最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

曖昧な記憶に愕然とする

”あっ、クスリを忘れた!”
朝食後、サプリメント、クスリ、そして血圧を測る。
この3点セットを手早くする筈だったのに。。
今朝に限って忘れてしまった。
Img_0815
そうだ。。
メールを一本入れたら時間が無くなってしまい、ゆっくり腰かける間もなく、ほぼ立ったままで<卵かけごはん>をささっとかき込んだのだった。
だからコップの水が手元に無く、それを飲み干す”服用”を失念したのだ。
しゃあない。。。
過ぎてしまった事だ。
帰宅は15時近くになるが、それから飲もう。
一日二回の服用だから夕食は遅めに摂ろう。
 
でも、車内でふと思い出した。
”否、確かに私は今朝座って血圧を測った!”
ということは、薬もちゃんと飲んでいるということだ。
そうだ、そうよ。
確かにきちんと飲んでいる。
何故、昼前に唐突に薬を飲み忘れたなどと頭に浮かんだのだろうか。。
血圧計を手首に巻いた記憶がまざまざと蘇る。
 
兎に角、薬のタブレットを見れば分かる。 
一列に二個並んでいるから、それが一個なら朝は服用したということだ。
直ぐに食事が出来るようにパンを買って帰る。
Img_0831
 
ネコへの挨拶もそこそこに薬の袋を調べた。
あら。。。。
やっぱり飲んでいなかった。
血圧の記録もない。
なんなんでしょう。
”思い出した!!” のに、それは事実では無かった。
<無かった記憶>を頭に作りあげていた。
一体何に対してそんな反発が起きて、無かった事をあったように記憶を偽装するのだろうか。
幻覚? 妄想? 記憶の混濁?
カレイ?
(昨今の議員の答弁と同じじゃあないか。)
”あー、カナシィ! 自分がコワレテイク。。” 
と、よよと泣き崩れた所で誰が慰めてくれるわけでもない。
ネコは無言だし。。。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2017年7月30日 (日)

電車の中 広告 叫び

電車内にモニターが取り付けられた頃、 
”あー、世の中は進化しているんだ。” と感動したものだった。
あれは何年前だったのかしら。。
Img_1066
先日、都営地下鉄のCMで吹き出してしまった。
空いていたから良いけれど、突然クスッと笑ってしまった私がもし満員電車の隣の人だったら気味が悪いだろうなあ。
Img_1067
 
線描きでドアの前に立つサラリーマン。
絵筆が現れドア部分をサットなぞり、独特の色合いが描かれる。
この色は。。ムンクだわ。
そして右側のドアにも同じ色。
Img_1069
最後に間の空間にあの<叫びの人>が飛び込んでくる。
m<
<駆け込み乗車は危険です。>
笑っちゃうなー。
誰がこういう面白い発想をするのかなあ。
凄いなあ。
楽しいなあ。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2017年7月29日 (土)

夏バテ

冷房を使い初めた。
<冷え>が怖いのでタイマーを掛けるが、切れる3時ごろに寝苦しくて目が覚めてしまう。
睡眠不足が続いてすっきりしない。
 
Img_1012
扇風機やクーラーにあたると短時間であっても足が冷えてしまう。
乾燥で喉は渇き、目はショボショボしてくる。
不快だ。
私にはクーラーは合わないようだが熱中症になってはいけないし、文明の利器は上手く使わないと。
 
それなので昨夜は”ON”のまま就寝した。
6時までは快眠だろうと期待したが、いつものように3時に目覚めてしまった。
なんで??
設定が28度だったが、それが高すぎたようだ。
Img_0812
 
私が起きれば当然ネコも起き出すので、窓全開で扇風機に切り替えた。
でも。。
寝られない。
4時からは<暴れん坊将軍>があるけれど、それまでは何もすることがない。
じっとしても居られないので、音を立てないように静かにパソコンを拡げる。
 
昼頃。
ネコが生ぬるいベランダでうとうとしている。
涼んでいるんだか、倒れているんだか。。
心配でじーっと見つめる。
呼吸を確認するのだ。
夏バテ具合は私と同じかもしれない。
数日前は元気がなくて心配だったけれど、鼻は濡れているし、眼窩は少し上がって来たし、多少の脱水症状はみられるけれど、餌は食べたし水も飲んだ。
毛繕いは丁寧だし、目力もある。 
網戸をよじ登るし、私の<手>と遊ぶようにもなった。
それにしても、友人たちは、

”ネコは年に3日も暑い日が無いそうよ。”
何でそんな事が言えるんだろう。。。
誰もネコになった事がないのに。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2017年7月28日 (金)

店を探す

確かこの通りだったよなあ。
二年前に行ったきりだけど。。間違いないよな。。。
私は暫く陸橋の上から建物の看板を入念に探したが見当たらない。
帰ろっか。。
でもなー、折角きたのだし、このチェーン店は家の近くにはないし。。。
 
Img_1134
駅に向かって数メートル歩いてから、やっぱり引き返した。
人に尋ねるにしても若い男子は知らないかも。。
足早の女子にも聞けないし。。
そして、最初の位置から角度を少し右に寄せたら小さな看板が見えた。
”あった! ここだ!”
ナンダ、直ぐそこじゃん。。
 
陸橋を降りた所にあった。
一番近いのに、<近すぎて>見えなかった。
その小さな看板は建物正面の壁に張り付いていたが、建物と直角に突出した細長い看板の中には表記されて居なかった。
ふううん。。
何かの暗示のようだわ。
<幸せは身近に有るのにそれに気が付かない。。>
 
欲しかったのはスカートの裏地。
橙色のプリーツスカートの裏地が短くて、半分透けているのが何とも着心地が悪いので、丈の長い裏地に変えたかった。
バーゲンで買ったスカートは500円。
そして裏地は700円。
何なのよ、このゲンジツ。。。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2017年7月27日 (木)

オリンピックまで3年

オリンピックまであと3年か。。
まあ。。
こんな暑さの時に開催するんだ。。
どうしてもっと快適な時期を調整できなかったのかしら。
熱中症で苦しむ人が増えなきゃあいいけど。
Img_0943
友人からメールが入った。
彼女の従姉はイタリア人と結婚してイタリアに住んでいる。
毎年 7月には娘を日本の小学校に通わせる為、家族で帰国する。
 
でも、 旦那さんは昨年の日本の暑さにギブアップして、今年は来ないそうだ。
高温というよりも 湿度がダメらしい。
Img_0955
 
そうだよなあ。
ヨーロッパの夏は日本とは違う。
マドリッドでは40度を超えていて、3ブロック置きにバーに入って水分を摂っていたけれど日陰に入れば何とかなった。
m
ブエノスアイレスの夏が日本に似て居るかも。
湿度90%の日があった。
部屋でだらだら汗をたらして。。
どうしようも無かったっけ。
m
そういえば。。
この<湿度>は肌に良いと言われるけれど、日本人の肌が海外で称賛されるのは聞いた事がないなあ。。
 
 
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2017年7月26日 (水)

銀座 歌舞伎座とお箸

絵画鑑賞は10分で終わった。
その後、歌舞伎座の幕見でも見よっか。。
40人ほど並んでいた。
それは6時間後の最終演目の販売開始まで4時間待つというもの。それ以前の演目は<売り切れ>。。
Img_0922
すごいわ。。
そっか。。今日は旗日か。
こんな(クソ)暑い中、4時間も並ぶなんて。
想像しただけでめまいがする。
海老蔵の切符は昼夜とれないから、幕見しかないとは思っていたけれど、今日はいいや。 暑い。
 
Img_0927
 
私はそろそろ疲れて来た。
当初の目的は果たしたし、これから目的を新たに作る気力も余裕もなかった。
目的もなく誰かとダラダラ歩けるのはボーイフレンドくらいだろう。
それは一緒に居るだけで胸ときめいた懐かしいキラキラした時間だった。
暑かったし、帰りたかった。
そこで地下鉄ヘ向かう。
歌舞伎座地下の木挽町広場を覗く。
丁度友人に電話が入った。
Tully’s でカフェを飲む気も起きない。
結構長めの電話だったので広場をぶらぶらする。
と、箸売り場のカップルからスペイン語が聞こえた。
Img_0928
様子を見ていたら、店員との会話がつかえてきたので、声を掛けた。”Z”の発音から見当は付けていたがやっぱりスペインからだった。マドリッドだと言うから、この暑さはそんなに堪えないかも。
名前入りのペアーのお箸を桐箱に入れて、結婚間近の友人二組に送ると言う。
ひらがなで縦書き。
名前を聞き取り紙に書いてあげる。
”男女の区別はどうするのデスカ?”
店員さん はい、長さが違います。手の大きさが違うので。
(そっか。。男女の差ってお箸にも表れていたんだっけ。)
m(そっか
桐箱が箸の値段より高い。
”えっ?高いわねえ。。”と言ったら店の人がわざわざ見せてくれた。想像よりも幅広で ”ハッピー ウェディング” と書かれてある。
(まあ。。本人たちが了承しているようだから私はカンケーない。)
あら、良いんじゃあなーい!!素敵だわ!!
Img_0932
 
仕上がるまで一時間かかる。
その間 ”近くにレストランはあるか?”
近くのそば屋はまずいし、裏はフレンチ系で反対側はイタリアン。オムライスはお口にあうかしら。。
二人は同時に ”スシ!”
うーーん、じゃあ築地かな。
地下鉄の<フリーパス>を持っていると言うので炎天下を歩く必要もない。
”築地だったら、この時間でも開いてる店は直ぐにみつかるわよ。”
 
 
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2017年7月25日 (火)

銀座 画廊

続いて画廊に辿り着いたらこちらは13時から。
又、30分早く着いてしまった。
Img_0914
こんな<負>の偶然って。。あるんだ。
真珠屋と言い、画廊と言い、目的地へ二度も開店前に着いてしまうなんて。。
友人はしきりと恐縮して時間を調べなかったことを謝っていたが、私でも同じことだったと思う。
そもそも真珠屋も画廊も開店時間が<フツウ>じゃあないのだ。
Img_0909_2
 
でも、我々はそんなタイムロスをマイナスに感じることはない。
じゃあ、お茶しましょうか!
じゃあ、先にランチしましょうか!
臨機応変に対応する。
ちょっとやそっとの<想定外>に気落ちもあたふたすることもない。
おまけに場所が銀座だから面白い事は一杯ある。
Img_0921
画廊が集まったビルはパリで訪れた<ゲイジュツカの館>を思い出させた。
あちらはアトリエ兼販売で廊下から壁から全てに絵が描かれてあったが、こちらは展示販売のみでこぎれいだ。
黄色い引き戸の手動開閉式エレベーターだけが<ゲイジュツ>と言う言葉を連想させた。
画廊は6畳ほどの部屋。
そこには25-6点の作品が並べられ、オーナーがしきりと絵の説明をする。作家を褒めたたえる。売りたいのだ。
その気持ちは分かるけれど。。
作品に余計な説明は要らない。邪魔だ。
その業界では有名な作家かもしれないけれど、我々には作品が好きか嫌いかなのだから。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2017年7月24日 (月)

銀座散策 真珠屋さん

絵画の展覧会に誘われる。
暑さにウンザリしていたが、私は誘いには極力乗る。こんな事でもないと外出しない。
それにしても。。
街はいつも人で溢れている。
Img_0887
仕事人はほんの少しだろうな。
こんなに暑いのに。。よく外出するわ。
(って、私とおんなじか。。)
Img_0883
 
 
”先ず、真珠屋に寄りたいの。。”
10:30に着いたら閉まっていた。
開店は11時。
次に行く画廊と順番を逆にすると結構歩くことになるので、此処で待つのが得策という事になった。 
では、キムラヤでコーヒーを飲みましょう。
そこで30分の筈が1時間のお喋りとなってしまった。
 
年に一度の紐交換。
カウンターで初めてネックレスを見た。
差し出されたネックレスはピンク系のテリも巻きもとても良い物だった。
(流石、老舗だわ。。。ステキ。)

Img_0896
”綺麗ですね、普段からしないと勿体ないですよ。冠婚葬祭だけじゃあ。。”
旦那さんに買ってもらったんだそうな。
(いいな。。)
 
6階の展示室を見て行ってくれという。
エレベーターから降りて来た短パン姿の東洋人を見た時、場違いの違和感があったけれど、どうもその展覧会を見てきたようだった。
マリリンモンローがデマジオにプレゼントされた一連のネックレスを展示している。
8-10ミリかな。
黄色系で堂々とした印象だ。
Img_0890
小さな展示室にはうっとりするネックレスの数々。
そして壁には往年のスターたちのパネルが飾ってあるのだが、
”これ、女王陛下よねえ。”
一見、誰だろう?女優さん?と分からなかったが、
女王陛下は実にお美しい。
 
欲しいのがございましたわ。。。” とフロア主任に挨拶して店を出る。
 
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2017年7月23日 (日)

電車の中 ゲームをする男

友人から聞いた話。
朝の通勤電車で、二人の男が二人掛けの席に座っていた。
一人は読書をし、もう一人の若い方はゲームをしていた。
Img_9307
ゲームをする方は腕を動かす。
動かす度に隣の人に触れる。
どちらもガタイが良いのか席が狭いのか、ゲーム男はしきりに隣の男を見ていた。
そしてぶつぶつ文句を言った。
”狭いんだけど。”
何言ってんだろ。。
狭い所で腕を動かして他人を煩わせ、ゲームに熱中するオマエは何なんだ!
Img_9292
 
それが何度も続いたらしい。
廻りは一触即発のこの状態に冷や冷やした。
友人もそこから離れたかったが生憎の満員電車。
とばっちりを受けたくもないし、朝から不快なものは見たくないモノだ。
幸い、彼女は彼等より前に降車してホットした。
”その二人、どうなったんでしょうねえ。。”
ま、読書の人が”大人”だったって事でしょうねえ。

 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2017年7月22日 (土)

トラヨの一日

ネコがトイレに入った。
悪趣味だと思ったがちょっと見に行った。
一生懸命<フンギリ>をしていた。
余り見ては悪いと思ったので台所で昼食の準備をした。
Img_0437
いつものようにカサッ、カサッと砂をかける音も無く、威勢よくバタバタッとトイレを飛び出して駆けて行った。
はしゃいでいる。。
m
あいつ。。砂をかけてないな。。
ったく、はしゃぎまくって。。砂が散るんだよなー。。
サラダの皿を手に持ち、部屋を見たら何やら黒い物が部屋の中央に。
まさか?
そのまさかだった。
どうして ”クソ” が部屋の真ん中に転がっているんだヨ!
爪に引っ掛けて来たとも思えない。
フンぎれずにぶら下げて来たのか。。
部屋がきれいだったから分かったけれど。。
隅だったらわかんないよなあ。
Img_0785
その後、いつものように並んで昼寝をした。
ふと目を開けたらトラヨが私を見ていた。
あら、見られてる~。。と思いながら彼女の瞳をじっと見返す。
あら不思議~。
黒目がどんどん上に上がって、翡翠色から消えてしまった。
私の眼も同様にとろんとしてきた。
(お互いに朦朧としている。。)
 
暑さに息が詰まりそうになってガバッと起き上がる。
暫くして彼女が ”ヒック、ヒック” と始まった。
吐くのだ。。
新聞紙が手元に無い。
慌ててゴミ箱を差し出して両手を持ち上げた。
(本来、胃袋よりも下にしなきゃいけないんだけれど。)
見事に未消化のカリカリがゴミ箱の中に落ちた。
吐く動作は数回続く。
ダイジョウブカナ?と横目で見ていたら二度目が始まった。
”ヒック、ヒック!!”
再度ゴミ箱と思いつつ、それよりも近いベランダに出そう。
(あそこは風が通るから新鮮な空気が吸える。)
だが網戸でもたもたしていたら”ゲボッ!”と畳の上に吐いた。
こちらはベチャッと液状。
まあ。。ダイジョウブかしら。
体調が悪いのかしら、暑さのせいかな。
その後も一日中、グテッと寝ていたトラヨちゃん。
 
クソをぶら下げたり、ゲロを吐いたり、
このネコは実に面白い。
好き放題・やりたい放題でご主人のご機嫌を取ろうなんて一切思わない。
彼女は私の人生を楽しませてくれる。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2017年7月21日 (金)

電車の中 翻訳する男

何語だろう。。
隣の男子が本とにらめっこして翻訳をしている。
チラリと見る。
うーーん。。
ラテン系のようだけれど。
何語だろう?
Img_0450
何よりそのテキストが変わっていた。
これってどうも聖書のフレーズのようだ。
ラテン語かな。。
彼の訳し方が面白かった。
白紙を押し当て、そこに<カタカナ>で書いて行く。
発音を書いているのかな?
でも、その後で下段に日本語を書く。
漢字が浮かばないからカタカナなのかなー。
それとも日本人ではなかったのかもしれないなあ。
でも。。
漢字はちゃんとかいていた。。
ミミズの這ったような薄い文字なので<勢い>が感じられなかったが、
とにかく、 エラく難しいものを訳していた。
何語なの?と聞きそびれた。
ちょっと暗くて太めで、話しかけられるような雰囲気の男子ではなかった。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2017年7月20日 (木)

水彩画教室 夏野菜

九州から戻った仲間が野菜を持ってきた。
えっ?
これをわざわざ九州から持ってきたの?
Img_0711
彼女はニコニコ笑いながら、
”スーツケースにお土産を一杯持っていくでしょう?帰りはガラガラだから其処に何を詰めようかと思ってね、野菜を入れてきたの。”
 
Img_0709
 
まあ、面白い。
ラグビーボールに近い太ったゴーヤが目に入る。
夏野菜って、吸い取った太陽エネルギーを放出しているようだ。
 
Img_0754
この日は16時まで教室を使える。
だからペースがゆっくりとなり、先ず前回の作品を並べて先生に見てもらう。
皆でああだこうだと言いあう。
Img_0753_2
二か月欠席していた婦人が九州で描き溜めた作品を披露してくれた。いつ見ても大胆で柔らかい色使いが素敵だ。
淡い色合いで抽象的(幻想的)だったので、”あら、いいわー!”と言った人に、
”それはヨコじゃなくて、縦なのヨ。”
そこで大笑いとなった。
Img_0737
奥の黒っぽいのが九十九島で前は海だという。
そう言われてみるとその海の手前にも島が幾つかあるようだが、誰もそれを確認しようとはしなかった。
あとは個人の想像の世界だ。。

エンジェル
 
 

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 
 
 

2017年7月19日 (水)

コタローの縄張り

久し振りに角の家のコタローに挨拶した。
そして道路に下りていたトラヨチャンを呼び寄せた。
トラヨはすたすたと私の所にやって来た。
でもトラヨを見た途端、コタローがさーっと唸りながら飛びかかった。
私は驚いて呆然とした。
エーッ!! 何で?Img_9999
あなたがた、顔見知りじゃあなかったの。。
トラヨは隣家ヘ逃げ込んだが、門の柵の幅がギリギリで下半身がつかえて中々入れない。。
コタローはコタローでトラヨのもたもたした尻を首を傾げるように見ていた。
その間、二匹は ”ウーッ、ウーオーッ”、”ギャアー、ギャアーッ” と喚いている。
その光景を見ていた私はなんだか可笑しくてクスッと笑ってしまった。
必死で逃げている相手を一瞬、”ナニヤッテンノ?”という顔で攻撃を忘れて見ていたのである。
(人生は喜劇だ。 どんなに深刻で悲惨な状況でも笑っちゃうことがあるんだ。。)
 
 
その柵はコタローには狭くて通れない。
トラヨは50センチ先の車の下に潜って相変わらず甲高く喚いていた。
その時、ヨシダさんが ”あらっ、ドウシタノ ?” と出て来た。
我々はおしゃべりを始め、いつの間にかネコの喚き声は止んでいた。
五分ほどして、二階へ避難していたトラヨが降りて来た。
それを未だウロウロしていたコタローが見つけて、又追いかけて行った。
油断していたトラヨは階段でこけてコタローの爪が尻を捕らえた。
(痛っ!!)
まあ。。
取っ組み合いになったらトラヨはやられちゃう。
私は慌てて追いかける。
Img_0785
 
コタローに追いかけられたのは(私が知っている限り)これが二度目。
今回は窓によじ登る時間はなかったようで、トラヨは通路の端に蹲っていた。もう一歩も踏み出せない状態。
コタローは頚を持ち上げて威嚇していた。
このままでは隙間から落ちてしまう。下は隣のブロック塀だから上手く着地が出来ずに怪我をしてしまうだろう。。
私はコタローと仲良くしていたので、無碍に追い払う訳にもいかない。
”トラヨチャンが隙間から落ちてしまうわ。コタローちゃん、お願いだから去ってくれる?”
 
魚を追い詰める様に両手でゆっくりとコタローを奥へ誘導する。
気が付けば宙をふわりふわりとトラヨの毛が6個ほど浮いていた。
まあ可哀想に。。。
こんなに毟り取られたんだ。。
(そう言えば腰を触ると怒っていたっけ。以前からコタローに攻撃されていたのかもしれない。。)
mm
コタローに追いかけられた話をご近所さんとしたら、
”最近コタローは近所のネコと喧嘩ばかりしているんだよ。縄張りだよ。ナ・ワ・バ・リ!!”
そっか、このアパートまではコタローの縄張りだったんだ。。
”反対側に住まいを見つけるべきだったわねえ。まさかここまでがコタローの縄張りだったなんて。。シラナカッタ。。”
ひめはコタローと仲良くしていたけれど、お前は引っ込み思案で仲間には入っていなかったのね。。
 
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年7月18日 (火)

レストランで女子二名の会話

女子二名はカウンターの向こう側に座っていた。
ランチを終えてコーヒーが運ばれてきた。
Img_9620
聞くとはなしに会話が耳に入って来る。
旅行の打ち合わせのようだった。
”旭川と函館とネ。。。”とスマホで地図を見ている。
(ほう、北海道へ旅行するのか。)
そのうちに、”ここがウラジオストックよ”。
”ワー、こんなとこなんだ。。”
(なんだ、ロシアへ行くのか。。でも、だったら新潟から船だよな。。北海道に寄ってから行くの?)
Img_0976
 
 
ピザが運ばれてきたのでピザに集中する。
あー、美味しい!
 
気が付いたら北海道の話は立ち消えになっていた。
話しがあちこち飛んだが、結局、極東ロシアへ行くのだと思った。
仲良しのようだが、旅の計画はポンポンと話は進んで行かない。
”大洗からね、船がね。。”
(船でいくのか。。やっぱり北海道に拘るのか。ロシアなのに。。)
私の姉夫婦がこのフェリーに乗船した時、海が荒れて大変だったと話していたのを思い出した。
Img_1862
それから二人は立ち上がってお勘定をした。
えーーっと。。
結局、二人は何処へ行くんだろうか。
何ひとつ具体性の無い旅の話をしただけのようだが、私は無関係なのに肩透かしを喰らった気分だった。
 
追いかけて、結局何処へ行くのですかと聞きたくなった。。。
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年7月17日 (月)

ネコの留守番を頼まれる

ご近所に頼まれた。
息子の結婚式をバリ島であげるので、面倒を見ている<地域ネコ>2匹に四日間餌を上げて欲しい。
いいですよ。
めでたい事だし、何の不都合もない。
私がこそこそ裏庭に入るのを隣人に見咎められなければダイジョウブ。
一応、彼等とも面識はあるからまさか通報されることはないでしょう。。
”隣が詮索して貴方に色々と聞いてくるかも。。”
”分かりました、聞かれたら<世界一周旅行に出た!>と言っておきますネ。”
 
 
Img_9858
一日2回。
部屋には入れないので二匹は縁側で飲み食い、寝ている。
 
餌は蟻が集るので余分に置けない。
 
このネコたちは数年前から見知っていた。
人間に餌を貰っているのに媚びる事はなく、いつも愛想がない。
挨拶しても一瞥して無視された。
餌をあげるからには少しは仲良くなれるかと期待していたが、私を見てさっと逃げる。それでも茶色は私をじーっと観察する。餌を上げ水も替えているのにシャーッ、シャーッと威嚇を続ける。
四日間それが続いた。
警戒心の強い猫たちだ。
Img_9981
 
面白いのはこの二匹が抱き合って寝る事。
冬の朝、成猫のオス同士が相手の首に手を廻して寝ていた。
珍しい光景だった。
へえー。。
ネコでさえ、こんな愛情(信頼)表現をするんだ。。。
家に来た時期がそれぞれ違うから親子でも兄弟でもないという。
Img_9996
ご主人様が戻った翌日、二匹は車の上で仲良く寝ていた。
よっぽど相性がよいのだろう。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年7月16日 (日)

太極拳のクラス

ちょっと離れた公民館。
近くの施設と勘違いしていたが、予約を入れてしまったので見て来よう。。
炎天下に少し迷って30分かかってしまった。
30畳ほどの部屋では準備運動が始まっていた。
Img_0798 
中国人の小柄な男性とおばさまがこちらを向いている。
準備体操が終わったら、前日話した女性が、”先生に挨拶しましょうか?” と私を前に促す。
(えっ、先生に話していないんだ。)
以前、大阪で気功クラスに参加した時、友人が先生にどう言おうかとビビっていたのを思い出した。
Img_0800
これは脾臓、心臓のため、これは消化を促す、etcと説明をしながら5つ程の型をする。
見様見真似で体を動かす。
次に胡弓の眠りを誘うようなメロディーに乗せて長い動きが始まる。
私は後方でひっそりと見学と思っていたのに、真ん中に立たされたがその意味が分かった。
前後左右に方向を変えながら進むので、どの位置に居ても動きが見えなければ付いていけないからだ。
それから、型の名前をズラリと書いたボードを引き寄せて、
”本日は3番目の型、手揮琵琶デス。日本の琵琶と少し違いマス。”
そうだ。。。
敦煌の琵琶を抱えた天女を思い出す。
先生は一人ひとり丁寧に指導してくれる。
Img_0736
次に二重の輪になる。
そこで流れて来た二胡のメロディーがオザキ某の ♪ I love you ♪ (?)だった。
へえ。。創作 ?
 
そして後半に体に良い型を4つ続けてから呼吸を整える。
深く息を吸いながら先生が、
”ハイ!美しい景色を思い浮かべて下さい!”
私は”ウーーン”とこれまで見た美しい光景を思い巡らしたが、浮かんだのは前日の仲間の絵だった。
ご主人の仕事先に二か月合流して描き溜めた<佐賀の森の滝>。
初めての太極拳は膝を傷め深く屈めないので無様な姿勢で終始したが、体に良いような気がした。
<手揮琵琶>を調べ、その映像を見て気がついた。
そうだ、これは<拳>だ。
琵琶を弾く形の”攻撃と守り”の型なんだ。。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年7月15日 (土)

トラヨの学習力

ひと月ほど前、ゴミ出しに下りたらトラヨが私を追い越していった。
エエーッ!
一人で出られたんだ!あら、嬉し!
 
やっと自分で部屋を出る事を覚えてくれた。
これで私の大きな<心配>が一つ消えた。
Img_2455
 
外出時間は相変わらず短く、平均2-10分で戻って来る。
m
昨夜は就寝時にトラヨの姿が見えない。
網戸が開いている。 
あら、外出したんだ。。
ところが10分経っても戻らないので通路に出るが、一向に帰って来ない。
変だな。。
部屋に戻ろうとして微かな気配を感じたが、姿は見えない。
ふと、トラヨの顔が見えた。
なんと。。
<隣人>の風呂場の柵の間から。
エエッーー、!!
アイツ、部屋を間違えてやがる。。。
 
なあに ?
そこじゃあないでしょ!
あんたの家はこっちだよ!
Img_0160
それでも彼女はしきりに窓を開けようとしている。
(チガウデショ!そこじゃあないでしょ!)
私は必死だった。 
終始無言でネコを後ろ向きに縦に起こし、頭を柵の間から引いた。
このまま引っ張れば体が抜ける筈だったが、彼女の抵抗が強い。
何度もトライしたが、体に力が入っているので捻られて痛いのだろう。
”ギャアーッ!!”
住人は部屋にいる。
夜のネコの叫び声ってスキャンダラスだし、人が出てきたらまずい。
私は諦めてその場を離れた。
もう待つっきゃあない。。。
 
チョコンと首が出たので手招きをした。
トラヨは自分でごそごそと体勢を立て直してスルリと床に下りた。
 
Img_0262
彼女は何事もないような顔で飄々と部屋に入って来た。

”この アホ~!!!オマエの為に<目印>でプランターを置いたんだよ。
傘を掛けてあるのよ。
このバカモンが~!どこまでオマエはバカなんだ、アホなんだ!
ナンデ 家をマチガエルンダァー!?”
私はブツクサ言いながら台所を片付け、居間でもう一度言った。
”オマエはアホか??”
彼女はそれを理解したかのように、”ウリャアッ!”と私に抗議した。
 
(チガウゥーー!!!)
 
暫くしてもう一度、”ホント、アホなんだから。。” と胸で呟いたら私をキリリと見上げた。
 
あら。。私の心が読めるのかしら。。
以心伝心、一心同体、相互互助、似た者同士、腐れ縁、etc。
 
 
 
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年7月14日 (金)

水彩画教室 ランチで女子会

この日は午前中のみ。
それで本を見ながら題材を選ぶ。
先生は木材の家庭用品や家具に模様を描いたりする<トゥール ペイント>が専門で、西洋の<絵の描き方>の本を沢山所持している。
Img_0004
 
手ほどき本は分かり易いようにその手順を5-6段階で説明している。料理のレシピ―本と同じようなものだ。
なるほど。。
この通りに描けば誰でもプロのように絵が描ける筈。
そっくりそのまま真似が出来れば、これほど単純な作業はないのだろうが、そこに<個性>という差がでてくる。
でもこの差はプラスマイナスではなくまさに<持ち味>と言う奴だ。
これがビミョーなのだが、我々はそれ以前の問題で楽しいか楽しくないかだ。
”難しい。。。” を連発しながらも集中して何かを一心に描くと言うのはメリハリのない毎日の一服の清涼剤で、ある意味ストレス解消かもしれない。
楽しい事は良い事なのだ。
メンバーの長老女史は医者通いの日と重なってしまったので、ここ数か月は来られなくなっていた。楽しい方なので皆が懐かしがる。
たまたま昼までのクラスだったのでランチへの誘いを入れたら、病院からタクシーで店に駆け付けた。
Img_0007
大御所という言葉がぴったり当てはまる素敵な姉御肌の大阪人。
全員が尊敬している方だから座が和む。
75歳。
元々美人だが、外出時はきっちり化粧をして上品な色合いの服装でアクセサリーがいつもピリッと映えている。
いつものように全員の<病気自慢>でひとしきり笑う。
気が付いたら6名で3時間近くお喋りをしていた。
Img_0020
共通の趣味を持つ仲間とは話も弾むし、笑いが増えるので帰宅時には顔の表情筋が緩み、全員の口角が上がっている。
あー、此の様に人生を過ごすべきなんだわ。。。
Img_0010
まだ60歳で荒れた肌、陰気臭い形相で睨み付け醜態をさらす女のおぞましい顔を毎日見せつけられ辟易している。
老いは醜い。内面までああなってしまうのは嫌だなあ。
それに適切なアドバイスが出来るトモダチもいないようだわ。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年7月13日 (木)

ピザ屋の店員

その店に入るのは一年振り。
フロアー店員は替わっていた。
美味しいピッザのお店。
Img_8870
サラダとデザートとコヒー・紅茶が付いてランチ1080円。
カウンターに座る。ピッザの作業が眼の前に見える。
髷を頭上に乗せた可愛らしい女子が
”いらっしゃいませ!”
店内は女性客で一杯。
食事をとっくに終えて、皆ドリンクで粘っている。
店員のはきはきとした対応は素晴らしかった。
m
 
 
m
壁に映されたヨーロッパサッカーのゴールシーンを見ながら、”すごい。。。”
半分ほど食べた時、ピザ焼き男が ”だからそういうの先にイッテヨネ!”と声を荒げた。
こちらがビクッとするくらいきつかった。
言われているのはこちら側のフロア担当の彼女と男子。
彼女は何を間違えたんだろう。。
ドタバタしている様子は全くなかったけれど。。
m
Img_9095
 
m
そのうちに、彼女に刺々しく、
”見送りナンテ。。シナクテイインダヨ!”
そういえば彼女は戸口までわざわざ行き ”又どうぞ!” と笑顔で客に挨拶をしていた。
背中でそれを聞いて、タイシタモンダと私は感心していた。
店内は空いてきていたので男の当たり散らすような言い方に、
 
この男、彼女が気に入らないんだわ。。
でもそれって。。
中学生が人気の女子に対して、自分を振り向いてくれないから意地悪な言い方をするのとよく似ているなアと思った。
 
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年7月12日 (水)

メロンを頂く

ランチに来た友人が持ってきた。
どうだろうか?
食べ頃?
良く分からないけれど確かお尻を押して柔らかければ食べ頃だと聞いていた。
 
固かった。
Img_9168
そこでその日は止めようと言うことになった。
デザートは他にもあったのでメロンは部屋の片隅に置かれたままだった。
一週間後、尻が柔らかかったので食べた。
半分に割ってスプーンで掬って頂いた。
自分は贅沢な食べ方をしていると思いつつ。。
 
そして翌日に残りの半分。
熟れすぎたようだった。
Img_9032
 
このメロンはあの時が食べ頃だったのではないだろうか。
うわーっ、一人で頂いちゃうんだ、ラッキー!と心で喜んだ自分。
多少硬かったとしても、友人のお土産なんだから他のゲストの為にも私はテーブルに出すべきだったと後悔した。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年7月11日 (火)

芍薬の花

友人がランチに来る。
”そうだ!花がない。。”
ベランダの植木は全部<緑>だから<色>が欲しい。
花でもてなす。
 
開店を待ってスーパーへ買いに行く。
Img_8965
バラしか念頭になかったが、本数が少なかった。
そして芍薬が並んでいた。
芍薬か。。
子供の頃、祖父母の住む離れへの道の右手に牡丹、左手に芍薬が咲いていた。
牡丹の熟れた赤紫の大きな花には黄色の花芯が毒々しかった。両手いっぱいの大きな花に目が奪われる。
子供心にその豪華さに圧倒された。
”座れば牡丹か。。”
Img_8966
 
それに引き換え小振りの芍薬はルビー色の縁からピンク、白と小さな花びらがくちゅくちゅっと中心に向かっていた。
可憐では有ったけれど、
”牡丹には完全にマケテルなあ。”
そんな事を思い出しながら手にした芍薬はフワッと大きな綿菓子のようだった。
芍薬ってこんなに大きいんだ。。。
豪華じゃん。
どの程度花が持つのかわからなかったけれど、10日以上咲いていた。
とても日持ちの良い花のようだ。
Img_9302
そのうちに花弁がげんなりしてきて、もう捨てるっきゃないかなー。。
でも自然に花弁が落ちるまでそのままにしていた。
そうしたら、枯れる姿までこんなに美しいかと感動するほどの様相になった。
極細糸で編み上げシャーリングの効いた繊細なレースのようになった。
こんなレースを首の周りに付けたニットのセーターを見たことがある。
ブツブツ模様に自然の美しさを感じる。
枯れ落ちる間際までこんなに美しく在りたいものだと思った。
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイ語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年7月10日 (月)

レジ袋の要・不要を尋ねる店員

イラっとする。。
 
<レジ袋不要>のカードを籠に入れた。
おまけに口頭でも告げる。
"袋はイリマセン!”
Img_9462
それなのにそれなのに。
最後に”レジ袋要りますか?”と聞いて来る。
m」
それも8割のレジ嬢が。
(何イッテイルノ?目の前に不用カードがあるじゃない。
さっき ”ご協力有難うゴザイマス!” って言ったじゃないの。。。)
 
習慣ってこわい。
仕事上、確認は実践するのだけれど、それに対する客の返答が全く本人の記憶に残っていない。
Img_9572
 
先日はドリンクインのパン屋で。
”お持ち帰りですか?それとも。。”
持ち帰りです!
たった二品を買った。
一分後に、
”お持ち帰りですか?こちらで食べますか?”
えっ?私がさっき聞いたのは私の勘違いなの? 
ソラミミ?
デジャブ?
いや違う。。私は確かに彼女の質問を聞き、それに ”NO!” と返答をした。
彼女も”はい。 アリガトウゴザイマス” と言ったではないか。
私に尋ねた事を何となく思い出して、あーそうだったっけという表情をするが失礼しましたと言わない人が多い。
(とぼけすぎだよ。)
何だかバカにされているような気がした。
一体どんだけ頭真っ白で、気も虚ろで仕事をしているのかしら。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイ語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年7月 9日 (日)

寄りかかるネコ

なんでもかでも寄りかかる。
ベタッと寝るより気持ちがいいのかしら。
Img_7198
物に触れて安心するタイプなのかな。。
Img_8004
 
それとも、
私の匂い?
いや、それは違うだろうな。
Img_8189
新聞紙を広げたら、そこに乗る。
紙の方が涼しいのだろう。
あらあら、絵に乗っちゃった。。
Img_8409
 
いいわよ、トラヨちゃん、
どこでも触って、踏んづけて、ええよ。
 
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

2017年7月 8日 (土)

クーラーを節約する友人

汗をかきながら友人がやって来た。
”クーラーを点けてイイデスカ?”
モチロン!
Img_9410
 
これまでクーラーの無い部屋で生活していた。
会社で散々冷え切った体には不用だったし、辞めてからも必要性を感じなかった。
ここ数年の暑さでは熱中症を心配した友人が、
”生きてるか~?”
 
この部屋のクーラーは1-2回試しに点灯しただけで、
ネコがしんどそうだったら点けようかな程度に思っていた。
友人はしきりに点けたり消したりを繰り返す。
なんで? 寒いの?
丁度良いような温度と思えるのに。
そのままにしておけばよいのに。。
Img_9444
 
彼女は電気料金を気にしていた。
えっ?
今まで使っていない私にはそこまで考えが至らなかった。
そこで夏になると電気料金が増える話になった。
彼女は親と住んでいて殆どの部屋のエアコンを点けていた。
そして、アッと驚く請求が来たそうだ。

へえ。。そうなんだ。。
まっ、私も気を付けることにしましょう。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年7月 7日 (金)

カボチャの花を食べる

以前の庭から持ってきた芽はカボチャだった。
花がどんどん咲いて行く。
Img_0220
雌しべと雄しべの花が同じ茎に付くって。。知らなかった。
それも最初は雄しべばかりだそうだ。
まあ、そのうちに根元がぷっくり膨らんだ雌しべが出るまで待たなきゃならない。
それにしても綺麗な花。
Img_0293
 
 
確か。。
食べられたよなあ。
イタリアではズッキーニの花を食べるのを思い出した。
Img_0286
昼に作ってみようか。
材料を買い揃えて、花を6個摘む。
萎みはじめた花弁は思ったより小さい。
虫などを洗っている内に破けてしまった。
花芯を取り、ムッサレッラチーズとアンチョビーを詰めて天婦羅にする。
 
Img_0297
花は苦みの中に甘みがあると表現していたが、アンチョビーの塩分が強すぎて味が分からなかった。
翌朝、3輪咲いたので慎重に作ってみたが、相変わらずカボチャの花の味は分からなかった。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年7月 6日 (木)

アロハシャツを褒められる

このシャツは褒められる。
色合いが自分に似合っているようだ。
Img_9588
3-40枚のアロハシャツを持っていた。
その中でこれだけは”いいわね!”と言われる。
母が、”アラ、それいいじゃない。”
沖縄で買ったの。。
 
”オマエ、そう言うのをお土産に持ってくるものだよ!”
えーっ?こんなのが欲しかったの?
Img_9585
 
フェリー乗り場で価格に迷いながら買ったアメリカ製。
母が要求するような事を言ったのは初めてだった。
深く考えずにぽろっと出た言葉だが、もしこれを持ち帰ったとしても母は絶対に着ないだろう。こんな派手なもの着られるかと言うのが席の山だ。
そんな母も自分にも似合うと思ったようだ。
親子だから好みが合うのかもしれない。
ハイビスカスなどの花の上に、日光浴する人、泳ぐ人、夕焼けにウクレレを弾きながら歌う人、レイを作る人、サーフィンする人などがパイナップルの中に描かれている。
そうだ、これには夏の楽しい事が全部入っているんだわ。
Img_9584
 
赤いアロハシャツを着ている男を見た。着物の花が散りばめられた豪華な柄だった。
振り返って見てしまった。
あー、私もあれがホシイ。。。
褒めてくれた友人に母の話をしたら、
そうよ。なんでお母さまにも買って差し上げなかったの?
ウーーん。
食べ物以外のお土産なんて思いもよらなかった。
<かりゆしファッション>はまだまだ関東では休日以外見かけない。
東京は那覇より暑い日が多いから、クールビズも沖縄のようにすればいいのに。。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年7月 5日 (水)

京都の漬物 かぼちゃ

奈良の友人がやって来た。
上京する度にお土産を持ってくる。
<京都の漬物>。
Img_9523
いつしかそれが楽しみになった。
今まで、千枚漬け、スイカ、春キャベツなど変わったものも頂いた。
この春キャベツは”早く食べよ!”と書いてあったが、期待に反してお漬物と言うよりは唯の生キャベツという印象だった。
今回はカボチャよ!
 
”カボチャ?”
Img_9515
 
ソフトボール大のカボチャ。
鮮やかなクリーム色で切ってしまえばアボカドのよう。
食感はきめの細かいニンジン。
味は。。
生のカボチャを食べた事が無いので味や香りは分からないがウリに近いかも。
ふむふむ。。面白い。。
私のお返しは東京バナナ。
大阪の友人が美味しいよ!と言っていたから。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年7月 4日 (火)

オフショルダーのブラウス

東南アジアの国で60代の女詐欺師が拘束された。
その様子を見て多くの人が驚いた。
違和感一杯の若造りファッション。
Img_9395
まあ。
ミニスカートにオフショルダーブラウスで、顔が無ければ20代。
何てステキな事でしょう。
あそこまで肉体の崩れを隠せるなんて。
ところが人間の印象なんて変わる物で、毎日その映像を見て”すっとぼけた甘え声”と詐欺の状況を聴いているうちに、なんて女だ!と嫌悪を覚える様になる。
この嫌悪には妬み、羨望も含まれる。
 
 よくそんな大金をあの程度の会話力でせしめたわねえ。
  それだけの美貌でよく信頼を得られたわねえ。
  巻きあげた金をよく若い男につぎ込んだわねえ。
  自分の逃亡生活設計は立てて無かったのねえ。
  愚かね。。
 
Img_9681 だわ
逮捕時の駄目押しのファッション。
リゾート地へ向かうようなモモだしでは多くの女性の軽蔑を引き出した。
幾らなんでも悪事への反省がなさすぎ。
 
でも、犯罪者に常識を求める方が間違いというものだわね。
今の政治家に常識を求めるのと同じくらい無意味な事かも。
 
オフショールダーは数年前に流行ったが余り広まらなかった。
今年は”肩抜き”だけでなく、肩をずり下ろすのも多い。
あれはきっちりずり下ろさないと肩の美しさが見えない。下ろしきれずにでっかい襟のようになっているのはちょっとおかしい。
そうだ。
五年前に私も”肩抜き”のブラウスを買ったんだっけ。。
会社には来ていけず、いつ着ようかと箪笥で眠っている。
あー、早く着てみたい。
まだ大丈夫だろうか。。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年7月 3日 (月)

枝豆の成長

4月の園芸教室でさやえんどうの苗を3本貰った。
花は沢山付いたけれど、結局8粒くらいしか出来なかった。
不作だった。
Img_6215
同時に枝豆の種を14粒くれた。
”わーい、芽が出た!”
その内に葉が出て来た。
確か。。
間引きをするとか言っていたけれど、折角出て来た芽を摘むのは忍びない。
どうせ市販のような枝豆を期待している訳ではないので そのままにした。
<緑>があればいい。
太陽を浴びて伸びる若芽は目に涼しく、毎日の成長は楽しいものだった。
 
茎は細くひょろっとしていて、全員が栄養失調のように見えた。
プランターにぎゅうぎゅう詰めだから、ゴメンヨ。。
マメの子が付いた。
節ごとに一個か二個。
Img_9315
 
スーパーでは8-10粒くらついているんだけれど。。
農家のようにはいかないわね。
でも、このまま頑張ってチョウダイ。。
友人に実が付いたけどペッチャンコだと言ったら、
”ダイジョウブ、水と肥しをあげたら膨らむわよ!”
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年7月 2日 (日)

プレゼントの木の箱で

友人が小さな向日葵を持ってきた。
引き出しのような小箱に入っていた。
Img_9606
底には穴が開いていたので、このままでも良いかなと思ったが、花は広めの鉢に植え替えた。


Img_9613
 
箱にはこう書かれていた。
 
”トモダチからのプレゼント。我が家から幸せを運んできました。”
まあ、何て嬉しい。
小さな箱はそのまま部屋に残った。
トラヨがしきりに顔を擦りつける。
マタタビでは無いだろうに、この箱が気に入ったようだ。
何の木なんだろうか。
気が付けば、両手を箱に突っ込んで座っている。
アラッ、トラヨちゃん。
あーた、入れる訳ないでしょ?
後ろ足で縁をしきりに蹴飛ばす。
”ムリ! ムリ!その箱は伸びません。。”
箱を拡げたいのかしきりに底をひっかいて顔をこすりつける。そしてそのまま向こう側に転がった。
笑ってしまった。
 
Img_9630
 
前足を入れたまましばらく物思いに耽っていたが、スッと立って歩きだした。
律儀にも片足を箱に入れて。。
 
すっかり諦めたと思っていたが、今度は横になった箱に頭を突っ込もうとした。
なんなんだろ。
目の前の小さな空間に自分は入り込めると思っているのだろうか。
タイムトンネルのような不思議な空間なのだろう。
身の丈知らずってこんな時にも言うのかなあ。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年7月 1日 (土)

歌舞伎座の緞帳

緞帳の紹介が始まった。
富士を見た時、
えっ?
此処は何処?
Img_8457
つい先日、同じ緞帳の作者をご婦人に聞かれたばかり。
でもあれは。。新橋演舞場。
此処は歌舞伎座。
どうなっているんだ。
一瞬、自分の記憶がバカになったかと思った。
Img_0579
 
でも解説を聞いて納得した。
”作者は松尾敏夫画伯で新橋演舞場のと<対>になっております。”
こちらが <朝光富士>
あちらが<霊峰(?)富士>
何だ。そういうことか。。
だから私にはとても馴染みがあったんだ。
 
Img_3300
私が一番好きな緞帳は明治座。
片岡球子の<めでたき富士>
大きな家に住めたなら、リビングに彼女の絵を飾りたいわと友人と話していた。
珠子の後輩にあたる友人は一昨年、”富士を買ったわよ!”と言っていた。
m
 
あれ。。まだ見に行っていないんだよなあ。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »