最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

« お伽の国 アルベロベッロ | トップページ | 仲間から戦争の話を聞き父を思う »

2018年3月 2日 (金)

マテーラ 洞窟住居群

<洞窟住居>群って幾つか見てきた。
マテーラはその中でも規模が大きい。
あっちの丘、こっちの高台と家々が続く。

Img_0235
岩山を掘った洞窟から家としての体裁を整えて、丘の斜面に広がって行った。一時は不衛生で病気の街だったが、下水道が完備されて今ではそんな<過去>が想像もできない。

Img_0245

大聖堂広場にえらくゴテゴテと塗りたくった車があった。
運転席を覗いた。何か変だ。。
人が居ないのになんか変なのだ。

Img_0360

ヨークシャーテリアが蹲くまっていた。

”あらっ? お留守番?”

Img_0363_2

それはタクシーのようだった。

暫くして振り返ったら主人らしき人が戻って来て、後ろから大型の犬が付いてきた。

”あら、2匹?”

でもその犬は5メーター手前で立ち止まった。その遠慮気味な様子から、ただオトモダチに会いに来たようだった。

Img_0289

トルコでは野良犬が街をうろついていたけれど、これは野良だったのかなー。

Img_0310_2

レストランの前には手のひらサイズのコンパクトを開いたような分厚いパンが置いてある。地元のパンだそうだ。
昼食はオレキエッテというパスタだったが、写真もないし、味も思い出せない。
残したことだけ覚えている。
最近では日本でも美味しいイタリアンが食べられるのだ。

結局、この街を散策するのには坂道を登ったり下ったり。。

小さな家の小さな黒い窓。
ブリューゲルの<バベルの塔>を切り貼りしたようだ。

Img_0378

先程、道端で餌を食べていた猫たちが、反対側のレストランから見れば屋根で日向ぼっこをしていた。

Img_0383

あれって。。さっき、餌で喧嘩していた茶トラだよなあ。。
なんで 屋根に居るんだあ?

そっか、あの道の高さがその下の家の屋根になるんだ。
ゴロンゴロンと屋根に乗って、天下を取ったような気分だろうなあ。
猫に安全な街だ。

Img_0260_2

或る家の屋根からビーグル犬が我々を見下ろしていた。
日本人の行列をじっと観察していたようだ。
吠えるでもなし、尻尾を振るでもない。

見下ろされるって変な気分。
見下ろすのって気持ちいいだろうなあ。。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

« お伽の国 アルベロベッロ | トップページ | 仲間から戦争の話を聞き父を思う »

ITALIA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マテーラ 洞窟住居群:

« お伽の国 アルベロベッロ | トップページ | 仲間から戦争の話を聞き父を思う »