最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 宝くじ売り場 | トップページ | くちなしの花 »

2017年6月16日 (金)

MET オペラ ビューイング ばらの騎士

<演出>でこんなにも印象が違うんだ。。
前回も元帥夫人はレネ・フレミングだったがMETを引退する彼女の感慨も加わったのか寂しい元帥夫人だった。
 
34歳の元帥夫人には19歳の愛人がいる。
彼は彼女に夢中。その愛は生涯不滅だと信じている。
他方、彼女は<老い>を感じ始め”時”を止められないもどかしさと哀しさを切々と歌う。
”今日のヘアスタイルはオバサンみたいね。。”

この一言が強烈である。
 
これはコメディーなのだが、全編に流れるのは<老い>への深い悲しみと諦め。
最終幕は娼館でのドタバタ劇で、多くの下着姿の娼婦が客と絡み合う。
この演出家はしつこいくらいに絡みあうシーンを作った。
 
 
愛人はひょんな事からある将校の婚約者に婚約の証である<銀の薔薇>を手渡す役目を仰せつかる。
一目で彼女と恋に堕ちる。
これは自然の成り行き。
元帥夫人は自分の出番は終わったと、愛人を解放する。
彼女が去るシーンではベッドの上で若い二人が絡み合っているのを横目にしながら部屋を出て行く。
(残酷だわー。。このいちゃつくシーンって必要かな。。)
全てが落ち着くところに落ち着いて御終い。
 

前半、音階が全部半音高いキーに聞こえて、メロディーが掴めない。

なぜだろう。
頭上数センチの所で音がキイキイ鳴っているようだ。
声質のせいかな?
そこで気がついた。
そうだ。
これはヨーロッパの音階だ。
私は日本人だから演歌の音階の人間なんだ。
だからすんなり耳に入って来ないし頭にメロディーが残らない。
 
終了後、後方でご婦人方の会話が聞こえた。
”日本人だったらソウゾウがつくのにねえ。。。(ヤリスギヨねぇ。)”
(なんの事だろう。。。)
”あんなに足を開いたりねえ。。”
(過剰なベッドシーンだったと言っている。。)
今回は絡み合うシーンが頻繁に出て来た。
主人公2組、女たらしの将校は直ぐに女の尻を掴む。(この将校は秀逸だった。)
そして娼婦たち。この館のボスを太った男性が演じていて喝采を浴びていた。
そうねえ。
隠すのを美徳とする日本人には食傷気味かも。
おまけに愛人はメゾソプラノの女性が演じているから余計に小さな違和感を持ったのだろう。
 
時代背景は世界大戦の前で軍部の台頭が始まった頃だそうだ。主人公は全員軍関係者たち。
娼館の遊びなんて、多分あんなにハチャメチャなもんだったんだろう。
それに15歳年下の愛人なんて当然居ただろう。
先日、在スエーデンの友人とフランス大統領の話になった。
日本ではこの”年齢差”の方が話題になってますよ。私はね、人の奥さんを惚れたからって盗ってしまう男ってどうかと思う。酷い話じゃあないの?相手の家庭を壊したのよ。
そうしたら、
”なにいうてますのん? そんなのこっちじゃあイッパイありますわ。それに、それを言うならトランプはどうなのよ。歳のいった男が若い嫁さんOKで、女が年上だったらいけないの?”
成程。。。そうだなあ。と思った。
後日、この話を友人に披露したら、
”え? アンヘラってそんなに保守的なの?”と笑われた。
20年近い海外生活で私は<自由人>の代名詞のように思われていたようだ。
そうだよなあ。。
いつから私は<守り>に入ったのだろうかと自分でも笑ってしまった。

エンジェル

http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

« 宝くじ売り場 | トップページ | くちなしの花 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635735/70857700

この記事へのトラックバック一覧です: MET オペラ ビューイング ばらの騎士:

« 宝くじ売り場 | トップページ | くちなしの花 »