最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« マンモグラフィー検査を受ける | トップページ | 寝言を言う猫 »

2019年6月 6日 (木)

展覧会の入場券のはなし

先日のクリムト展。
入場制限で通路に並んでいた。
後方の女性4名の会話が聞こえてきた。


”この前ね、1500円の切符を1400円にしますからって買ったのよ。そうしたらそれって<招待券>だったのよ。”
(ふむふむ)

もう一人が、”そうなのよ、私もそんな事があったの。”
よくもタダで入手した招待券で金を取ろうとするわねえ―というニュアンスだ。

”アリガタサも失せるわよねえ。。”

Img_3748

何を言っているのだろうと思った。。
そもそも ”タダ券に1400円も払わされた、ああ、悔しい!” と言う発想だが、それはないだろう。。
売り手はただで招待券を入手したかもしれない、拾ったかもしれないが他人には1500円の価値があるもの。

100円安く買えた事を良しと思うところだろう。


タダ券を1400円で売る根性が ”有難さを減らす” と言うが、赤の他人に1500円の価値のあるものをおいそれと呉れてやるケースも中々ないだろう。
例え友人・知人が1500円で売ろうが1400円だろうが、それはそれ。
それをよく非難出来るなあ。

 

Img_3756



タダで上げる気が無い人にタダで貰う気でいるのが厚顔というものだ。
需要と供給が合致したから売買が成立した。
こちらは100円得をしたのだ。
そう単純に嬉しく思えばよい。


”アリガタミが薄れる。” なんて。。
その小さな欲があっという間に大きな不満となってしまうんだ。。

それに、招待券を入手するに至ったその方の背景だって色々有るだろう。
それなりに努力して、もしかしたら経費を掛けて培ったご縁で得た<招待券>かもしれない。

棚からぼた餅なんて、先ず無いのだ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

« マンモグラフィー検査を受ける | トップページ | 寝言を言う猫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マンモグラフィー検査を受ける | トップページ | 寝言を言う猫 »