« バスを待つ間に | トップページ | 電車の中 飴をあげる »

2017年8月11日 (金)

事故を見る

その女性は道路から一段高い植え込みに飛び込んだ。
薔薇のアーチにごつんとぶつかり、弾き飛ばされた。
”あっ!”と叫んで道路に落ちた。
黒い日傘がパッと飛んで行くのが見えて、サングラスのカラカラと言う音がした。
体が消えたままだったので私は駆けて行った。
”だいじょうぶですか?”
Img_1807
仰向けに倒れたままで血が飛び散っていた。
サングラスは頭上50センチにすっ飛んでいた。
私は後方の男子に”救急車!”
そしてアーチの内側から声を掛ける。
”動かないで!じっとしていて!”
70歳くらいの婦人はしきりに手を動かし起き上がろうとする。
”動かないで、じっとして! 今、救急車が来るから!”
通行人が近寄って来たのでタオルを渡し、
”傷口に当てて、そのまま寝かせてチョウダイ!”
でも婦人は呻きながら手をもがいている。
”その左手を握ってあげて!”
 
婦人は痛みと言うよりも動転していて起き上がろうとする。
その度に血が背中に垂れる。
救急車を呼んでくれた男子は婦人の傍にいたが、体に触ろうとはしなかった。
何度、”じっとしていて!”と言っても婦人は起き上がる。
意識ははっきりしている。

その内、上体を起こして、”ティッシュ。。” と言うので差し出した。
右手に付いた血をしきりに拭いている。
こういう時って、目先の事が気になって仕方がないようだ。
まあだ頭部に痛みは感じていないよう。
”吐きたい。。”
そうよ!頭を打っているから吐きたくなりますよ。だから うつ伏せで寝ていてチョウダイ!救急車は直ぐに来るから。だいじょうぶです。顔面蒼白ですよ、横になってください!”
額の瘤がどんどん膨らんでいく。
思わず、”救急車は何分かかるんだ!”。
男性に、何が起きたか貴方も見てましたか?説明できますか?
救急車が来るまでここに居られますか?
”はい、見ました。ここに居るように言われましたので待ちます。”
私は予定があったので、”ゴメンネ”と言って、公園を横切った時に救急車が現れた。
随分と長く感じられたけれど、やっぱり8分でやって来た。
過ぎてみれば、私はアーチのこっち側からああだこうだと大声を上げて通りすがりの人に指示をしていたが、なんで私が道路に降りなかったんだろう。
そもそも、膝を傷めているので道路に飛び降りると言う発想が湧かなかった。
 
道路に倒れた彼女の姿は私にはデジャブなのだ。
私が、車にはねられて頭を打った時は意識不明で動けなかった。
婦人の意識ははっきりしていたし、翌日問い合わせたら大事なかったとの事でほっとした。
なぜ、あんな事故が起きたか。
彼女は公園の入り口ヘ向かう私の直ぐ目の前を横切っていった。黒い日傘が私の顔面すれすれだったので、”アブナイ!”と思った。信号待ちしていた私が眼中に無いようだった。
地元の人のようだからあそこに金属製のアーチが有る事は知っていた筈なんだけど、サングラスと目深にさした日傘でそのアーチが見えなかった。足腰がしっかりしていて、一段高い縁石に足を掛け勢いよくバラの間に入って公園を横切ろうとした。
公園への入り口は四隅にあるのに、途中で近道をと思ったのだろう。
急いでいたのか。。
色んな要因が重なってしまった。
今、<ながら族>が話題になっているけれど、落とし穴は一杯ある。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

« バスを待つ間に | トップページ | 電車の中 飴をあげる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635735/71323983

この記事へのトラックバック一覧です: 事故を見る:

« バスを待つ間に | トップページ | 電車の中 飴をあげる »