最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

ぺルー旅行 荷物が出ない

そんなこんなで二時間経ってしまった。
荷物の引き取りは完了してターンテーブルは止まっている。
それなのに添乗員と家族4名が奥のカウンターにいる。
”荷物が出てこないらしい。。”
(あら、まあ。。。)
荷物紛失の手続きを終えて、添乗員が、
”お待たせしました。でもこれはどなたにも起こりうる事ですので。。”

何を言っているのだろう。。
その家族に同情こそすれ、不満を抱いている人なんて誰もいないのに。。

 

Img_9624
こりゃあ大変だわ。
明日は一泊二日の手荷物だけでクスコから(旅のメインの)マチュピチュへ向かうと言うのに。。

やっと02;30頃にリマのホテルにチェックインしたが、3時間後にはモーニングコールがある。
シャワーを浴びて横になっても熟睡できない。

 

Img_9766
翌日、荷物の所在が確認できた。
ぺルー航空へ荷物を預けた場所に4個が放置されていた。
まあ。。他に行ってなくて良かった。。

推察するに、この家族はLAで我々より先に通関を切っていた。
緊急対応の地上スタッフは通関を待っていた我々が<8名のグループ>だと思い込み、荷物係に<8名!>と言っていた。
そこで直後にやって来た4名の荷物は対象外と判断され、そのままベルトコンベアの脇に放置されてしまったようだ。

 

エンジェル

こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年2月27日 (水)

ぺルー旅行 酔っ払い

荷物を受け取る。
全て順調だったのに中々メンバーが揃わない。
私は早々に両替を済ませた。
添乗員はソル(ペルーの貨幣)はトイレチップぐらいで(我々の行程では)不要と強調していたが、友人は”田舎に行けばドルは使えないので欲しい物が買えなかった。。”
+
Img_9702
m
旅行説明会でも小額のドルを準備するように言われた。
成田で1,5,10ドル紙幣で ”半分を1ドルで!”と注文したら、
“えっ?、タバ(束)になりますよ!” とまるで叱責するように言われた。

(ナニモ。。そんな風に言わなくたって。)

どうすりゃあいいんだ。.
他国の紙幣では加減が分からない。
私は束が何個になっても構わないのだけれど。。
”どうすんのよぉ??”と言った目線で店員に睨まれた。
m
Img_9762
最初の要求を押し通す自信は消え失せ、彼女の提案する割合でOKしたが、それでも1センチの厚さになった。
久しぶりに札を扇状に開いて数える<特技>を拝見した。
説明会では”札束になるので、一瞬金持ちになった気がするんですよ。”と笑っていたけど。。
(それはアナタだけでしょう。。)
そのうちに大声が聞こえてきた。
到着便が立て続けに3本ほどあって、流れてくる人々は荷物を拾いその声の方を見ながら空港を出ていく。
m
 
太った50代の白人男が怒鳴り散らしていた。
”触るな!!触るなああ!!俺は○○市民だ、俺はお前たちに抗議する権利があるんだあ~~!”
何度も同じことを喚いていた。
Img_9703
こちらの人は直ぐ”自分にはXXする権利がある!”と主張する。
要は自分はそれを主張するだけの知識のある文化人だぜ!みたいな事をアピールするのだ。
偉ぶるが決して相手を侮辱するような下品な言葉は吐かない。
それを言ったら自分の品格が失われると言う<ブレーキ>は持っているようだった。
空港職員も集まってきて遠巻きにその検査場を見る。
何がありましたの?
”酔っ払いです。フラフラ歩いてたので職員が荷物の再検査を要求したらしい。”
酔っ払いって嫌だ。。
大声上げて、”アホか?!”ってな目で見られているのに、感情が自分の中で空回りして己の立場が見えない。態を晒すだけ。
昔だったら係員に”ダマレ!”と押さえつけられたろうが、今は体に触れない。
結局のところ、酔いが冷めるまで喚き散らすままにするしかない。
(これじゃあ、スタッフが家に帰れないじゃん。。。)
このての男は決まって太目でブサイク。
職場では上司に押さえつけられているんだろうけど、スマートじゃないな。
エンジェル

こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月26日 (火)

ペルー旅行 ぺルー航空の美味しい機内食

約10時間と9時間のフライトを乗り継ぐのはどんだけ<しんどい>ものだろうと想像していたが、実際にその時間に入ってしまえば難なく時は過ぎて行った。
と言うか、もうどうしようもないのだ。
Img_7280
ANAの”ボヘミアン ラプソディー”で歌に酔いしれ、評判通り感動して涙が浮かんだ。
もう一本映画を観て、ぼーっとしていた。
二機目では目を休める。
リマ到着二時間前にコメディーと再度クイーンを観る。
全ては順調だった。
LAで駆けずり廻ったのが膝に来た。
三日目のマチュピチュの為に気合を入れていたのに、今からこんなで大丈夫だろうかと不安が過る。
ペルー航空の食事は適量で実に美味だった。
先ず四角いお盆のようなプラスチックがポンと机に置かれる。中央の窪みに円形(昼・夕食)や三日月形(朝食)の器が置かれる。
プラスチック容器は実にちゃっちいのだけれどそんなことは全く気にならない。
夕食は肉とじゃがいも。
久しぶりに美味しいステーキを食べた。サラダや前菜も無く、見た目は少なそうだがじゃがいもは腹に溜まる。ワインを頼んでみた。美味しかった。
朝食にはチキンを頼んだが、間違えてハムとチーズのサンドイッチを渡された。
(でも、変更する程の執着もない。。)
溶けたチーズの中に三角形のパンが二切れあって、温かくてとても美味しかった。
シンプル イズ ザ ベストだわ。。
Img_7286_2
食器、ナプキン、ナイフとフォークまでが黒に統一されていたのが面白い。黒色になんか意味があるのかなあ。。 
この形態だったら盆上の汚れも発生しないし、片付けるのも簡潔で合理的だ。
体調を保つ為に食事をひとつ抜く。
機内食を5食も食べ続けるのはきつい。
Img_7282
機内誌に”ペルーでこれは絶対に食べて下さい!”
-. 海産物のマリネ
-. ジャガイモのチーズソース和え
-. 焼き鳥。
ふむふむ。。
m
今度は一気に昼を飛び越えて夜に着く。
予定通り23;30に到着した。
遅延もなく順調だ。

エンジェル

こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月25日 (月)

ぺルー旅行 LAの144番ゲート

リマ行きは搭乗開始が11;30で12;30発。 
十分な時間があるのに何でこんなに急かすんだ。。
動く歩道の表示に144とあったので、どん詰まりが我々のゲートだろうと手前のトイレに駆け込んだ。
出口で添乗員と出くわす。私を迎えに来たのだ。
(なんで目の色変えてるんだ。。)
Img_9621
そこは<144への通路>であってゲートでは無かった。
丁度、港内車両が通ったので添乗員は乗せてくれと言ったが、”144へは行かねえよ!”とあっさり断られた。
一階へ駆け下りて別棟へ向かう。
添乗員を見失い、トイレで私を追い越した筈の老夫婦と一緒にラウンジを走り抜ける。
スタッフに尋ねる。”144はドコヨ ?!”
”真っすぐヨ!”
でもその真っすぐの長い事。。
(なんなの??144って一体何処にあるんだ??)
やっと144に辿り着いたら、そこはバスの発着所。
そう言えばバスがどうとか言っていたっけ。。
飛行機への最終バスが11;30発だというのだ。
(そんなばかな。。あと一時間もあると言うのに、そりゃあ無いだろう。。)
結局、バスに乗り込んでからも20分ほどパラパラと到着する乗客を待つ。
LA空港は大きいとは聞いていたが本当に大きかった。
Img_9622
”通関であんな行列を放っておくなんて配慮が足りないんじゃあないの?”
そうしたら添乗員が、
”それは違います。 どの国でも自国を守るためのルールが有るんです。 それに準じているだけで、乗客が乗り継ぎ便に乗ろうが乗れまいがそんなことは知ったことではないのです。”
ふむふむ。。成る程。。
この国はテロの被害を被ったし現在もその危険に曝されている。
LA空港では職員の殆どがスペイン語を話し、まさに人種の坩堝でこの玄関口には危険なものが一杯入ってくる。
国を守るっていうのは大変だ。
v

エンジェル

こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月24日 (日)

ぺルー旅行 乗り継ぎ便へ

USAでは全ての荷物を取り出さなければならない。
成田でリマまでのチェックインは出来るが荷物は別なのだ。
これもテロ対策か。
スーツケースを引きずって全員が走った。
足首を傷めていた私は重い登山靴でドタバタと駆けた。
三日目のマチュピチュの為に足に細心の注意を払ってきたのに、第一日目から駆ける羽目になるとは。。
Img_9618
小さな荷物検査場で8名がスーツケースをお兄さんに預け身体チェックへ向かう。
円形の検査機に入ってバンザイをする。
m
両ポケットに物が入っていて、そこが黄色く反応していた。

”これ、貴方の画像ね。 触りますよ!触りますよ!良いですね、触りますよ~~!”
大柄の女性に入念に触られた。

ポケットには目薬と(朝食の)バターが入っていたが、”目薬”の単語が出てこない。
思わず ”ティアードロプス” と答えたが。。
ん?? ティアードロップス? 何だっけ??

それは”涙”。
あーあ、情けない。目薬だよ、目薬ってなんて言うんだ??
(人魚姫の涙壺じゃあ無いっつうの。。)
検査官はやおら絆創膏サイズの布切れをシャーレー液に付けて、私の両手の平に擦り付けた。そして自分の手の平にも数回擦り付けて機械に置いた。
えっ? 湿った布を機械が飲み込めるの? 
と、私はどうでもよい事を思った。
Img_9619
券売機のような機械は切符のようにそれを飲み込み、我々は数秒それを見つめた。
(なんなの? これはなんなの? 何の検査なんだ?)
余計な事は言うまい。。
聞きたい気持ちを抑えて私は口を噤んでいた。
画面に”NO ALERT”(問題なし)と出てほっとした。
添乗員に合流して尋ねる。
”あれは何の検査ですか? クスリ?”
”いや、爆薬です。”
(へえ。。。)

エンジェル

こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月23日 (土)

ぺルー旅行 キャンセル発生

LAで飛行機を降りた際、本来グループ集合は禁止だがL字通路の隅で初めて全員が揃った。この段階では誰がグループなのか一人参加なのかは分からない。
50代以上が8割。

添乗員が、
”実はチェックインは14名でしたが、その後2名はキャンセルとなりました。”
えーーっ?
チェックインして出発までの二時間の間にキャンセル?
という事は二人分の旅費がパアになった。。
まあ。。何が起きたのかしら。
でも誰もそれ以上は尋ねなかった。
いわゆる個人情報と言うやつだろうから気になったが聞き流した。
Img_9645
そしてLAの通関では8名で動いたが、4名がどうなっているのか誰も分からない。
添乗員が把握していれば良い事だし、我々は未だこの時点でその4名がひと家族だと知らなかった。
成田で出発前の集合が無かったのでお互いの顔がよく分からない。
”ヨロシク オネガイシマス” と名乗られても名前が頭に入らないので、旅行中はその方の出身地で呼んだりした。
カクマラさん、ヨコハマさん、チョウフさん。
(名前を覚えようと言う気もサラサラない。)
だから税関で8名になった時、”えー!人が減ってるじゃあないの。。”

一体、どうなっているのだ。。
仲間と ”そして、誰もいなくなった ?” 
Img_9647_2



最終日に聞いてみた。
例のお二人は成田で待ち時間に<事故>に遭われたのですか?
”否、事故ではありません。 鹿児島から参加されたのですが、一人がパスポートを忘れたのです。”
全員が絶句した。
話には聞いたことがあるが、実際に身近で起こったのは初めてだ。
でも
でも、そうなると添乗員の話は正確ではない。
彼らはチェックインは出来なかった筈だから<チェックイン前>の話だ。
わざわざ成田まで来て、そんな結果になってしまった当人たちにはお気の毒だったが、これを友人に報告したら皆くすっと笑った。
”笑って申し訳ないけど。。本当にそんな事があるんですねえ。。”
私は玄関を出る際に指差し確認をする。
ハイ、パスポート よ~うし。。
ハイ、お金 よ~うし。。
先立つものはパスポートとカネ。

エンジェル

こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月22日 (金)

ぺルー旅行 USAのビザESTA

ANAの機内映像を見て笑った。
歌舞伎役者が出演している。
今年からこの映像になったそうで、到着後にはその撮影の模様が流れる。
とても面白い。
メッシなどバルサのメンバーが出演していたカタール航空の映像を思い出す。
Img_9434
当初、LAで5時間の乗り継ぎがあると言うので在ロサンジェルスの友人に尋ねた。
”ねえ、5時間もあれば市内へ出てちょっと見物できるわよねえ。”
友人は,
”車でしか移動できないから止めておきなさい!”
そっか。。
友人のアドバイスには従うことにする。
コーヒーを二杯飲んでればいいっか。。
Img_9451
結局、乗り継ぎ時間は3時間となったが、この三時間はとてつもない”三時間”だった。
駆けずり廻ったのだ。
コーヒーどころかトイレ時間もままならなかった。
税関ではずらりと並んだESTAの機械にパスポ-トを載せ、言語を選びタッチパネルで質問に答える。指紋を採取され顔写真を撮られ、搭乗券サイズのペラペラのレシートが出てくる。
その荒い画像を見て、
”あら、嫌だわ。 アタシってこんな顔?”
添乗員は ”その紙にバッテンがあっても気にしないでください。”
20メートル近くありそうな長い列が5重あった。
通関窓口は半分近くが閉まっていた。
(朝の10時なのに何で開いてないんだ。。)
Img_7273
時間が押してくる。
一時間ほど経った頃におじさまが、
”次の便に間に合わねえよ!”
(そんな。。アタシに言われても。。)
添乗員は何処ダ?
m後
丁度その頃に添乗員が日本語の地上スタッフとやって来た。
”最優先!”と書かれた赤い紙を手渡され、我々は緊急用にあてがわれた窓口に向かう。乗り継ぎ時間が二時間を切ると<優先>扱いされるという。
この時点で我々は8名。
あれ? あとの4名は何処ヨ?
”もう通関を出ているんじゃあないですか?”
エンジェル

こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月21日 (木)

ペルー旅行 4泊8日

40年前、ブエノスアイレスにいた頃にマチュピチュへ行こうと思った。
ブエノスアイレスから電車で北上してラ・パス、クスコ、マチュピチュと電車を乗り継いでいくのだ。
当時大学生だった友人の弟が夏休みに行ってきたというので話を聞きに行ったが、 ”夏は雨期で電車が数日停まる事もあり、車内は汗臭く不潔でとてもセニョリータには薦められない。”
空路で行く程の金もなく断念するしかなかった。
Img_7243
日本からは遠いなー。
一層の事、これに加えてブエノスアイレス迄足を延ばして友人を訪ねようか等と思ったりしたが、具体化することは無かった。
でも行きたい思いは消えなかった。
膝が痛くなったりして体力にも自信がなくなり、”今行かなければ。。”と思っていた頃、在スエーデンの友人が三週間のツアーで行った。
”素晴らしかったよ!”
やっぱり万事繰り合せて行こう。
マチュピチュ、クスコ、チチカカ湖、リマ旧市街、そしてナスカの地上絵を廻るツアーを見つけた。
なんと<4泊8日>!
スゲエ。。。
Img_7258
こんなハードスケジュール。
連泊無しでシニアーに厳しく、おまけに高地の空気の薄い所を移動ばかりで4日も巡るという体に悪い旅程を良く組めるもんだと笑っちゃった。
日本人は<強行軍>が好きな国民性なのかもしれない。
兎に角、頑張るのだ。
毎日の移動となると現地の雰囲気や余韻に浸る時間も少なくなるが、致し方ない。
これで行ってみよう。
エンジェル

こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月20日 (水)

病院で

丸椅子に座ったら、医者がもそっと言った。
最近、人の言う事が良く聞き取れない時があるので、黙っていたらもう一度モソモソと、
”マチュピチュですか。。”
えっ? 何で知っているの?
そっか。血圧測定で顔見知りの看護婦さんに、”来週ペルーへ行くんだけどね、高地であの薬は飲んでいいのかしら?”と尋ねた。
”いいんじゃあなあい。”
Img_7859
プライベートで言ったことがもうセンセに伝わっていた。
という事はパーテッションの向こうの採血の看護婦さんたちも聞いているという事か。。
ここって、ファミリー的な職場なのねえ。
(それとも、普段の話題が少ないのか。。)
お仕事中に余計な話でと恐縮していたら、先生がもう一台のパソコンをぽんぽんと叩き始め、マチュピチュを検索した。
マチュピチュの画像がずらっと出てきて、看護婦さんたちも集まって食入る様に見ていた。
mpんぽんと
”マチュピチュの高度は2800でクスコは3800ですか。。ふむふむ。。”
まあ。なんて職場でしょう。
結局、診察は”問題なし”と1分で終わってしまった。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月19日 (火)

太極拳の靴を買う話

発表会では素足になる。

場所によっては冷たいコンクリートの上で行う。
そんなもんだろうと思っていたが、<靴>を買う話が出た。

既に持っている人から出た話でサイズを聞かれた。

それも二週続けて同じことを同じ人に聞かれた。
(何をやっているのだ。。)

最初に聞いた時は横浜への所用のついでに購入するという話で、では、荷物持ちでお供しましょうかと申し上げたらネットで買うという事だった。

それでもってひと月後に納期を尋ねたら未だ発注をしていないと言う。
(ナニヲヤッテイルノダ。。)

Img_2131

”ねえ、アンター、やってくんない?”
発注作業を私に押し付けようというのだ。
(何で私が?言い出したのは貴方でしょう。)

ネットで調べて、画面をどんどん繰っていけば決済に辿り着きますヨ。

”その画面は分かっているのよ。”

”ナンダ。。だったらサイズ毎に数量を打ち込んでいけばいいじゃあないですか。”
(何をイッテイルノダ。)

”それが怖い!” という。

どうして? 
彼女はネットで株をやっていると得々と話していたのに、何が怖くて<決済ボタン>を押せないんだ。。

このメンドークササは年寄りの不安から来ているのだろうか。

どうにも私に押し付けたいようなので、私はさっさと帰ることにした。

翌週、”息子がやってくれたヨ!”
まあ、それは良かったですねえ。
私は罪悪感などこれっぽちも持っていないと自分自身にも言い聞かせた。。

そして靴がやっと年明けに配られた。
(これが1000円もするのか。。)

結局、何の問題も無かったじゃあないか。。

帰りに会長さんが ”希望したのより小さいのになってしまったのよ。”
”えっ、サイズ違いですか? 皆、自分が注文したサイズを覚えていないんですか?”
”まあ、履けるからいいけどね。” と会長さんは譲歩したようだ。

誰かが間違えたか、会長さんの勘違いかは知らないけれど、あー めんどくさ、私はあの時にやっぱり断って良かったんだと思った。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月18日 (月)

電車の中 色違いの運動靴

<ウンドウグツ>と呼ぶのは古臭いようだ。
今はお洒落な物が多い。
お店で見たことはあったが、実際に色違いのウンドウグツが乗ってきた。
へえ。。
不思議な感覚。。
面白いっちゃア面白いんだけど、
同じ形状なのに、アシンメトリーを見た時以上の違和感がある。
Img_1600
以前、ブエノスアイレスで左右違う靴を履いて飲み会に来た大学生がいた。
焦げ茶色のデザインの異なる革靴。
それも帰りに仲間に指摘されて初めて気が付いて、大笑いした。
相対するものは同じだという私の観念が色違いの靴を<同じ>と認識できないようだ。
視覚の<ズレ>ってこちらが不安になる程強烈だ。
せめて靴紐が同じ色だったら私は落ち着くんだけどなあ。。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月17日 (日)

韓流ドラマ 相手の呼び方

韓国ドラマの<イケメン>の多さに慣れてしまった。
あら。。
この俳優は(日本の)イケメンのXXに、この子は○○子に似ている。
この渋い役者はB雄に。。
似ている、似ている。似ている人が大勢いる。
そりゃあそうだよなあ。
ラテン系の俳優だって日本人に似ている人が居るんだもの。

民族、文化は韓国を経て日本にやって来た。
邸宅の障子風の扉、服装、鍋を囲む食生活、顔つきも似て居るのは至極当然の事だ。

部屋の作りが面白い。
邸宅や豪華マンションでは広い部屋に高低差を作り出し、その一角の機能を強調する。
今のバリアフリーとは真反対で、あー私はこんな所には住めないわ。。
これだけ韓国語を聞いていたら発音が類似する言葉が沢山出てきて、
”あ、そう言うのか。。。同じじゃん!”

訳(漢字)を見ながら聞いていると中々オモシロイ。
折角だから一日ひとつくらいは覚えないと。。。
m、Img_2225
気が付いたこと。
貴方、お前、君、あんた 等の指示代名詞よりは名前を連呼する。
怒っているときも、”このー、ヤマダタロウ め!”

これだけ人名を連呼するのは、それだけ相手に対する怒りや思いの強さを表現しているのかしら。
(私は嫌いな人の名前なんて呼びたくも無いけれど。。)
多いテーマは<復讐>。
なんでもかでも フクシュウ。。
いつまでも フクシュウ。
今の政治問題とおんなじ。
m今の政治問題もこれだ。m
以前、韓国支店に勤務していた上司が、
”読むのは簡単なんだけどね、ハングル文字は<音>なので意味が全く分からない。” と笑っていた。
ハング文字は文盲解消の為に作られたけれど、漢字のように意味を持たないから私には絵の様にしか見えない。これを一度漢字に直したら我々にもっと分かりやすいけど。。
mm
数年前から漢字教育も復活したと聞いた。
国交が冷えてきても訪韓者は増えている。
街中の看板で意味が分かるのが<温泉>と<参鶏湯>だけで寂しかった。
もっと漢字が増えているといいなあ。

エンジェル

こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月16日 (土)

太極拳 新人が休んだ

先月、新しく一名が入会した。
これで後輩が3人になった。

私は内心とても嬉しいのだが、だからと言って実際には何の変化もない。
s
この彼女は経験者で難なく演技をしていた。
私よりはるかに経験が長い。
Img_2182
e
そして本日は新人3名が休んだ。
八段錦、立禅、用手と24式を続けて行う。
静か。
とても静かだ。
19名の参加者は正に一体となって空気が研ぎ澄まされたようになった。
なんでなんだ?
何でいつもと違うんだ?
そっか、新人が居ないんだ。
<気>が統一しやすくなったのだろう。
こんなにも<気>に支配されるんだなあ。。
不思議な感覚だった。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月15日 (金)

近所の目覚まし時計

ふと耳の奥に引っかかる音。
何だ、このキンキンする音は。。。
信号機の警報音のような注意喚起の音。
頭の奥で反響する。
目覚まし音だ。
いつも11時頃に鳴る。
何処から聞こえるのだろうか。。
階下かしら向かいのご婦人のリビングかしら。
いつも鳴りっぱなしだから、当人は留守なのよね。
Img_1896
留守だから止める人がいない。
2-3分も鳴り続ける目覚まし時計。
その音が永遠の渦に私を引きずり込むようだ。
その内に鳴っているのか、幻聴なのか分からなくなる。

密閉された部屋からの籠った音は、何だか私の心の奥で反響しているようだ。
そのうちに、鳴っているのか幻聴なのか分からなくなる。
まだ鳴っているのか、もう止んだのか。。
全ての事象には意味があると聞いたけれど、
これって<時間>を大切に使えってことなんだろうか。
なぜか<焦り>を引き出す嫌な音。

エンジェル

こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月14日 (木)

電車の中 隣の男子

大柄な男二人の間に静かに座った。
皆着ぶくれしているので服がこすれてしまう。
右は鼻水をすすりながら本を読み、左はスマホを見ていた。
右が下りて、左は静かになったので眠っているのかしら。。
座った時には顔など見てなかったのだが、その座高の高さから青年の顔が見たくなった。
膝までの長さも考慮すると180センチはあるだろうなあ。
m
Img_1760
m
目を瞑っている。
二度見してしまった。
いい顔をしている。。。
微かな巻き毛に上品な鼻筋。まつ毛も長い。
美しい青年だと思った。
彼が立ち上がった。
やっぱり、180センチは越えていた。
正面は見えなかったが、雰囲気からして格好良い子だ。
韓流ドラマばかり見ていたけれど、うちらにだってカッコいいのは一杯いるさ。

エンジェル

こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月13日 (水)

うさぎの人形

友人とは忘れた頃にメールを数回やり取りする。
彼女の娘の話になった。
もう25歳。
会った事はないのだが、写真でみる限り母親似の美人だ。
”生まれた時、あなたからデカいウサギの人形を貰ったのよ。”
えっ? ウサギ?
全く覚えていない。。
”誰かと混同してるんじゃあな~い?”
”えー、覚えてないの?”
そこで写真が送られてきた。
Img_7186soyosoyo_2
絶句。。
凄い。。。
こんな物を私は贈ったのか。。
いやあー、思い出せないなあ。。

でも、眺めているうちにウサギの色が記憶の奥に引っかかった。
私かもしれない。。
包装した記憶がないからデパートから送ったんだろうなー。
m

幸多かれと願いを込めたウサギだったのだろう。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月12日 (火)

三秒ルール

大阪人の同僚に教わった<三秒ルール>。
落ちたものでも三秒以内に拾い上げればダイジョウブ。
そうねえ。
地面に落ちた飴でもふっとゴミを吹いて口に入れてたものだ。
好物のチョコフレークがひざに落ちた。
私一人だし、さっと口に入れる。
Img_2150
m
こんな調子でベージュの粒を口に入れた。
ジャリッ!
無味。
次の瞬間、ゲッと吐き出す。
口をゆすぐ。
それは。。。
トラヨのトイレのヒノキチップ。
トラヨちゃん!何でこんなもんがこの部屋に有るんだ?!
隣の部屋では見かけたけれど。。
”オマエ、こんなもん指に挟んだままこの部屋へ来るな!”
お願いだから、静かに爪を収めて、マットで足の裏を拭いてから歩き出してチョウダイ!

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月11日 (月)

病院の水槽

6週間振りの待合室。
ここの熱帯魚の水槽を見るのが楽しみなんだけど、私はぎょっとして言葉を失った。
何なの。。何でこんな。。色にしたの。
人工サンゴの色が。。
こんなえげつない色を投入するって、綺麗な魚が可哀想。
魚たちが目立たなくなった。
この水槽は定期的に業者が管理しているのだが、
まあ。。業者の趣味の悪い事。
Img_1967
早速、スキューバーダイビングが趣味の看護婦さんに、
”あれナ~ニ!?”
そうなんですよ。。
沖縄ファンの院長先生なのに。。
”先生、趣味ワル~。。”

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月10日 (日)

ねこに起こされる

猫の小さなひと声ではっと目覚める。
多分、それが彼女の第一声だと思う。
そして私が目覚めたことを猫は感知するようだ。
執拗に泣き続ける。
クウーッ、クウーッと唸るように呼び続ける。
Img_2156
ガラス戸の前でひときわ高く鳴く時、私は飛び起きて開けようとするとさっと行ってしまう。
えー、なあに~? 
外へ出たいんじゃあないの?
それならどうして其処で鳴くんだ?
そうよね、出たかったら鳴く必要が無いわねえ。
あなたこの戸を開けられるものね。
初めてスーッという戸の空く音を聞いたときはぎょっとしたっけ。
こんな重いガラス戸をあの小さな手が開けるんだもの。。
そして閉めないから部屋に寒気が入り込む。
私がなかなか起きない場合は、”クウー、クウー” と、だんだん声が大きくなる。
ピアニッシモからフォルティッシモへ音量調節していくところは実に賢い。
それも襖の向こうで。
いつも襖の端は10センチ開けてある。
彼女はわざわざ真ん中の隙間の前で私を呼ぶ。
まるで大奥女中が ”ご主人様、朝でゴザイマス。”と三つ指ついて挨拶しているように襖に平行に座っている。
さっと開けると彼女は身を翻し、私は後について行く。
”オハヨーサン!”
エサは未だ有る。水もある。
なんで私を起こすのだ。。
犬は家族の其々に優先順位をつけて、自分より下と判断することがあるけど、まさか私に対して優越感なんて持ってないよねえ。
もしかしたら。。
私は単におちょくられているのかな。
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月 9日 (土)

怒って言葉がスムーズに出た

今までに強い怒りを感じた事は数回有ったが、何れも事後にジワジワと感じた。
私は反応が遅いようだ。
胸で舌打ちしても、それはあまりに小さくて直ぐに消えてしまう。
怒りなんてそうやって粉砕していけばよいもんだと思う。
或る日、私はその男にパッとクレームをつけた。
工事中の車が道を半分塞いでいた。
私は其処を歩きながら交通整理の男が表示棒を縦に振っているのを見た。
後続の車に”通れ!”とサインを送っているのだ。
なあに??
私は背後にスピードを上げた車のエンジン音を聞きながら、焦った。
車に轢かれた経験があるので、身近に迫ったエンジン音は恐怖なのだ。
私は歩を早めて左側の空き地へ一歩避けて立ち止まった。
車は通りすぎ、私は振り返りその男をぴっと大きく指さした。
まるでクラーク男爵のように。。
不思議。。まるで右腕が独立した生き物のようだった。
指先に<気>が集まった。
”アナタ!”
男は私に気づいて近寄ってきた。
”今の車を止めるべきじゃあないの!?。。 
わたし、 ビッコ曳いて歩いてんだよネー?!
フラフラして倒れたらどうすんのよ!”
大きなマスクをした20代の男は目を見開いて、ひとこと ”スイマセン”と頭を下げた。
その男のびっくりした顔を見て、日本人じゃあないなあ。。
彼は私の言ったことをきちんと理解したのだろうか。。
それともめらめらと湧いた私の怒りに圧倒されたか。。
私は怒ると声が震えてとても喋ることが出来なくなるが、この時はゆっくりと分かりやすく言えた。
こうやって腹の中の怒りも冷静に扱えば難なく話せるんだわ。。
新しい発見だった。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月 8日 (金)

K POP

K-POPが人気だそうだ。
男子も女子も皆可愛らしいけれど、一通り見た後では余り印象に残らない。
全員が酷似している。
女子も、男子も。
もう髪の毛の赤、白、茶で区別しなくちゃあ分からない。
そして歌も似ている。
流行を追いかけているから似てくるんだろうな。
我々がビートルズやタイガーズ、ブルーコメッツに夢中だった頃、爺ちゃんばあちゃんは<理解不能!>と冷ややかな反応だったが、今は私が<理解不能>となってきた。
音楽は大好きなんだけれど、これは生活と流行り歌が繋がっていないからだろう。
青春時代には熱くなれる<その時代の歌手>がいたものだ。

K-POP女子はスタイルが良くて動きがセクシーで格好良い。
そこが日本と大きな違い。
あちらは<大人>を出し、こちらはカワイコチャンをアピールする。
でも、クチパクで面白くない。
尤もあんな激しい動きをしていたら呼吸が乱れて、一定の音量で歌うのは不可能に近いだろう。
彼らのダンスは最高だ。
m甘った
れた
38度線を銃で撃たれながら脱北した若者の理由が”韓国の歌が聞きたい!”だった。
その意味がよく分からなかったが、K-POPを聞きながら彼が命懸けで亡命した理由がこれだったのか。。
彼はK-POPを聞いてとても幸せに暮らしているのかしら。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月 7日 (木)

電車の中 いかした女の子

混んでいた電車で夫婦はドアに立っていた。
2歳の男児は母親へ抱っこをねだった。
丁度その時、席が空いたので、”どうぞ!”と勧めたが結構ですと言われたので私が座る。
次の駅でどっと降りて奥さんは私のふたつ隣に座った。
旦那はベビーカーを持って前に立った。
Img_7219
そうしたら隣の女子が席を旦那に譲った。
まあ。。珍しく気の利く娘だわ。
彼女はスマホで動画を見ていたのに、周りに誰が来たのかをちゃんと把握している。
向かいに空席はあるのだから、別に彼女が譲らなくても良いのだけれど、さっと立ってドア横で引き続きスマホを見ていた。
この彼女、先刻からパールのイヤリングが指摘だなあと思っていたが、それが見事なアクセントになっている。
Img_7220
全身が決まっている。
黒のダウンに膝上20センチのチャコールグレーのウールのスカート。
黒いストッキングに短靴の上に3センチほど出た黒いソックス。
ほぼ黒づくめなのだがスリムで格好良い。
あれ、足元に。。
ソックスの後ろに縦に3粒の真珠が付いていた。
面白い。
お洒落な子だなあ。。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月 6日 (水)

炬燵のねこ

トラヨは炬燵の毛布の隙間に入るのが好きだ。
もそもそっと左から入って膝に乗り、いつの間にか右側に降りる。
そこは部屋の入口側なので私はよく踏んづけてしまう。。

”ギャオッ!” 
”あら、ゴメンナサイ!!”
足を5センチ近づけただけで ”ウウッー!” と唸る。
”踏むなよー!”
microicro
今まで飛び出した事は無いから、、それほど痛くは無かったと思う。
Img_1921
それにしてもよく寝るよなあ。。

私はベッドにもたれてTVを見ていた。
ボーっとしていた。
と、膝の布がピクリと動いた。
そうだ。。トラヨちゃんが膝の上に居るんだっけ。。
忘れていた。
2.5キロの重さを忘れていた。
布がピピッと動いてトラヨがクシャミを数回した。
小さな動物が体全体を震わせてするクシャミ。
その動きがとても愛おしい。

先日は向かい合わせに座っていた。
半眼の顔に私は話しかけた。
”アリガトー! 私の所に来てくれてありがとね。 お前は立派だよ。子供を6匹も産んで育てたもんなー。
私が出来ない事をやってのけたもんねえ。立派だよ。 トラヨちゃん。”
”最後まで面倒を見てあげるから、何かあったらヨシダさんちへ行くんだよ。
分かった?”
話しかけているうちに胸が詰まって涙が出てきた。
そうしたら。。
片目を細く開けて、”ウミャアーッ!” と返事した。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月 5日 (火)

立ち話でキャベツを頂く

お隣さんだと言うのに、年明けて会ったのが一月も後半だった。
新年のご挨拶しましたっけ?
未だでしたね。
”おめでとうございます。”
そこで近況報告となった。
Img_2142
年末の法事の際に頼まれて餌をあげていたグレゴリオが6KGあるという。
えー、うちのトラヨちゃんが3キロ無いのに6キロなんて。。
有り得ないわよ。
”本当だってば、体重計に一緒に乗って計り、それから自分のを引いたんだから。。
貴方も抱いてみれば?”
そんな。。抱いてみればって、エサを上げていても私が近寄ると逃げる猫なのに。
1メーター以内に居たことが無い。
先日見かけて毛艶がとても良いなと思ったけれど。。
突然、”キャベツ要る?”
”要る!”
”こんな大きいのを買っちゃったのよ!半分あげるわよ。”
と直径30センチ程の円を手で描いた。
media
そんなあー!!と二人で大笑いした。
”それじゃあ食べ切れませんねえ。。アッハッハ。”
数分後に届けてくれたのは直径20センチ。
(よく見るサイズだ。。)
彼女は表現がオーバーなんだなー。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月 4日 (月)

友人のアブダビ・ドバイ旅行

自分が知らない国の話は聞きたいものだ。
友人はアジアの国々を旅行するのが好きで、列車で同じような旅行者と出会い結婚した。
”出会いはいつも電車なの。”
Img_8293

年に数回は海外へ出かけている。
これまで一体何か国を旅行しているのかしら。
恐るべし行動力と経済力。
久しぶりにメールをくれた。
アブダビ/ドバイへ行ってきたと言うので、
”どうよ??”
”とっても 楽しかったよー。”
ラクダの肉やミルクを普通にスーパーで売っているのにびっくりした。
(そりゃあ、ラクダを食す文化じゃあ無いからびっくりだわねえ。。)
Img_8314_2
ラクダミルクは軽く塩分があって想像したほど濃厚ではなくスッキリしていた。
物価は高いけど、特別な買い物は無かったので1万円だけ両替えして使い切りました。
(カネモチ金使わずってとこだわねえ。)
お土産はナツメ、 コーヒー、クッキーとほぼ食品。
観光、全食事付きのツアーだったから お金を使う事がない。
(実に堅実だ。。)
Img_8287_2
アブダビのモスクが とても美しくて、最高の夕暮れの写真が撮れました。

2020年にドバイ万博が有ると言ってたから、チャンスが有れば又行きたい!
凄いなあ。。またイキタイって。。 
ドバイだよ。。
持つべきは旅行好きの友人だ。
実に楽しそうでわくわくする。

エンジェル

こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月 3日 (日)

水彩画教室 正月物の仕上げ

余り気の乗らないテーマだった。
何事も興味が湧かないとダメだなあ。。
所詮、私の興味なんてその程度のものだ。
Img_2301
参加者9名が順番に先生のアドバイスを聞きながら加筆してもらう。
全員の作品に色が加えられ、あれよあれよという間により立体的な絵に変貌していく。
この過程を見学するのは実にオモシロイ。
段々<絵>らしくなってくる。
でも、もう一年もそれを見てきたというのに実際に出来ない。色を置く度胸が無いと言う事だろう。
もう。。センスの問題だ。
”この光は何処から来ているの ?”
この角度で入光したなら、こちらの影はもう少し上からになる筈デショ?
(ふむふむ。。)
Img_2305_3  
”絵には<汚い>部分がなくちゃあいけないんだよ。”
センセ、汚いって<影>の事ですか?
”否、影は明暗だろ。<汚い>部分なんだよ。”
(ワカリマセン。。)
そこでプロの<持論>の話になる。
”こう言えばああ言い返すだけの論理を説明しないとね、潰されていくんですよ。 ”
(へえー、プロって凄いなあ。怖いなあ。。でも。。ただの屁理屈ジャアネエカ。。)
先生はプロの<持論>とやらを一生懸命説明してくれたけど、何を言っているのかさっぱり分からなかった。
結局、先生が描き込んだ<汚いもの>って、影じゃあないか。。
(ああ、ワガンネエ。。)

エンジェル

こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月 2日 (土)

ラーメンを食べながら

休憩室で60代後半の夫婦がそれぞれインスタントラーメンとおにぎりを一個ずつ食していた。
(結構 食べるんだなア。。)
会話が途切れ途切れに聞こえてきた。
”ニッシンだろ。。5000万円。”
”たった5千万?” と奥さんが二度繰り返した。
”たった五千万円 ?”
Img_1506
何の話だろう。。
そんな金持ちなのかこの夫婦は。
奥さんは白髪混じりの髪をきっちり束ねて、化粧も濃くきつい顔にみえた。
たった5千万円。。
どうもインスタントラーメンを作った男の話らしい。
そっか、TV番組の話か。。
それにしても
たった5千万円というオクサン。。
”たった400万円で。。” と鼻でせせら笑うだろうなあ。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2019年2月 1日 (金)

小さなカリンを拾う

小学校の前の家。
駐車場の屋根に被る様にカリンが100個ほど生っていた。
”見事だわー。”

いつの間にか数も減り、 葉もごっそり落ちて残った実が寒々しい。
車の鼻先に小さな黄色い実がぽつんと落ちていた。
あら。。
綺麗な黄色。。
柱の陰にも一個落ちていたが、敷地に入るのは止めた方がいいなあ。。
Img_1821
屋根に落ちたカリンが植え込みに溜まっていた。
5-60個あるかな、8割は茶色に腐っていた。
まあ。。勿体ない。
一昨年にジャムを作ってみたが、果肉が多すぎてざらざらして食べられなかった。
そうだよなあ。。
失敗したんだよなあ。。
Img_2296
mm
初めてカリンジャムを食べたのはブエノス アイレスだった。
その透明な黄色のジャムは甘みと酸味があってとても美味しかった。
さあ。。
この一個、どうしようかなー。
抜け落ちた穴からは甘い香りがした。
水仙と同じく香りを楽しむとしよう。。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »