最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 太極拳 百花拳 | トップページ | ブエノスアイレスの地下鉄 »

2017年11月28日 (火)

太極拳の大会 含胸抜背

南関東の大会とやらに参加する。
第一部は楊先生の講義。
四文字熟語がズラッと並んだ型の説明。
Img_6814
含胸抜背。

”胸を脹らませ背中をゆったりとさせる事。”だそうです。
 
先ず文字の由来から解説を始めるので、すんなりと聞ける。
話しが上手く、飽きさせない。
アシスタントに型をつけて説明する。
”肩甲骨が鳥のように動くんです。服の上からじゃあわかんないなかあー。
これ! これね。これが抜背デス。” と、アシスタントの背中を指す。
”普段は裸でやっているから分かり易いんだけどなー。。”
 
思わず、”脱げば?”と思った。
”四肢の動きの基は背骨で、薬指が尺骨に繋がってこれが軸となり軸はぶれない。小指がぐるっと動いてその動きを引っ張る。
魚と同じで尾びれの動きに推進力を与えるのは<頭>です。
体を捩る時、基本の背骨は第12番目と言いましたけど、それは間違いで第1・2番の骨なんです。”
Img_6800

面白いなあ。。
人体の説明を聞いて、これが東洋医学なんだ。。
凄いなあ。。
”太極拳は覚えようとすると緊張してしまいボケますよ!
型なんて覚えなくていいんです。
隣を見て真似て居ればいいんです。”
楽しくて信頼できる先生だと思った。

エンジェル

こらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

« 太極拳 百花拳 | トップページ | ブエノスアイレスの地下鉄 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太極拳の大会 含胸抜背:

« 太極拳 百花拳 | トップページ | ブエノスアイレスの地下鉄 »