最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 臨床美術 いちご | トップページ | 絵画教室 油絵の色を作る練習 »

2018年4月29日 (日)

能 籠太鼓 狂言 武悪 と 女装の男

籠太鼓
脱獄した夫の代わりに投獄された妻が時を知らせる太鼓を打ち夫を想い、その情愛に解き放たれる。
女は登場した時点で歩みが不安定でよろよろしていた。
せいぜい30代の設定ではないのかなー。
m
Img_4365_2
立ち上がる所作と踊りが素人目にもフラフラ、よろよろ。
柱に向かってサーっと進むはずがどうも向かう先がずれている。
あれっ? 変だなあ。
何度目かで ”あー、落ちる。。” 
ヒヤッとした瞬間に後継がささっと掛け寄って背中を抱きとめた。この後継は3-4メートルを駆けたのにその余韻はさっと消えた。
一陣の風とでも言おうか。
眼の前の出来事が一瞬で<静>に戻ったけれど、今のは一体なんだったんだ。。
舞は最後まで不安定だった。廻ってフラフラ、見るに堪えない。
足が動かないのに人前で舞うって周りはなぜ止めないのだろうか。客に対してもあり得ないだろう。
m
Img_4420_2
今回、驚いたことがある。
前列に3名の女子がやってきたが話し始めた時、”え、オトコ?”。
見た目でごまかそうとしても声は変えられない。
ロン毛の女装の男はトクトクと連れの女2名に ”あの松は距離でもあり、時間の流れも表わすの。歌舞伎もみてるし~。”
ちとうるさい声だったが開演前なのでしかたない。
当然興味が湧く。
どの程度綺麗なのだろうか。。
 
いやあ。。女としても男としてもどえらいブ男だった。
女装は”キレイになりたい”という願望からだろうが、タヌキが化粧してもタヌキはタヌキ。
塗りたくったタヌキは醜さが増すばかり。
私が呆然としたのは彼が立ちあがった瞬間、黒いパンツが丸見えだったのだ。
”えっ??”
何なのミニワンピースがたくし上げられた?
否、そいつは全く裾裁きを気にしていない。
なんちゅう服を着ているのだ。
薄手のインド綿の超、超ミニワンピース。
ズンドウにガニマタ。
キモチワルイ!! のひと言。
おいおい、連れの二人。一体どんな間柄なのだろう。
何で教えてあげないんだ。せめてスパッツを穿けと。
休憩後、今度は男が最初に来て私の前に座った。 隣の英国人がギョッと見上げた。
座る際にまたまた黒い下着がむき出しになった。
隣の女性がぎょっとして空いた口が塞がらなかった。
先刻の私と同じ形相だ。
男は見せたいのかもしれない。
悪趣味、下品、下劣、下衆、クズ。
 
あー。。。
美しいものを見に来たのに、なんてこった。。
そんな恰好で国立能楽堂へ来るなヤ。
あかの他人に股間を見せつけ、ストッキングも履かず下着を直接座席に付ける男。
キタネエな。。
m
カネ払ってボロボロの演目を見さされて、汚いトラベスティの股間を見せつけられ、なんとも不快な夜だった。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

« 臨床美術 いちご | トップページ | 絵画教室 油絵の色を作る練習 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能 籠太鼓 狂言 武悪 と 女装の男:

« 臨床美術 いちご | トップページ | 絵画教室 油絵の色を作る練習 »