最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 白内障の手術 | トップページ | アランドロンの引退ニュース »

2017年5月11日 (木)

グイグイ来るおばさま

10時過ぎの電車ってこんなに混んでいるんだっけ。。
優先席の前に立つ。
真ん中の吊皮にぶら下がる。
Img_7230
次の駅で腰に何かがどんとぶつかった。
振り向く。
同世代のおば様が小型のスーツケースを私にぶつけたのだ。
Img_7233
登山にでも行きそうな赤いチェックのシャツに膨らみ過ぎたウエストポーチ。これでまたグイグイと私を押す。
振り向いた私に気が付いたようだが何も言わない。自分の荷物が他人を押した(振り向かせた)と気付かない。
否、気付いているがそれに対して何とも思わない。
鈍感というよりは居丈高で失礼である。
Img_6939
それどころか、
”ココ、掴まらせて下さい!”と、私と男性の間に割り込んできた。
 
言い終わらないうちに30代の男性は吊皮を手放した。彼女に譲ったのだが、それへのお礼もない。
彼女は依頼したのではなく、”命令”したのだ。
Img_7130
 
私は左手でつり革を、右手は鉄棒を掴んでいたが、”その手も邪魔よ!”と言わんばかりに上体を前に進めてきた。
その手を避けろ!というニュアンスだ。
目の前の手が目障りなのだろうけれど、私は足の負担を軽くするために出来るだけ可能な<物>に両手で掴まっていたかった。
女は私の隣に<同等>に並びたいのだろう。
 
やれやれ、これでとりあえず落ち着いたかと思ったら、その男子に
”前へ行ってくれません?” と命令的な口調で言った。
(ナニ 言ってんだろ、このひと。。ああだこうだって。。)
 
Img_7155
男が隣に居るのが目障りだったのか、彼に”ドア寄りに移動して!”と言ったのだ。
男は右手をサッと前に出して”どうぞ!”と彼女を促し、後ずさった。
大きく空いたそのスペースに ”じゃ、これ置きます。”と赤いケースをググッと動かした。
(なんでわざわざ其処へ置くかな。。その奥には人が立っているじゃアないの。現状でいいじゃあないか。)
 
なんでも命令的な女。
自分の都合の良いように周りを仕切りたがる<ごり押し系>の我儘な女。
ちょこちょこ動いて落ち着きのない女。
なんか。。
ウルサイ人だなあ。。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

« 白内障の手術 | トップページ | アランドロンの引退ニュース »

電車内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635735/70407167

この記事へのトラックバック一覧です: グイグイ来るおばさま:

« 白内障の手術 | トップページ | アランドロンの引退ニュース »