最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 駅前公園で写生 | トップページ | 奇想の系譜展 »

2019年4月13日 (土)

友人と知人が海外で遭遇する偶然

”世界は一枚のハンカチのよう。。”
それほど”狭い”。

嘗て奇跡と呼べるような<偶然>を体験したことが数回ある。
それ以外にも肉体的・精神的危機では絶えず誰かが助けてくれた。
思えばこの年齢まで大過なく生きてこられたのも彼等のお陰である。

ウズベキスタンへ旅行中の友人がメールをくれた。
一度読んで意味が分からなかったが、”エ-ッ!!!”と大声を挙げてしまった。

”成田でね、どこかで見た人が居て、それがとても気になってたんだけど誰だか分からなかったの。”
サマルカンドからブハラに移動してその人とホテルが同じだった。
その人は別のグループの添乗員。

Img_20190405_182821

そこで思い出した。
そうだ!アンヘラがマチュピチュへ行った時のXX社の添乗員だ!
早速私の名をだしたら、”覚えてますよ、スペイン語ペーラぺラの方ですよね。”

まあ、二か月前の事だから覚えているのは当然だろうけれど、
私が何に驚いたかって。。

それは友人の<記憶力>。メールで送った写真を覚えていたのだ。
スゲエー!!
友は只者じゃあないなあ。。

Img_20190404_225156

知人同士がとんでもない所で出会うって。。ホント世間は一枚のハンカチだ。

数か月前にはニンジャスクールに通うスペイン人、むくつけきニンジャ達の通訳をした。
話しているうちに、私が住んでいたカナリア諸島の人々で共通の知人がいた。
それが私の大嫌いな男だったので、思わず、”アノ〇〇オヤジは未だイキテイルノカ?”

あー、自分は小さい人間だと再認識した。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

« 駅前公園で写生 | トップページ | 奇想の系譜展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 駅前公園で写生 | トップページ | 奇想の系譜展 »