最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月31日 (土)

盆踊り仲間のフラダンス発表会

おばさまの話が聞こえてきた。
”17と18日なのよ。。”

えっ? それって。。。

”ナカヨシ会の発表会よ。文化会館で。”

エーッ! 私は18日に太極拳で出るんです。

 

あら。。

おばさまは一日目にフラダンス、そして二日目は<民舞>で午前と午後と二回出演するという。

 

まあ。。フラダンスをしているんですね。
赤いレイを掛けるんですか?

フらに興味は有るんですけどネ。。

”是非、きてください、今、人が足りないんですよ。”

Img_6206

 

 

フラか。。

付き合いが遠のいた知人を思い出した。
彼女はハワイでは有名な精神的指導者(らしい)フラの先生の日本教室で習っていた。

”あらー、見学に行きたいわ。” と聞いてみた。

自分は万能だといつも自信過剰な友人の練習風景を見たかったのだが、それは出来ないと断られた。
<貴方には理解不能で高尚過ぎるから無理よ!>といったニュアンスだった。

へえ。。
見学不可の教室ってあるのか。。
いくら何でも我々にあんな小ばかにした返事はないだろうと思った。
フラダンスは神への奉納舞だってことぐらい。。皆、知ってますがな。。




昨年の文化会館での発表会でシニアーのフラダンスを二組見た。
真っ赤なレイと髪飾り、ムームー姿の舞台のおばさまたちはとても女らしくて素敵だったけれど、すれ違った時に”ケバイ!”と思ったっけ。。
あの中にこのご婦人も居たんだわ。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月30日 (金)

盆踊り 防災公園

あれ。。
居ないじゃん。
お目当ての太鼓は別のグループだった。

なんだ。。
折角バスに乗ってやって来たのに。。



そのうちに サークルの仲間が続々と現れた。
約10名。
そっか。。ここは部長さんの地元なんだっけ。。

 

Img_6373

 

あのお兄さんに話かけた時の様子をA子に説明した。
櫓の上の彼の踝辺りを人差し指で叩いたと。

そうしたらA子が ”ひらめXX”ね。
えっ? なに?

”ひらめXX”ヨ。
何を言っているのだろうか。。

”ひらめ筋よ!”
ヒラメキン。。どこかで聞いたことがあるなあ。
あー、ふくらはぎの筋肉か。。

”ヒラメニイ(兄)!!” ね。。


この呼び方がA子に受けた。。
笑い転げて私まで笑いが止まらなかった。


A子が、”私、盆踊りをやっていたらね、ヒラメ筋の下に割れ目がピッとできたのよ!”

私は思わず自分のふくらはぎに力を入れてみたが、全体的にうっすらと脂肪に覆われていて何の変化も見られなかった。


前日も参加していたA子は私がヒラメ筋目当てに来ることも、彼が居ないことも知っていた。
”居ないのよねえ。。ひらめのお兄さん。。”

”私のでよかったらヒラメ筋を触ってもいいわよ。”

別の友人に太鼓の兄さんの話をしたら、
”彦星と織姫のようでロマンティックですねえ。。。”

皆、ツッコミが上手い。

何でもかでも優しく包み込んで笑って転がして場外へ蹴飛ばす。。
私は話の分かる友人に囲まれて幸せモンだと思った。

ひらめ兄さん、来年までさようなら。
今年は(くそ)暑くって苦しい夏だったけれど、楽しい夏を過ごせました。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月29日 (木)

一人参加で楽しかった

盆踊り会場へ向かう。
明治座前の信号で並んだ女性が、”アレッ? 友人?”
と思ったが老けて見えた。
違う違う。。

それにいつもの浴衣じゃない。
つい三週間前に築地本願寺で挨拶したのとは大分違っていた。

茶髪でウエーブが掛かっている。
もしかして。。カツラ?
横顔の表情がきつい。


会場へ向かう前から人に話しかけるのがメンドクサイのでそのまま私は公園内の歩道を歩いた。
真っ直ぐ早足で歩く彼女を見て、”あれはやっぱり。。友人かな?”



踊りの輪で、彼女を斜め前に見つけた。
揃いの浴衣の仲間と一緒にいた。
個人の浴衣じゃあないなら、やっぱり彼女だったのかなあ。

 

あの帯は見覚えがあるんだけれど。。
たった三週間であんなに皺が拠るものだろうか。。


(話しかけてどうする?)

ああーメンドクサ。。

結局声を掛けなかったけど、それにしてもあんなに似た人がいるのだろうか。
彼女の母親は10年以上前に他界していたし、長女だからお姉さんでもないだろうし。。
妹がいるけれど、余りに老けた容貌だったからアリエナイ。

もしかして叔母さん??

 

Img_6306



私は一人で楽しく踊っていた。
4-5歳の娘を連れた母親たちがどんどん輪に入って来る。
軽く私に会釈をして半ば強引に前に入ってきた。

会釈するだけちゃんとしている。。
”どうぞ、どうぞ。。”


唄の文句にあるように、
♪雲の上から 神様も
ご先祖様も皆おいで~! 
チュチュっとチュチュっと中央区、チュチュッとチュチュっと輪になって、
これがお江戸の盆ダンス~~♪

神様もご先祖様も呼んでいるのだから親子もおいで。。

そして、はたと気が付いた。
踊りを知らない人の後ろについてはダメダ。。

こちらまで気が散って間違える。。
上手な人を探してその後ろに付く。

 


クラスの仲間を見つけた。
特に仲良くしている人でもないので迷う。
声を掛けるべきかなー、却って迷惑かしら。。
声を掛けたら我々は一緒に踊ることになるし、そうするとちょっと休むのにも相手に気を遣う。
あちらも気を遣うだろう。
そして、何を話そうかしら。。と頭を使うことになる。

あーあ、めんどくせー。

結局、二時間半を一度も休まずに私は一人で踊った。

一人で行動できない人がいるけれど、一人で楽しむことができるのは特権だろうと思う。
好きな時に休み、好きな時に飲み、食べる。
好きな時間に電車に乗り、好きな本を読みながら帰宅する。

とても充実した時間だった。
一人って悪くない。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月28日 (水)

臨床美術 とうもろこし

先ず、蒸かしたトウモロコシを食べてみる。
”甘いい!”

”台風で手に入るかどうか分かりませんでしたが、無事に群馬のを入手しましたので追加料金の百円は掛かりません。”
(そんなこと、案内ハガキに書いてあったっけ。。)

 

Img_6231

新聞紙を軽く揉んで形を作る。
紙粘土の白と黄色を混ぜ、それを麺棒で伸ばして新聞紙に被せる。
緩衝用プラスチックを押し付けて実のぶつぶつを表現する。

Img_6239

 

 

藁、棕櫚,木の繊維でひげを作り、ノリで貼り付ける。
色とりどりの和紙を千切って皮を作る。

そして丸めた無数の和紙を<実>として嵌め込んでいく。
いくつ乗せるかは本人の自由。

 

Img_6253



まるで巨大なバナナのようなヘンテコなトウモロコシが出来あがった。
あっという間の二時間だった。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月27日 (火)

大江戸まつり盆踊り大会 浜町

盆踊りは何処でも<健全>なイメージだ。

露店は昔と違って自治会などが運営している。
ガラの悪い連中は入れる余地がない。

Img_6294


中にクラブと勘違いした若者が下手なくせにシッチャカメッチャカ踊っていた。
というより暴れていた。
恰好悪い。。(アホが。。)
それを連れの女二人がギャアギャア笑って見ている。
(そんなにオカシイカ。あなた、自分のレベルを下げてるわよ。。)


皆は踊るので精一杯で無視。

ダンシングヒーロー。
そうだ。これだ。
今の振り付けがとても忙しいので不思議だったが、私の記憶が正しかった。
ぐるっと回るのも、両手を振り上げるのも4拍子ではなく倍の8拍子。
その後、前進ではなく4進んで4戻る。
だから<ゆっくり>楽しくこの曲を今まで踊っていたのだ。

場所によって振り付けが微妙に異なる。

Img_6309



東京2020。
評判によると振りが複雑で不評らしい。
そうだよなあ。
20名の教室だったら揃うのだけれど、300人となるとバラバラでグチャグチャ。
出だしのニ(2)マル(0)で両手をぐるんぐるん振りまわす動作は美しくない。
おまけに間奏で一部の連中が立ち止まって色々なポーズを取り始まった。
な~に?
競技のピクトグラム?

こんなに統一性のない踊りでいいの?
振り付けはコンテンポラリーダンスの振付師。
やっぱり。。
 
髷を結った櫓の二人が輝いていた。
そうだ、。。ここは浜町。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月26日 (月)

近所のおじさま

70歳過ぎの白髪のオジサマが犬の散歩をしていた。

犬が3メートル先からけたたましく吠えた。
飼い主が、
”スイマセン、誰にでも吠えるんですが。。吠えるだけなんです。”

Img_5977

 

いいえ構いませんよ。
イヌは吠えるのが商売だし。

ミニチュアダックスフンド。。


この界隈で有名な猫の”チャチャ”の飼い主も同犬種を飼って居る。
これがもう10年以上の顔見知りだと言うのにいつも吠える。


こんな会話を数回繰り返して私はやっと彼を覚え、あの新しい家に越してきた人だと分かった。

 

盆踊りの帰りが22時近くなった。
角を曲がったら彼が道に出ていた。

暗い中で突然浴衣姿が現れたのではっとしたようだった。

そこで、”盆踊りの帰りで~す。”

”ゴクロウサマです!”と彼も冗談を返して笑った。

 

そして翌日、白い帽子にワンピース姿の私と目が合った。

”これから水彩画教室で~す。”

ハーイ、イッテラッシャイ!

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月25日 (日)

アキちゃんの産卵

金魚の水を取り替えなきゃ、と一日一日先延ばしにしていた。
”ようし、今やろう。。”

水に手を入れてびっくり。
ぬるま湯になっていた。

そうだ、暫く日陰を作ってあげるのを忘れていた。
小さな容器じゃあ水温も上がってしまうよなあ。。

Img_5823_20190809150501

 

水を替えて部屋に取り込む。
底の敷石は洗ってしばらく日に干しておこう。。



翌朝、いつもはエサを催促して狂喜乱舞するアキチャンが水面に上がってこない。
えっ、何処に居るの?

水底にじっとしている。
死んだの?
(否、それなら浮きあがって来るはず。)


何度指で誘っても浮き上がってこない。
新しい水の割合が多すぎて辛いのかしら。。

次の日も動きは鈍かったがそれでもエサを食べた。

Img_5883

あれっ ?
床下に白いポツポツ。
底一面と家と浮草、壁面にも5ミリほどの透き通った粒々が付着している。
貝の体にもくっついている。

 

卵?

アキちゃん、産卵したんだ。。

祖父が金魚を飼っていた頃は棕櫚の樹皮を水鉢に入れ替えていた。
そこにうっすらと白いもやもやがついていたのを思い出した。


床にばらまいたような無数の卵。

これ、どうすれば良いのだろうか。
アキちゃんが食べる気配もないのでこのまま状況を観察するしかないなー。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月24日 (土)

盆踊り教室

先生が ”さて、そろそろシーズンも後半戦になりました。”
これまで七夜参加したが先生に出会ったのは1回きり。

”東京ではまだまだ有りますが、この近辺ではXX防災公園とスエヒロ一丁目ですね。”

そう。。東京では浜町で盆踊り大会がある。
先日一年ぶりに人形町の友人と築地本願寺で会った。
彼女は10年前に私が<盆踊り>に誘い、それ以来地元の会に参加している。

驚くのは彼女はいつも同じ浴衣。
一枚しか持っていないのかなあ。
何年も同じものを着て飽きないのだろうかと思うが、人それぞれだ。。

Img_6200




私の予定ではあと5回盆踊りがある。
次の会場では知らない曲がかかるという。
”あれは難しいのよね。。”

そこでもう一つの易しい方を習う。
<同窓会音頭>
スゴイ。。
”ドウソウカイ”っていう盆踊りがあるなんて。。


車座に座って先生が閉めの挨拶をする。
”はい、ウラ営業しないように!!”

笑いの絶えない二時間だった。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月23日 (金)

あおり男とBMW

まあー、乱暴で危険極まりない男もいたもんだ。
人相を見てもう笑うっきゃなかった。二人とも。。
類は友を呼ぶか。。

凄いなあ。。
屁理屈を堂々と言って、自分が正常だと思い込んでいるオオバカモノ。


BMWの販売店はえらい迷惑な話だ。

 

Img_6210

 



そこで上司の話を思い出した。

スペイン人の彼はスピード狂でBMWに乗っていた。
会社の車でベンツの次に乗り心地の良い車である。
そして彼はBMWを二台潰した。
一つ目は何かに突っ込んだ。二台目は橋から落ちて彼は車の屋根の上で救助が来るのを待っていた。

”何が起きたの?”

”橋の真ん中にロバが居たんだよ!”

地方都市のそのまた田舎道だったらそんなこともあるのだろうかと一瞬我々は茶化される。
彼の事故はいつの間にか飲み会では<武勇伝>と化し、恰好の笑い話となっていた。

面白かったのは、
”三台目はBMの販売店が売ってくれなかった。。”
これがまた笑いを生んだ。

”いいぞ!BM! 金じゃあないんだ! プライドだ!”
さすがBMW、客を選ぶんだ。。
自分の車に泥を塗られて誇りが許さないのだろう。

そこで三台目は真っ赤なオペルになり、一度隣町まで出張で同乗した。

高速道路の直線で、
”ホラ、アンヘラ! 飛ぶぞ! もうすぐ飛ぶぞおお!!!”
飛行機は300キロで飛び上がるという。
メーターは280キロ。

”アタシャ、こんなとこでアンタと死んでたまるか!” と叫んだ。

飛行機が滑走する度に上司を思い出す。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月22日 (木)

最近地震が多い

これまで体験した大きな地震は新潟地震で、その時私は寝床に入っていた。

階下では祖父母が、”あれ、アンヘラは下りてこないけど。。大丈夫かねえ。。”
私がどうしてそんな早い時間に布団に入っていたのかはよく覚えていない。
周りに倒れてくる家具も無かったのでそのまま横になっていた。


翌日これが家族の話題になった。
アンヘラはあの揺れでもじたばたしなかった。。図太い。。

 

そして東北大震災では会社にいた。
大勢と一緒だったので不安は感じなかった。
不思議ね。。知った顔と居るだけで<安心>してしまう。恐怖が半減する。

 

Img_5089

 

昨年から震度3程度の地震が相次いでいる。
多すぎる。。
南から噴火の話題が続き、地震が静かに北上してくるようで怖いと思うこの頃。


最近は”揺れてる?”と思うと眩暈のようで、ああこれが<加齢>かと納得する。

だから揺れを感じると、先ずコップの水で確かめる。
数か月前はお尻の下でググっと感じた。
”これは大きい!”
直ぐに1メートル先のトラヨちゃんの首根っこを押さえた。
もし大きな揺れになったら部屋中を駆けまくるだろうから怪我をしてはいけない。


東北大震災の時、翌日帰宅した私に隣人が、
”トラヨちゃんが道路を右へ左へと駆け回っていた。半狂乱だったヨ。”

可哀想に。。恐ろしかっただろうな。。
あれ、あの時ひめはどうしていたんだろうか。。

先日の盆踊りでは曲が終わった時に揺れを感じた。
大きく地面が揺れたのだ。
”えっ、眩暈じゃあ無いし、地震??”


目の前の櫓もふわりと私に向かってきたように感じた。
無地の提灯がしばらく揺れていて幻想的だった。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

何処にでも入り込むトラヨちゃん

盆踊りの季節到来で浴衣のケースを取り出した。
ガバット開いておく。
これは季節が終わるまでこのままの状態となる。

トラヨが早速近寄ってきた。
差しあたってどれを着ようかしら。。
ふと見ればトラヨが毛繕いしている。
帯の適度な弾力が心地よいのだろう。

Img_5415

 

帯をいろいろと当てて見下せばトラヨは熟睡していた。
頭を曲げてまるで棟方志功の聖人の<柵>のようだ。

 

 

”あら、まあ。。トラヨちゃん、首を曲げて苦しくないの? 隣の部屋が涼しいけど其処でいいの?”

 

猫の興味は一週間ほどで失せたようだ。

 

近所の公園のプールに大人も入場可能と聞いたので、昨夜は海関係が入っているケースを引っ張り出してパカンと開けた。
今度もトラヨは興味津々で近寄ってきた。


右半分にはウエットスーツにスノーケル一式。
左側の水着を取り出す。

暫くしてみればトラヨが爆睡している。


Img_5974

 

まあまあ。。
狭い場所で包み込まれるのが快感なのだろう。

それにしてもどうして猫の寝顔はかわいらしいのだろう。
私が夢を見ている時はどんな表情をしているのかな。

私もお前も<分相応>のスペースで十分ということだ。。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月21日 (水)

盆踊り 7 公園で満月を見る

駅の向こう側にこんな公園があったんだ。。

仲間が7名集まった。

ここでは一丁目、三丁目に踊りのグループがあるようだ。
早めに着いてしまいドウシヨッカナーと立っていたら、自治会のオジサマがテントに誘導してくれた。
座ってボーっとしていたら接待係がお茶を持ってきて下さった。
恐縮してしまう。

最近は”ボンオドラー”と呼ぶらしい。
高齢化社会となってこんなに盆踊りを楽しんでいるシニアーがいるのだ。
各サークルは定期的に練習をしている。
主に60-80代のご婦人だが、激しい動作はないし、ずーと歩くので我々にはちょうど良い<運動>である。
おまけに、チャンチキおけさ、ソーラン節、東京音頭、炭坑節、河内節と調子の良い曲ばかりで、頭では歌いながらちょこちょこっと手を動かす。腕を振り上げて結構肩を回すから肩甲骨の良い運動になる。
家ではとてもできる体操ではない。
曲がどんどん変わるので飽きることもない。

Img_6149

休憩時に麦茶とスイカが出た。
今年の初物のスイカは甘かった。


アイスのサービスがあります!というので、あわよくばと思ったけれど子供の行列が長く続いていた。
”アイスは子供用ですよ!”
そりゃあ分かっていたけど。。頭の中が小学生みたいな私は一瞬期待してしまった。

見上げれば黄色い満月がぼんぼりのはるか向こうで光っていた。

そうだ、今年最初に参加した近所の盆踊り、お茶も何も出なかったあの会場からは下弦の月が白く輝いていたっけ。
あれから3週間経ったんだ。

時々こうやって<時>の流れを自覚しなくては、あっという間に向こう岸に流されてしまうんだろうなあ。。

 

Img_6181

 

もう<追っかけ>と言おうか<ストーカー>と言おうか、やっとダンシングヒーローのお兄ちゃんとツーショットが撮れた。
というのも女性たちが彼と写真を撮っていたからで、そっか、ただ”シャシンいい?”って言えばいいんだ。。

幸せな笑顔で並んでいる自分を見て、”今年一番の写真だわ。。”
私はなんて単純な人間なんだろうと思い、こうやって楽しい時を楽しい人たちと過ごしていきたいと思った。
これが人生さ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月20日 (火)

太極拳のお茶会

月4回のクラスだが、8月はお盆以降が休みとなった。

可笑しいのはこれが先生の発案ではなくて、生徒から<夏休みにしましょう!>という強引な休みだった。

先生が休みたいのではなく主婦たちが休みたいのだ。

おまけにボスが ”センセ、今日は11時からお茶します。”
先生は初耳のようで、”どのくらい(の時間)ですか?”


”20分です。”

さっとテーブルが取り出され、20人分のコーヒーとお茶菓子がセッティングされる。

Img_5927

 

”皆、あ~る~~?”

一人分多いわよ !
ワイッワイ、ガヤガヤ。。

ボスが ”これが暑気払いだね!”



暑さも厳しい折だけど、この20分は元気を貰うのに非常に効果的だった。

 

Img_5934



女先生の水彩画教室(月二回)は7月後半から8月一杯まで夏休み。
もう一つのクラスは休みの<や>の字も出ない。
こちらは8月後半のクラスの後、すし屋で恒例の暑気払いがある。

暇を持て余している私としてはこの間何かして動かないといけないなー。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月19日 (月)

ゴーヤ

今年もベランダを緑で覆いたい。
ゴーヤの苗を二本植えた。

ところが二週間後に一本が引っこ抜かれていた。

な~に、これ?

ハタと気が付いた。

Img_5959

 


トラヨがこの植木鉢で用をたしたのだ。
そして土を被せるときに一本のゴーヤを引き抜いた。
(ったく、ヒノキチップの立派なトイレがあるというのに。。)

追加の苗を買いに行こうと思いつつ時が経ってしまった。


今年は成長が遅いようだから実は望めないかも。。

 

”アッチー!!”
高温の手すりに触れて思わず叫ぶ。


ここを這わなきゃあいけないゴーヤが可哀想、火傷をしちゃう。。
そこで布を被せる。


この時、小さな実が外側に付いているのを発見した。
あら、うれし。。
そこで全体をチェックしたが、実はこの一つだけのようだ。

成長の様子を見ながら収穫してチャンプルーを作ろう。

 

Img_5963

 

そして今日、手すりに懸けた植木鉢の裏側からもうひとつの実が出てきた。
熟れて黄色になっていた。

まあ、こんな小さくて。。
これ以上の成長は無理だったんだ。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月18日 (日)

盆踊り 7 隣町の小学校

”明日は何処へいくの?”

隣町の小学校デス。

”ボクはあそこは嫌だなー、人が多すぎて。。曲は踊りやすいけどね。ボクは明日もここへ来るよ。このくらいの場所が踊りやすい。 
でも、未だ行ったことが無いのなら一度は行ってみたら?”

Img_6111

Img_6107

 

 

そこで電車で隣町へ。
どう行くんだっけ。。人について行く。
狭い通りの両脇に露店がずらりと並び、食べ物の店に親子連れが多くてなかなか動けない。

 

会場へ着いて直ぐに友人と合流できた。
なるほど、3重の輪ができていて7-8の連が集まっていた。
曲目は殆どが習った曲なので、直ぐには踊れなくても2-3回で ”ああ、そうだ、こんな振りだったっけ。。”
お茶のサービスもある。

<うちわ音頭>では自治会女史がさっと団扇を差し出してくれた。
だいぶが団扇が溜まってしまった。。

 

曲のテンポが他より少しのろい。
<炭坑節>が伸びすぎて、却って踊りながら急いてくるようで ”せせこましい” 感じになるから不思議だ。
幅広い客層と仕事帰りのバッグ背負った女子が多かったせいだろうか。
全員でごちゃごちゃとラジオ体操をしている感じだった。

 

Img_6135

 

白地に紺色の市松模様を肩と裾に散らした<粋>な揃いの浴衣を見た。
これってオリンピックの市松模様ですか?

ご婦人は毅然として、
”いいえ、これは前からある柄です! 五輪の浴衣は<婦人会>なんです。”

東京2020の浴衣は二種類見かけた。
青地に白のロゴマークとロゴから派生した変形模様。
色違いがあるそうだが未だお目に掛からない。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月17日 (土)

嬉しい発見

アイスを4箱買った。
棒キャンデーだからあっという間に数本食べてしまう。

嵩張るのでばらして冷凍庫へ入れる。

食べきってしまった。
あれ? もう無いんだっけ。。奥までチェックするが無い。
全部食べてしまったんだ。。。

次回からはひと箱ずつ買うようにしよう。
だって、あったらあった分食べてしまう。
私は自制が利かない。。

Img_6046

 

アイスが無ければ無いで数日過ぎた。

今でも引っ越し時に冷蔵庫を小さいのに変えたことを後悔している。
大型を置く場所が取れず、小型がすっぽり入るスペースに置いたが今度は扉が全開できない。
だから奥まで見るのが一苦労。

先日、豚肉パックを探していたらクレソンの細長いパックが奥の壁にへばりついていた。発泡スチロールの同じ白色で気が付かなかった。
そうよ。。あの時、私は2パック買ったのに、一個しかなかったんだっけ。
勘違いではなかった。


そして足元の箱の間に黒い液体の袋。。

何? これ?
袋には<サニーレタス>と書いてあった。

しまった。。これ買ったんだっけ。。
どうして食べようと買ったものを目の前に置いておかないんだ。。
どうして忘れちまうんだ。。

引き続き豚肉の塊を探す。
チャーシューを作るのに同じ手間ならと二本買った記憶があるのだが、冷凍庫にも冷蔵庫にも二本目が無い。
どうしよ?
冷蔵庫以外の場所に置く筈が無いし、もしそうだったらとっくに臭っている筈だ。


ううーーん。
多分、豚肉は私の勘違いだったのだろう。。
(レシートは捨ててしまったから確かめようがない。)


戸袋に挟んであったハンバーグと共に何かが落ちた。

アイス。
あーら、見っけ!
そうだ ここに一本挟んであったんだ。。
あら、嬉し。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月16日 (金)

盆踊り 6 ダンシングヒーロー 2

仲間に誘われて初めての神社へ行く。
あの太鼓グループも来る。
数日前に通訳したスペイン人は奥方の実家へ里帰りしていた。
それがご近所だったので、”来れば?” と誘った手前、行かないわけにいかなかった。

Img_6107

 

ダンシングヒーローのお兄さんに声を掛ける。

”今日は踊るの?”

これで彼は私の事を思い出しただろう。
相手に印象付けるのは大切である。

 

例のスペイン人は話半分で来ないかもしれないと思ったらやってきた。
休憩時にアイスを配っていたので貰ってあげたら喜んでいた。

到着して掛かった曲が<ホームラン音頭>。
奇妙な踊りだといつも思うのだがフリは至って簡単。
奥さんはすぐに踊りはじめたが彼の方はてこずっていた。
矢張り日本人には盆踊りがDNAに沁みついているのかも。。

 

Img_6095


彼は最初のステップで間違えているのかな。
それにしても、腕は最初は右へ振るんだけど、いつまで経っても左へ振っている。

でも二人とも笑っていたから良かった。

記念写真を撮らせてもらう。
へえ。。
腕を組むのが正しい姿勢なんだ。。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月15日 (木)

ボリショイサーカス

自由席のただ券があるという。
行かない手はない。

サーカスは子供の頃に町にやってきた小さなサーカス団を見に行ったきりだった。

国立ボリショイサーカス。
馬と犬との記念撮影をしていた。
たった15分の休憩時間でも馬が引かれてくる、犬がちょこんとベンチに座る。。
ショウバイ、ショウバイ。

<サーカス>という泥臭いイメージは皆無で、サルティンバンコのように洗練された<芸>を堪能する。

それはそれは素晴らしい”ショウ”だった。

Img_6078


布に掴まって空中をゆらゆらと幻想的に舞う二人。その美しさにうっとりする。
動物の演技がこれまた素晴らしかった。
馬の迫力、クマの玉乗りを見ながら今札幌で騒がれているクマはどうなるんだろうか。。
クマは球の上で二足歩行してどんな思いなのかなあ。

プードル7匹の成犬から子犬までのラインダンスのような行進は彼らまで楽しんでいるようだった。
愛らしい。

 

こんな中、特に驚いたのは<猫>の芸。

猫が芸をするんだ。。
ケージからパっと駆け寄って台に飛び乗り棒を渡る。
二本の棒の間に両腕を乗せてエッチラオッチラと3匹が並んで降りてくる。
降りてきたら今度は<猫使い>が一匹づつ方向転換してエッチラオッチラと登っていく。
下半身が同じように揺れるので笑いが生じる。
芸が終わったらエサを貰って、さーっと駆け足で自分のケージに戻る。
無駄がない。

Img_6084

 

”キレがいいわねえ。全ての演技のキレがいいわ。動物も含めて。。”
その通りだ。
エサを貰ったらそこでもう一粒呉れともたもたする猫もイヌもいない。

猫をここまで調教できるのか。
うちのトラヨちゃんに今から何か教えて上げられるのかしら。。


息を呑む楽しいショウが続いた。
最後のマジックショウの<早変わり>は素晴らしかった。
中国の変面ショウにも驚いたが、それよりも面積の広い美女の衣装がコロコロ変わるので会場は驚きの連続だった。

 

00007img_00007_burst20190812



終了後、”空中ブランコで最後に天井から飛び降りた人がパンフレットを販売しております。。”
早速、近寄って、”高さはどのくらい?”と尋ねたら、29メートルと言われた。
いやいや天井の高さではなく貴方の身長よ。
なぜそんな事を聞くのか不思議な顔をされた。私もなんでこんなことを聞いているのかしらとは思ったけれど、以前の上司が器械体操をしていて、体操選手は身長があるとできないんだよと言っていたのを思い出したのだ。
彼は174センチ。
結構ある。

上司が言ったのはあくまで日本人という事だったのだろう。

散々話して写真を撮った挙句に何も買わないで、”また来年ね!”とバイバイしたら、
友人が ”貴方何も買わないの?”

買いませんがな。。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月14日 (水)

盆踊り 5 東京2020浴衣 四姉妹 

6名で向かう。
”絶対最後まで居てね!”と念を押された。
その方のご近所が踊りの先生で、参加者へお土産をくれるそうだ。

集まった人々は穏やかで上品な感じがした。子供たちがちゃんと浴衣を着ているので華やいだ雰囲気でとても良い。
間に小学生の花笠音頭とソーラン節が披露された。

Img_6024

まあ。。あの屈伸運動。。
”ウチラ、あそこまで沈んだら起き上がれないわよ。”
”ステンと転んじゃうわよ。。”
”骨折しちゃうよ。。”

 

櫓から降りてきた子供たちに拍手を送る。
”カッコ良かったわよ!”
全員に声をかけていたら、最後尾に若いお父さんが歩いて行った。

こちらは引き続き、”カッコ良かったわよ!”と声を掛けた。
30代のイケメン男子。
思わず仲間と顔を見合わせて笑ってしまう。

 

Img_6006

 

同じ市内でも会場によって曲が全く異なる。
でも、ここが盆踊りの良いところ、櫓を見ながら曲の3番目にはもう踊れるようになる。
ここは輪が三回で、中央を向いて手を打って、次に進行方向に直っておけさか。。
なるほど。。

結構集中している訳だから頭の体操にもなる。

あれだけ子供が居てワイワイガヤガヤと賑やかだったのに、終了20分ほど前に波が引くようにさーっと居なくなった。
露天は片づけを始めた。

ふとテントを見たら傍の大木が目に入った。
そうだ、この一角はブナの大木に囲まれているんだ。
遠くの五重塔といい、本堂前の広場にいたことを忘れていた。

そうだよなあ。。。
仏様の前で踊っていたんだよなあ。。

 

Img_6045



東京2020の浴衣を着た仲間が別の二人と意気投合した。
あれ、団扇があるの?
浴衣の付属品の話が合わなくてよくよく聞いてみたらあちらの二名は昨年購入していた。
初対面で話が弾むというのは善き事だ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月13日 (火)

物を尋ねるタイミング

公園を横切ろうとしていた。
前方に変わった犬を連れた夫人が立ち話をしていた。

 

あの犬はなんていうんだろう。。

 

Img_5235


聞きたいと思って、彼女たちの会話が終わるのを待った。
ただぼーっと立っているだけでは不審がられるだろうから、ぶらぶらと他所を見ながら話しの切れ目を待った。

ところがどちらも私に気づかない。
向こう側の婦人は気が付きそうなもんだが眼中に入らないようで中々立ち話が終わらない。

 

 

私は行き先があった。

静かに近寄って小声で、お話し中スイマセンがと切り出した。

でも犬を連れた彼女は数秒間相手に話し続けた。

 

Img_5231

無視されたか。。
ま、答えたくなければそれはそれで彼女の選択。

迂回しようとしたら、ぱっと振り向いて、”American XXX テリアです。”
と面倒くさそうに言った。
覚えられなかったが聞き返す気も起きなかった。
どうせ、わかんないでしょう?というニュアンスたっぷりだった。


彼女は私の質問をきちんと覚えていて、相手の話を中断することなく私にもきっちり答えてくれたけれど、

やっぱり話の途中で話しかけたのはよくなかったな。

 

犬はそのとぼけた表情でチラリと私を見ただけだったが、お互いに興味の対象ではなかったようだ。

 

調べた。
アメリカンスタッフォードシャーテリア。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月12日 (月)

盆踊り 4 ダンシング ヒーロー 

近所の公園へ出かけた。
会場に着いた時、”ダンシング ヒーロー”が掛かっていた。

この踊り、結構疲れる。

 

櫓の上のご婦人方に混じって男子が一人いた。
歌舞伎のお面をつけて白のパッチ。
太鼓の人らしい。

以前、阿波踊りでこんな感じの若者が凧になって<連>の周りを走り回って盛り上げていたのを思い出した。

 

ふむふむ。。
すごいなー、この人。

キレッキレッの ステップで、大きく跳ね上がりながら回る。
そのバネは若さの証明だ。
後ろ向きでもステップを踏んで流れに乗り、実に面白く私の目は彼にくぎ付けになった。

<風陣太鼓>のメンバーで、太鼓の演奏も男性ばかりで力強い響きだった。

 

Img_5722


この自治会は麦茶をマメに振舞ってくれて、通常は21時の終了なのに21時半まで踊る。
途中、櫓のご婦人が暑さで倒れてしまったので時間がオーバーしてしまった。

”時間過ぎたけど、近所からクレームが来ないのかしら?”

”来ないわよ、みんなこの近所の人なんだから。”

地元に長く住んでいる人が多いから、その点は文句など出ないようだ。

 

 

Img_5752

 


結局、彼の”ダンシング ヒロー”を3回見物した。 
アンコールでは別のメンバーがお面を点けて一緒に踊っていたけど、あの彼ほどのキレはなかった。
童顔で顎先の小さな髭は彼なりの精いっぱいの男のアピールなのだろう。

彼のノリの良いダンシングヒーローをオギノメちゃんに見せてあげたかった。。

気になれば進んで聞きに行く私。
勿論終了後に近づいて尋ねた。

”あなた、プロのダンサーなの?”
プロじゃあ無い事は百も承知だが、話の出だしはガツンと行く。

それにしても<だんじり>のような白のパッチと前掛けって日本男子を美しく強く見せる。
浴衣と共にこれも日本の美だと思う。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月11日 (日)

セミの声

35度を超える暑さで外出が減ったせいなのか、セミの声がなかなか聞こえなかった。
昨年もそうだった。

通路に転がったセミの死骸を見て、セミは例年通り活動しているだわ。。
蟻はここまで上がって来ないようだし、猫も見向きもしない。
骸は暫くそのままだったので植木鉢に埋葬する。

先日のニュースでセミの寿命は7日以上だと証明した男子学生の話を思い出した。

Img_5940



そんな事を思っていたら、通路の目隠しに”ゴツン!”とすごい音がした。
セミがぶつかったのだ。


セミはそのままふらふらと空中に飛んで行ったけれど、あれは終焉を迎えていたのだろうなあ。
ヨロヨロとしてまるで自分の将来を見ている気がした。

 

太極拳の帰り道で突然 ”ジーッジーッ!!” と鳴り響き思わず飛びのいた。

私の目の位置にアブラゼミが止まっていた。
こんな低い位置に。
お前もそろそろ寿命が尽きるのかなあ。。

今年初めて聞いたセミの声だった。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月10日 (土)

太極拳 顔色が悪かったといわれた

クラスを都合で三週休んでしまった時、
久しぶりに行ったらおばさまたちが笑顔で迎えてくれた。

”どうしたの?”

声を掛けてくれる人がいるとそれだけで幸せな気分になる。

あれから一か月経って、仲良くしている婦人が、

”この前、病気で休んだじゃなあい?”

”ハイ、あの時は三週休みました。”

Img_5454



今だから言うけど。。といった口調で、

”あの時ね、顔色が悪いなあーと思ったのよ。”

へえ。。知らなかった。
私の顔色がそんなに悪かったなんて。。
普段から日焼けして黒い私の<顔色>が悪かったって、
一体どんな色をしていたのかしら。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月 9日 (金)

水彩画 先生の弱気の発言

前回の<人体の描き方>を説明した時から違和感があった。

”一度これをあなた達に説明して置きたかった。。”

まあ。。
考えれば意味深なセリフだけれど、二年の間に一度もこんな講義らしい講義はなかったのだから、当然といえば当然の授業内容だろうと思った。

 

Img_5437

 

そして今月後半の二度目のクロッキー。
じゃんけんで負けた人が20分間モデルを務めた。
二名ずつのじゃんけんでトーナメントだからよっぽど運の悪い人なのかなあ。。

いや、11名に描いてもらえるのは幸運というべきかも。。

Img_5440

 


彼女は大阪出身で、私はそれだけで好感を持っている。

人の顔をまじまじと見ることなど無い。
きりっとした眉、伸びた鼻筋、あー、きれいな人だな。。

 

”一斉に見られてキンチョウした。。”

Img_5444

 

次は皆が嫌がったので前回に引き続き先生がモデルになった。

でも彼自身も生徒を書いているので顔が絶えず動いている。
伏し目にしようか、目を上げた状態にしようか。。



Img_5445

先生が説明する。

”ボクももうダメかもしれないから。。毎朝、体が痛くてね、そう思うんだよ。”

センセ何を仰っているんですか?

”調子よくねえんだよ。 この前も入院していたし。。”

(えっ? 入院? 初耳だ。。)

”ぱっと逝きたいんだよ。(倒れるときは)絵筆を折るって言うようにね、逝きたいんだよ。。”

そんなに深刻な状況なのかと驚く。
先生は常々、”85歳でやめる!” と宣言しているのでもう来年は居ないのかも。。

Img_5446

 

先生が描いた婦人の絵は実物より若く、さらに美しく描かれてモデルにプレゼントされた。
そうしたら彼女は、

”ウレシーーーイ! これ、遺影にするわ!!”

 

まあ。。あっちもこっちも縁起でもない。。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月 8日 (木)

100歳の母親

友人の母親が今年100歳になる。

50歳で寡婦になり、阪神大震災の後でやむなく姉の嫁ぎ先の静岡に移り住んだ。
高齢ではあったがカクシャクとしていたので、90代で一人でアパート住まいを始めた。

どうにも体が動けなくなった頃に娘夫婦と同居したが、娘の旦那が同居を不快に思うようになった。

友人も姉夫婦の娘も海外で生活しているので<身寄り>は彼女しかいない。
旦那さんにとって義理の母親は他人そのもので、寧ろ煙たい存在なのかもしれない。

そして嫁の立場ではこれ以上の同居は限界だった。

 

Img_4061


軽い認知症が出たこともあり二駅離れた施設に入れることになった。
相変わらず良く食べ、至って元気だという。

友人は母親に会いに帰国するが、会う度に嬉しいやら寂しいやらの複雑な心境だと言う。

 

昨年は白寿の祝いで家族4名と食事に出かけた。

そして今年は百歳。
百年も生きれば寂しさ、悲しさ、恨めしさは緩和されてくるのだろうか、所謂<無>に近くなるのかしら。。
感情なんかに流されない<貫禄>は毅然としているようでマシュマロのように柔らかい。
放物線を描いて落ちる球の到着点なのかも知れない。


とにかくおめでたい。
この暑さで体調を壊さないように祈るばかりだ。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

猫が目を覚ました

ベッドに寄りかかっていた。
背後でがさがさっと音がする。
そうだ、トラヨちゃんが足の方で寝ていたっけ。
毛布の隙間からトラヨが羽根布団を持ち上げて出てきた。
あら、”寝てていいのに。。”

.
Img_0267
.
トラヨが止まった。
白い蚊帳で遮られた。
蚊帳に顔を押し付けて動けない。


それがまるでストッキングを被った強盗のようだったので、私は一瞬ぎょっとした。
こりゃあ、グレムリンよりもこわいで。。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月 6日 (火)

北方 水滸伝

図書館の回転棚に並んでいた文庫本を手に取る。
水滸伝。
私にも読めるかしら。。

 

水滸伝といえば30年程前に京劇<水滸伝>を見た。
白塗りに長い髭の大男が背中に旗を背負って、飛び上がるでもなくのそりのそりと歩き回る印象だった。

水滸伝は泥棒集団のお話だと思っていた。。
<リョウザンパク>とはパチンコやゲームの中での架空の地名だろうと思っていた。

 

Img_4099

 

最初のページにさっと目を通す。
これなら読めそうだわ。。

丁度体調を崩した頃だったのでごろごろ寝転がりながら読んでいった。

登場人物があっという間に死んでしまう。
その男のイメージが掴めないままに本から去っていく。


なんでこんなにコロコロ死んでいくのかと思ったら、英傑が108人も出てくる壮大なお話なのだ。
そもそもが中国の民話・伝説を集めたもので歴史的には矛盾だらけのお話らしい。
これを北方さんが一度解体して小説として組み立てた。

水滸伝19巻をひと月で読み終えて、話の続きがあるらしいので<楊令伝>へ移る。
3-6巻の予約をしたら職員が、
”これ面白いでしょう。私は全部読みました。楊令伝は15巻まであるんですよ。”
えっ、 そんなにあるのですか?

”その次は岳飛伝!”
ガクヒ? そんなに続くんですか? ガクヒってだあれ?

”ガクヒ、未だ出てきませんかねえ? ホラ、楊令が子供だと言って見逃したガクヒね。”
私は首を振って、まだそこまで読んでません。
(いや、読んだかもしれないが。。覚えていない。) 

 

”そっか。これ以上先を言っちゃあいけないねえ。。チンギスカンもあるんだよ。"


それって宋からのお話が延々と続くんですか?
”いや、それは別件。。”

 
キタカタ ケンゾーってすごいんですねえ。


思わずため息をついた。
水滸伝の完結まであと何か月かかるんだ。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月 5日 (月)

眉ペンの思い出

眉ペンがいつの間にか短くなっていた。
それも数本が同じ状態。

 

短い鉛筆を見ると、高校の時に社会の先生が短いチョークをアルミ棒に差し込んで書いていたのを思い出す。
そうしていたのは彼女だけだったので、最後まできっちり使うのに感心した。
物は大切に使い切る。



猫がこの短い眉ペンを転がして遊んでいた。

ころころ、ころころ。。

 

Img_7006

 

そこで目に浮かぶのが、ブエノスアイレスの路線バスの中での出来事。
バッグから短い眉ペンが落ちてしまった。
しまった。。
その貧弱なペンが中央通路へ転がり出たのだ。

 

私はそんなものを使っているのがばれるのが恥ずかしくって、ペンを放棄することにした。
知らんふりを決め込んだ。
未だ使えるんだけど。。もう諦めよう。

ぺんは左右にころころ転がり、捨てられたぺんが何だか可哀想な気がした。

 

そうしたら、バスがスピードをあげたのでそれが私の席まで転がってきた。
戻ってきたのだ。
こうなったら拾うしかない。

拾った瞬間、”ごめんね。。”
捨てようとした私にペンは精一杯の嫌味を発した気がした。
コロコロ転がされていたのは私の方だった。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月 4日 (日)

盆踊り 3 築地本願寺

相変わらず人が多い。
特にガイジンサンが目立つ。
それもどんどん踊りの輪に参加している。

 

知らない曲が続いた。
我々が習ったのは12曲中4曲なので櫓の踊り手を見ながら手を動かす。
隣でやたらと手を振り回すガイジンサンと同じレベルな訳で、足を踏まれるのではないかと心配する。

さすが築地本願寺、アナウンスが中国語と英語でなされ熱中症への注意を喚起していた。
休憩時に麦茶がふるまわれる。 
エコ対策でプラスティックコップは<リユース>で回収する。

 

Img_5608

 

旗を持った女性に浴衣姿の外国人女子がぞろぞろと付いていく。


ガールスカウトの盆踊りツアーだそうだ。

Img_5607

”サイタロー節”にワイワイ飛び上がって踊る人々を見て思った。

日本人って過激な行動・言動はあまり行わないから意思表示が疎く、およそ無関心なぼ-っとした民族のように思われがちだが、この盆踊りの熱気の中で我々は<楽しむことが大好きな民族>なんだと思った。


踊って、笑って、汗かいて、そして穏やかで。

 

Img_5611

 

後半にTシャツと短パンの40代女子が割り込んできた。
我々がグループというのは分かっていた筈だ。
敢えて順番を変えて貰う程でもないのでそのまま踊り続ける。

”浴衣音頭”ではごそごそとバッグから団扇を取り出した。
(まあ。。そんなモノが入ってたんかいな。。)
用意周到な女子だが身振り手振りがいつまでたっても覚えられないようだ。
酔ってもいないのに感が悪い。
それでもって大きく手を動かす。
周りにぶつかる。ぶつかっても謝るでもないし、フリを縮めるでもない。
私の目の前にも手が何度も突き出された。
(危ない!)

 

終了後に<かき氷>を求めて結局、スタバでコーヒーを飲む。
ちょっとした反省会になり、その女性の話になった。
”いくらコツが掴めないと言っても、さんざん手を振り回して。。あれは酷かったわよねえ。”
”回りへの配慮がゼロ。”
”ああいうのを<無神経>っていうのよ。”

そうだ、そうだ。。

”知らぬ間に輪の内側へはみ出てしまったので戻ろうとしたら、おばさんが中に入れてくれなかったのよ!”
”えっ? そんな事あるの?”

あるわよ! 居たわよ!

だから私、あの時言ったじゃあない、”あのババアが中に入れてくれない!” って。


ばばあが”ババア”と罵っても、ちっとも可笑しくない出来事だった。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月 3日 (土)

臨床美術 クラゲと海

”あ、去年の花火と同じ要領ね。。。”

Img_5509

プラスチックの下敷きにアクリル絵の具を塗る。

三色を選びローラーで塗り付けて<海の中>を表現する。

 

Img_5512

 

次に水でこすって ”クラゲ” の形を抜いていく。

Img_5521



そのクラゲに接着剤を混ぜて色を付けていく。


Img_5517
Img_5513

 

 

 

 

面白いクラゲが出来上がった。
癒しというよりはキモチワルイかも。。

Img_5514
Img_5519

 

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月 2日 (金)

隣家のねこ

ここ二週間ほど猫の声で目が覚める。

ガバッと起きる。
トラヨちゃん ?
どうしたの? 大きな声をださないで!

 

見ればトラヨは机で寝て居る。

(トラヨじゃない。。)

Img_5530

 

でも延々と泣き喚く猫の声。
隣のひまわりちゃんだわ。
どうしたのかしら、閉じ込められたのかしら。。
怪我をして動けないのかしら。。
それとも奥さんに不測の事態が起きたのかしら。。

当初は早朝だったが、そのうちに夕方にも聞こえるようになった。

ひまわりちゃんが可哀想だわ。

 

ヨシダさんに相談した。
”ひまわりちゃんの飼い主なんだけど、何か知ってる?”
その夜、寝室に電気が点いたのでほっとした。

 

Img_5475

 

でも相変わらず毎日ねこは鳴いている。
朝も昼も夕方も。。
病気だったらとっくに病院へ連れて行っている筈だし。。虐待?
それにしては泣き声が弱っていく様子はない。

愛護団体か警察へ連絡したほうが良いのかしら。。

 

Img_5490

 

 

そして今朝、ベランダで植木に水遣りをして暫く植物を眺めていた。

あっ!

ひまわりちゃんの<隣家>の窓辺に猫が蹲っている。


そっか。。あの家にも猫が居るんだ。。
猫は動き出し、家に入りたいと泣き始まった。

この声。。。

あの泣き声は彼女だったんだ。。
夕涼みをしてていて締め出しを食らったようだ。

暫くしてカーテンが手すりの外に出され、ようやく部屋に戻れたようだが猫はその後も相変わらず鳴き続けている。
なんだ?
なんでいつも同じパターンで鳴いているのだ?

学習しないのかなあ? 
ねこも飼い主も。。

ここまで泣き続けられると、ウルサイなあと思ってしまう。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月 1日 (木)

盆踊り2 東京五輪の浴衣

太極拳と盆踊りを習っている区域のC小学校。
少し遠いので行こうか行くまいか決めていなかったが、友人から誘いがあった。
クラスの全員は前日に参加していた。


台風も去って予定通り行われるという。

 

Img_5426

 

 

私はA小学校の第一日目に参加しなかったので、予定が皆とずれてしまった。

その日はやっと先生とその連に属している(太極拳の仲間)二名と会えた。
普段は特別仲が良いというわけでもないのに、なぜか大袈裟に喜んでくれる。

ここには太鼓のサークルがあり、若者が踊りに参加していてる。
櫓には踊り手ではなく太鼓が置かれている。
地域の4連が参加していて賑やかだった。

小学校の空は黒くて広い。
ふと見上げれば飛行機が低空で西に飛んでいく。
羽田への通り道であとからあとから同じ航路に侵入してくる飛行機は ”案外小型なのかなー。”

仲間が東京五輪のエンブレムの浴衣を着てきた。

先日、大手町の丸善で見たのとは別のデザインだが一目で五輪の市松模様の変形とわかる。

幾らしたの?
10,800円。

生地はごわごわで、私は高いと思ったが寄付も入っているという事だった。

 

Img_5572

 

この地区では踊りの最中に水をお盆に載せて配ってくれる。
(先日の小学校とはえらい違いだ。。)

そして30分おきに<お茶休憩>があった。
とてもしっかりした自治会だ。

良い汗を流し、湿った風にほっとして、先生を見ながらしっかり踊った。
いざ帰ろうとしたら太極拳のおばさまが<お土産>があるから待ってろという。

<踊りに来てくれて有難う!>土産。
お茶とビール。
まあ。。嬉しいこと。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »