へ旅行した時の話。
A子,B子と初対面のC子。

やってきたのはどういうわけかB子とC子だけ。
そのC子のぼさぼさの髪を見て私は驚いた。
そんな人はオコジキサン以外見たことがなかった。

 

Img_1787

A子は40分遅れて、浜松町からタクシーでやってきた。
理由を聞いて呆れた。

A子が二人をピックアップして駅に到着し、さっさと改札へ向かった。
二駅を過ぎた頃、駐車券を払ってなかったことが分かり、急遽A子は駅に戻る羽目になった。

”アキレチャッタよ。駐車代は二人が払うと言っていたのに。。
あのままだと戻った時に車は撤去されてるわよ。。”

そんな訳でC子への印象は良くなかったが、旅行中にそれが少しずつ大きくなった。
ちょっと明るい色を勧めると、
”いやいや そんな派手なものは。”と頑なにアドバイスを拒否する。
目立ってはいけない! 他人と毛並みの異なる格好をしてはいけない!

どうしてこのような心理状態になるのだろうか。
イナカモンのコンプレックスがそうさせるのだろうか。

”どうせ自分はイナカモンだから。。” 
という自虐的な発想や諦観で卑下する人がいる。
田舎に生まれた事は恥ずべきことでは無いし、その他大勢と同じ事が<安全>だった時代はもう過ぎた。
今は21世紀。


Img_1812

 

旅行で少しは小綺麗な格好をしようとも、周りへの気遣いも無かった。
お洒落に無関心。努力をしない。。
寧ろ薄汚れた服を身に着けていた。
こうなると無頓着を通り越して無神経だ。

A子に、
”C子のパンツは和柄というか、もんぺ柄みたいね。あんなのがあるのねえ。”
”そうなんだよ。あれは普段履いているモンペなのよ。この旅行の為に裾のゴムを外してパンツにしたんだよ。”

絶句。。
まあ。。”彼女、貧しいの?”

そんなことないよ。
町でも名家に嫁いでいた。
そのせいか義父はC子を毛嫌いしているとか。

”普段から子供のお下がりのジャージを着てんだよ。。”
へえ。。いろんな人が居るのね。。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月 3日 (木)

消費税10%

大きなものの購入予定は無かった。
でも単純な私は周りの影響を受け、数回買い物にでかけた。

 

トイレットペーパーと白髪染めと、台所用品とETC。
毎回ついでに食料品も購入した。
結果、短期間でエンゲル係数がぐんと伸びた。

 

Tペーパー4ロール、猫のエサ数か月分、猫のひのきチップ7リットルが3袋。
ついでに米5キロも担いで来た。

最近、草刈りを済ませた裏庭でトラヨは太陽の下、大好きな土を掻きながら伸び伸びと用を足しているようなので、このヒノキチップはいつ使うのだろうか。。

 

Img_6737

 

その話を近所にしたら、”どうせ20円とかの話でしょ? なんで皆が必死になるのか分からないわ。”
”あーた、そんなにTペーパー買って、一年分?”
と大笑いになった。

いざ10%になってから、”ああ、そうだっけ、あれも、これも。。”


買い忘れた。。

 

エンジェル
こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年10月 2日 (水)

太極拳でふらつく

太極拳クラスで”百花拳”の練習を多めにした。

残り10分で整理体操に入るかと思ったら、先生が”24式”をやると言った。
珍しいわ。。

あとふたつで終わる時、”あれっ?”
右足が右に5センチずれ、つられて左足が追いかける。これが小刻みに3回続いた。

どうしたのワタシ、このまま座りこむの? 倒れちゃうの?
でも、それでは大事になってしまう。。。

そこで、足を踏ん張った。

 

Img_5929



帰りがけに隣に言ったら、”そうでしたねえ。”。
皆、気が付いていたんだ。

図書館で予約した本を受けとって、道すがら確認する。

頭は、痛くない。
吐き気は、ない。
口は、回るかな?

ゆっくり喋ってみる。大丈夫。

ずーっと家までひとり言を言いながら帰る。
私はどっから見ても”変な人”だろうなあ。

たまたま電話を呉れた友人にそれを告げたら笑い出した。
”そんだけ喋れたらダイジョウブ!”

あーあ、こうやって心配事が増えて行くのかしら。。


エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年10月 1日 (火)

真面目です

”私はマジメです。”と言う癖がある。
ちゃらちゃらした格好をしていた訳でもないのだけれど、洋行帰りの化粧の濃さで私はちょっと変な女子と思われていたようだ。
どうも不真面目と思われるようなので、つい事前にこのセリフが出てくるのだ。

何とも情けない話だ。
真面目でないと思われるのも心外だが、そもそもこうやって弁明する自分が情けない。
何度もそう言っているうちに、
”私って本当にマジメなんだろうか?” と自問するこの頃だ。

”マジメ”ってなんだ??

Img_0548


”私は嘘は申しておりません!” と肉親に訴える羽目になったことがある。
ボケた母が使い込んだ金の件で、私が疑われた。
”嘘は申しておりません!”と3回言ったけれど、相手はシラーっと目線を反らして聞く耳持たぬとばかりに無視された。
泣きたい気持ちと静かな怒りが沸き上がった。
それでも冷静でいられたのは驚きと絶望で体が震え反応が出来なかったから。
体は1ミリも動けず、何も考える余裕も無かった。


言葉なんて。。
理解する気のない人には通じないんだ。。

エンジェル
こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »