最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« グイグイ来るおばさま | トップページ | 臨床絵画教室 »

2017年5月12日 (金)

アランドロンの引退ニュース

TVから”アランドロンが。。”と聞こえた。
えっ? 
シンダノ?
Img_0299
台所でジャガイモを剝いていた私は一瞬耳を澄ませたが、ニュースは大業な感じも無く直ぐに終わった。
 
Img_1356
 
ヨカッタ!
訃報ではなさそうだ。
なぜそう思ったのだろうか。。
所詮、面識の無い俳優さん。青春時代に彼の映画に大いにワクワクしたというだけの事。
その日はそれで彼の事は忘れてしまった。
翌日のニュースで、”引退”と聞く。
まあ。
今更、引退も何もそんなことを発表する意味があるのかしら。
それにあと2本の作品がこれから出るという。
”太陽がいっぱい”のあの衝撃的な超美青年の映像が流れた。
あら。。
顔しか印象に無かったけれど。体格もすてきなのね。(身長が184センチもあったんだ。。)
黒髪に緑がかった瞳。
 
Img_0619
アルゼンチン北部のワインで有名なメンドサ市のガイドがそんな髪で緑色の瞳だった。
Img_1738
 
顔の造作が整っていた訳ではなかったが、その緑色の瞳に吸い込まれそうで言葉を失った。蛇に睨まれたカエルかクモの巣に掴って動けないトンボのように、とにかく動けない。
吸い込まれる。
ゆっくりと魔法にかけられて恋に堕ちて行くような。。
今までこんな目をした人を5人くらい見た。
一人はトルコ系スエーデン人の歯医者さん。
奥歯の手術で口と目を大きく見開いて私はセンセの緑の瞳を見つめていた。
もう一人はロンドンの英語教師、Mr.グリーン。でも彼は黄緑系で肌が白過ぎて髪に艶が無かった。
そして、新宿でフラメンコを踊っていたジプシーの女性。
”貴方の髪とその緑の眼は<美>と同義語よ!”
もてない訳がない。
ゴージャス。。
 
Img_7240
綺麗な緑色は中々出ないようだ。
それはもう、歌舞伎の善・悪のお面のように、顔の真ん中に<美>と張り紙がしてあるようだった。
Img_0405
ブエノスアイレスで或る日、”ギョッギョッ!”っと叫んだことがあった。
ボーイフレンドの眼の色が黄味がかった緑色だったのだ。
”目の色が違う!!”
それまでは薄茶だと思っていた。
なんで目の色が違うの?
アンヘラ、瞳の色はね<光>の関係で変わるんだよ。
へえー。。
瞳の色と恋の数はもしかしたら比例しているのかもしれない。。
 
81歳か。。
ロミ―シュナイダーはとっくに亡くなったよなあ。。
まさかと思ったが現在の写真が出た。
やっぱり、やっぱり。。
腐っても鯛だ。
81でもアランドロンだ。
ステキ。。。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

« グイグイ来るおばさま | トップページ | 臨床絵画教室 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635735/70393785

この記事へのトラックバック一覧です: アランドロンの引退ニュース:

« グイグイ来るおばさま | トップページ | 臨床絵画教室 »