最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« ぺルー旅行 リマの黄金博物館 | トップページ | ぺルー旅行 ナスカの地上絵 »

2019年4月 3日 (水)

ぺルー旅行 イカへ向かう パナメリカーナ ハイウェイ

地上絵を見にイカへ向かう。
バスで4時間。
ペルーは日本の3倍半。何しろ大きい。
前日のガイドの説明の通り南部には殺伐とした砂漠が続く。サハラのような砂と言うよりは小石の混じった渇いた大地。
フジモリさんの頃、この辺りの土地に5年住み続けたら所有権が与えられたそうだ。
転売目的で買う人も増えたとか。
この辺りは養鶏場が多い。
タンクの水は水道水なのかなあ。。

Img_9053

ガイドが ”<パナメリカーナ>を行きます!”
ああ、 懐かしい響き。
パナメリカーナ。
”PAN AMERICANA”。(パナメリカーナ ハイウェイ)

ブエノスアイレス市の北部のにこの高速道路が通っている。何回か通ったことがある。
これは南北アメリカを繋ぐ高速道路で”このまま北米に行けるんだよ。” と聞いた時は何と壮大な話だろうと思った。
現代版シルクロードのようなものだ。
アラスカのフェアバンクから現在はアルゼンチンのウシュアイアまで続く。

大陸が繋がるということに島国から来た私は大きな衝撃を受けた。

Img_9070

ガイドは ”チリまでだっけ?” と私に聞いたけれど、サンチアゴからアンデス山脈を横切ってブエノスアイレスへ繋がっている。

そして南極へ向かう最南端の街、ウシュアイアへ。

 

Img_9073

 

1923年の構想から始まり各国が独自に建設管理をしている。地域によっては自然破壊や治安の悪さで危険な区域があると聞いて、”そうだよなあ。。ハイウエイで強盗にあったらどうしようもないなあ。。
道は繋がっているから安全でもあり、危険要因も進入してくるということか。。
冬場には閉鎖されたりするらしい。
ナスカの地上絵もこれで分断されている。

Img_9217

今、私はパナメリカーナを走っているんだ。。
ああ、このまま南下したら愛しい人たちに会えるんだ。。。

エンジェル

こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

« ぺルー旅行 リマの黄金博物館 | トップページ | ぺルー旅行 ナスカの地上絵 »

PERU」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぺルー旅行 イカへ向かう パナメリカーナ ハイウェイ:

« ぺルー旅行 リマの黄金博物館 | トップページ | ぺルー旅行 ナスカの地上絵 »