最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

どういう年だった? と聞かれた。

どういう年だったのだろう。。
<災>という字に<悲>が加わる年だった気がする。
‐ これから頼りになる先輩だと尊敬していた方がいなくなった。
何だか。。
肩透かしを食らったようだった。

友人がしみじみと ”人は死ぬのよねえ。。”
‐ パソコンのキーボードの一部が反応しなくなったが、今のところ数字のボードで代用している。

‐ 台風が相次いだのでタイミングを逃し、沖縄に行けなかった。
Img_2292
‐ 先週、友人のゴスペルライブに行く途中カメラを壊した。
何で今?
ネットオークションに参加したが終了間際に10人がドドッと駆け込み、”もう駄目だこりゃあ。。。”
久しぶりにイラッとした。
私は急いでいるのだ。。
そう言えばあれは10月に購入したばかりで、今回も<中古>を購入してしまった。
<安物買いの銭失い>という言葉が浮かんだ。
連休に注文して、納入に3-7日掛かるという。
(年が明けてしまうではないか。。)
嬉しかったことってあったっけ。。
‐ シシリアへ旅行した。楽しかった。
‐ 幸い私も猫も大病はしなかった。
‐ 習い事の仲間や年少の友人たちは皆、つつがなく過ごしている。
 東方神起のコンサートが見られた。
  USAの友は<東方(苗字〉神起(名)クン>と思っていた。
  
‐ そうだ!正月に1000円を拾い、宝くじで3000円当たった。
―m

そんな中々の一年だった。
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月30日 (日)

電車のホームで

大手町駅構内が暫く工事中で、たまにしか利用しない私は、
”あれ、天井が付いた。。”
少しずつ出来上がっている。
先月の駅構内はとても暗かった。
3.11以来東京全体が暗くなった。
暗い地下鉄の壁面に黒い壁が増えて、いつも墓穴に入ったような気がする。だから早く明るい所に出ようとさっさと移動する。もしかしてこういう心理を狙ってのデザインだったのだろうか。。
Img_1676
暗いホームに降りると気が滅入った。
壁はコンクリートがむき出しだから殺風景。
ベンチに二名座っていた。
若い男子の方に目が止まった。
ベンチで寝込んでいる人はたまに見かけるが、彼にはそれほどの脱力感は感じられない。
うつ向いているのだが、寝ているような弛緩もない。
長い前髪で顔がよく見えないのだが、どこか違う。
眼鏡?
サングラス? 
夜の10時にそれはないよなあ。。
立ち止まって顔を凝視した。
んっ? あれは。。
アイマスクだ。
地下鉄のベンチでアイマスクって。。
全ての光を遮断したいのか。
精神的な疲れの方が大きいのかなあ。
若者よ、ガンバリヤ!
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月29日 (土)

ハンバーガー屋で

時間つぶしに入った。
5歳くらいの男児がゲームをしていた。
見るとはなしに見ていた。
180度ぐるりと動いては何かの作業をする。床面の設定をこまめに繰り返す。
へえー。。目まぐるしい作業をするんだなあ。
主人公は地下の部屋に降りる。
右の部屋をちらりと覗いて戻り、正面の壁面の梯子を上る。
一体どこまで登るんだろうと思ったら屋上に出たようだ。
其処からは野原とその向こうに海が見える。
どうやって降りんのかと思ったら一挙に飛び降りた。
(まあ。。怪我しないのかしら。。)
上手い具合に着地して野原の真ん中を掘っていく。
Img_2271
ラビリンスを作るの?
彼はきっちり正方形に地面を切り取った。
(案外、保守的なんだなあ。。)
地面をまた削ったりして、なかなか海に向かわなかった。
削った地面をまた元に戻したりして、私も退屈してしまった。
母親も戻ったのであんまりじろじろ見ては失礼だろう。。
戻った母親が、
”ねえ。。それ池でしょう。池に豚さんや牛さんがいたら溺れちゃうでしょう?ヘンだよ。”
その言葉にぎょっとして画面を見たら、掘り起こした穴に水を溜めて動物が完全に水中でバタバタしている。
子供は、”これでいいんだよ。” 
憐れむ心って幾つから芽生えるんだろうか。
子猫を見てカワイイとか、水の中では溺れるという<常識>って何歳から持てるのかなあ。。
右隣に父娘がやってきた。
父親は30代前半で不思議な程の優しい言葉遣いに思わず振り返った。
”ちょっと、取ってくるからね。”
娘がちらりと見えた。
5歳くらいでその表情が大人びてぞっとするような美形だった。
が、どこか違う。
視線が合ったがその目は何の感情もなかった。
障害があるようだった。
父親は愛おしそうにフライドポテトを食べさせた。
帰る段になって、彼女の腕をしっかり押さえて歩く。彼女の足元が覚束ない。
体型は年長のようなんだけれど、全体的に虚弱な操り人形のような子だった。
父親は店を出て、大きめの娘を抱きかかえた。
美しい娘だった。
色んな子供がいて、いろんな人生があって、悲しいような、あったかいような変な気分になった。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月28日 (金)

辛い12月

母の13回忌があった。
もう13年なのか、未だ13年なのか。
毎年、12月になるとあの時の<追体験>が始まった。
ああ、この日に母は倒れた。
翌日駆け付けて、姉たちとゆっくりお茶を飲んだ。
なぜかホッとしたのを覚えている。
三日おきに二時間かけて病院へ行った。
翌週は仕事の後で乗った電車二本が人身事故で止まった。
なんて日なんだろうと泣きたくなった。
昏睡の母の頭にお守りを当てて必死で祈った。
これで詰まったものがスムーズに流れはしまいか。。
奇跡が起きるんじゃあないか。。
週二回の病院通いは肉体的にも辛かった。
Img_1415
”ツライ!”と友人に言ったら、
”ダイジョブダヨ。長くは続かないから、直ぐに良くなるから。。退院後の対応を家族で話し合えばよいのだから。”
そうね。。
友人の言葉通り長くは続かなかった。
二週間目に会社に連絡が入った。
葬式までは足が地についていなかった。
悲しいという感情さえも湧いてこなかった。
今から思えば心が体から離れていたようだ。
その半年前から彼女に付随した問題で嫌な思いをしていた。
悲しくて、悲しくて、悔しくて、悔しくて、将来の不安ばかりで胸が一杯になった。
二年後に、”ああ、シニタイ!” と口走った自分に驚いた。

でも、今年は命日が時々頭から消えていった。
あと13年も経てばすっかり忘れられるのかしら、
それともずーっと消えないのかなあ。。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月27日 (木)

恒例の忘年会

まあ。。もう一年も経ってしまったのねエー。。
この一年会わなかった<親友>たちとの忘年会。
ひとりは仕事で来れず、3名の予定だった。
ホストにはホストの都合がある。
指定時間より早く着いたら迷惑だろうとマクドで30分時間を潰してから伺ったら、

”A子がダウンして来れなくなった。。。”
えーっ?
”A子のことだから最後まで頑張ろうとしたんだろうけど。。”

ダイジョブかしら。。
そこで二人で忘年会。
シャンペンで乾杯してお互いの手料理を頂く。
Img_2202
m 
当然、我々の話す<持ち時間>が増えたので、普段聞けないことも思いっきり聞いてみた。
あれはどうなの?
これはどうなの?
友人達が飛びつきそうな話になった。
モトカレと再会したというのだ。
そう言えば、不参加だった同窓会で元カレが相変わらず素敵で彼女の話をしていたというのを思い出した。
そのうちに直接連絡を取るようになり、二人だけで会ったという。
へえーー。。
凄い度胸だわ。。
流石に緊張して前日は体調を崩したとか。
当日、中々現れないのでメールをしたら、”いま、トイレ。。”
ここで大笑い。
やっぱり二人は緊張していたのだ。
似たもの同士ってことだわ。
で、数十年ぶりで相手の顔を見られた?
”いや、どちらも暫く目線を合わせられず、あさっての方を見て話した。。”
笑っちゃう。。
何だか。。
すっごく微笑ましい。。
嘗てご縁があった人と30年ぶりにお話が出来るって素敵だ。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月26日 (水)

臨床美術 年賀状作成

今年も最後のクラスは年賀状。
テーマは<雪>です!
(イノシシは描けないもんなあ。。)
Img_2217
色紙にアクリル絵の具、白いファイバーを塗っていく。
”その上に線を引きま~す。”
センセイはいつもマジックのように色んな物を出してくる。
(採算取れているんだろうか。。)
m
Img_2226
mm
”はい、金沢の銀箔です。”
えっ、ギンパク !?
(本日の料金が少し高めなのはこのせいか。。)
Img_2228
でも、銀粉にしたら細かすぎて見えなくなった。
おまけに糊への付きが悪くて、一吹きしたらパッと飛んで行った。。
(存在感が無くなった。。)
欠片を貼った方が良かったかなー。。
Img_2238
千代紙の様に仕上がったのを切り取ってハガキに貼る。
賑やかな色が春らしく感じられる。
手持ちのスタンプを押しまくって完了。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月25日 (火)

メリークリスマス

世界の人が幸せで有りますように。
Img_1139_2

Img_1140

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月24日 (月)

赤いクリスマスツリー

1. 赤いクリスマスツリー
Img_1432
 Img_1856
  2. 集合 
  こんばんわ!
  やあ!
  元気だったかい?
  ああ、元気だよ。

m
Img_1858
   3. 打ち合わせ
  
  ふむふむ。。
  君の担当はどこ ?
  アフリカ、アメリカ、ペルー、オーストラリア、インド、etc.
  僕は<日本>だよ。
Img_1845
   4. 解散
  
  遠いなあ。。
  トナカイと頑張ってこいよ!
  わかったぜ。
  じゃあな。
mm
Img_1846
   5. 出発
  
  イヤッホー!!
 
  走れよー!!
Img_1847
   6. 駆ける
  
  日本は遠いなあ。。
  もう少しだよ。ダイジョウブかー。
mm
mm
Img_1848
   7. 到着
  
  えーっと。。
  ここは4階だよな。。
 
  トナ公、待ってろよ。
  分かったよ。
Img_1849
   8.三田さんち
  
   皆、寝ているな。
   ( コンバンワー。。)
Img_1850
   9.手紙
  
  えっ? ボクへの手紙?
  ”サンタさん、ボク、サンタさんの赤い服が欲しいんだ!”
  ふむふむ。。
Img_1853
   10.プレゼント
   
   そういうことなら。。
   シャアナイカ。。
 
   ほら、トラヨちゃんにもカメタロウにも持ってきたよ。
Img_1854
   11.帰還
  
  ヘーイ、クション!!!
 
  (さみい。。。)
m アホか?
Img_1855
   12.打ち上げ
 
  オツカレ!
  乾杯!  乾杯!
 
  無事済んだぜ、良かった、良かった。
  また来年な!!
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月23日 (日)

太極拳の忘年会

事前にメニューを選択した。
天ぷらかカキフライ定食。
あのでっかいカキフライに昨年は感動したものだ。(写真は別物)
10人掛けテーブルが2列、二名は四人掛けの相席テーブルとなった。
Img_6087
”新人が二人だけぽつんとそんなところに座るのは良くない !”
と誰かが言い、そうだそうだ、こっちへ寄りなさいと提案したが、例の否定女がああだこうだと強く断った。
それを聞いて思わず隣と顔を見合わせてしまった。
あの人。。いつも否定的ですねえ。。
”そうなのよ、メンドークサソウな人。”
ありゃあ、ダンナさんが大変ですねえ。。
なんだ。。皆感じる事は同じか。
たまたま本年大きな変化があった3名と一緒になった。
二名は連れ合いを送り、一人は旦那が大手術をして余命宣告を受けている。今、一番つらい時だろう。
この彼女は3か月間クラスを休んだ。
それを振り返って言う。
”心が病気だったの。。”
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月22日 (土)

水彩画教室 アクリル絵の具

クリスマスのリース。
先生の作品が素敵だ。
ぺったんこの板のリースも可愛らしいものだ。。
Img_1126
其々が好きなように描く。
リースと板のサンタを仕上げた。
てm
Img_1143
次回は仕上げだと言われたが、で私は完了してしまったので次に何を描こうかしら。。
愛する犬も猫も自分も描いたし。
Img_1134
赤い絵の具を見て思った。
そうだ、先日見た陵王を描いてみよう。
Img_1145
絵を描くのにはエネルギーが要る。
集中しないと続かないし、この<集中>する時間がだらけた毎日の中でなかなか作れない。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月21日 (金)

流行語大賞 サクラダ問題外の変

今年は<災>の文字が選ばれた。
なるほど。。
振り返れば後から後から悲しい事が相次いだ。
笑えるような楽しい事って有ったかしら。。
m
先日、記事を読んで大いに笑った。
腹の底から大声で笑った。
<桜田問題外の変>
m悲しい
そして今日、また笑った。。
英語が出来ないから総理大臣は目指さないそうだ。
m
なんて面白い人というべきか。
なんて軽い人なのだろうか。
こんな人がダイジンか。。
昔は<大臣>と言えば天下を取った人のようにジイちゃんたちは話していたけれど、<大臣>そのものが軽くなったようだ。
ダイジン、あと二年あるじゃあないか。。
さっさと勉強を始めればいいじゃあないか。
一日一語覚えたら年間で360の単語を覚えられる。
(これは先日の韓流ドラマのセリフ。)
ファイティ!
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月20日 (木)

水彩画教室 展覧会と神宮外苑散策

午後から丸善の展覧会へいく。
今年最後のクラスだから、まあ、忘年会みたいなもんだろう。
5名参加。
永山先生はいつ見ても水彩画とは思えないほどリアルで幻想的だ。
同じビルの5階で食事をする。
待つことが嫌いな我々は空いてる和食の店に入ったが、入ってびっくり。
その奥行きの長い事。
まあ。。大きな店なんですねえ。
ひとりが神宮外苑のイチョウ並木を見たいと言い、”では行きましょう!”。
Img_2139_2

青山通りに出て方向が分からない。
私は直ぐ人に尋ねるがどうして彼女たちはそれを良しとしないのだろう。
分からなければ聞けばよいのだ。
目の前の交番に尋ねた。これほど格好の場所はない。
50代の警官が、
”もう、枯れちゃったよ!あっちだよ。。”
そうね、8割が落葉していた。(枯れると言ったおまわりさんの表現は正しくない。)
でも、余り期待していなかったせいか誰も落胆はせず、
”これが全て黄色だと思えばいいのよ!”
AB型とB型のせいか気楽である。
”この辺りが<相棒>なんかによくでてくるのよねえ。”
そーよ。。アイボウが歩いたんだ。
”あの角の店も良く撮影で出てきますよ。”
へえ。。
お茶を飲みに入る。ずーっと話し込んでついでに夕食もとる。
長テーブルの半分に男どもが6名ドバっとやってきて、何やら書類を取り出して仕事の話をしていた。
話題に上る会社名は聞いたことがない。
アベさんだの、32億円だの。。
聞いてるこちらの想像力を掻き立てたが、そのうちに一人が怒鳴りつけるように”心配はしなくていいんだよ!”と言ってお終いになった。
変な連中だ。
こんなクリスマスカラーの薄暗い恋人同士が来るような店で書類を見るか?
私の隣にいた若い兄ちゃんはジャンパー姿で脚を投げ出してずっとスマホを見ていた。
いつの間にかいなくなって、仲間が ”あの連中はなあに? あの若いのは何だろう?”
運転手?
いや。それにしちゃあ態度がなってないわよねえ。
へえ。。皆、きっちりと観察していたんだ。。。
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

フリーマーケット

前回、他の物も持ってこいと言われたように<小物>を持っていく。
出がけに猫がスーツケースの上にちょこんと座っていた。
頑張ってね!と言われた気がした。
早めに着いて並べていたら、”オハヨーッ!”
振り向けば前回の駅前広場の男。
まあ。。
別に顔見知りなんかになりたくない男。。
幸い場所が離れているので話の相手をする必要も無かった。
近くの2名のご婦人たちと話をする。
”売れてる?”
なかなかですねえ。。
”こういうところで結構買うのよ。”
彼女はキモノや帯でバッグを作るので、あちらこちらのフリマで材料を仕入れるという。
私は帯で作った袋を購入した。
これにお絵かきの道具を入れよう。
Img_1707
我々3名は仲良く話が弾んだ。
一人が飲み物を差し入れてくれ、もう一人がお煎餅をくれた。
二人ともおにぎりを持参していたが私は端から食べる気は無かった。
そうしたら、”私のおにぎりを半分食べませんか?”
いやいや、結構です。
そろそろ店終いの人が出てきた頃にお互いのプライベートが話された。
どちらも寡婦。
Aには障害児がいる。
Bは今年が旦那の七回忌なんだけど、
”この7年でお線香をあげたのはたった2回ヨ!”
それを聞いてAと絶句。
(ナンダ?何があったのだ。。)
見合いだったの? 恋愛ケッコンだったの?
”結婚しなかったらコロサレルと思ったの。。”
えっ? それってDV?
(またもや絶句。。)
どうも大袈裟でも冗談でもなさそうだ。
最後に、”でもね、ボーイフレンドは居るのよ。 もう30年来の。。”
(絶句。。。)
それって。。フリンしてたってこと?
”そう。私ね、地獄に堕ちるのよ。奥さんに訴えられたら私が賠償金を払わなけれはいけないの。”
それはないですよ。Wフリンなんだから、旦那だって半分の責任はあるし。。絶対に奥さんにばれてはいけないわねえ。。”
それにね、殆どの人はそもそも<地獄>に堕ちるらしいですよ。
寂聴さんが仰るには、
”どうして皆 天国へ行きたがるの? 誰も居ないわよ。”
70歳半ばの婦人が”ボーイフレンド!” と言った時、ニコリと笑って<女>の表情が前面に出た。

どうして彼女は見ず知らずの我々にそんな事を告白したのか。。
二度と会う事も無いかもしれないけれど、色々と情報を教えてくれた。別れ際に”また何処かでね!”と挨拶した。
別に再会しようがしまいが、彼女は今幸せだと言いたかったに違いない。

あの微笑みはぞっとするほどの自信に溢れ、彼女は美しかった。
愛される人が持つ自信かな。。
でも、この年で今更人を傷つけてはいけないよな。
m確か
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月19日 (水)

公開講座 音の話

実験が売りの講座だったけれど、超音波で紙が揺れるのってそんなに 目新しい事ではないし、助手の学生たちもモタモタしていて<実験>のワクワク感はゼロだった。
実験と言えば、高校の頃は先生に近い私がよく試験管を持たされて、ボンという破裂音に周りがびっくりしてたっけ。。
聴講生はシニアーが7割。
皆、実験に興味もなさそうだった。
Img_1636_2
<江戸っ子一号プロジェクト>で深海7800メートルでの映像を見せられたが、何がその評価対象だったのか。。
魚群探知機は昔からあるのでその音源の位置の話なのか、水圧に耐えうる器材を作ったことなのか、その評価の対象がよく分からなかった。
mている
後で調べたら、<産学官金連携で水深7800Mでの生物の3Dハイビジョン撮影に成功して深海探査機の開発を進めたこと。>だそうだ。
探査か。。
あの白っぽくユラユラした魚は食べられないしなあ。。
音源に超音波を加えると音が増幅する。
ふむふむ。。
これってそんなに凄いことなのかなあ。
何もわかっていない私だから驚きもなかった。。
さっき、アルゼンチンの友人のブログを読んで笑ってしまった。
著名な人の言葉で、
”理解できなくても説明を聞いて理解する人はいるが、説明を聞いても理解できない人は何を聞いても理解できない。。”
(あ、私の事だ。。)
なんだろうな。。
教授は手渡されているテキストを読むだけで机とスクリーンをうろうろする。
口でモゴモゴ言うのが聞き取れない。
それって私の聴力の衰えかなあ。。
退屈だなあーと思っていたら、数名が途中で退出した。
こんなの初めて。。
(あー、やっぱり面白くなかったんだ。。)

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月18日 (火)

額縁を頂く

太極拳の仲間と絵の話をしていたら、
”主人の額縁が沢山あるからあげるわ。”
その時に初めて、あ、夏の黙祷はこの方のご主人様だったんだ。。
m
”主人が勝手に入院を決めちゃってね、それが年末からなのよ。”
とぼやいていたのを思い出した。
退院後は自宅介護で忙しく、クラスも途中で帰ったりしていた。
翌週に額縁を3個くださった。
2個には絵が入ったまま。
Img_1466
ほう。。
墨彩をやっていらしたんですね。

そこで、数名が絵を囲み暫くご主人の話になった。
夫婦で絵を習っていて、彼女は私と同じ絵画教室に参加していたという。
以前は殆ど話をしたことが無かったけれど、彼女は饒舌になっていた。
こうやってご主人の話をするのは供養になるから良かったなと思った。
”いいのよ、捨てるなりしてチョウダイ。 貴方の絵の下に敷いたままでも良いし。。”
でも、面識もない方の作品を頂いてもアタシャどうすりゃあいいんだ。。
捨てるにも気が引ける。

A女史に話したら、
”気にしなくていいのよ。 私も同じように頂いたの。 入れ替えてもいいのよ。。”

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月17日 (月)

電車をまた間違えてしまった

えっ?
また、間違えた?
先週反対方向に乗ってしまったばかりだった。
たまたま二駅目で気が付いた。
駅名が視野に入った時に、”んっ?”、頭が混乱して思考が一瞬止まる。
何でこの駅 ?
ここは国立劇場への乗換駅。
<ワタシハ誰、ここは何処?>状態に陥る。
こういう時、<現実>に戻るために先ず考える手順は、

今は昼か夜か?
”ワタシハこれからどこへ向かっているのだ?”
キタク? 
(そう、今は夜の筈で私は家へ帰るのだ。。)
何とも情けない話だが、友人の親たちの痴呆の話が段々身近になってきたのだろうかと愕然とする。 
Img_1672
お喋り好きな私は”あなたはチホウにはならないわよ!”と言われる。
自分もそうだろうなーと思っていたけど、なんだかヤバいかもしれない。。
叔母や叔父は80代後半でチホウが酷くなった。
”ボケたが勝ちよ! だって迷惑をかけているという認識がないんだから。。”
憎しみ、怒りを生む記憶そのものが消失するのだから、有る意味では楽な状態なのかしら と友人たちと笑いあったけれど、当人は記憶が消えたその瞬間、今の私の様にオロオロするのだろうか。
それを想像すると、やっぱり辛いだろなあ。
m

何度も通った駅のホームでどうして<反対側>に乗ってしまったのか。
私は講義を聞いた後で楽しくて興奮状態だった。
今後は先ず方向確認をして、それから楽しかったことを電車の中で思い出すことにしよう。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月16日 (日)

公開講座 微生物の話

講座開始の3週間ほど前にお知らせメールが入った。
(へえ。。珍しい。。人数が集まらないのかなあ。。)”
いつもと違うキャンパスなので当初は興味は無かったのだが、折角だし散歩がてらに聞いてこようかしら。。
豊洲はもう下町ではなく、モダンな街だった。
マンション群が駅前に広がり、それに見合ったゆったりした公園の木々は紅葉の終わりだった。

こんなステキなキャンパスで勉強できるなんて。。
羨ましいなあ。。
m提出
Img_1605
”大阪弁で失礼します。”
先生のこの第一声で私は楽しくなった。
ユーモアのある人には魅かれる。
単に教材を読むだけでなく、話が面白くて講義の中身が膨らむ。
先生にも<話術>が大切だ。
オチがあって笑いを入れてくれるのだが、生徒の反応がいまいち鈍い。
なんで反応しないんだろう。
東京のシニアが退屈というわけではないのに。。
ノリが悪い。
こういう点がオオサカジンに嫌われるのかも。。
腸内環境を改善する話。
先生が”ボク、驚きました。。”
”ショウチョウと言ったらそれが腹のどの辺にあるのか知らない生徒がいた。ダイベンとショウベンンを知らない生徒がいたんです。。”
全員が絶句。
全く、先生ならずとも驚きである。
(大丈夫かいな、このガッコウ。。)
ある種の微生物は金属を取り入れる性質がある。放射性物質を取り込むと言われたひまわりの効果はあまり無かったようだが、現在研究中であるとのこと。
金属の腐食や福島の原発まで、微生物が見えないところでひっそりと活動しているのに神秘を感じる。
”人間は大威張りしてこの世を収めているようだけれど、微生物は凄いんです。。”
中身の濃いお話で最後に質問が相次いだ。
特に福島の放射能の質問が多かった。
皆、もどかしいのだ。。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月15日 (土)

ねことブレスレット

最近外出時にブレスレットを二本付ける。
ヒスイとヒスイにラジウム石を混ぜたもの。
,
どちらも台湾で買ってきた。
お守りみたいなものだ。
Img_1073_2
ベッドに寝ていたトラヨの傍に外して置いた。
目線の隅で何かが動いていたので振り返って、私は大笑してしまった。
あの小さな輪に右足をそっと入れていたのだ。
あーた、そこに足を何本入れる積りなの?
(両足入れられたらタイシタもんだけど。。)
れm
Img_1075_2
ねこは両足は無理と判断したようで、爪で引っ掛けて持ち上げては噛み始めた。

だめ! とらよちゃん。 ヒスイに歯を立てたら折れますよ! あなたの歯が!!

何度も同じことをしないの!
猫が楽しんでいる時って、小首を傾げて目を見開いて実に興味深そうな表情をする。
それが私に笑いをもたらす。
極上の笑いだ。
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月14日 (金)

公開講座 語学ボランティア 最終回

A子は鶴模様のとてもステキな風呂敷を持参した。
。m
前回、エジプト人とおせち料理の話をしていたB子は立派な重箱。
現在は既製のおせちを購入し、価格は5000-1万円以上と言う話に留学生たちは驚く。
m
”スーパーで小分けで売っているから、好きな分だけ用意すればいいのよ。”
Img_1575
そしてC子はソロバンを2本持ってきた。
計算の速さにびっくり。
”計算機と算盤とどちらが早いか?”
我々は”そろばんだよ!”
では、試してみましょう !
B子が二桁の数字を読み上げたが、たった五個だったので暗算が一番早かった。
次にソロバン。
Img_1579
私は数珠を持参した。
海外で一番多く受けた質問は”仏教について”だった。
”あれは宗教じゃあなくて哲学なんだよ”と彼らに教えられた。
<色即是空>という言葉は知っていても、その意味はよく分からなかった。
でも知らないと答えると単なるアホと思われるので、私はテキトーに答えたものだ。
宗教の話はタブーというが、それは間違い。
相手の信じるものを冒涜してはいけない、相手を敬うことが大切なのだ。
隣のテーブルでは御朱印帳を拡げていた。
Img_1576
全員がしっかり勉強してきた。
学ぶっていうのは自分で調べた事が頭に残るってことなんだろうなあ。
最後に ”Kickstarter Course” の終了証を頂く。
Img_1583
帰り道、風呂敷のA子が、
”私はアメリカ駐在中に若くして旦那に死なれてね、それから銀行で働いたの。だから完全な主婦でもなければキャリアーウーマンでもないのよ。B子やC子のようにマダムではないのよ。。”
と、何かにコンプレックスを抱いているような口ぶりだった。
”何を仰いますか、皆さんは<マダム>でとっても素敵です。
あくせくしているのは私ですヨ。。”
あー、いろんな人生があって、ご苦労をされて来たんだなあ。。
以前、友人の母親に言われたことがある。
”人の話は聞いてみるものよ。”
ホント。。聞いてみないと分からないものだ。。
m事がある
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月13日 (木)

最近不思議でしょうがない

法律に従っていくと、
走行していなかった、速度がゼロだ、たった2分の立ち話だ、
なんだかんだ。。
ああだこうだ。。
器物損壊罪
危険運転致死傷罪
監禁致死傷罪。。
暴行罪
強要未遂罪
何を言っているのだろう。
あんなことをした男がさも自分は正しいと言わんばかりにへらへら喋っていたのをよく覚えている。
根性のひん曲がった奴が高速道路で車を止めさせて、その夫婦を殺した。。
友人が言う。
”殺人罪じゃあないか。。”
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月12日 (水)

ノーベル チョコレート

ノーベル チョコレートを頂いた。
”これはノーベル博物館でしか買えないのよ。”
Img_1166
まあ、オモシロイ。
蓋の中央が透明でメダルが見える。
とてもお洒落な缶だ。

ラップはスエーデン国旗色の紐で結ばれ、これを見るとアルゼンチンのサッカーチーム、ボカジュニアを思い出す。
彼らがクラブの色を決める時に、
”ようし、最初に港に入ってきた船の色にしよう。。”
それがスエーデン国旗を掲げていた。
m
厚めのブラックチョコレート。
水彩画の仲間に配った。
m
本庶先生も沢山お買いになったとか。
立派な人は顔つきも素晴らしい。
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月11日 (火)

公開講座 語学ボランティア 日本の物を説明する

最終回は日本的な物を持参してその説明を3分でする。
何にしようかしら。。
浴衣を持ってきて3名の女性にそのままあげようかしら。
でも、3分で着せて説明するのは無理だ。
教室で話すという事で必死に練習を重ねた。
ちゃんと言えるかなあ。。

Img_1577
教室で話すと言えば、以前、ブエノスアイレスの大学生のバス旅行に参加した事があった。参加者は学生とその友人達でバス2台で南部の風光明媚な保養地(バリローチェ)へ出かけた。
中に小学校の先生がいて、”日本について話をしてくれないか?”
今思えば超へたくそな幼稚園レベルのスペイン語で話すことになった。
あの時は漢字・ひらがな・カタカタを説明した。
30分くらいだった。
私には話せなくても黒板に<書く>という強みがあったので、緊張することなく漢字の意味・読み方を話した。
子供たちは<線>を集めた漢字や、くねくねしたひらがなに眼を輝かせていた。
私が初めて接する日本人だったのだろう。
この時、先生って素晴らしい職業だと思った。
大勢の前でうまく話せるかなーと緊張していたら、いつものようにグループでの説明だと聞いてほっとした。
1対1で座って話せるならもうこっちのもの。
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月10日 (月)

水彩画教室 公園の風景

前回の写生は休んだ。
Img_1542
”二週続いたから飽きちゃって来なかったんでしょう。。”
いやー、 別クラスがアクリル絵の具をやるんで集中したかったんです。。
Img_1550
皆は仕上げと添削をして貰うようだが、私はシャアナイのでカメラに入った公園の写真を急いで描く。
皆、丁寧に仕上げている。
谷内六郎を彷彿とさせるような子供の絵が面白かった。
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

太極拳 否定的な新人

ロボットよりもぎこちなく手足を動かす新人たち。
昨年は自分もこんなだったんだ。。
それにしても二人いると進展の違いがよく見える。
得手不得手は誰にでもあるようだ。
A子とB子。
Aは普通なのだが、Bがちょっと違うようだ。
Img_1702
通常、全員が前を向いていたら自らもそうするのだが、斜めのままで手先を真似ようとするので、四肢の位置がぐちゃぐちゃになる。
却って全体が掴めなくなる。
リーダーが傍に寄って手の位置を教える。
でも、緊張しているのか、半ばパニックなのか、それを<真似よう>という気が感じられない。
正しく直そうとしない。
周りが、”真ん中へいらっしゃい、よく見えるから。”
否。。と言って、頑なに固辞する。
先生が、”足を平行にして下さい。”
V字に踵をつけたままで、何度言われても気が付かない。
自分が言われているのが分からないかなあ?
思わずリーダーが足を動かそうとしたら、拒否した。
”イインデス。できないんです。。”
そっか。。
彼女の違和感がやっと分かった。
彼女は<はい>と素直に言えない人なのだ。
なんでも否定的な人。
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月 9日 (日)

コンサートで何度も押される

先日のコンサート。
会場の椅子も通路の幅も狭い。
金属製の床は誰かが歩くたびに揺れ、揺れる度に地震かとドキッとする。
隣のご婦人はでっぷりと太っていた。
娘と来ていたようだ。

私はドンと肩を突き飛ばされて振り返ったら、尻が目の前にあった。
あれだけの突きをしたら、いくら尻でも<感じる>だろうに、見上げた私には気付かないようだった。
(それとも無視した?)
”ちょっと、アナタ。。” とも言えないし。。
曲が始まる度に何度も私の肩を突いたが当人は全く気にしない。
私も知らない振りをする。
Img_1791
肉体的によっぽど鈍い人のようだ。
あれだけ太ってしまうと、人混みで人や物と接触する機会は増えるだろうから<接触>が日常茶飯事になっているのかもしれない。
こんな所でこんな人にガタガタ言う気もない。
シャアナイ。。
後半に立ち上がった私の後頭部に何かがぶつかった。
子供に髪をぐちゃぐちゃっとされたような感覚。
驚いた私は振り返った。
そこで、”あらゴメンナサイ。” と隣の婦人。
なんで隣人が私の後頭部を触るんだ ?
その手には赤いペンライト。
二個のペンライトをT字形に組み合わせたもの。丁度、太目の<竹とんぼ>と言ったところだ。
コンサートの開始前から随分と変な形のペンライトだと気付いてはいたが、
それが東方神起の ”T” を象っているのだと此処へ来て初めて知った。
出演者が ” XXXX~、T!”!と叫んで両腕で ”T” を作る。
私には全員が ”タイム!” と言っているように見えた。。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月 8日 (土)

電車のホームで

方向を間違えてしまった。。
ふと駅名を見たら、反対方向の二駅目だった。
気が付いたけれど降り損ねてしまった。
あれ、どうして?
月に2-3回乗っている路線なのに。
どこで間違えたんだ。。
そこで記憶の中でルートを逆に辿っていく。
なぜ、間違えたか。。
Img_1376
そうだ、乗り換え駅ではいつも奥のエスカレーターで下りるんだけど、
”あれ、こんなところにエレベーター?”
そっか、ここは暫く工事中だった。
エレベーターを設置していたんだ。。
そこで早速乗ってみた。
mり
エスカレーターでは降りて右側のホームに向かう。
そうだ、エレベーターを降りて私は右に乗ったのだ。
でも、でも。。
エレベーターは通り抜けタイプでは無く、私は箱内でぐるりと回って方向を転換した。
つまり、私が右と思ったのは左側だった。
あーー。。
ボーっと生きてちゃあ駄目なんだなー。。
m生きて

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月 7日 (金)

眠り姫と寝る

あれ、寝過ごしたか。。
ポイント集めが面白くて林センセイのことば検定を楽しみにしていた。
夏場は早く目覚めていたのに、最近、何度も寝過ごしてしまった。。
そして二度寝をした。
うとうとしてふと目を開ければトラヨがこちらを向いて寝ている。
こんな近くに顔を突き合わせて我々は寝ていたんだ。。
(なんだ、お前はさっき駆けずり廻っていたのに。。もう寝てんの。)
猫が隣ですやすや寝ているという現実に<幸せ>を感じる。
Img_1067
それにしても眠るってなんなんだろう。
幼児期は寝てばかり、だから記憶もおぼろげ。
そして中学ー高校ー成人と眠りは切れがよく、嘗て人生で三度ほど徹夜した時でも翌日寝れば体長は直ぐに回復した。
そして今、何の束縛も無く好きな時にごろんと横になって快適な眠りを楽しめるのに、起きたい時に簡単に寝過ごす。
友人は亡くなる前の5日間は朦朧としていた。
寝ているか起きているか分からなくなる状態。
そっか。。
赤ちゃんの様に眠りの世界に入ってしまうのだなあ。
そんなどうでも良いことを思っていたら、トラヨちゃんと目が合った。
私もあなたとおんなじね。
いや、違うか。。
貴方は一日20時間も眠るっていうから、人間のパターンとは違うわよねえ。
お前は生まれた時から<眠り姫>なんだもんね。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月 6日 (木)

東方神起 東京ドーム

前日ドタキャンがあったらしく、誘われた。
別にファンというわけでもないがカッコいい男子の踊りはどんなだろうか。。
<無料>という言葉に惹かれて見に行く。
舞台に近い1階だが、とても表情は見えない。
”大画面を通して見るんですよ。。”
Img_1789_2
入場券には赤いペンライトが付いてくる。
”始まったら皆立つのかしら。。”!
”これだけ傾斜が有れば立つ必要なんてないでしょう。”
私は座っていたい。
開始とともに周りが立ち上がる。
あっちゃー。。
隙間から2センチほどの彼らが見えたのでそのまま座っていたけれど、どっちがどっちだか分からない。
結局大画面を見るっきゃあないのだ。
画面のチャンミンがにこっと笑えば大歓声、髪を掻き揚げれば黄色い悲鳴が沸き上がる。
一体何台カメラが設置してあるのかしら。
あれだけの広い舞台で的確にその表情を捕らえるのだから、入念な打ち合わせがあるのだろう。
mImg_1803_2
数年前に友人が、”トウホウシンキが凄いわよ!!” とユーチューブを送ってきた。
へえ。。
カッコいいわねえ。。とは思ったけれどそれだけ。
”この会場でファンでもないのは我々だけかも。。”
でも。。
全ての曲を知らなかったのは私だけだろうな。
終盤の閉めに二人は一生懸命話す。
時々たどたどしいがその姿勢がファンの胸を打つのかもしれない。
”日野原先生も よく言ってたけど、若い人が歌ったり踊ったりするのを見るだけでも若返りの効能があるそうですよ。”
そうね、後半は私も立ち上がって楽しくステップを踏んだわ。
今年最大の楽しい時間だった。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月 5日 (水)

迷惑な人たち

植木に水遣りをするので、下を見る。
階下は夜中に干すので、水が掛かってはいけない。

えっ? ない! 
洗濯竿が無い!
引っ越した? いつ?

あのやかましい咳オバサンが居なくなった。

数日後、向かいが窓から身を乗り出して木を切っていた。

”下、引っ越しましたねえ。。”

そうですね。

”うるさかったですねえ。 以前も。。あの二階の男は迷惑でしたよねえ。”

Img_1318

それは私が以前住んでいたアパートの話。
とんでもない男がいた。

一人住まいなのに女と住んでいた。
静かにしてりゃあ誰もチクらないのに、30歳ほど年下の女は頭が弱い。彼もまたチンピラ気取りでこれまた弱い。

弱い同士が罵声と泣き声とドタバタを毎日のように繰り返し、月2回の割合で警察が飛んできた。

ケイサツは俺のトモダチ!と豪語するアホ。
隣人が ”静かにしてよ!” と注意してもバカヤローと食って掛かる。
隣人は睡眠不足でノイローゼ気味となり、腹に据えかねてバケツの水をドアに引っ掛けたら、これが大事になり彼が<被害者>として警察を呼んだ。
”ショウベンを引っ掛けられた!”


こんな時でも警察は中立で、水質検査をすると水を取りにきた。
ケイサツもアホに取り込まれた。
(なんで悪い奴が守られるんだ。。)
アホの<二乗>は恥知らずで、おまけに一向に”学習”できない。
(学習は学習しようという意思がなければ学習できない。)
二人寄って愚行は倍増したが、知恵は生まれない。
退去命令を無視して1年半経った。
女はどんなにDVを受けても、ケロッとしていた。
あれだけ大騒ぎをして怪我をして救急車で運ばれても、”タダイマ―!”と病院から帰ってくる。親も匙を投げた。無責任と言えば無責任な親だけど、バカ娘を縛っておくわけにもいかない。
今はなんでもかでも<人権>とやらで守られている。

この男、生活保護を貰っている。
余りの破廉恥に周りは何度も110番をする羽目になり、苦情を市に訴えたが担当者は ”あら、それはタイヘンですねぇ。。” とまるで他人事。
この女性課長のせいで我々の不快度が増していった。

生活保護は有意義だが、社会のルールを守れない人、害を与える連中を社会に放ってやりたい放題をさせている。
どっかおかしいだろう。
隣人が言う。
”ちゃんと働いている私より楽な生活をしていやがる。。”
痴話喧嘩が始まり男が女に、”誰が喰わせてやってるとオモッテンダ!” と言い放った。
その言葉に我々は爆笑した。
”そういうアンタは誰に食わせて貰ってんだ!”

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月 4日 (火)

METオペラビューイング サムソンとデリラ

絵本で見た記憶がある。
神話かと思ったら旧約聖書なんだ。。
髪の毛に力を持つユダヤ人の英雄が敵方の美女に誘惑され、自分の弱点を教えてしまい就寝中に髪を切られた。
子供ながらに何て愚かな男だろうと思った。
そして復讐の為に好きでもない男と夜伽をする女は悪女。
(子供の頃はジュンジョウだった。。)
髪を切られて寝ているサムソンと蝋燭にニタリと笑った女の<絵>は強烈だった。
Img_1371
へえ。。
サンサーンスなんだ。
そう言えば初めのメロディーがとても柔らかく感じられた。
全体的に美しい旋律が流れる。
大好きなロベルト・アラーニャと美しく官能的なネトレプコ。
兎に角、甘いひと時を過ごしたオペラだった。
今回はあらすじを知っている積りだったので調べていかなかった。
”眠るサムソンと悪女”が強烈だったから、そこで話は終わったと思っていた。
第3幕の<バッカナール>というバレエ。
何かと思ったら、バッカス(酒と収穫の神)を祝う祝祭の事で、どうりで半裸体のダンサーが官能的に踊っていた訳だ。
Img_1374
っか。。
復讐劇だけれど、テーマは<愛>なんだ。
そうよね。
愛するか、憎しみあうしかないんだなー。
私が覚えている話は髪を切られたところまで。
その後、奴隷となって鎖に繋がれたサムソンがペリシテ人の神殿の柱を崩壊し全滅させた。
無論、聖書ではユダヤの神の庇護の下とあるが、髪の短いサムソンがそんな力を発揮できたなんて。。
女に騙されてユダヤの民への裏切りをしてしまった男の<意地>だったんだろうなあ。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月 3日 (月)

アドバイスを言い続ける男

向こう側の男が隣の女性に言い続ける。

編み物をしていた私は全神経を彼の言葉に向けた。

”基本が大事なんだ。だからね、能力が有っても<デザイン力>が無ければどうしようもないんだ。応用力ってやつね。”

これを延々と繰り返す。

Img_0010aa_3


もしかして親子?

彼女のカフスに二本線が入っているのは、セーラー服? 
子供って感じはしなかったんだけれど、話し方は幼いって言えば幼い。

気になって、チラリと横顔を見たが20は過ぎているようだ。

でも、男の言い方は親じゃあないし、先生でもないし、同僚でもなさそう。

他人同士の会話なんだよなー。
彼女は多分に相手に気を遣い相槌を打っている。

(アパレル関係かな?)

”アナウンサーのAとBではBの方が上だろう。”

そこで女性がスマホで何かをチェックした。

”はい、そうです。”

(何のことだろう。。上って。 年齢、能力? この二人はマスコミ関係?)

”結局ね、貴方が幸せであることなんだよ。”

(満足できる仕事をしなさいという事か。。)

下車の際に、私の右側にいた二人の女子が彼らに合流した。

あ、総勢4人か。
ファッション関係でもマスコミ関係でもないような服装の女子たち。

男の顔をちらりと見たがオーラもないお兄ちゃん。
そうか。。2名づつ座る際に一人が男子と相席になってしまったんだ。
3名は新入社員かな。

ああやって、偉そうに繰り返し繰り返し、どうという事ない話を静かに聞いている彼女は大したもんだ。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月 2日 (日)

韓国ドラマ

昨年のミサイル云々がひと段落した後、余りニュースに驚かなくなった。
劇的な首脳会談も過ぎてみれば、
あれはいったい何だったのだろう。。
(ナンダ。。全て茶番じゃあないか。。)
期待と失望の後には感心そのものが遠のいてしまった。
日々のニュースが薄いベールの向こう側で起きている<他人事>のようだ。
朝のニュースを一通り見たら、それで胸いっぱい。
音としてTVを点けているので、同じニュースを一日中聞くのは疲れる。
そこでなんでもいいからドラマに切り替える。
たまたま韓国時代劇を見た。
その衣装の美しさ、上品な美女たちとイケメンに目が釘付けになる。
と言っても、毎日見るわけでもないのでストーリーがよく分からない。
余程気になればネットで調べるが、たまたまチャンネルを回して、
”あ、これね。。” という感じで見ている。
Img_1318
早朝から放映されるのもある。
(暴れん坊将軍とおんなじか。。)
それも2-3話続けて放送される。
放映日が不規則なのもあるがメモする程の執着もない。
そんなこんなで韓国ドラマを見始めた。
放映中なのに来月の<再放送>の宣伝をしている。
(放映権の都合で何度も繰り返すのか。。)
一時期ハングルを習った。
毎日聞いていたら、或る日突然喋れるようになるかなーと妄想を抱く。
現代劇は富豪の話でない限り、姑や夫婦のドタバタ話は見ない。
甲高い声で喚き散らすので、”うるさいなー”とチャンネルを変える。
現代ドラマの<傾向>が見えてきた。
恋愛物の愛情表現が皆同じ。
見つめあって軽いキス。
どういうわけか女性は必ずと言ってよいほど大声を挙げ、酒豪が多く焼酎を飲み干し、グラスをテーブルに叩きつける。
そして酔いつぶれ、必ず男性に負ぶさって帰る。
型破りの弁護士、検事は派手好きで、決まって超ミニスカート。
(いくら何でもこれは有り得ないだろう。。)
男女ともスタイルが抜群で,必ずミスカートから綺麗な脚がすらっと伸びて10センチ以上のハイヒールを履いている。。
どっちが二番煎じなのかなあ。
ストーリーが似ているなーと感心する。
人気があるのは視聴者が<共感>を覚えるからだろう。
<純情>だったあの頃を懐かしみ、体験できなかった恋愛を想像し、ひと時甘い気分に浸る。
そう言えば冬ソナはその典型だったなあ。。
<純情>も続くと食傷気味になる。
(カマトトってどこにでもいるんだよな。。)
気が付けば午前2本、午後2-3本という日が続いた。 
何れも初回は見逃して、ストーリーも歯抜け状態。
気が付けば、”あー、ここまで進んでいるのか。。”
”あ、もう終わっちゃったんだ。。”
間に中国の御伽噺を見る。
中国語ってこんなに柔らかいんだ。。
絵の仲間が、”韓国ドラマに嵌っちゃってね、一日5時間見てるのよ。。”
(私の方が多いかも。。ドウシヨッ。。)

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年12月 1日 (土)

臨床美術 クリスマスツリー

厚紙から<飛び出す>クリスマスツリー。
青紙にアクリル絵の具でツリーを描く。
次にジェッソをスポンジで叩きながら<雪>を乗せる。
最後に色紙の端切れを飾り付ける。
色を加えるごとにインパクトが減ってきちゃった。。
Img_1422
先ず、クリスマスの思い出を語り合う。
”娘は低学年からサンタなんて居ないと知っていて、いつも<ゲーム>を希望するんだけど、それだけはあげたくないんです。 
それで。。何をあげても<溜息>をつくんです。。”
Img_1424
 
うちはね、”サンタが居ないと思ったらプレゼントも無くなるのよ~ !” と教えてきたの。
そうしたら今でも ”サンタは居るよね~。” と宣うのだそうだ。
40を過ぎた子供たちが。
(デキノヨイ子供たち。。)
Img_1420
ブエノスアイレスのクリスマスは夏なので、真綿を載せたツリー自体が暑苦しく見えた。
ツリーの下に家族・親戚がプレゼントをどさっと置く。子供たちはそれを横目で見ながら12時を待つ。
(いや。。プレゼントの贈呈は夕食後だったかなあ。。)
子供達は目を輝かせてささやかなプレゼントに狂喜していた。
単純な喜びは部屋中に溢れ、お礼のキスが飛び交う。
やっぱりスキンシップは確実な愛情表現だ。
Img_1429
今はあの子たちの孫の代になったんだろうなー。
仕上がったツリーを眺めたら、サンタの人間ピラミッドに見えてきた。
”あら、それ、面白いじゃん。 童話を作りましょうよ。。”

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »