最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 花嫁の記念写真 | トップページ | 近所のチューリップを見に行く »

2017年4月22日 (土)

京菓子を頂く

親友から京菓子が届いた。
なんでだろ。。
何で送って来たのかしら。

Img_6047
思い当たる事がある。
実は引っ越しの保証人の件で一悶着あった。頼りにしていた実家に断られたのだ。向こうにはその理由があるようだが、私にはそこに至るまでに許容できない出来事があった。
Img_6035
 
被害を被ったのは私の方だと思っていたので、この拒絶は青天の霹靂で衝撃的だった。
 
全ての事情を知っている友人に打ち明けるのに二週間掛かった。
私の気持ちが落ち着くのを待ったのだ。
友人とは以前、
<独り身で野垂れ死にしたらその亡骸はどうなるんだろうか?>というテーマで話をした事がある。
 
友人には子供がいるが、実家はもう残っていない。
とてもドライな感覚を持った人だと思った。
私には実家があるので、(例え問題があったとしても)当然ながら実家が私を引き取るだろう、それが私の籍がある<実家>の役割で責任だから。
と私は言い切った。
Img_6025
今回の拒否で真っ先にこの話を思い出した。
Img_5911
 
 
”彼女に謝らなきゃあいけないな。私が間違っていたって。。”
 
実家はもう私を引き取らない。
 
そうだ、生命保険の受取人を別人に変えなきゃあ。
<腐っても鯛、喧嘩しても実家>だったのに。親が居なくなればこんなもんなんだ。。
母は晩年、”兄妹は他人の始まり。”と繰り返していたっけ。
 
無事に引っ越しは済んだが、私は深いボディーブローを受けたように心は曇っていた。
 
でも。。

どうして<京菓子>ってこんなに上品で美味しいのだろう。。
食べ終わって涙が出た。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

« 花嫁の記念写真 | トップページ | 近所のチューリップを見に行く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635735/70329229

この記事へのトラックバック一覧です: 京菓子を頂く:

« 花嫁の記念写真 | トップページ | 近所のチューリップを見に行く »