最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« ドラマの主人公になった瞬間 | トップページ | しもやけになった »

2019年1月13日 (日)

太極拳 初稽古

3週間振りの稽古。

先生は笑いながら、”久しぶりですから間違えても構いませんよ。ゆっくりやりましょう。”

なんて優しい先生なのだろう。

先生から恒例の<お年賀>を頂く。

紅白のひよ子。

Img_1845

これを見てやっと<初春>なんだと実感した。

いつもは24式の<白鶴の舞>を”G線上のアリア”か”島唄”でするのだが、

”この曲は<飛翔>と言う題で、新年に相応しい曲にしました。鶴が飛び立つような気持ちで演じましょう。”

そして二回目には心機一転幸せな年が過ごせるようにと、”私が生まれた時”と言う曲を流した。
先生はいつも工夫をしている。

のgmだい

第一回目の部分稽古は24式の最初の型から始まった。
時間が押してきたので新人2名だけが先生に見てもらうことになった。
通常は2グループに分かれて見てもらうのだが、私はいつも両方に加わる。

当然私も一緒にやろうと思ったら、先生が声を掛けてきた。
”アンヘラもしますか?”

”ハイ!”。

でも、この二人と練習していたら私までポーズが分からなくなってしまった。
やっぱり<出来る人>が居ないと共倒れだ。

先生が、”足は踵からつけるんですよ。”

私も足の裏全体をペタッとつけて注意を受けた事を思い出した。。

そうしたらあの<否定女史>が、
”カカトが痛いんです!!”
”膝も痛いし、踵も痛いし、私、オボエが悪くて。。”

やれやれ、一度くらいひとこと”ハイ”って言えないかなあ。。

media

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

« ドラマの主人公になった瞬間 | トップページ | しもやけになった »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太極拳 初稽古:

« ドラマの主人公になった瞬間 | トップページ | しもやけになった »