最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

2キロ痩せました

”2 キロ痩せたの!”

Img_6006
そう言ったけれど、皆きょとんとして私を見ただけ。
 
Img_6020
 
”あら、そうなの? 気が付かなくてゴメンナサイ。”
(いやー、別に謝られることじゃあないけど。。)
たった2キロじゃ違いが分からない程の<体重>ってことだ。
 
Img_6036_2
 
膝にヒアルロン酸を5回注入した。
でも、効いているんだかいないんだかよく分からない。
 
一番の対策は<痩せる事>。
野菜を多くした。
Img_6005
10年前に左膝に痛みが出た時に医者に言われた。
”15キロ痩せなさい!”
 
(あと。。13キロかよ。)
 
ムリ。
 
 

エンジェル

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月29日 (土)

治療室のリニューアルとマッサージチェアー

治療室に入った。
あら?
変わったの?
低周波治療器の1台が新しくなって、2台とも壁を向いて並んでいる。
そっか。。
年度が代わったんだ。。
Img_6509
 
数日後にはマッサージ椅子のようなものが増えた。
なあに あれ?
”足をマッサージしてくれるんだよ。。”
Img_6515
 
へえ。。
太いズボンのような筒が空気圧でマッサージするようだ。
”どんな症状でこれに座れるのかしら?”
 
 
誰でも出来るのよ。
100円を<ジッピ>で払えばいいんだよ。
 
その辺のマッサージチェアの使用料金よりは安いらしい。
待っている間に使うのもいいかもしれない。
Img_6523
人がやっているのを見て申し込む。
見習いの子が、
”じゃあ、今日はデンキと赤外線とマッサージで、その後で<これ>で締めますか?”
”そうですね、これでシメマショカ。。”
Img_6511
 
ふくらはぎまでの長いブーツをはく。
空気が段階的に下から入り足をぎゅっと締め付ける。その間20秒。
丁度血圧計のような感覚だが、あれほど痛くはない。
フーッと空気が一気に抜けて直ぐに膨らみ始める。
ふむふむ。
これでいくと1分間に2回だから10分で24-5回<圧>を加えるんだわ。
 
Img_6514
アッと言う間に終了した。
”どうでした?”
うーん、今すぐどうという感じはないわねえ。
今夜寝る時に分かるかも。
でもその夜はマッサージ器のことなんて思い出しもしなかったし、いつものようにネコを枕元に快眠だった。

エンジェル

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月28日 (金)

MET オペラビューイング 椿姫

やっぱりこれが一番面白い。
この主役の声の美しいこと。
 
 
舞台装置はひとつ。
そこはパリのビオレッタの大広間、そして別荘の寝室に応接室。舞台中央に丸く奥行きがあり、天上もそれに合わせて丸く下がっている。
”部屋は丸く広いんです。”と舞台監督のこだわりがあるが、とても効果的だった。
この円形に沿って椅子にもなる縁台がぐるりと置かれる。
 
場所が変わる度に<短命>を意味する大きな時計も位置を変える。
幕が上がると男が舞台脇に座っている。
彼は。。死神かな。。と思ったら、最後に歌い、”あっ、お医者様だったんだ。。。”
白い髭を蓄えた彼はステキな紳士で存在感がある。
 
 
そして白・黒・赤の三色の舞台。
赤いドレスは彼女の愛の証であり情熱、そして病気で倒れる彼女の血でもあるようだ。
 
最初の華やかな<乾杯の歌>では男性ばかり。
黒のスーツの中で主人公の赤いドレスが映える。
オトコばかり?変だなあ。。
というのも歌に違和感はなかった。
終盤でようやく分かった。
女性は勿論居たのだ。全て<男装>だったので視覚で惑わされた。
ビオレッタをフォーカスするには他の女が居ない事が最善の方法かもしれない。
 
ビオレッタは<女の>鏡と言われる。
彼女は高級娼婦。当時の娼婦は現在と立ち位置が異なる。(そういう人が現在も居るのかもしれないが。) 美貌、知性、教養を兼ね備えた上に優しさと恋人に対する深い愛があって”犠牲”となり彼の幸せを願った。
だから、やっと彼との愛が成就する時に天に召されたのが哀れなのだ。
 
愛にも色々な形がある。
身を退いて相手の幸せを願うって。。
<愛人>として見上げたもんだわ。
(復讐の鬼となった最近の愛人とは違うわ。。)
 
彼女、愛の館ではスリップの下着姿。彼まで下着にガウンでその細い脛が見えるのがちょっと興醒めだった。男子の下着に靴の姿って美しくない。
下着になる必要はあったのかしら。。
彼女、その後で服を着乍ら歌い、又脱ぐ。
赤から白になって、又、赤になって最後に白い下着姿で倒れ込む。
このビオレッタは超現代的な女だ。
 

エンジェル

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月27日 (木)

とんかつとミカンの缶詰

住所変更の処理が面倒くさい。
必要な証明書のコピーを取りに行き、準備した書類に同封して投函する。

Dsc_0433_3

ついでにスーパーで”とんかつ”とミカンを買う。
とんかつは私の<引っ越し祝い>だ。

Dsc_0432_7

帰りに信号で友人とばったり会った。
先週食料を持ってきて!と頼んだ友人が、雨の中様子を見に来てくれたのだ。迷惑かけたくなかったので、彼女のオファーを遠慮していたが、有難い。
部屋のドアは開けたままだったので中に入ったと言った。

”駄目ですよ! どんなに近くでも鍵はかけないと!”
”トイレを確かめなかったので気掛かりだったけど。。歩けるようになって良かった。”

Img_5912戻ったらミカンと食料品が置かれていた。

 

特別好きという訳ではないけれど、最近ミカン類をよく食べる。口がさっぱりする。

Img_5995_2
前回、”何でも良いので<みかん類>を買ってきて、缶詰でも良いから。”とお願いした。
夕食後、ミカンの缶詰を手に取り、はたと気が付く。

<缶切り>が見つからない。

あー、食べられない。。
内側から可笑しさが込み上げて来た。
Img_5598_2

そこで嘗て見た事を思い出した。
ブエノスアイレス大学の連中とラプラタ川の上流へキャンプに行った。缶詰を開けようとしたら缶切りが無かった。確かトマト缶だった。

突然、一人がコンクリートの上で缶を擦り始めた。縁を摩耗させて開けるのだ。
ゴシゴシ、ゴシゴシ。地面がおろし金のようだ。

スッゴイ。。。 
<力>で来たか。。
(男は力だ。。)
遅々たる動きながら15分ほどで一辺が開いた。

何事も諦めずに粘り強くするって大切なんだわ。

(私だったらナイフを突き立てるけど。。)

 

エンジェル

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月26日 (水)

猫の外出

餌もあるし、トイレもある。
だから<クッチャネ>で排泄も出来る。
これで生きる最低限は揃った。
Img_5976
猫って自分の世界に閉じこもるみたい。
トラヨちゃん、<ひきこもり>じゃん。。
Img_5990
 
でも。。私の留守の間にストレスを溜めないで欲しい。
テキトーに散歩をして欲しい。
窓からの出入りが得意では無いので、外へ誘っても以前のようにぱっと飛び出さない。
ダイジョウブカシラ。。
2週間目にやっとドアの前に立った。
”行くの?”
 
トラヨはそっと出て行った。
(良かった、良かった。。)
 
彼女だって今までのようにオトモダチを見たいだろう。。
だけど、直ぐに戻って来てドアで”ミャーミャー”鳴く。
Img_5935
心を鬼にしてドアは開けない。
”ここよ!”と窓を叩く。
ここから入って頂戴!
暫くして、壁をキイーッと引っ掻くけたたましい音をたて、ドタバタと部屋に戻って来た。
 
Img_5962
 
”あらー! 学習したのね! ヨカッタワネエ!” と褒めてやる。
(ま、当人は褒められたと言う意識は無いようだけれど。。)
 
数日は、”外の空気を吸ってきなさい!”と無理やりに出した。
30分で帰ってきた。
 
気が付けばプランターに水やりしていた私の隣にちょこんと座っていた。
あのけたたましい音は聞こえてこなかった。
 
”オカエリナサイ! よ~し。。今日は40分か。。。”
 
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月25日 (火)

北朝鮮はどうなるのかしら

何なんでしょう。。
10日前は原爆実験だミサイルだ、朝鮮半島の戦争だ、米国の艦隊だ、ロナルドリーガンだ、中国の説得だ。。やれミサイルが来たらどう対処するか、原爆投下は有るか、etc。と、おぞましい状態を想像して戦々恐々していたのに。。
 
Img_6077
いざ下界の毎日の出来事に目を向けると。
気が抜けるというか。。
これが<現実>か?と唖然とする。
Img_6082
 
8億円の<値引き>は有耶無耶になって、今は会社更生法とやらで問題が一気に別方向へ向けられた。そして政治家の重婚問題とスキャンダル。聞けば聞くほどにTPPで大変だった頃に女のドア前で泣き喚いていた男。。
PTA会長が女児を襲い殺した。逮捕されても<黙秘>しているという。
犯罪を犯して、それで黙秘ってどこまで腹の立つ男だと思う。
Img_6091
白昼3億8千万円が強奪された。 同夜、空港で大金を持っていた外国人が捕まった。
まあ、早かったわねえ。それにしてもアホな奴らと思っていたら、金額がその<倍>で事件とは関係ない事が分かった。
そして翌日には銀座のど真ん中で4千万円が盗られた。
コメンテイターが”大金が街を歩いているんですねえ。。”
この言葉が耳に残る。
(そうなんだ。。)
Img_6105
 
フランスの大統領選挙。これでEU離脱になったらヨーロッパは大変だろうな。多重民族ってやっぱり纏めるのは難しいのだろう。国民性と経済力の違いで格差は大きくなるばかり。
移民に職をとられおまけにテロが頻繁に起きる。誰が自分たちを守ってくれるんだろうか。。
戦争の恐怖と性犯罪と女と金が同時に存在する毎日に自分の神経がバカになって行く気がする。ばねが完全に伸びきってしまったような。。
<戦時中>にもこんな事がポロポロとあったのだろうか。
親にそんな事を聞いたことも無かったなあ。。
Img_6118
毎日、ミサイル着弾までの数分間をシミュレーションした。
警報が鳴ったら、トラヨを確認し、雨戸を閉め、台所と風呂場の窓を閉めて内側のドアも閉める。6畳間でトラヨを抱えてTVを見る。
数分間なのだから抱きしめたネコが ”ウギャッ!” と鳴く頃には解除されるだろう。

一発撃ったら終わってしまうのに、脅しをかける強硬姿勢が理解できない。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月24日 (月)

ローズマリーを貰って来る

久し振りに入った友人の庭は花で溢れていた。
Img_5445
 
私が植えていた頃はチューリップのみだったので、一面に背丈が低くカラフルで賑やかだった。
 
Img_5839
 
 
ここでは色んな種類の木々の間にちょこんと咲いていた。
”そっか。。一ケ所にまとめて植えるべきだったかな。。”
Img_5889
 
そしてローズマリーの枝を10本程頂いた。
 
それを抱えてスーパーに寄ったら、レジが ”まあ!それ。。ローズマリー?!”と驚き、客が花を覗いて行った。
芳香をまき散らしながら店内を歩いていたのだ。
(早く退出しなきゃあ。。)
Img_5905
部屋に籠る<むわーッ>とした畳などの臭いを早く消したかった。
トイレに1本、残りを枕元に置いた。
 
耳の大きなキツネのようなネコが網戸の向こうから覗いている夢を見た。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月23日 (日)

近所のチューリップを見に行く

友人にチューリップの球根を渡そうとしたが、実は植える作業が大変なのだと言われた。
そこで植えに行く。
Img_5833
作業の後にお茶をご馳走になったが、余り気を使わせたくなかった。
Img_5841
 
追加があるんだけど、”勝手に庭に入って植えていいでしょうか?”
”どうぞ、どうぞ。。”
 
私は二度植えに行った。
静かに入り作業してさっさと出て行ったが、毎回午後に電話が来た。
あら、良くわかりましたねえ。
 
”球根が増えてますがな。。アリガトウ。”
 
Img_5844
この時にローズマリーの芳香に包まれて、体がふわっと浮き上がるようないい気分になった。
そこで下の方の枝を3本(勝ってに)取って来た。
事後承諾になってしまったが、好きなだけ持って行って良いとの許可も得た。
Img_5834
 
”チューリップが咲いたらお花見をするわ!” 
でも、高齢だしそれどころではないようだ。
翌日は<春の嵐>が来るらしいので、チューリップが散る前に写真を撮りに行く。
一体、どんな球根がこのお宅には来たのかしら。。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月22日 (土)

京菓子を頂く

親友から京菓子が届いた。
なんでだろ。。
何で送って来たのかしら。

Img_6047
思い当たる事がある。
実は引っ越しの保証人の件で一悶着あった。頼りにしていた実家に断られたのだ。向こうにはその理由があるようだが、私にはそこに至るまでに許容できない出来事があった。
Img_6035
 
被害を被ったのは私の方だと思っていたので、この拒絶は青天の霹靂で衝撃的だった。
 
全ての事情を知っている友人に打ち明けるのに二週間掛かった。
私の気持ちが落ち着くのを待ったのだ。
友人とは以前、
<独り身で野垂れ死にしたらその亡骸はどうなるんだろうか?>というテーマで話をした事がある。
 
友人には子供がいるが、実家はもう残っていない。
とてもドライな感覚を持った人だと思った。
私には実家があるので、(例え問題があったとしても)当然ながら実家が私を引き取るだろう、それが私の籍がある<実家>の役割で責任だから。
と私は言い切った。
Img_6025
今回の拒否で真っ先にこの話を思い出した。
Img_5911
 
 
”彼女に謝らなきゃあいけないな。私が間違っていたって。。”
 
実家はもう私を引き取らない。
 
そうだ、生命保険の受取人を別人に変えなきゃあ。
<腐っても鯛、喧嘩しても実家>だったのに。親が居なくなればこんなもんなんだ。。
母は晩年、”兄妹は他人の始まり。”と繰り返していたっけ。
 
無事に引っ越しは済んだが、私は深いボディーブローを受けたように心は曇っていた。
 
でも。。

どうして<京菓子>ってこんなに上品で美味しいのだろう。。
食べ終わって涙が出た。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

2017年4月21日 (金)

花嫁の記念写真

それにしても呆れたもんだ。。
重婚? 
政治家がそんな大それたことを?

Img_5837
<愛人>は愛人のままで陰の存在で良いと当初は思っていたのだろう。でもそのうちに、もしかして状況が変わるかもと”期待”を持ったかもしれない。
Img_6010
でも、でも。。
♪妻と言う字にゃあ勝てやせぬ~♪
 
女心というのだろうか。
ウエディングドレスで愛しい人と記念写真を撮りたい!
 
Img_6023
男はただのスナップ写真と思ったのかもしれないが、仮装じゃあなくて牧師さんの前で誓いを上げ証明書まで発行して貰った。
Img_6027
何の為に、そこまでしたのかなあ。
海外の結婚証明書を<心の糧>に女は頑張って来たのだろうか。
でもね。幾らなんでも行き過ぎだ。
おまけに男はその<愛人>に嫌悪される程の浮気をした。
どうしようもない人である。
 
ブチギれた彼女はそんな男に見切りをつけて、望んだ通りに彼を失脚させた。
当然の報いと言われればその通りだ。
全て二人芝居。
 
Img_6024
 
記念写真で思い出す。
嘗て私も記念に花嫁衣裳の写真を撮っておきたいと思った事がある。
近くのホテルでブライダルのキャンペーンがあり、<花嫁の写真>を撮ってくれる。
Img_6021
 
”白無垢を着たい!、せめて写真に残したい!”
友人は
”止めなさいよ!ありゃあ、年相応ってものが有るんだから。。”
 
ダイジョウブヨ。 白く塗りたくったらシワなんて分からないから。
(後年、”芸者”にヘンシンした時、いくら白く塗ってもシワは消えない事が分かった。寧ろ肌がひび割れて酷いことになった。。)
でもね。。花嫁だけじゃあさまに成らないわねえ。
誰か<新郎>役をやってくれる人はいないかしら。
。。。。Img_6013

そうだ、ヨシちゃんがいるわ!
彼だったらウワヅエも有るし、ハンサムだしいいんじゃない?
ソレガ イイ !!

彼は既婚者で我々の遊び仲間である。
友人は彼に打診してくれたが、彼は煮え切らなくて話は有耶無耶になった。
 
今思う。
あの時、ヨシちゃんと撮らなくて良かったんだわ。。
(って、こちとら政治家でも有名人でもないんだけれど。。)
 

エンジェル

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月20日 (木)

83歳自転車に乗る

園芸教室の最高齢者は83歳。
彼女は自転車でやって来る。
へえ。。 凄いなあ。。
Img_5627
年寄りは歩くと思っていたら、自転車の方が楽だという。
 
最近、警察官に職務質問された事があると言う話をした。
 
”それがね、最近のお巡りさんは話し方も優しくて親切なのよ!”
Img_5621
 
そうしたら友人が、”ワタシもよ!”
 
なぜケイサツカンに呼び止められたかと言うと、前者は右側通行していて、
”車は左ですヨ!”
そして友人は横断する手前で呼び止められた。
どうして?
本人はなぜだか分からないというが、どうもフラフラとペダルを漕いでいたようだ。
 
”それよ!絶対何かに抵触していた筈よ。”
 
”そうね。自転車にも制限速度があるらしいから。。”
(あるんだ。。)
Img_5676
70歳過ぎて自転車に乗る気力にいつも感心するけれど、私は乗り慣れていないので、今更乗ろうなんて思わない。
だって。。ヨロッと倒れたら。。
轢かれてしまいます。。
 
ひと笑いした後で<呆け>の話になった。
83歳のおば様がバスを待っていたら、警官に色々と質問されたそうだ。
そこで”自分は何処の何某で、これから何処何処へ行く所です!”ときちんと説明をした。
 
”だから、良かったけれど。。。” 
知人の男性はベンチに座っていたら、色々聞かれて交番へ保護されてしまったそうだ。呆けても居なければ迷ってもいなかったのに。。
 
Img_5694_2
 
まあ。。
高齢になったら、道端で<物思いに耽る事>さえ出来なくなるんだわ。。
 
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月19日 (水)

園芸教室 さやえんどうと枝豆

”面白いのよ!”と友人に誘われた。
園芸って、これをこうしてこう植えるって話だから、そんなに難しい事ではないだろう。
 
Img_5560
案の定、この講座は<お茶会>のようだった。
ま、個人的には興味もないけれど、テーブルを囲んで其々のお話を聞くのも社会勉強になるかもしれない。
Img_5559
 
そもそも室内だから園芸教室と言っても、苗を植えるのにさほど難しい<実技>があるわけではない。
Img_5562
 
初参加の私に全員7名が自己紹介をする。
(そんな必要あるんかな。。時間が勿体ない。。)
 
Img_5584_2
 
開講時間から15分で人が揃う。
先ずお茶を一杯飲む。
(えっ、最初からこんなスローペースなの?)
 
枝豆の土の分量と水やりの話を聞き、虫対策としてインドの環境に優しい木酢(NIMU)を約2CC貰う。
180倍の希釈と聞いたが漠然としていてそれに見合う水量が頭に浮かばない。
 
Img_5564_2
種が青く塗られているのにはびっくりした。
他と区別するために色を付けるらしい。
 
全員が苗だけの購入なので1100円。
参加費は700円だから400円が苗代(?)と思っていたら、最後に受講時間よりも長~いお茶の時間があってお菓子がでた。
 
Img_5585_2
そういう事か。。
茶飲み友達の交流会だ。
一人住まいの友人には月に一度だから良いかもしれない。
年齢と共に行動半径が狭くなってきたので、話し相手が欲しいようだ。
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月18日 (火)

ヘアースタイル

その若者は頭の半分をもわーッと髪で覆っていた。
正面から見てすっごいボリューム。
何なの?
このヘアースタイル。
Img_5873
後方から前に乗っけている。
テリアみたいに目が隠れるほどに盛っている。
学生ではない。
20才前後の男子。
Img_5866
 
 
眼が見えないと言うのはイメージが宜しくないものだ。
顔の中心の眼が見えないのは対人関係では致命的ではないかとさえ思う。
 
どうなっているんだこれは。。
連れのフツウの男と話始まった。
横顔が見えた。
ほっほうう。。
 
Img_5874
頭の天辺から3センチ下がった所から髪を前に被せているんだ。。。
 
その内に髪が邪魔になったようで、右目の上をそっと分けた。
 
まあ。。これ。。
キタローじゃん!
 
後方は絶壁で、前部にボリュームを寄せ過ぎだわ。
 
もしかして。。若いのに。。ハゲてんのかしら。。
 
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月17日 (月)

女子中学生

正面の席の女子がスマホを見ている。
自分の部屋のように寛いだ恰好で緊張感は全くない。
電車の中だと言うのに。。
 
Img_5582
車内は6割ほどの乗客で空いていた。
何気なく彼女を見て、何だか分からないけれど、何かヘンだった。
膝上の10センチの紺色のミニスカート。
(学生って膝上を穿くんだっけ。。)
Img_5424
 
暫く彼女を見て気が付いた。
 
”えっ!”
 
両足を大きく開いてスカートの中が丸見えだったのだ。
内側に同色を穿いていたので<違和感>が感じられなかったのだが、彼女は股下5センチほどの短パンを穿いていた。
 
何だ。。そういうことか。。
Img_5446
 
でもね、 お嬢さん。
いくら短パンを穿いているからって。。
車内で股を開いて座ってはいけませんよ。
だらしないったらありゃあしない。
Img_5425
 
それに。。
その恰好が癖になりますよ。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月16日 (日)

車掌さん

私はゆっくりとホーム中央のエレベーターヘ向かっていた。

Img_5202_2
 
右手のエスカレーターから若者がホームへ出てきた。
丁度、私の前を横切り電車に飛び乗ろうとした。
Img_9747
 
でも、 若者は間に合わないかもーと思っていたようだった。
彼は ”ゆっくりと” 急いでいたが、1メートル手前でドアは静かに閉じ始めた。
 
”無理かなー?”
と思っていた若者は”やっぱり駄目だった。。” 
と、慌てる風もなく踵を返した。
 
Img_9756
と、ドアがさっと開いた。
若者は横目でそれを見て、それが自分の為に開かれたと理解して遠くの車掌さんを見た。

ホームに片足を出していた<影絵>のような車掌さん。
一瞬、点が線で繋がり、
そして彼は電車に飛び乗った。
Img_9739
 
 
”乗れよ!”
”サンキュー!”
そんな会話が聞こえてくるような一瞬だった。
 
あらっ。。車掌さん。。
優しいじゃない。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

2017年4月15日 (土)

チューリップが咲いた

”チューリップが咲きました!”
 
友人達から続々と連絡が入った。
Dsc_0043
なんだか。。
嫁に出した娘が無事に出産したような気分だ。
 
20170412131407
 
本来なら<庭>に一堂に咲き誇る筈だったのに。。
 
こちらの都合で散りじりになってしまった球根たち。
20170412131506
無事に花を咲かせてくれてこんなにうれしい事はない。
 
Img_5568
 
 
20種以上あったけれど、今年は背丈の低い物が多かったようだ。品種改良されたずんぐりむっくり型。
 
 
 
あんまり可愛くないよなー。
誰がこんなのを創り出したんだろうか。。
Img_5577
ピンクと紫の花弁の縁がギザギザなのは誰の手元に行ったのだろうか。。
Img_5567_2
最後に私に残った二つのプランター。
先ず白いのが一輪咲いた。
 
植物って。。凄いなあ。。
時が来ればちゃんと咲くんだ。。。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月14日 (金)

おもちかえり

男性が上から目線で言うセリフ。
<おもちかえり>。
ハンバーガーの話じゃなくて、男子が女子を”おもちかえり”するという話。
 
Img_9258
犬猫じゃああるまいし、なんてふざけた表現だと思った。
Img_9255
 
それが何処かのCMに使われた。
全く。。。
”人の事”ではありませんと但し書きがついているが、女性を馬鹿にした話だ。
 
Img_9220
ぱっとお持ち帰りできるほどの魅力的な男なのか、サッと持ち帰られる程度の軽い女なのか。。
ただの女性蔑視ではないか。
Img_9238
 
 
なんでいつも女が<受け身>なの?
 
持ち帰られる女を ”持ち帰った!” と男は本当に思っているのかしら。
 
もしかして腹の中で (持ち帰らせるように)、
”まんまと仕向けたのよ!”
と舌を出す女も居ることだろう。
そのような ”したたかな女” が居て不思議はない。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月13日 (木)

正直者はバカを見る

八億からいつの間にか100万の話になった。
ほっとした人と巻き込まれてぐちゃぐちゃになった人がいる。
 
Img_4981
結末が明らかな<下手な芝居>を見ているようで、面白くない。
多くはそう思っているんじゃないかなあ。当事者が国のトップだけに、火消作業に必死な様相には呆れて冷ややかな目でみてしまう。
Img_5000
 
貰いました!
否、上げてない。
 
明らかにどちらかが<嘘>をついている。
よく堂々と嘘が付けたもんだと感心する。
子供の頃、嘘はついてはいけないと教わった。
ひとつ小さな嘘をつくと別の小さな嘘に罪悪感を感じなくなる。
 
そのうちに<嘘も方便!>と社会が教えてくれた。
Img_4760
 
ワシントンが幼少のみぎりに桜の木を誤って切ってしまった。
それを正直に話して褒められた。
 
<正直な君は素晴らしい!>
 
思い出す。
庭いじりが好きだった私はいつも草むしりを黙々としていた。
イチジクの周りに新芽が沢山生えていたので切った。
 
Img_4799
 
夕食時におじいちゃんが ”誰だ!俺が植えた桜の木を切ったのは!”
ワシントンの美談を思い出して ”私デス!”
おじいちゃんはそれ以上何も言わなかったけれど、不機嫌な表情は変わらなかった。お前は正直者だと褒められる事はなかった。
 
学習した。
正直者はバカを見る。
 
でも国会でこれはいけないでしょう。
子供達がどう理解するかシンパイです。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月12日 (水)

ガス臭い

ドアが閉じて直ぐに変な臭いがした。
前の女性が後方を見る。
Img_5203_2
私も隣の女性とほぼ同時にその方を見る。
ガスの臭い ?
 
Img_5424
 
 
そこは車椅子用の空間で4名の男子が立っていてそれぞれが手元のスマホを見ていた。その向かいの優先席には3名が座っていた。
余りにも臭いが強いので我々は何度も何度も後方を振り返り、彼等の手元を確認する。
 
怪しい物を触っている人がいないか。。
 
Img_5446
つい前日、サンクトペテルブルクでテロが発生したばかりだった。
 
隣の女性と”ガスの臭いですよねえ?”
”最近、物騒ですからねえ。”
 
Img_5453
 
その異臭は次に扉が開いた時には大分薄まっていたようだった。
乗り込んでくる乗客を注意してみる。
異臭を感じるかどうか。。
彼らの何事も無い顔つきにホットする。
 
 
Img_5459
”さっきのって。。何かが焦げた臭いかしらねえ。。”
 
”早く 降りたいですよねえ。”
 
ホント。。物騒な世の中になりました。。
参考までに駅員さんに報告した。
 
 
++後記++
友人からのメール。
ガス臭の 話、江戸川区、浦安市、市川市 で 異臭騒ぎがあったと ニュースでやってました。
年に数回 、海上の船から 臭ってくるそうです。
電車での異臭はちょっと嫌ですよね。
++
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月11日 (火)

猫のリアクション

引っ越しで一番心配だったのは猫。
私一人だったら,何処にでも住めるけれど。
Img_5369
”迷いネコ” でも8年も住んでいれば、馴染みが多くなった。あれほど不愛想で警戒心が強かったのに、最近では人に擦り寄って行くようになった。
 
Img_5301
 
<猫は家に付く>と言われる。
だから見知らぬ土地は不安だった。
折角連れて行っても、戸惑って帰って来れなくなるのではないか。。
”ひめ”の時のように旧アパートでじっと私を待つのかしら。
そして、毎日私は迎えに行かなければいけないかしら。。
 
Img_5414
今回は一日前に鍵を貰えたのでネコを部屋へ誘った。
恐る恐る入りはしたものの、部屋を見ていた私の耳にドーンドーンと音がする。何かと思えばドアに体当たりして出ようとしていた。
パニック状態だった。
Img_5249
 
こんなんで大丈夫かしら。。
引っ越し中、ガス屋さん3名、通信回線の作業に2名、運び屋2名に隣のオバサマが出たり入ったりで、可哀想に窓の外から部屋を覗くだけだった。
見知らぬ人は怖いのだ。
寒いのにいくら呼んでも部屋に入って来ない。
 
全員が引き揚げてからやっと新しい部屋に入った。
他に行く所がないと観念したようだった。
キョロキョロして眼は爛々と輝いている。
落ち着かないようだったが部屋から出ようとはしなかった。
Img_5258
私が居るから。
私の傍に居るのだ。
動物は家に付くのではなくて、信頼している人に付くのだと思った。
 
時々ドアをぼーっと見ている。
仁王立ちならぬネコ座り。
あれ?何を見ているの?何が聞こえるの?

Img_5278
 
狂ったように尻尾を追ってグルグルグルグル回っている。
解いた紐の塊を転がしては遊んでいる。
外に出られない分、<一人遊び>でストレス解消しているようだ。
それにしてもよく寝る。
私も疲れてウトウトしていたが、隣にはいつも彼女が寝ている。
 
”一週間経ったね! ダイジョウブですか? 慣れましたか?”
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月10日 (月)

デュランタの鉢植え

正確には引っ越しは未だ完了していなかった。
ひとつだけ持っていけない物があった。
 
窓辺のデュランタの鉢植え。
鉢底からは数本の細い根が地中に20センチ程広がっていた。
 
2798
これは隣人が勝手に持ってきて押し付けられたもの。
だから当然返そうと思ったら、
”置く場所がナイヨ。そのままにしておけばヨイジャアナイノ。。”
Img_0999_2
まあ。。
何て冷たい事を言うのだろうか。。
そこで向かいのヨシノさんに打診する。
”ちょっと庭を見てくるわ。”
数日後、最近切ったばかりだから要らないと言われた。
ドウシヨッカ。。
”必ずお前の行く先を見つけるからね。ダイジョウブヨ。。”
 
Img_4201
丁度、角のアパートが改装中で土地がある。
大家が頻繁に出入りしている。住人は知り合いなので問い合わせてくれるように依頼したが、どうも大家に聞きづらいようだった。
私は直接お会いする機会もないまま時が過ぎてしまった。
 
Img_0530
 
不動産屋にはこの鉢植えに1週間の猶予を貰っていた。
シカタナイ。。
これから台車を借りて近くの公園まで植えに行こう。
 
そうしたら、丁度大家が居たのでお話したら快諾してくれた。
(あーあ、良かった! 遠くまで運んで行かなくて済んだ。)
 
Img_6242_convert_20170408123148
”どれどれ?”
そこです。
見に行ったら、なんと。
デュランタの鉢が。。消えていた。
えっ?
昨日までは有ったのに。
又、盗まれた?(又は放棄したと思われたか。。。)
 
Img_6862
 
”誰かが持って行ったということは、それを大事に育ててくれるのでしょう。”
と大家が言った。
 
 
”あれはなんですか?”
枇杷の木とアオキの間にある柑橘系の木。棘があるので私は天辺を切ってしまっていた。
さあ、何だか分かりませんが、いつの間にか生えて来たんです。
m
Img_3113
”ほうう。。実生からですか。。あれ、貰ってもいいですかねえ?
私は農家なんですよ。デコポン、柚子等と沢山育てているんです。”

どうぞ、どうぞ。

Img_6217_convert_20170408123048

デュランタの木は成長も早く、窓下で両手を広げるように私を守ってくれた。
夏にはその緑が部屋に反射し涼を与えてくれたし、紫色の可憐な房を付けてくれた。
そしてゴーヤの蔦を絡ませて、緑を大きく膨らませてくれた。
 
やっと何処かに収まってくれた。
良かった!
今まで本当に有難う。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月 9日 (日)

友人に報告しました

昨日引っ越しました。

微妙な段差で膝を傷めて動けず、当日の昼から何も食べていない。
コメと味噌しかない。(って、戦時中の話みたい。) 
それも。。味噌がどの袋(50個近いゴミ袋)に入っているのか全くわからない。
足が痛くていちいち探しだせない。

Img_4974

まさに<掃きだめの鶴>状態です。
(私が”ツル”です。)
袋から毛布をやっと見つけて布団を敷きました。

通り沿いの知人の電話番号も分からない。出前を取ろうかと思いましたがドアまで受け取りに行くのもシンドイし。。。
そんなこんなで、寒かったしとても疲れてしまったのでそのまま寝ました。

Img_4991

ネコは一晩中ナーバスで余り寝られず(私が)、”腹減ったなあー。。”
そこで近隣の友人を思い出し、食料品を買ってきて貰いました。

”昨日から何も食べてなーい!!”

食料品を持ってきた友人は正に<女神>だった。
鳥飯のお稲荷さんは美味しかった。。。
ついでに前アパートの”後片付け”も助けて貰いました。

Img_7287

引っ越しの運搬をシニアーさんに頼みましたが、言った通りに物を置いてくれなかった。
私は階段を避けたかったので、夕方にガス屋の説明を聞きに行く迄分からなかった。

オジサマ達、何をやってくれたんだ。。。

Img_7263_2
4.5時間の作業でひとりが、
 
”新しい方のトイレを使って良いか?” 
 - (旧はゴミだらけだったので) ”どうぞ!”

”水出ますか?” 
 - ”出ますよ!”
   (って、最初に確認して出なければ量水計を開けてって言ったじゃないの。)

”ダイ”でもダイジョウブデショウカ?  
 - (はっ?何てことを聞くの?)

”トイレットペーパーを下さい。”

あああー、新居のトイレで先ずジジイがクソをしたかと思ったら。。感無量です!
あの紙。。全部使いやがった。。

++++++

友人からの返信メール。
それはそれは。。運が付いて良かったじゃアないですか。。

 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月 8日 (土)

引っ越し完了

作業のオジサマ方に何度も説明しました。
 
段ボール箱は台所。
衣装ケースは奥の部屋。
そして残りは全部真ん中の部屋。
Img_5237
一体何回聞くんだ。。。

Img_5238
 
 
いざ終了したら。。
食器が入った段ボール箱と衣装ケースは真ん中の”押入れ”に入っていた。
 
あれだけ言ったのに。。
皿類を高く積み上げて。。私が取り出すのが大変じゃあないか。
 
おまけに唯一の家具の本箱は部屋に取り残されていた。
”終了しました!”というので清算した直後に気が付く。
 
”あれ、未だあるんです!!!”
(ったく、何が終了ダヨ。この為に頼んだんじゃあないか。。)

一体、朝からの度々の説明は何だったんだ。
Img_5075難しい事じゃあないでしょうに。。
覚えられないならメモを取ってよ。
 
植木鉢も取り残されていたので、”あれもです!”
ちゃんとメールで連絡した<運搬品のリスト>を持っていたじゃあないか。。
 
Img_4972_2
 
 
同じことを何度も聞く。
それでもって、言われたとおりに出来ない。
 
これってシニアーだからという訳でもないだろうけれど、
あーあ、私も気を付けよう。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月 7日 (金)

高齢者への生活支援NPO

引っ越しの階段の昇降はキツイ。

そこで手伝ってくれるシニアー派遣のようなものはないかと友人に尋ねた。
 
”あるよ!”
Img_5207
高齢者支援のNPO法人で入会金+年会費で3000円。
時給1200円で交通費が200円。

Img_5228
部屋を見に来るというので、ぐちゃぐちゃを少し片付けておかないといけない。

2日前に駅の階段で膝を捻って激痛に襲われたばかり。
全く。。こんな時に。。
でも、しゃあない。ずらすわけにいかない。
ビッコをひきながらの作業で、ある程度に荷物をまとめておく。
 
Img_5093
団体の女史と担当の男性1名がやってきた。
二人が部屋をキョロキョロ見る。
 
”えーっと。。大きいものは?”
箪笥のような家具らしきものは無い。
   ― この本棚です。
 
Img_5107
 
 
荷造りの手伝いは?
  - 不要デス。
 
ゴミ出しは? 
  - アリマセン。 冷蔵庫と下駄箱と棚は置いて行きます。
 
”要は運び出すだけですね!”
  - ソウデス。
これだけだったら。。3時間くらいでしょうかね ?
男性もそうだろうと言った。
ようし。。
あとは台所用品の箱詰めだわ。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月 6日 (木)

クリスマスローズを盗まれる

駅の階段で膝を捻ってしまった。3日振りに庭に廻る。
道路沿いに茶色い植木鉢が。。
Img_5118
えーーーっ?!
母の形見のクリスマスローズの鉢。中身だけ抜いて土がぶちまけられてる。
 
私は凍り付いてしまった。

Img_5167
 
鉢に慣れさせようと10日前に掘り起こしていたもの。
窓下に置いていた。
 
一体、どこのどいつが盗んでいきやがった。
ご近所からはよく植木鉢が盗まれる話を聞いていた。不届き物が明け方に徘徊するらしい。
”否、車で乗り付けてさっと盗んでいくのよ!”
 
私は殆どが地植えだったし、あれだけ咲いたチューリップを子供達に3-4本抜かれた事はあったがそれだけだった。(でも数が多いからもしかしたら切り取られていたのかもしれない。)
昨年はカサブランカがごそっと引き抜かれて倒されていた。
警察に通報したら担当官が嫌な奴で、”で?訴えるの?訴えないの?” こんな事で面倒をかけさせないでよ! というニュアンスだった。

Img_5240
その時は二階のアホが酔っぱらって引っぺがしたのだろうと思ったけれど、もしかしたら盗まれるところだったのかもしれない。
私の部屋の前だと言うのに私は全く気が付かなかった。
 
今回も近所の人に依れば2-3日前には土がぶち撒かれていたそうだ。私が気付くのが遅かった。
 
Img_4306
 
 
このクリスマスローズには長い話がある。
これが<母の形見>と言うのは奈良の友人から香典代わりに送られたものだった。
本体は大阪からやって来た。ところが旧住所が書かれていたので、配送が5日程遅れてしまった。
XX花壇から連絡が入り、”本体が弱っているかもしれないので他の一万円相当の物とお取替え致しますが。。” とポロリと値段を言った。
勿論、友人のご厚意だからとそのまま受け取った。
クリスマスローズってそんなに高いんだ。。
株が成長したので興味を示したご近所のA子とB子に株分けしてあげた。
数年後に隣のアパートが立て替えられた際、塀際にあった本体迄えぐり取られてしまった。
 
Img_4301会社から帰って何か変だとは思ったのだけれど、数日経ってようやく、”あーっ、あれが無いんだ!!”
唖然とした。
 
一度上げたものを返してとは言えない。でも、余りに悲しくてもしかしたらと<母の形見>が無くなった話をしたらB子は即、”あれ持ってく?”と返してくれた。でもA子は全く反応が無かった。何となくこれで二人の感性が分かった。
戻った株は大きく成長していった。
引っ越し先に持っていく寸前だったのに誰かが盗んで行った。
 
 
盗んだ花をよく愛でる気になれるなあ。
当の花も事情は分かってる筈なのに。。
 
あーあ、母と私の深く重い”念”が籠ったクリスマスローズ。
とても悲しい。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月 5日 (水)

サイパンの縁結びの人形

カーテンレールにバラを吊るしてドライフラワーにしていた。
3束。黄色と赤だったが、もう形状を留めるだけで茶色一色になっていた。
この際、捨てる。
 
Img_5195
その隣には韓国のとても音色の美しい”鐘”を2本ぶら下げていた。
それらを外したら一緒に変な物が出て来た。
なんだ?
あー、これ!
サイパンで買って来たお人形だ。
vvv
Img_0155
 
11年前に友人と行ったんだっけ。
 
彼女から教えて貰った縁結びの人形。
”男女の手をつないでおくと<良縁>に恵まれるんですって!”
へえー。。
 
そうだ。
教わった通りに、ちゃんと手を繋いでぶら下げたんだっけ。
 
久し振りに手にした人形は相変わらず愛くるしかったが、結んだ手は解れていた。
”ヤッパリ”と笑ってしまった。
 
これ、ドウシヨッカ。
又、手を繋いでどこかに掛けておこうか。。
 
 
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月 4日 (火)

整理して出て来た600円

持ち物の全部を見る。
へえ。。こんな物が。。
Img_4795
頂戴した物。
何方に頂いたものか9割方覚えているのだが、いざハンカチ類になると思い出せない。仕事が変わる度に頂戴した餞別の品。
そしてお守り。多分あの人だろう。。でも、沢山出て来た。
 
Img_4802
 
幸運を願って頂くお守りは有難いものだ。
お守りって効力は1年だよなー。
でも、どこへ”納め”に行けば良いのかな。
<おたきあげ>って神社の境内などでするのは1月だし。。
ゴミとして捨てるには抵抗がある。名前の異なる神社には持っていけないだろう。。
Img_4665
 
箱の中からひょっこり金券が出て来た。
江戸川区のクーポン券。200円綴りが3枚。
ウワーッ! 600円かよ。。無駄にしちゃったんだ。。
Img_4732
 
これはどんなイベントだったんだろう。
多分、盆踊りだろうな。
1000円綴りの券を購入して、余った分は返金できたのだろうけれど。。
皮肉だわ。。
ひと駅170円の交通費を節約も兼ねて病院まで歩いて行くのに、こんなんで600円をドブに捨てていたんだ。
案外、カネってこんなものなのかもしれない。
あんまりキリキリして生きるのも嫌だけれど、もうちょっと大切に扱わなくては。
 
 
脈絡もなく母の言葉を思い出す。
”ヤスモノ買いのゼニ失い。。”
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月 3日 (月)

引っ越しで思い出すこと

10年ぶりに全部の持ち物を確かめた。
 
友人は、
”10年後の事を考えて、どんどん捨てなさい!”
Img_6408
その通りだと思った。
今でさえ引っ越しがこんなにシンドイのに、10年後にはもっと動けなくなる。
(又は、他人が片付けることになる。)
Img_3527
 
ブエノスアイレス、ロンドン、スペインを20キロのスーツケースでウロウロしていた頃が夢のようだ。
それこそ<身>ひとつ。
先立つもの、大切なものは<お金>だった。
カネがあれば殆どの物が揃う。
”お金で愛は買えないわ!” という尻の蒼い子には、
”でもネ、それに近い物が買えるわよ。” と腹で呟く。
Img_3479
 
どうしてこんなに物が増えたんだ。。
編みかけの毛糸がこんなにあった?
チャラチャラしたアクセサリーって、チリも積もればこんなに重い?
乾電池は半分が錆びて使えない。いつの間にこんなに沢山買ったんだっけ? そもそも乾電池を使う物って何だ?
 
Img_3614
 
友人達に買って来たお土産。渡しきれずに時が経ってしまった。
ワタシ。。友達少ない?
年に一度会う友人たちと昨年は会えなかったんだ。。
Img_4702
 
あの頃は 引っ越しをする事で全てが上向きになっていたような気がする。自分が何かを吸収して一廻りも成長しているようで、私は生き生きとしていた。
 
でも錯覚だったのかしら。
 
今振り返ると、ここ数年は冒険の<ときめき>が感じられなかった。
私の青春はどこかに置き去りにされたままなのか。。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月 2日 (日)

引っ越しで物が増えたと気が付く

引っ越しに5日間の猶予を貰えることになった。
まあ、大家の都合だから居住者に便宜を計って貰いなさいと不動産屋からアドバイスを貰っていた。
ゆっくり引っ越しができる。
Img_4256
ほぼ3か月かけて少しずつ整理して、大分減った筈なのに。。
袋の山を見て、私は衣装持ちじゃあないんだけど、10年で何でこんなに増えてしまったんだろうか。
Img_4139_2
 
友人曰く、一年で1M3の量が増えていく。
圧倒 的に多いのは 写真。
まだ現像していた頃のだ。

友人は、”旅の記録なんて 2-3枚あれば良いのよ。”
(2-3枚は少なすぎるよなー。)
そして教科書と辞書。
いつかまた始めるからと教科書はスペインから持ち帰ったもの。結局この22年間で一度も見なかった。
そんなものは捨ててしまえ。服でさえ1年着なかったら捨てろと片付けのプロが叫んでいるのに。
でも、でも、教科書を捨てるのは抵抗がある。
パソコンで幾らでも見られるのに、やっぱり最初に習ったテキストが捨てられない。
思い出があるのだ。
 
Img_6408
そして多いのが絵葉書。
京都・奈良のお寺が多い。
絵葉書は友人に出すために買い始めたけれど、仏像の絵葉書を貰ったってしょうがないかも。。
お洒落な絵葉書はゴマンとあるし、郵便を出す習慣も減って来た。
心が少し重い時に飛び込んだ絵葉書は気分をパッと明るくしてくれたけどなあ。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年4月 1日 (土)

動悸

あれっ?

私って。。こんなに動悸が早かったっけ。。
Img_5075
右向きで横になっていた。
トラヨちゃんが腕の中で寝ている。
ネコの背中は私の胸にぴったり付いて、そこから伝わって来る大きな鼓動。
Img_5111
寝ぼけた頭で、
”変だよな。。右? 私の心臓は左だよなあ。。。”
右胸から伝わって来るのはネコの心音だろうとは思うもののネコの心臓ってそんなに背中に近いのか。
果たして自分のはどうなっているんだろうか。。。
Img_4973
思わず自分の脈を探す。
一番感覚の優れた中指で右を見たり、左を見たり。
脈が弱くてなかなか数えられない。
右からの動悸の強さに自分のが消されて行くようだ。

Img_5031

 
やっと数えた。
なんだ、殆ど変わらないじゃあないか。。
変だ。。
小動物の動悸は早いのに。。


まともに自分の脈拍も数えられないんだ、ワタシ。。
まあだ寝ぼけているようだ。。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »