最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月30日 (金)

年に一度のランチ会 ボヤキのA子

いつもの5名。

近況を報告しあい大きな変化がないことに安堵する。
A子はアポの段階で会社への不満をたらたら書いていた。
(まったく、いつもなんだから。。この子は進歩しないのか。。)

A子の顔色が悪いので、”どうしたの?”

”ずっとボージョレ―ヌボーを飲んでました。。”
(アル中ダヨ。。)

”貴方、アル中よ。 百薬の長はグラス1杯よ! 肝臓はどうなの?”

”大丈夫です。 これがエネルギー源なんです。” と、ヘラヘラと言う。
(あー、ドドウシヨウモないわねえ。)

何を言っても響かない。意味が分からないようだ。

Img_1258

予想通りA子のボヤキ節が始まった。  

乳がん治療で休みがちのB子の為に残業続きで、いざ自分が休暇を取ったら、”なぜこんな時に休むのだ?”と叱責されたという。
それも年下の後輩に。

”そりゃあ、無いわねえ。信じられないわ。。
あなた、後輩にそんなこと言われて何て答えたの?”

何も言い返せない?なぜ? 少なくともアナタは理不尽な対応を受けたのよ?

 

聞けば聞くほど、その3名は非常識の極みのようだが、そのうちに我々も<はてな?>と思う。

周りが悪い。
いつも自分が<いじめられっ子>で被害者なのだ。

そんな事は有り得ないよなー。 
そもそも自分の考えを言い返せないってどおゆーこと?
冷静に状況を判断できない、自己反省が無い。(アホ。。)

<類は友を呼ぶ>というのでも無さそうだ。
そんなにわがままで非常識な連中が20年もの間一ケ所に集まるなんてアリエナイ。
そんな状況下でよく働けるものだ。。

20年も同僚に恵まれないのではなく、彼女がダメなんちゃうか。。

幸い(?)深く考えるタイプでは無いようなので、だらだらと20年も働いているのだ。

”あなたは何が楽しいの? 何をしたいの?”

旅行に行きたい。ホノルルマラソンを駆けたい。
今、辞めても退職金は変わらないんデスヨ。。

それを聞いて全員が、”じゃあ、今やめれば??”
(それがダメ社員を抱えた会社への恩返しだ。)

定年まであと3年はしがみ付くという。

辞める気はない。
では、健全な毎日を送るためストレス軽減にはどうすれば良いか、考えをまとめられない。 多分、考えない人なのだろう。

20年前は全員が親身になって話を聞きアドバイスをしていたが、今は聞き流すだけ。

いつも無口なM子が、”20年我慢したんだから、あと3年ガマンすれば?”
全員が爆笑する。
そうよ、ここまで来たんだし、あとは仕事をガンバレや!
(あと3年ガマンするのは会社だ。)

”ようし!では3年後の集まりは<退職祝い>で熱海へ1泊旅行に行きましょう!”

そうしましょう!そうしましょう!!”

A子を外そうなどとは誰一人思わない。
ボヤキのA子はいつまでも我々の仲間なのだ。
をm

三年後が楽しみだ。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月29日 (木)

年に一度のランチ会

もう23年来の仕事仲間。
正社員と派遣なのにとても仲が良かったという事だろう。

旅行の話になった。
あっちへ行った、こっちも行った。。
私は2年しか在籍していなかったのに、結構つるんで遊んでいたことになる。
m
”沖縄へ行ったよね。。”
(A子のせいで、すったもんだで大変だった。)
”伊豆へ行きました。。”
赤潮があったのよねえ。
いいえ、それは下田です!
(えっ、伊豆じゃあなかったのか。。)
Img_1261
そうそう、D子がジャガイモ畑で転んだのよ。
ひざを擦りむいたんだけど、私はなぜかひどい事を言ってしまってね、”カエルみたい。。”
その時本人が”ヒド~イイ。”
私は笑いで胡麻化して励まそうと思ったんだけど、やっぱりあれは失言だった。。
あれから彼女に嫌われたみたいでねえ。。
“それでエ?? そんなことないですよ。そんなんで、結婚祝いのランチを当人がドタキャンシマス? 違いますよ!”
”あれは無いですよねえ。 いくら何でも酷かったわよねえ。”
(皆、花嫁のドタキャンをよく覚えているんだ。。。)

其々の就労期間は異なり、人生のほんの一時期重なっただけのご縁だ。
続くって有難いことだと思う。
皆、大きな変化がないのは喜ばしい限りだ。
エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月28日 (水)

街角ボランティア

東銀座駅から歌舞伎座へのエレベーターを上がる。
相変わらず観光客が写真を撮っている。 
11月顔見せの酒樽に、
”もうこんな時期か。。”
m
80代の婦人が息子に記念写真を撮ってもらっている。
m
私の母を見ている様だ。
彼女もその位置に立っただろうなあ。
Img_1215
ふと3名の青い市松模様のジャンパーが目に入った。
オリンピックに向かってのボランテシアだ。
二名が<Eglish>、もう一人が<Espanol>の札をぶら下げていた。
Img_1222
ボランティアはもう始まっているんだ。
m
そこで応募や資格、条件などを尋ねる。
”応募は常時ではないので都のホームページを見て下さい。”
彼らは毎回担当地域が変わり、週末の三日間で一日4時間街角に立つそうだ。
そのユニホームはいいですねえ。
最初のは酷かったですねえ。
あれから何度もデザインが変わって現在はこれになったという。
コシノジュンコだっけ、確か有名デザイナーになったんだよなあ。それでもって何度も変化していくって。。
すごいなあ。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月27日 (火)

公開講座 語学ボランティア 3回目

後半の二回は英国人の先生。
部屋が大講義室に変わった。

入室しただけで部屋の大きさ、天井の高さに圧倒される。
気後れっていうのかなあ。。
人生いろいろあって、もう物事に気後れするなんてことはないだろうと思っていたけれど、雰囲気に呑まれるなんて、私もまだまだガキだわ。。

後方に留学生が11名、打ち合わせでイギリス人の先生の話を聞いていた。
仲間が着席していた。
あれが先生ですねー。
ジーパンに紺のTシャツで185センチはある。格好良い男性。
”そう。。”とにこっと笑った。
心なしか彼女は頬を赤らめたようだ。
一瞬ピンクのオーラが拡がった。
そうよ。
習い事は異性の先生のほうが頑張れるのよ。
今でも思う。
私の中学の数学の先生は美人すぎて授業がちっとも面白くなかった。
もし<男性>だったら私は頑張ったと思う。
(と、今でもセンセのせいにする私。。。)
Img_1188
どちらかと言えば、褒められて勉強するタイプだったから、何も褒められなかったので面白くなかったのだろう。
(って、最初から褒められるほどの点数を出して無いこちらが悪いのだけれど。。)
先生はイギリス英語を蕎麦のようにはっきり区切って、大きな声で分かりやすく話してくれた。
典型的な赤毛の先生。セイン・カミユのような声で英国訛り。
各テーブルに3名の留学生が配置された。
またエジプト人だったのでエジプト料理の話になった。
”あのハト料理は美味しかったわよ!!”
え、レストランで食べたの?
あれは高級なんだヨ。。
kt
エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月26日 (月)

陵王を巡る

一度は見たかった。
陵王の赤い衣装と仮面のインパクトは強烈だった。
起源は中国の武将が部下の士気を高めるために、獰猛な獣の仮面をつけて指揮を執り大勝を収めた古事により、祝いの舞として定着したとか。
勇壮かと言えば楽器は笛、太鼓、鐘。
そして<単純>な動きの繰り返し。
Img_1002
昔の人はこういうダンスを好んだのか。。。
各地4県の<陵王>が紹介される。
神事として五穀豊穣を願う舞。
秋田・小滝のチョウクライロ舞では先ず獅子舞が有り、これがとても興味深い物だった。縦縞の<体>を表す布を袴姿の二名が手に持ち、お囃子と共にさっと中に入る。そして最後には<体>を畳んでいって獅子頭を乗せて奉納する。
何れも単純な動作を<結界>と思われる四角い舞台で演じ、四方の神々への感謝を捧げているように見えた。
Img_0999
新潟・白山神社では左手を高く掲げたまま踊る。
舞の間中殆ど上げたまま。
子供が見たら泣いてしまいそうな怖いお面に真っ赤な衣装。
上げたままの片手で赤の面積が増し、迫力も増す。
単純な動きを繰り返すのだが、そろそろ終わりかと思われる頃に、”まだまだ!!” と掛け声がかかる。通常はこの舞が一時間も続くそうだ。
ありゃあきついだろうなあ。。
単純なリズムや動きの繰り返しは見る者を魔法にかけるようだ。
トルコで見たコンヤの<踊る教団>を思い出した。
単純がゆえにこちらの思考までもが堂々巡りでハイな気分になっていく。
何だか金縛りにあったような。
エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月25日 (日)

電車の中 目薬を挿す女

30代前半の女性は目の前に立っていた。
おもむろに何かを取り出した。
それが目薬。
綺麗なルビー色の瓶を目の高さに持ち上げて注視する。
何を見ているのだろうと思ったら、水滴を半分くらい押し出してさっと目に付けた。
同じ動作で左にも挿す。
Img_1300
まあ。。
随分と器用な事をするものだ。
零れないように細心の注意を払って出具合を確認し、もう一方の手で瞼を押さえることもなく適量を落とし、ハンカチで余分な薬を拭うこと無く顔を戻す。
涙の様に頬を伝う滴も無く、平然としている女。
(ふつう水滴が流れるんだけどなあ。。)
おまけに電車が動いている最中の出来事。
立ったまま。。
器用だ。。
誰しも<特技>ってあるんだなあ。
エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月24日 (土)

歌舞伎座11月 法界坊

先月、勘三郎の<法界坊>を歌舞伎シネで見た。

猿之助の法界坊はどんなだろうか。。

Img_1311

舞台が広いせいか、はたまた一番遠い幕見席で見たからか、全体が間延びして見える。
笑い声が小さい。

彼の声はハスキーで力強くて言う事ないのだけれど、共演者の覇気というか感情と合体していないような気がした。

次のあれだけのエンターテナーは猿之助だと思っているのだけれど。。

同じ作品でも演出が違うとこんなにも印象が異なるんだ。。

m

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月23日 (金)

猫が駆ける

トラヨちゃんがダーッと駆け回る。
広くも無い部屋を横切って玄関まで走り、そして戻ってくる。
これを3回繰り返す。
階下に響くのではないかと心配していたが、最近は気にしなくなった。
m
娘のスカーレットは、”トイレの前に駆けずり廻るのよ。” 
そう聞いていたので、トラヨの行動を改めて観察したら、なるほど。。
駆けずり廻った後にトイレに入る。
(笑っちゃう。。)
駆けて腸の不快感を紛らわせているのか、蠕動運動を促進しているのか。。
とにかく、その切羽詰まった様子が笑っちゃうのだ。
Img_1057
先日トイレでふと見ればトラヨが隣に並んでいた。
ちゃっかりヒノキチップに座っていた。
あれ?
二人並んだ図は可笑しい。
ヒノキチップは脚が埋まるのが不快なのか、砂を掛けずに<しっぱなし>。 さっと飛び出して部屋へ駆けて行った。
ナンダヨ。。
だから周りがチップだらけになっちゃうんだ。。
Img_1061
昨日はダーッと駆けてきてベランダへ飛び出し、一気に手すりに飛び乗った。
”あれーっ!!! 落ちる!!”
私は声が出ない。
驚かせてはいけないので静かに見守る。
彼女は端まで行って戻ってきた。
さあ降りようと、室内機の上の板に飛び乗って、板ごと落ちた。。
ドタドタっと凄い音がした。
一体、何処へ足を置いたのだ。。
どうすりゃあ板三枚を抱えて落ちるかなあ。
トラヨちゃん、ナニヲヤッテいるのだ。。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月22日 (木)

インフルエンザの予防接種

昨年は予防接種を逃してしまった。

行かなくっちゃと思いつつ、やっと1月に行ったら、”終了しました。”

そこで早めにうった。

何かと予定の合間に行った。

看護婦さんが、”はい、風邪のような症状が出ますけどね~。。”

と言いながら注射をうった。
その言葉がふと引っかかったのだが、もう逡巡の余地なし。

Img_0042

media

毎回何の症状も出ないのに、彼女のこの一言が妙に引っかかったのは、もしかして自己暗示の引き金になったのだろうか、翌日からだるくなってきた。

それとも、単に体が弱って来たのか。。

私、バカよねえ。。
翌週だったら何の予定も入っていなかったのに。

翌日の太極拳はしんどくてお休み。
週末の詰まった予定もどうやらこなして、

”月曜日には寝るゾー!”

思った通りに。。

猫と一緒に長い午睡を摂った。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月21日 (水)

盆踊教室 白いベレー帽

盆踊り教室を休んだら友人がメールをくれた。
出欠を連絡する必要は無い会だが、数名に私のことを聞かれたと言う。
なんで聞いたのかは分かっている。
ひと月前にセンセは全くのボランティアで、会費は場所代とお菓子に充ててお終いだと聞いた。 
そこで、タダ働きの先生に何かお礼をしたいと思った。

”帽子でも編んであげようかな。。” と呟いたら、別の人が ”私にも編んで!”と初めて<注文>が入った。
”オフホワイトでもふもふのベレーで、同窓会で温泉に行くのに被りたいのよ。”
Img_0562
糸を探して希望通りに作成した。
さあ、これでいくら請求しようかなー。 まあ、毛糸代だけでもいいっか。。
先生へはプレゼントだが、こちらは当然頂く積りだった。
前回、仲間との話が長引いていたので、”ご注文の品です!” と囁いてカバンにそっと入れた。
そうしたら、慌てた様子でやってきて、
”実はキャンセルしようと思ってたの。 私、この前調子に乗っちゃって。。”
私は驚いた。
注文しておいて、現物が出来上がっているのに、何を言っているの?
キャンセルなら直ぐに連絡をしないかなあ。。
完成品を見て<キャンセル>っておかしくねえ?
(へえ。。この方、ええ加減な人だったんだ。。)
えっ、もう購入されたんですか?
(どこかで見つけて購入してしまったのならしょうがない。)

”いや、そうじゃあないけど。。”
この手の人は初めてだった。
(煮え切らない女だなあ。せめて買ってしまったと方便の嘘をつけばいいのに。。)

そのまま私が引き取れば良かったのだが、それは彼女に絶対似合うという自信があったので、”どうぞどうぞ試してみてください。。”
<キャンセル>と言う割には返そうともしていなかった。
結局、彼女は値段を決めていなかったことに不安を感じたのかも。
そこで話は終わってしまったが、
”先生には上げたの?”と聞いてきた。
”はい。渡しました。”
(でも、それってあなたに関係ネエダロウ。。)
mm
値段を相談したかったのか、あちらがプレゼントなら自分も貰っていいのだろうと踏んだのか。高い値段を吹っ掛けられるのではと危惧したか。
心理状態を分析する。
結局、私の<押し付け>という事で終わるのかなあ。
ああ、メンドクセ。。
友人の口癖の”いろんな人が居るわよー”
を思い出した。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月20日 (火)

講座の仲間

50代の奥様。
二回目からはどんどん話が進んでいく。
自己紹介の段階で、
”息子が海外をうろついている” と言ったのが良く分からなかったが、よくよく聞けば大学を休学してバッグパッカーで世界旅行に出ているという。
”まあ。。それは心配ですねえ。”
現在はロンドンにいて年末にフランスへ行くので、そこで ”オペラを観よう!”と母親を誘っているそうだ。
(ふうん。。オオクラ省を呼び寄せるか。。賢い息子だ。)
Img_1145
よくお金が続きますねえ。
余程仕送りをしているのかと思ったら、
”お年玉をコツコツ貯金してアルバイト代を稼いで、自分の金で行っているのよ。私は一切あげていないの。”
(やっぱ賢くてタイシタ息子だわ。。)
”知らない人の家へ泊るのよね。。”
旅先で知り合った人の家に泊まるんだそうだ。
エエーッ!? おーっ、怖わ!
女子ならもってのほかだけれど、男子でも今は変な人が多いから気を付けないと。
よくそんな知らない人の所へ泊るわねえ。。
<親切な人>に巡り合うのは有難いけれど、今は悲しいかな何でも先ず疑ってしまう時代。
 
水戸黄門のように”ちょっと一晩の宿を!”って、泊める方も泊まる方も善人なら良いけれど。。
”私は語学ボランティアは出来ないかもしれないけれど、<宿のボランティア>をしようかしら。。”
へえ。。そんなボランティアも有るんだ。。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月19日 (月)

公開講座 語学ボランティア 二回目

エレベーターホールで先生と出くわした。
あら。。笑顔だわ。
話しかけてくる。
愛想が良い。
(前回は緊張(?)していたのかしら。。)
鼻先を持ち上げて話す癖があるようだ。隣国のトップの妹のように。
ただ笑顔でいるから見下された感はない。
教室には男性が前回と同じ席に座っていた。
”えっ? 同じ席なんですか?”
廊下の係員に尋ねたらそうだと言われた。
(他の方ともご一緒したかったんだけどなー。)
Img_0981
開始5分前に生徒がどっとやって来た。
勤務を終えてきたのだろう。
廊下の受付には未だ名札が4枚残っている。
参加者は名札を持ち帰っているので、この人たちはもう来ないんだろうなあ。。
二回目ともなると我々も親近感を覚えて話が弾む。
二人がぼそぼそ言っている。
なあに? えっ? シュクダイ?
そんなのあったっけ?
(最近、忘れっぽいダメな私。。)
慌てて日本食の説明を考える。
留学生たちの条件は<一定の英語力>だが、各自の性格もあって微妙にレベルが違うようだ。
前回、よく笑ったエジプト人が再度やって来た。彼はとてもきれいな英語を話す。
各グループで宿題の日本食の説明をする。
先ず一人が<お好み焼き>を材料と調理法を話し始めた。
”それには焼きそばは入らないのか?”
それは広島風で関東では入れないのよ。
たまたまお好み焼きは彼の好物で自分で良く焼き、ソースまで作るという。
へえ。。タイシタモンダ。。
もう一人が<おたふくソース>を薦める。
”それにアルコールは入ってませんか?”
宗教上の決まりが多いといちいち確かめなければならない。
大変だなあ。。
先生が誰かに似ているなあーとずーっと気になっていた。
帰路、ふと思い出した。
あ、クリムトの”ユディト”だ。。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月18日 (日)

太極拳の仲間

色んな人がいる。
会話を重ねてくるとほんの二言、三言でもその方の<機根>が見えてくる。
休憩時には大きく二手に分かれる。
あちら側のテーブル脇に座る連中と、こちらの棚に座るグループと。
何気なく話が耳に入る。
ああ、あの人の事を話しているのかな。
(そっか。。彼女は余り好かれてはいないのか。。)
Img_2948
年を重ねると頑固になる。
数年やってきているという自信から、自分の考えを譲らない。
数名が輪になって<型>の話をしていた。
”手は天上をむくのよ!”
片手を腰に置き、頭上にかざした手の平が天辺を向くのか少し角度が低いのかを論じている。。
(まあ。。どうでもいいっちゃあどうでもいいような角度だ。)
2対1でこうだ、ああだと言いながら、劣勢の方が剥きになって言い切った。
”こうなのよ!”
それに反対する二名は明らかに思いやりから口を噤む。
(メンドクサ! そこに先生がいるんだから先生に聞けばいいのに。。)
休憩が終わった。
<型>の説明で
先生が私の脚の位置を注意した。
意味が分からなくてじっとしていたら、先生が近寄って直々に足を直したので笑いが上がった。
”方向が違うって言われたけど、外反母趾で外側向いてたからではないのかしら。。”
数名がそれを聞いて笑った。
でも一人は大きな声で、
”ガイハンボシ云々じゃあないのよ。アナタは脚の位置を間違えているのよ!”
と立って、大袈裟に説明してくれた。
(そっか。。先生は正しかったんだ。)

このご婦人はいつも正確に注意をしてくれるので私は頼りにしている。
終了時にお礼を言った。

そうしたら、
”ゴメンネ、 私、<おせっかい>で。。”
そこでふと思い出した。
そっか。。
先日仲間が話していたのはそんなニュアンスだった。
自分がどう思われているかを把握しているって。。
いいんじゃない?
エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月17日 (土)

水彩画教室 アクリル絵の具

”次は何をしよっか??”
この時期になるといつもと違う事をする。
”アクリルにしよっか?”
Img_1126
先日、銀座の画材屋で購入した木のリースに描くことになった。
絵の具の特徴を教えてもらう。
すぐに乾いてしまうのでさっさと塗り付けなければいけない。
Img_1134
m
アクリルは色の種類が少ないので、色づくりは大変重要な作業となる。
一方、トールペイント用は200種以上有るので、ほぼ欲しい色が手に入る。
”だから色の名前がロマンティックなんです。”
深い森の色、サファイヤ、水、等と想像を掻き立てる名が多い。
Img_1139
そもそもトールペイントは形も色も決まっていて、指示された通りに塗っていくので同じものが出来る。
<誰でも出来る!>というのが謳い文句だ。
久しぶりの皆とのランチ。
最近体調がすぐれない、気力が沈むと言ったら、
”それはないわよ! 赤だから。”
赤を選んだ私は<元気>なんだそうだ。
人はその時の気分で色を選ぶから。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月16日 (金)

公開講座 ”めざせ語学ボランティア”

前回は選に漏れたが今回は応募が少なかったようだ。

どんなものか受けてみよう。
私が最高齢でもなさそう。
定員は30名。
2-30代の女性が主で男子は約2割で半数は60代。
全体の8割は仕事帰りのようだ。
Img_0382
5つのグループに分かれ、留学生が順番にテーブルを回り会話の練習をしていく。
普段、話す機会がないとさっと言葉が出てこないものだ。
どうしても<恥ずかしい>という感覚が抜けきらない。
喋れないからって恥ずかしがることなんてないんだけど。。
言葉が分からない国で生活をしていたから、身振り手振りや筆談で必死に自分の想いを伝える事には慣れている。無知は恥ではない。
30代の講師は美人だがあまり愛想が無い。
いつの間にか入室して壇上でパソコンをセットしていた。
有れ、いつ来たんだろう。。
挨拶した?
(聞こえなかった。)
挨拶は相手に自分が敵ではないと知らせる為にするもんだと友人に言われた事がある。
もしかして声がとても小さい?
(だから聞こえなかった?)
シャイ?
人間嫌いかな?
そっか。。
人前で話す職業だからと言って、話好きとは限らない。
講義もさらっとテキストを読むだけで、印象が薄い。
笑いが湧く瞬間がない。
私は<笑い>を重視する。だって、それが一番楽しいしとても印象に残るものだから。
あー、一度でいいから林先生の授業を聴講したいものだ。
知性とユーモアと愛が溢れている。。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月15日 (木)

若者とすれちがう

商店街の通路から外に出る。
丁度向こうから急いでる風な男子がやって来た。
近くの自転車置き場から駆けて来たようだ
一見、軽そうな若者。
ドアには私の方が先に着くけど、彼は強引に入ってくるかなーと思ったら、向こうが脇に寄って立ち止まった。
Img_2102
えっ? 立ち止まった ?
私に道を譲ったのだ。。
私は少し驚いて、すれ違ってから思わず ”ありがとう!”
へえ。。
彼、見かけによらず気が付く男だ。
でも、もしかして。。
二人同時にはすれ違えないと踏んだのか。。
私、そんなに太っているかねえ。。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

治療室は社交場

その日は朝一で病院へ行く。
足腰の治療と同時にインフルエンザの予防注射を受ける。
開院30分前からの受け付けに並ぶ。
既に15名ほどが居た。
先ず、干渉波で私はぼーっと横たわって腰の電気治療を受けた。 Img_0085
カーテンの向こうのでおばさまたちの賑やかな事。
騒々しい。
(こんな朝早くから元気だなー。。)
看護師らが会話のお相手をしている。
シニアーは話の繰り返しが多い。言葉少なに相槌を打つ看護師たち。
シャアネエナーと思って聞いているのか、そんな思いも無く唯々微笑んで聞く立場に慣れてきたのか。。
何て優しい若者たちなのだろうと感心する。
次に二人待ちのマッサージをソファーで待つ。
先般から<がさつ>とも思える話し方のご婦人がマッサージを終えて立ち上がる。
首にきらきら光るネックレス。よく見るとり8ミリほどのミラーボールを3-40個つけている感じ。
Img_0089
”それは体に良いものですか?”
そうよ。 テラよ。
彼女は同じことを三度繰り返した。
次に膝に電気をかける。
隣のご婦人は初めて見る人だが何かを話しかけてきた。
えっ?
”あの後ろの白い人は XXX から来ているのよ。”
(ハア、それがなにか。。)
”言ってることがめちゃくちゃなのよ。” と憎らし気に言う。
(はあ ? 話が支離滅裂なのはアナタじゃあないの ?)
彼女は右手首に電気を当てている。
”どうされたんですか?”
指三本が痺れるんだよ。”
左手の中指には白い指サック。
これは ?
”大根を切っていて、ダイコンが飛んだんだよ。”
まあ。。
ここで大笑い。
”まったく、ダイコンでさあ。。嫌になっちゃうよ。。”
他の器機の終了ブザーを自分のと間違える。
ほら、まだ1分有りますよ。
やっと10分経ってマジックテープを外す。
”あれ? 指サックが取れちまった。。”
また飛んじゃったよ。。
一緒に探したがどこにも見当たらない。
”ここだ!”
外したマジックテープに大きな繭の様な指サックがぶらぶらしていた。
何でだろう。
シニアーと話すのって楽しい。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月14日 (水)

ベレー帽の親子

文化祭からの帰路、バスに乗る。

年に数回しか乗らないが、寺通りを過ぎ、曲がりくねった旧街道を抜けて川を渡る。
景色がガラリと変わるから見飽きない。
これが江戸に向かう街道だったのか。。
この狭い道を塩や干し魚が荷車に積まれて往来したのか。。
帰路には家族に何を買って帰ったのだろうか。
同じ川とのっぱらの景色を眺めていたんだなー。

停留所にベレー帽が二つ見えた。

Img_0532

大きいのと小さいのと。
フェルト地で黒とヤマブキ色。
とてもお洒落。

ちょこっと立った天辺の飾りが可愛らしい。

母娘って楽しいようだ。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月13日 (火)

電車の中 上着の裾

男のジャケットの裾がちょっとはみ出ていた。
もし寝て居たら、分からないように手で静かに押しのけるのだが、眠っていないのでそっと腰を下ろした。
Img_0830
尻を置くのだって、左側を降ろして右をゆっくりと相手側に押すように座る。神経を使う作業なのだ。
私の尻の<意思>に添って裾が引いてくれるようなイメージで座る。
電車の動きと共に体が座席に沈み込み、男が踏まれていることに気が付いた。
男が裾を引いたので私は軽く右側を上げた。
ところが男の引きが甘い。
もう一度尻の下の布が大きく引っ張られた。
(まだかよ。。)と思いながらもう一度腰を上げる。
そして布がまたまた引っ張られた。
(まったく。。さっさと裾を引っ張れないものかねえ。。)
今までこんなことは何度もあったけれど、これほどモタモタした男は初めて。
私は完全に腰を浮かせた。。

男は不快感一杯にグイっと引っ張って、私をチラ見した。
大きな舌打ちを感じた。
”アッ、スイマセン” と私の口から言葉が出たのに男は無反応。
普通、軽い会釈か”スイマセン” か ”イエイエ ” が返って来るもんなんだけど。。
目をつぶった男の横顔を見る。
やっぱ。。冴えないかなー。
降りていく後ろ姿が侘しい。 
(あーた、未だ50代でしょう?)
むっつり顔でいたら余計シンドくないのかなあ。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月12日 (月)

学園祭で太極拳

秋の最後のイベントは近くの<学園祭>。
そうだ。
昨年は見学に行って写真を撮ってあげたんだっけ。
Img_0800
今年は参加する側で、勿論、後列の真ん中に配置してくれた。
というのも方向が変わるので絶えず誰かが目に入っていないと型が分からなくなるから。

何れにせよ、仲間に入れて貰えるのは嬉しいものだ。

Img_0806
舞台の先生と共に、準備体操、気功と全員が参加する。
穏やかな時間が過ぎていく。
分刻みで進行する。
Img_0814
午後の部のハワイアンのお姉さんたちがちらほら見えてきた。風もあって肌寒い中、白いレイと髪飾りがパッと目に入る
我々の次にジャズコーラス、ハワイアンと続く。
この間いつものようにお菓子がわっと集まる。
メンバーの知り合いの先生からもチョコレートやおせんべいの差し入れがあった。
Img_0822
最後に全員で芝生の上で輪になって<百花拳>を演じる。
このまま永久の時間が過ぎていくようだ。。

これから駅ビルで打ち上げのご飯だというのに、数名が屋台のお好み焼きと横手焼きそばを買う。
何でかなーと思ったら、”夕飯だよ。チンしてね。”
Img_0828
温かい物を買ってわざわざ冷める頃に食べるという感覚が分からなかったけれど、そうね、今は電子レンジという便利な物があるんだ。。
子供の頃の記憶が固まっているものだから、現在に素早く結びつかないんだよなあ。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

友人が叙勲した。

まあ。。なんて目出たいことでしょう。
名誉だわ。。
公共や社会に功労のあった、主に40年以上勤めあげた70歳以上が頂くものらしい。
だから公務員が圧倒的に多く民間は少ない。
40年間勤続もタイシタもんだが、民間人が長い間社会に貢献するのも大変な事で敬意を表する。
この
Img_1012
さいm
友人は正社員でもなく勤続年数が満たないのに推薦があった時、”なぜ 私?”
”勤続年数のモンダイじゃあ有りません!”
そうよ。
友人の仕事振りが素晴らしかったのだろう。人当たりがとても良いので、利用者から好評だったらしい。
”あなたに代わってくれて本当に良かった!”
と数名に言われたそうである。
(それってヨッポド前任者はイヤな奴だったんだろうなあ。。)

この夏に陸上自衛隊富士学校で多くの勲章を見てきた。
デザインが綺麗だなーとは思ったけれど殆どが時の経過とともに色褪せていた。
友人が見せてくれた勲章はきらきら光って美しかった。
小さな印鑑のようなバッジを見せてくれて、
”公の席ではこの小さいのを付けるんですって。”
へえ。。そうなんだ。。
そうすると、次にこの勲章を身に着ける機会は殆どないのではないか。。
友人や且つての同僚達に祝福されてこの数日間は食事会の連続だ。
尊敬する友人が叙勲して、我が事のように嬉しい。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月11日 (日)

水彩画教室

こちらの教室も<写生>となった。
別のクラスと同じ公園。
(えっ 、またあの公園か。。)
駅前のサイゼリアに12時集合。
ワイワイとランチを摂り、このままお茶で午後が終わりそうなので重い腰を上げて公園へ向かう。

先生によって指導が異なるからオモシロイ。
Img_0849
先ず、中央の築山から公園を見下ろす。
小さなスケッチブックを片手に、
”はい、ここでね、バスを待っていると想定します。
バスが来るまで7分有ります。
その間、スケッチをしてください!はい、始め!”

Img_0865
へえー。。
前回のイタリア旅行でスケッチをしまくった先生。
さっさと描くのはお手のもんだ。
”はーい! 時間がきました。 終了で~す。”
それから秋バラを見に行く。
いつもきれいだなと思う。
花弁の重なりの陰影が息を呑むほど美しい。
でも、でも。。
見たとおりに描けない。色をつければ幼稚な絵になってしまう。
あーあ、難しい。
Img_0919
”上手く描こうなんて思わないことです。”
(そりゃあそうだけど、少しでも上手くと思うのが人情よねえ。。)

”それが個性デス!”
と慰めを言われるけれど、個性とかの問題じゃあなくて能力だよなあ。。
薔薇の写生も1時間で終了し、本日のメインのお茶を飲みにいく。
丁度、ハロウィンのオモシロいデザートがあった。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月10日 (土)

パスポートの更新

もう10年経ったんだ。。。
あのときと同じ写真屋へ行く。
”パスポートなのでキレイに撮って下さい。。”
我ながら図々しいことを言うなーと内心笑いながらカメラにほほ笑む。
(だって、これから10年間も見る顔なのよ。。)
写真屋は ”はい。” とニコリとして4枚撮った。
”ここから選んでくださいねー。”
m
でも。。
同じ表情で撮られた訳だから、1枚目、二枚目、と言われても皆同じ顔。
(あたりまえだけど。。)
Img_0131
前回は県庁まで行ったけれど、今は隣の市でも手続きができる。
便利になったもんだわ。。
本籍地に変更がなければ住民票も要らない。
本籍地って自分が生まれた所でしょ?
それを<変更>するってどーゆーこと?
領事館に勤めていた友人が教えてくれた。
地方出身の息子が都会で所帯を持って、親がもう居ない状況では本籍地が遠いと何かと不便になってきて、本籍を現住所に変更するのよ。
そう言う事か。。
自分が何処の出かというのはそんなに意味のない事なのだ。
Img_0030

出来上がったパスポート。
思いっきりほほ笑んだつもりだったけれどほうれい線が気になる。
ルージュを濃くすりゃあ良かったかしら。。
これで7冊目のパスポート。
戻ってきた<VOID>のパスポートを手にして感無量だ。
この10年の私の息吹が詰まっている。。
並べてみたら年齢の変遷が面白い。
やっぱり。。
年はとっていくんだなあ。。
鏡の前に立つ自分はいつも18歳の自分を見ているから、突然現れる<現実>の写真には愕然とするばかり。
ヨシダさんにパスポートの手続きに行ってきたと言ったら、
”え、まあだ 作るの?”
当たり前ですがな。10年後も更新しますよ。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月 9日 (金)

臨床美術 秋の草

案内ハガキでは墨絵かな? と思ったが、現物を見て、
漆?
軽い。(板じゃあないんだ。)
Img_0985
色紙サイズの薄いスポンジに金色の紙を貼ったもの。
それに墨汁を塗る。
”テーマは秋の風デス!!風を感じながら墨汁を塗ってください。”
(ドーユーコト?)
Img_0971
机上には野草が一束。
旦那さんが江戸川ベリからとってきたとか。
(えー、花瓶に挿して上げないの?)

Img_0974
ススキはチリっと曲がっているし、ぐったりした野草は可哀想だった。
小さな赤い花もへたれている。
<切り花に水>という発想がないのか、野草とは毟られて放り投げられる運命なのか。。
考え方、感じ方は人其々。
Img_0980
割りばしペンで表面の墨汁を削っていく。
まさに蒔絵のように金色の野草が現れる。
”この金紙は100円ショップで売ってます。”
臨床美術って手軽に出来るからオモシロイ。
Img_0123_convert_20181105073800
mNazaro
綿棒を湿らせてなぞると、ぼわーっと金色が浮き上がる。
ネコジャラシを見る度によく遊んでいた猫を思い出す。。
最終的に金色・銀色ペンで描きこんで仕上げる。
金、黒、銀色の三色で出来上がった。
やっぱり金色はゴージャスだわ。。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月 8日 (木)

太極拳 お楽しみ会

20組ほどのサークルが<お楽しみ会>と銘打って、<楊明時24式>を演じる。
全員が同じ演舞をする。
飽きてしまうかと思いきや、手の位置や廻し方が微妙に異なるので仲間と食入るように見る。
Img_0791
我々の出演は午後。
最初からじっくり見ているうちに、
”あー、わかんなく分かんなくなってきたわ。。”
見て考えるほどに学習してきた<型>がバラバラになってしまうようだ。
”駄目だわ、真剣に見ちゃあダメよ。”
私がとても楽しみしていたのはK先生。
2週間前の発表会で、その美しさにうっとりしてしまった。
仲間もその先生が目当てだという。
Img_0814
m
ご高齢の先生の中で圧倒的に若い。
猫が綱渡りでもするように長い脚がゆっくり伸び、片足が宙に浮いている時間が長い。
mm返答
参加者の演技を見る。
 八人居たら、必ずヘンなのが一人居る。” と言った友人の言葉を思い出す。
居たのである。ヘンなのが。
二人も。
幼稚園児のように手を伸ばして<型>だけを決めるご婦人がいた。
動きの<流れ>を省略して点と点をぴっぴっと結んだだけ。
体のバネが全く無い。
皆、呆れてみていたが、そのうちに後方から嘲笑が聞こえてきた。
ぱっと
それでも八分間も見ていたら見る方も段々彼女に慣れてきた。
最初は馬鹿にして軽蔑していたのに、悪びれず恥ずかしがる様子もない演者に対して見る方の考えも変化してきたのだ。
所詮、シニアーの娯楽なんだし試験じゃあないんだから参加することに意義があるのだ。
彼女はそれでいいんだ。。
”型の順番を間違えてないから、タイシタモンダよ。。”
Img_0714
もう一人驚かされたのは、ウエストポーチをシャツの下に入れ、まるで臨月の妊婦のような格好で壇上に上がった人。
ニンプみたい。。”
”アレ、全財産もってきたんだわ。一億くらい入っているのかしら。。”
”ニンプって、あーた、うちら60過ぎしか参加できないのに、ニンプな訳ねえだろう!”
先生もメンバーも誰も注意しなかったのだろうか。
それとも、注意されてもそれに従うような人ではないのか。。
観客の視線は彼女の腹に集まってしまった。

あれはないなー。
Img_0816
そうしたら、隣が ”私も金とカギを腹に巻いている !”
えっ? と振り返ったが、ガリガリのご婦人でだぼだぼのシャツなので全く体形に影響がない。
”ダイジョウブですよ。”

会場は飲食禁止、別室でお弁当を頂く際にほぼ全員が差し入れを配り始めた。
あっという間に菓子だらけになった。
シニアーは元気だ。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月 7日 (水)

入間航空祭 ブルーインパルス

入間市に近づくにつれ飛行機が飛びまくり、歩道橋の上には見物人が集まっている。
”この辺りなら何処からでも見えるらしいわよ。”
Img_0552
到着後、真っすぐに滑走路へ向かうが会場内は人で埋まっていた。
午前の飛行が終了して人が動く。
地べたに座ってお昼を食べる。日差しが強く、手持無沙汰で、(本か毛糸を持ってくれば良かった。。)このまま1時間もここで待つのは耐えられない。
じゃあこの時間を利用してT-シャツを買いに行こう。
ブースは幾つもあったが、デザインが異なり、結局入口近くまで戻ることになった。
会場に引き返す積りではいたのだが、この間の人の波に、もう滑走路に戻るのは諦めた。
こんな人混みで何かにぶつかり乍ら歩くのは嫌だ。。
Img_0694
希望のTシャツは買った。
でも、もう始まっちゃうし。。何処から見ても見えると言われていたので、売店の後ろの空き地で見ることにしよう。
操縦士紹介が30分あった。
実際の飛行は30分。
何だ。。こうと知っていたら会場に戻ったのに。。。
Img_0463
というのも、アナウンスは聞こえるが、
”右手をご覧ください!左から侵入します! 後方を注目してください!”
会場の位置説明なので、我々はそれがどっちだか分からない。
腹に響く爆音に興奮度が上がる。
見学者はきょろきょろと四方を見上げ、頭上を飛び去る飛行機隊にワーッと歓声を上げる。
低空飛行は建物と桜の陰になり、余りの速さに眼で追えない。
あっという間に見えなくなる。
Img_0685
”世界で一番大きなハートを描きます!”
どちらの方角から来るのかと思ったら、突然空中に白雲が出現し、静かにハートを描いていった。
残念ながら片方が途中で黒くなって消えてしまった。
”ハートが出来ませんでしたねえ。 どうしたんでしょうねえ。途中で煙がなくなったのかしら。。”
(いやあ、あれって温度差で出来る氷滴だよなあ。。そのスイッチを切ったってことじゃあないのかなあ。。)
Img_0658
戦時下の爆音は恐怖だけれど、今、腹に響く爆音はアドレナリンを放出し恍惚感さえ醸し出す。
平和な世の中でこれが聞けて幸せだと思った。
飛行機の腹を見上げながら、あっ、サメが泳いでいる。。
(なぜサメなのか分からないが。) 
伊豆でカツオやマグロが泳いでいるのを海底から見上げている気分。
私はずっと自分が海中に居るような気分でブルーインパルスを見ていた。
Img_0862
何かが空中に現れる、すわ!とカメラを構えるとそれはカラス。
まるでブルーインパルスと競っているように5羽、10羽と徒党を組んでぼんぼん飛んでいた。
そっか。。
鳥はあの大空を自由に飛べるんだものなあ。
あんな大きな音も出さずに。。
素晴らしいよなあ。。
隣の女史に、
”私、来世では操縦士になってああやって大空を飛ぶ!!”

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月 6日 (火)

入間航空祭 隣の女性

夏の自衛隊富士学校見学の際に申し込んだ。

<海>と<陸>とを見たから今度は<空>だ。
どんなもんか見て来よう。

<ブルーインパルス> 

この響きはどこかロマンティックである。。

Img_0401

私の(マイナーな)地域からバスが3台出ると聞いて、”凄いなあ。。。”
当日は20万人の人出だったそうだ。

入間基地の正門には行列が出来ていた。

後方から、同世代の声。

”えっ イルマって言うの? イリマ だと思っていた。。”

(そりゃあ、ないだろう。。)

ここは敷地内に電車が通る。
そして建物の中に売店というのがない。
まあ。。そんなんで利益を上げようなんて思わないのかな。

Img_0405

同じく一人参加の隣人は一度やって来てから私の名前を確認に入り口に戻った。

”XXさんですね、〇〇です。 宜しく。” ときちんと挨拶をされた。

人懐こい方で我々は直ぐにお喋りを始めた。

登山が趣味で、先週はエアーズロックから戻ったばかりとか。
あら、まあ。。。
残念ながら当日は風があって入山禁止となったが、写真を見せてくれた。

”素人目には鎖のある地点までは別にどうという事もなさそうですけどねえ。。”

”否、簡単そうに見えるでしょう、でもとても危険なんです。”

来年の完全閉鎖までにもう一度トライするそうだ。

Img_0412

そして来週には<袋田の滝>へ紅葉狩りへ行くという。えらく行動的なご婦人だ。

お互いにプライバシーは聞かないが、40歳で大病をしてから、”人生を楽しもう!”と山登りを始め、ほぼ毎日ジムへ出かけている。

日本橋の天ぷら屋のランチが絶品だと写真迄見せてくれる。
家で天ぷらは揚げないわねえ。。量が多くなっちゃうし。。
彼女は殆どが<外食>で家では料理をしないと言い切った。

このツアーの早期申し込みの特典としてサンドイッチとコーヒーが出た。そんなことをすっかり忘れていた。私も彼女も朝食を摂っていた。
それでも彼女は直ぐにサンドイッチを食べ、16時ごろにはコンビニのおにぎりを二個ペロリと平らげた。

小柄な彼女に、”よく食べますねえ。。”

毎日のようにジムに通いダンス部のイベントでは仮装して踊りを楽しむ。
魔女、ハロウイン、クリスマス、メイドカフェ、漫画の主人公、etc。
老若男女の20-30名の集合写真は唯々笑っちゃう。

”こんなにふざけた 楽しい連中が居るんだ。。”

Img_0427

インド映画の上映では真っ赤なインド(風)衣装を作成して、紙吹雪を床に撒き、映画を楽しむ。
そんな集まりがあることを知らなかった。

”貴方B型でしょ?”
”いいえ、O型よ。” と聞いた私がびっくり。

ついこの間、友人から ”O型は弾けている!” と聞いたばかり。
私は穏やかで静かなO型しか知らなかったから、彼女のパワーには圧倒された。

初めてこんなに弾けたO型人を見た。
実に楽しい人。

<

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月 5日 (月)

友人のクロアチア旅行 パスポート紛失

たった8日間の旅行でこんなにも笑えるなんて、それって彼女が引き寄せるのだろうか。
極めつけはパスポートの紛失。

公園の中を散歩しててパスポートが無いのに気付いた。

ほんの30分の間の出来事で、スリらしき誰かと至近距離ですれ違った記憶はない。

全く見当もつかない。
Cid_16653dd84b752787cec5_convert_20
+
そこで出来る事はただ一つ。
逆戻りして落ちていないか探す。
無い。。
コマッタ。。
今日中に隣の国に戻らなくてはいけない。
これが大都市だったら領事館に駆けこめば良いのだが、取り敢えず彼女は警察に向かった。
状況を説明して暫くしたら、”これかあああ~?”

警官が赤いパスポートをひらひらと手にしてやってきた。

彼女は話の展開に驚くばかり。

Cid_1665459949c25099be63_convert_20


事情を聴けば、パスポートは彼女の直後にやって来た観光客に拾われた。
それが、日本人。

”あら?誰のかしら?”


友人は滞在中に日本人を一人も見かけなかったが、数組が現地を訪れていたようだ。
ツアーガイドは先ずそれを写真に撮ってガイド仲間に連絡した。

”XXXさんが貴方のグループに居るか?”
その返事を待って該当者無しということで警察へ届けた。
まあ。。ヨカッタ、ヨカッタ。
Cid_16653dc9726705f39f13_convert_20
この間2時間くらいの出来事で、友人は貴重な体験をしたことになる。
彼女のパスポートの写真は同日の日本人観光客に回覧された。
そして警察官は<受領書>とでもいうのだろうか、
”これが無事に貴方の手に届いたという証拠写真を撮って拾得者に連絡したい。”
そこで彼女はパスポートを手にニッコリ笑い、その写真は再び日本人に行き渡った。
何とも愉快な話だ。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月 4日 (日)

友人のクロアチアの旅

友人は転んでもただでは起きない。
今回もいつものように個人旅行。
色々調べて、安いルートはソウルか香港経由。
先ずはイスタンブールへ向かい乗り換える。
Cid_1665458dff0c58ebfe71_convert_20
都心のバスターミナルには掲示板が無かった。
いちいち2階の案内所へ上がらなければいけない。
早めに行ったにも関わらず、前のバスが出た場所で待っていたら、別なところから出てしまった。
Cid_16653de09bbac6a12f06_convert__2

次の出発時刻を聞いてうろうろと時間を潰して戻ったら、実はその前に一つとしてバスが有ったと聞いて呆然とする。
行く先が同じなら同じ番線から出るだろうという思い込み。スーツケースがあったのでいちいち確認に行かなかった。。
約4時間も大きなバスターミナルで過ごすことになった。
彼女には珍しい出来事だ。
こういう時、イライラしたって始まらない。
シャアナイ。。
今となっては大笑いできるのだからたいしたもんだ。
Cid_16653dcd171b0625beb4_convert_20
見せてくれた写真の中に看板があった。
(怪しいコメントが入るので、敢えて表現を変えます。) 
非着衣厳守の浜辺。
条件が徹底しているのでそれを順守しなければならない。
私はカナリー諸島のラスパルマスで”イギリス海岸”という同様のビーチへ行った事がある。当時はオモシロイ所と言えばそんなところしかないと先輩が判断したようだ。
そこは着衣の人たちの方が圧倒的に多かったし、別に面白くもなかった。。
Cid_16653e37ec94d975bf24_convert__2
友人が訪れたこの浜と対岸との間は狭く、丁度遊覧船の通り道で目と鼻の先を船が行き来する。
50代の男が船に向かって毎回仁王立ちになるそうだ。
Cid_16653e24f94ec8b82f32
それを笑ってみている両方の人々。
我々も大いに笑った。
エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月 3日 (土)

クロアチア料理の店で

夏にメキシコから知人がやってくる筈だった。
その打ち合わせで会おうと思っていたが、訪日そのものがキャンセルになってしまい友人との再会も流れた。
それでもって夏に、 
”賞味期限が切れるから徳島土産のうどんを渡したい!”
彼女が指定してきたお盆過ぎの17日と返答をしたが、その後何の連絡もなかったので、彼女はお神輿担ぎに忙しいのだろうと放っておいた。
Cid_16653ee11f0c6e25df24_convert_20
10月に ”徳島とクロアチアの土産を渡したい。。”
クロアチア? 
夏休みにクロアチアに行ってきたんだ。。
(そうだ、うどんの賞味期限がどうとか言っていたわねえ。。)
m

Cid_16653eeebcc85d815f06_convert_20
 
スペイン繋がりの3名が折角(?)だからとクロアチア料理の店に集まる。
10か月振りだわねえ。クロアチアへ行ったんだって?
ドブロブニクはどうよ?
m
旅の様子を細かく聞く。聞いているだけでとても楽しい。
名物はロールキャベツ。
メニューを見ても大した興味はそそられない。
唯一、あら?と思ったのはマカロニ入りのチョコレートの焼き菓子。
Cid_16653ece5df8983e6e81_convert_20
想像通りだった。
(マカロニは量を増やす為だったんじゃあないのかなあ。その分チョコレート味が薄れてぐにゃっとした触感が苦手かも。。)
ヨーロッパの国々では特産料理はあるにせよトマト味だったら違いはよく分からない。どこの国でも美味しい料理が有るが、イタリア料理がここまで浸透してくると<初めての味>というのには中々お目にかかれない。
Cid_16653e12c6d18f33df11_convert_20
”クロアチアはやっぱり、魚料理ですね。。アクアパッツアみたいなものが美味でした。”
私は東欧圏は未知で、ヨーロッパに滞在し多くの国を旅している彼女達が東欧の魅力を教えてくれる。
(ああ、二人とも行っているんだ。。)
そこで以前ロンドンのワインバーでハンガリー人が、
”世界で一番美しい街はブダペストだ!” と豪語したのを思い出した。
単なるお国自慢なのよねと言ったら、

ブダペストは美しい街ですよ。私は好きです。”
もうひとりも、 ”私もそう思います。”
いつか行ってみたいものだ。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月 2日 (金)

グレゴリオの世話を頼まれた

”あなた、ヒマ?”
否、これから出かけるんですけど。。
”いや、今じゃあなくって。。”
(じゃあなんなの。はっきり言ってよ。。)
遠回しに言うのがこの人の癖だ。
Img_0601
翌月に同窓会があるので、5日間グレゴリオの面倒を見て欲しい。
そんなことか。 OKですよ。
有馬温泉へ行くという。
あらまあ、私は車で通ったことがあるけどお湯には入っていないのよ。
彼女の実家が香川県だと初めて聞いた。
あら、四国の方なんですか。。
”もうこっちの方が長いけどね。”

でかkrm
たまたま私の昼の予定が延びて、夕飯が遅くなってしまった。
ごめんねーと声を掛けても、グレゴリオは相変わらず懐かない。
じっと私を見つめるだけ。
警戒心は相変わらずだ。
この前は鳴き声の可愛いサマルと一緒にいたんだっけねえー。
居なくなってもう4か月くらいかなあ。
相棒を失った悲しみはもう癒えたのだろうか。

寝床の段ボール箱は私が雨の日にビニールで覆ってあげたままだった。
いつもサマルと抱き合って寝ていたのに、今は一人か。。

寂しいよなあ。。

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年11月 1日 (木)

ロスの友人と宝くじの話。

”お元気ですか?” と久しぶりにLAの友人からメールが届いた。
”先日アメリカで1.6ビリオン(1,600億円くらい)の宝くじの当選者がでた。私も買ったけど、当然というか、然るべきというか、当たらなかった。当選の確率は約300ミリオン分の1らしい。
300ミリオンていくつよ?

3億? 確率は3億分の1ってこと? 

まあ、どうでもいい計算だけど。。

m
当たったら、どうしよう。何を買おうか。
まずは豪邸(手頃な豪邸)ね。誰にいくらあげようかな~。どこに寄付しようかしら。
あっ、その前に当選の手引き書(そういうものがあるらしい)を読まなくては。
とか考えて、数日夢を見る。そして、夢で終わる。

そんなものだよね。”

Img_0998

そうそう!そんなもんだヨ。。

宝くじの話題はこちらでも凄いですよ。名乗り出て居ないんでしょう?
何でも支払方法が2つあって、一括と25年払いで、一括だと一千億を切るって。。(何度聞いてもピンとこない数字。。)
あの当選した数字は偏った組み合わせで、機械で自動的に選んだのか本人がマークシートに記入したか。もし後者ならよっぽど変わった人だと思う。
私はこつこつ宝くじを買って夢を見てきました。(過去形です。)
 
私が抱いていた夢は先ず、フランスのブドウ畑を購入する。これは美しい葡萄の紅葉を眺めたいから。
お城に住んで、マリーアントワネットのような服装を(たまに)して、パリにも家を買って社交界にデビューするの。
そう言ったら友人が、”あなた、家柄がなきゃあデビューできないのよ。”
まあ、失礼な。。イエガラ、イエガラって。。イエガラがなんなのさ。。
Img_0631
で、今年の夏からこの夢を大きく変えました。

マンハッタンに住んでMETオペラの年間席を買って、おめかししてオペラ三昧で暮らすの。
フランスはそもそもフランス語を勉強したかったからなのですが、NYでフランス人の家庭教師に習えば済むことだと気付いたの。
(今頃。。アホでしょ。。)
あれね、欲張りしたら只の強つくババアになってしまうから、勿論寄付をするの。
そして友人たちを招待するの。
切符はHISでと言う条件で田舎の友人たちと約束しています。

素敵な夢でしょ?
 

エンジェル 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »