最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

« 朝起きたら足首が痛い | トップページ | 話しかける癖がついた »

2019年1月 8日 (火)

正月の電車 座る夫たち 

太目の50代の男がさっと乗ってきて、荷をガツンと網棚に置いた。直ぐ後から奥さんが乗ってきた。
男は向きを変えててっきり彼女に席を譲るのかと思ったらそのままどんと座った。
あら、まあ。。
 
帰りの電車では30代の親子づれ。
二席空いていた席に父子が座った。彼らの隣にはイヤフォンの男が前屈みでスマホを見ていたから彼らに気が付かない。
何れにせよ彼の隣が空いているので奥さんは座りたかったら其処へ行けばよいのだが、彼女はずっと子供の前に立ったままだった。
まっ、座りたくないのだろう。。
Img_9811
前の席に初詣帰りの婦人。
淡いサーモンピンクの着物に同じくピンク系の羽織。
白髪の二束が額に大きくほつれているのにぎょっとした。ピン止めを使えばいいのに。
白髪はどうしても老いた印象を与えてしまう。特に乱れた白髪は。
別に何を着たって本人の自由なんだけど。。やっぱり似合う似合わないはあるよなー。
暫くして隣と入れ違いに乗車した70近い男がちらりと後ろを向いてから座った。
なんだ。。奥さんが後ろから乗車した。
彼女は二つ隣の空席に向かった。
丁度その時、反対側の高校生がその席めがけて動いていたが、彼女を見て元に戻った。
若者よ、なかなか宜しいリアクションだ。
そして、先に座った旦那サマ。
どうして私の隣を奥さんに確保してから向こうの席に行かなかったのかなあ。
なせ先に座るかなあ。
優しさは人それぞれ、日本男子が優しくないとは言わないが気が利かない。
本当に奥さんに労りの想いを持っているのだろうか。。
たかが座席、されど座席。
実際、女の方が長生きするから<か弱い>という発想は不当かもしれない。
女は都合の良い時だけ女を主張するが、男は女を守るもの、女は守られるものという古いイメージの私には不思議な光景だった。
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

« 朝起きたら足首が痛い | トップページ | 話しかける癖がついた »

電車内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正月の電車 座る夫たち :

« 朝起きたら足首が痛い | トップページ | 話しかける癖がついた »