最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 能 黒塚 狂言 附子 | トップページ | 歌舞伎座の緞帳 »

2017年6月30日 (金)

箏 米川文子演奏会

友人が興味あるか?と聞いてきた。
まともに聞いた事がないので”YES”と答えたら切符を送って来た。
Img_9868
<初代米川文子23回忌追福/二代米川文子芸歴85周年記念演奏会>
恥ずかしながら、お琴だと言う認識がなかった。
 
記載された開場時間に間違いがあり、30分並ぶ羽目となった。
長い行列ができたが、誰も文句を言いに行かないようだ。
(皆、寛容なんだなあ。。)
m
着席してから係員に劇場側の手違いかと尋ねたら、
”当方は10:30からと伺っております!”とバシッと言われた。
(そんなにムキになんなくても。。)
皆、開場時間に合わせて来場したから、大勢が待たされた。
珍しいことだ。
私はたまたま6人ほどのグループの間に並んでしまった。
彼らの会話を聞いていたら、演奏会は10:45から始まり休憩を挟んで二部の開始が17:00頃で演奏会の終了は多分18:00過ぎじゃあないかという事が分かった。
えっ? そんなに長い間やっているのデスカ。。一日がかりじゃあナイデスカ。
 
Img_9870
 
色々と話をしている内に私の勘違いに、
”これは筝、<お琴>ですよ!ずーっと琴を弾いているんですよ!”
(あっ、そうなんだ。。ガガクじゃあないんだ。。)
”お琴をなさるんですか?”
いえいえ。。
”演目は延々と続くので、その間は昼飯も食べますからね、自由に席を立ってもいいんですよ。”
そっか。。
以前、三味線で友人の先生の追福演奏会に行った事がある。
でもあの時はせいぜい2時間ほどだった。
”いやネー、親戚の子が<名取>になったんで親戚一同で来たんですよ。中学生です。”
まあ。。ではこの方たちも音楽一家なのかしら。。
手にした封筒が見えたが松山からやってきたようだ。
でも私と同じように米川師を知らないようなのでお琴とは関係ない家族のようだ。
”芸歴85年ということは 少なくとも90歳くらいの方でしょうね。”
”そうでしょうねえ。”
その米川先生は一目で分かった。
知らなかった。
筝は弾きながら謡うんだ。。
<人間国宝>の演奏は美しく、その力強いお声に圧倒された。
 
そして200人以上の出演者たちの美しい着物に時の経つのも忘れてしまった。
気が付けば5時間半もお琴の演奏を聞いていた。
心が和む音色。
旅行中のお隣さんのネコの世話がなければ、二部も聞いたのに。。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

« 能 黒塚 狂言 附子 | トップページ | 歌舞伎座の緞帳 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635735/70988005

この記事へのトラックバック一覧です: 箏 米川文子演奏会:

« 能 黒塚 狂言 附子 | トップページ | 歌舞伎座の緞帳 »