最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 団菊祭 伽羅先代萩 | トップページ | 薔薇 アンジェラ »

2017年5月25日 (木)

解体に纏わる話

バンバンとコンクリートを割る音が響いて来た。
何となく胸が重い。
Img_7720
そこに住んでいた時、隣のアパートの取り壊しと新築があったけれど、こんなにうるさいとは思わなかった。
思い返せばその頃私は働いていたから、殆ど”作業中”は不在だったのだ。
Img_7937
気が付いた時にはブロック塀(もともと隣家の塀)が壊されて、そこに絡ませていたユウガオの実が切り取られ、トケイソウとバラは紛失していた。
母の形見のクリスマスローズも取り去られ、枇杷の木は2週間後の台風で傾いた。
色んな(腹の立つ)出来事があった。
M直後、同時期
2か月後には”線引きを間違えた”と言って、二度北側の塀の工事が入って庭を荒らされた。最初は菊をボロボロに踏み潰され、クレームしたら責任者が、”はいはい、カネを払います!”とあしらわれてそのままにされた。
二度目は30球ほどのチューリップが作業員に踏み潰された。
”元通りにします!”と言ったが、潰れたチューリップはそのままで逃げられた。
現状回復しますって。。その現状を記録した様子もなかった。
ぼーっとした男達だった。
口からデマカセ。
思い出すだに腹が立った。
 
Img_7942
このような建築業者とのクレームは近所でもあったそうだ。何れもその場凌ぎの言葉だけで弁済は一切なかった。
それ以来、或るお宅では<XXXハウス>は禁句となった。
Img_7959
 
17時に作業が終わる。
トラヨを誘って、
様子を見に行く。
ひめの枇杷の木は両腕を切り落とされていた。
一気に切らないという事は、もしかして木は残るのかしら。。
トラヨちゃんは”ギョギョギョッ!”と驚いた顔で建物を見上げていた。
まさに開いた口が塞がらない状態だった。
(ネコも感じる事は同じなんだ。。)
ついこの間まで住んでいた家が壊されていく。
猫も私も現在の住まいに慣れてはきたが、どうも私の方が<郷愁>が強いようだ。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

« 団菊祭 伽羅先代萩 | トップページ | 薔薇 アンジェラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635735/70598730

この記事へのトラックバック一覧です: 解体に纏わる話:

« 団菊祭 伽羅先代萩 | トップページ | 薔薇 アンジェラ »