最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« ぺルー旅行 クスコ郊外の遺跡 | トップページ | ペルー旅行 オリャンタイタンボ 差し込み »

2019年3月 6日 (水)

ペルー旅行 クスコのカテドラル

まだ40分ほど時間が残っていたが、食欲も湧かないしコーヒーも別に飲みたくない。
私は広場へ向かった。

 

Img_7428

 


ベンチで休む気も無く、フラフラと重い足を引きずる様に正面のカテドラルへ向かう。
折角だから入ってみようか。。

Img_7445

 

正面が閉まっているので左側の建物に向かったら物売りがここは<出口>だという。
あれ、まあ。。
入り口と出口が分かれているのか。

教えてくれた土産売りの女子から帰りに何かを買ってやろう。。

右側の建物へ向かう。
あっ、ここは拝観料を取るのか。。

 



Img_7442

 


入ってその荘厳さにびっくり。

イエスやマリア様の像が(布の)服を着ている。
イースター祭で像が担がれる際に着ているのは見かけるけれど、ここの殆どが衣装をまとっている。

ここは3翼からなり、真ん中の中央祭壇にマリア様がひときわ高く白いドレスで神々しく祀られている。
反対側に立派な合唱隊の区画がある。

余りの美しさに呆然とする。
荘厳。。

Img_7419

 

そして最後の建物の壁には大きな絵が架けられ、壁面は聖者のフレスコ画で覆われていた。


まるで美術館のようだ。
これはイタリアやスペインの絵師が創った美術学校の生徒たちの作品だ。
全部をゆっくり見ていたら1時間以上かかるだろう。

 


Img_7556

 

一通り見て早めに広場に戻ったが、<噴水の前>と聞いていたのに誰一人居ない。
周りは大勢の人が動いてるけれど、その中で私だけが時間からはみ出してしまったような錯覚に陥る。


”変だ。。”

 

Img_7451

私、時間を間違えたかしら。
これからバスでオリャンタイタンボに向かい、のち鉄道でマチュピチュへ行くのだけれど、私だけ乗り遅れるのかしら。。
どうしましょう。。

バスで二時間の距離をタクシーで行ったらお金が足りるのかしら。。

この10分間の不安と孤独はきつかった。

 

Img_7507

ふと広場の向こうに白シャツに赤い帽子の長身の男が見えた。

”あっ、居た!!”

待ち合わせ場所は私が両替に行った際に噴水からそのベンチに変更になったんだとか。。
(おいおい。。)

 

Img_7433

 

ガイドに尋ねた。

マリア信仰なんですね。
そうです。あれは○○のマリアです、と地名を言った。
地域ごとに<XXのマリア>と親しみを込めて信仰の対象になっている。

 

Img_7546

 

何でこんな立派なカテドラルがこんな田舎都市にあるのですか?

”クスコはインカ帝国の首都でした。当時スペインはここを<南米のカトリックの総本山>としてお金をつぎ込んだんです。”


へえ。。
当時の様子が一瞬目に浮かんだ。

 

エンジェル

こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

« ぺルー旅行 クスコ郊外の遺跡 | トップページ | ペルー旅行 オリャンタイタンボ 差し込み »

PERU」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペルー旅行 クスコのカテドラル:

« ぺルー旅行 クスコ郊外の遺跡 | トップページ | ペルー旅行 オリャンタイタンボ 差し込み »