最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

友人とミモザ

検査をした病院で手術をした。
彼女のデーターは前の病院から取り寄せた。
Img_3219
そして、彼の医者も手術に立ち会った。
まあ。。。
Img_3275
そこで気になる事を聞く。
あのセンセは結婚してた?
”否”
えーっ、まだなの? 
貴方。。結婚してあげなさいよ!
Img_3376
22年も経ってお互いがドクシンで、これから先が20年も無いかもしれない。。
だったら。。
メンドクセー。一緒になっちまえばあいいじゃあないの。。
と、まるで小説のような事を言った。
ハッピーエンドでいいじゃあないの。皆が幸せになれるんじゃない?
(って、結婚していないアタシが言うのもなんだけど。。)
Img_3400
”全摘って。チクビはあるんでしょ?”
 
いや。何も無いんだよ。何も。。
 
。。。。。
 
”m
ところで取ったものは見たの? どんな?
”ンーン。。ミモザ。ミモザよ!あんなブツブツの感じで綺麗な黄色なのよ。
摘出時は白だけど段々と酸化してあんな色になるみたいよ。”
へえ、ミモザか。。
22年前は三分の一を取って、左右の大きさをとても気にしていた彼女だった。
その時は本人が気にするほど差は見られなかった。
彼女は続けた。
”現物見てね、思ったの。。えっ、これだけ? たった、これだけ?”
 
そこで我々は笑った。
笑うしかなかった。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月30日 (木)

友人とダイヤの指輪

彼女は強運の持ち主だと思う。
転んでも只では起きない。
失意の彼女は先生と恋に堕ちた。
Img_3277
とうとう彼女もケッコンするかと思いきや、彼女はかたくなに断った。
なぜかと尋ねたら、彼の重荷になるのが嫌だと言った。
Img_3370
それだけかなあ。
弱気の時には強い人に寄りかかろうとするものだろう。相手は彼女の状況を百も承知なのだ。
好きな人と一緒になる事がそんなに相手の負担になるのかな。気の廻し過ぎではないのかなあ。
私は今でも彼女は<自由を選んだ>のではないかと思っている。
独り身で居る事の自由。
 
Img_5674
彼はプロポ―ズでダイヤの指輪を呉れた。
家に代々伝わる指輪だそうだ。
プロポーズはお断りしたが、あの指輪は
”返さなかったわ。。”とエヘッと笑った。
Img_2584
我々は大声で笑った。
 
<したたか>でいいなーと思った。
彼は彼で返せと言うような男ではない。
Img_2587
ホント。。似合いのカップルなのになあ。
 
あの指輪は彼の愛の証。
 
時々指輪を眺めてはミルクティーのような甘い<幸せ>に浸っているのかしら。
 
愛の中で生きている喜びを感じる瞬間なのだろう。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月29日 (水)

友人と フランス人形

友人はとても活力のある人で私は尊敬している。
視野が広く思いやりがある。
いつもグループの中心となって嫌味が全くない。
彼女を中心に座が和む。
 
Img_3204
大分後で聞いたのだが、22年前の手術の時、仲間の旦那と寿司屋へ行った。
そこでボロボロと泣いたそうだ。
Img_3222
彼女が泣くなんて意外だった。。
いつも笑って太っ腹な人だろうと思っていたから。
不安に押しつ潰されそうだったのだろう。
それを聞いて益々彼女が身近に感じられた。
手術は成功し、放射線の治療も苦しみながら続けた。爪が割れてボロボロになって泣くほどつらかったそうだ。

Img_1786
彼女はひいばあちゃんがロシア人で肌が白くプロポーションも抜群。小学生で転校してきた彼女を見た時、”あっ、フランス人形だ!”と思った。
Img_1379
これが私の人生の最初の<羨望>であり、それはコンプレックスには至らなかった。
だって、美しい物は美しいのだ。
田舎で今まで見たことも無い美しさだった。
コンプレックスを抱くほどの<同類>ではないことは子供ながらに理解できた。
 
彼女はいつまでも私のフランス人形なのだ。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月28日 (火)

友人が乳がんの手術をした。

毎年冬にバリ島で過ごす友人がいる。
Img_5091
お花見の誘いが来たので、”ところで今年もバリ島へは行ったの?”
あわよくば私も連れて行って欲しかった。。。
Img_5101
返事が来て驚いた。
”2月に乳がんで手術をしたところなの。”
息を飲む。
なんで?
彼女は22年前に乳がんで3分の1を削除していた。そして10年後に<完治宣言>が出て盛大なパーティーを催した。
Img_5104
どおいうこと?
話を聞く。20年目までは定期健診を受けていた。
もういいっか。。と1年しなかった。
そして昨年暮れに友人からドックでちゃんと検査した方が良いと誘われて受けた。
Img_5125

触診もマンモグラフィーも何もでなかったがエコーで分かった。
三日後に呼び出しがかかった。
既に1センチの大きさで<全摘>となった。
 
整形したの?
いやもう何もしない。
あんなに辛い放射線治療をしたのに再発したのよ。。
もう術後の放射線は止めた。
次は出たら切ればよい。
Img_5105
 
先生と術後の処方について話をした。
”で、一体何歳まで生きたいですか?”
”えーっと。。80歳くらい。。”

だったらダイジョウブデスヨ。シンパイナイです!
あと14年ですから。
具体的な数字を聞いて彼女は愕然としたそうだ。。
えっ?! 
あとたった14年?
つくづく自分の年齢を再確認した。
そうよねえ。あと14年か。。。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月27日 (月)

チューリップの植え替え

庭に取り残しがないかを小まめに確認する。
Img_5160
m
小さな芽が出ている。
ここに居るわよ!と言っているようだ。

Img_5170
それは前年の球根から分かれた一片だろう。。
小さな小指の爪ほどの球根。
 
Img_5158
どんなに小さくてもそれは細長い帆のようなチューリップの葉。
健気だなー。。カンドーしてしまう。。
そもそもチューリップって店頭に並ぶまでに何年掛かるのかしら。
Img_5163_2
この小さな球根も数年経てば大きくなって立派な花を咲かせるのだろうか。

水仙やカサブランカの欠片は小さすぎて今年は花をつけないだろうな。
そして20年前の10球から限りなく増え続けたニラバナ。
殆どを丁寧に掘り起こして公園に植え切った。
Img_5175
10年前に実家から持ってきたマーガレット。
海外から失意で戻った私にその白い塊は庭の両側からニコニコと笑っていた。
心が和んだ。
絶やさずに毎年咲いて欲しい。
 
ヒヤシンスは今年も咲いてくれた。
間に合ったわね。ありがとう。
 
いつか大きく育つのを祈って球根たちを拾い上げる。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

2017年3月26日 (日)

MET オペラ ビューイング ルサルカ

歌手 オポライス、実に美しい。
美貌と歌声と演技力と、三拍子そろった美女は見ているだけで楽しくなる。
物語は”人魚姫”の元になったスラブの民話。水の精霊又は幽霊。
人間に恋をしてその恋を得るために”声”と引き換えに”人間”になる。
相思相愛の王子と婚約に至ったが彼女は情熱を表現できず、そのそっけない態度に彼の心は他の女に移る。
ルサルカは森に戻るが人間でも精霊でもなく、かつての仲間にのけ者にされ森を彷徨う。他方、傷心の王子は彼女を求め死んでも構わないからキスしておくれ!と願い死んでしまう。
演出担当者のインタービューで、
”不思議なのは、あれだけ王子に情熱的に愛されるのに、どうして彼女は情熱的になれなかったのか。。。彼女は人間になるために自分自身の一部を捨てた。<ありのまま>でなくなったから情熱も湧かないのでしょうね。”
この説明で私の疑問も晴れる。
だって大好きな男との恋が成就したというのにツレなくするなんて。。考えられないから。
<ありのまま>でいる事って大事なんだろうなあ。
育った環境や価値観の異なる男女が愛し合うというのは、或る程度の<緊張>があった方が良いんじゃあないかな。
舞台は森の池。
舞台全体が水色の池。♪蓮の花が~♪と歌うように、蓮の大きな丸い葉が置かれている。それをニンフたちがフロッピーのように投げ合う。それが銀色に光りながらくるくる回って行く様は面白い。
ここの3人のアリアは美しかった。
もうひとつ効果的なのがダンス。
ダンスと言えば、こうもりや椿姫などの上流階級のダンスを想像するが、ここではニンフたちのダンスと婚約パーティーのバロックダンス。
クラシックバレーやコンテンポラリーダンスを取り入れて、或る時は官能的に男女が絡み合う。バロック衣装の女性が男子の背に乗ったり、抱き合って床に倒れたりと実にユニークだった。
ダンス担当者は、”あれはルサルカが知らなかった<人間社会>を象徴しています。”
成程。。成功だ。
 
言語はチェコ語。
単語が四つばかりイタリア語と同じだと思ったが、これは何語?とずーっと不思議な気分だった。
指揮者曰く、”このオペラはチェコ語だから素晴らしいんだ!”
そう言われてみると、意味は分からなくても流れるような旋律に綺麗に<音>が乗っていた。
 
幕間のインタビューで知るオペラ歌手の役柄の解釈も面白い。
”主人公のルサルカは二面性がある。単に純粋で可愛らしいというだけでなく、王子に死をもたらすことも知っている狡猾さも兼ね備えている。”
王子役は、
”とてもハッピーだよ。死ぬ間際にあんな美しいアリアが歌いながら死んでいくんだよ。
あれは最高の死に方だよ!” アッハッハと笑った。
ユーモアがあって面白い。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

2017年3月25日 (土)

膝の痛み ヒアルロン酸を打つ

”ヒアルロン酸の注射って痛いんですか?”


Img_4328
先生は可愛らしい目で ”はい” と言った。

それじゃあ電気と赤外線、湿布薬に痛み止めで解決しよう。。
ところが痛みが酷くなった。


Img_4342
ビビり屋の私がとうとう”ヒアルロン酸をお願いします”と申し出た。
訪日の友人の子供たちと付き合う為に、痛いなんて言っていられなかったから。

看護師たちは ”ここの先生は注射が上手いよ!” とは言っていたが、液体注入時にはビーンと鈍痛が走る。

二週間置きに5回注入する。
二度目は慣れたせいか強い痛みは無かった。
あと、3回か。。
Img_8434
”私、ビビり屋だから。。”と、先生に言ったら、
”えっ? そんな風には見えないですねえ。。”
ええーっ!外見で判断しないでください センセー!
適度な運動が必要だが痛くて歩けない。
それではと寝ながら出来る運動を教えてくれた。


人工関節にした友人が二人いる。
長い傷が膝の真ん中にある。
痛々しかった。

 
その話をしたら、
”あれは15年で摩耗するから貴方の場合は二度手術をすることになりますねえ。”
(私の寿命を何歳と計算したのかな。。)
”でも、この程度では医者が手術を断るでしょうねえ。”
何なんだろ。。
この微妙な感覚。嬉しいような、悲しいような。。
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月24日 (金)

チューリップを掘り起こす

11月末にチューリップを植えた。
前年の100球に加えて400球を購入した。
Img_4299

ところが大家の突然の連絡で、建て替えの為に出なければならなくなった。
建築会社に引き渡すのは6月上旬とのこと。
Img_4311
では、5月一杯はチューリップを楽しめるだろう。(後始末は大変だけれど。)


でも、でも、どうなるか分からない。
それ以前に移ることになるかもしれないし、その時に庭の全てを一気に掘り起こす作業は大変だ。
今年はお花見が出来そうにない。
どうしよっか。。(って、ドーシヨーモナイ)
気落ちする。

何れにせよカサブランカの開花は見られないので、年末に友人二人に50球程送付した。ご近所さんにも鉢に植えて渡した。

Img_4298
引っ越しで真っ先に取り掛かった作業が<掘り起こし>だったなんて、我ながら不思議だった。
私は五黄土星なので<土>をいじっていると心が落ち着くようだ。
細かい球根も含めて近所の公園や散歩道に連日植えに行った。もう30回以上行ったかな。
何だか悲しくて、うわの空だったのか無心だったのか。。
同じ作業を繰り返し繰り返し行った。
Img_3083
絵画教室の仲間の家にも運んだ。
球根から出始めた白い根はいじらしかった。
成長してから掘り出すのでは根を傷めるので可哀想だから移動は早い方が良い。
できるなら知ってる人に愛でて貰いたい。

ここは草ぼうぼうだったところに私が花を植え始めたもの。
小さな球根の最後の一片まで拾い上げたい。
Img_4306
思い出の多いひめの枇杷の木には、
”ごめんね。持っていけないんだ。。今までありがとう。”
とうとう部屋の前の球根だけが残った。
もしかしたら少しは楽しめるかしらという期待があったのだが、いよいよ全摘しなけりゃあいけなくなった。

運び出すのは、母の形見のクリスマスローズ、宮崎から貰って来た黄色い彼岸花、大輪をつける三年目の菊、近所に貰ったバラ、そして気が付いたら残っていたカサブランカの小さな球根と数個のチューリップ。
これらは私を慰めてくれることだろう。

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月23日 (木)

能 錦木

錦木(ニシキギ)ってなあに?
Img_4626

恋する女の家の門に求婚の印として錦木の束を立てかける。女はそれを受け入れず、男は3年の間錦木を立てかけ、それが千束となった。思いかなわず亡くなった男はそれらと共に埋葬され<錦塚>と呼ばれた。
そしてそれを悲しんだ女も死んでしまう。


Img_4628

その話を聞いた旅の僧がこの二人の霊を供養する。
二人は弔いを感謝し、恋が成就した喜びを舞い踊りながら昇天する。

夜が明けるとそこには錦木塚があるのみ。

この恋の成就の舞がとても嬉しそうだった。

Img_4625

そっか。。
悲恋で亡くなった恋人達はあの世で必ず結ばれると思っていたけれど。。違うのか。。

喜びの舞の余韻を残したまま静々と退出する恋人たちとお坊さん。
幕の向こうの<あの世>に引き上げて行くようだった。

それにしても三年もの間、置かれ続けた錦木を受け取らなかった女の<事情>って何だったのだろう。

 

エンジェル

 
こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月22日 (水)

膝の治療 小学生

看護師が白く曲がった”ヘラ”のようなものをいじっていた。
絡みついた紙絆創膏を丁寧に剥がし、改めて布でくるんだ。

Img_5054_2

何だろ?

小学生の左手が軽く曲がっている。
そうっか。。 当て木だ。

Img_5053_2

次の日は電気治療で彼の隣になったので聞いてみた。

”どうしたの?骨折?”

うんと頷く。

”ナニしたの?”

サッカー。

そうっか。サッカー少年か。

”なに? それで転んだの?”

少年は面倒くさそうに頷いた。

そうだよなー。小学生との会話が弾むわけがない。

Img_5016

続けてこの少年と4度ほど会う。
学校が終わってから母親に連れられて来ているようだ。
中学生の兄も来ていた。
この時間帯は小・中学生が多い。
そうだ。
隣はスポーツジムだっけ。結構怪我人が多いんだ。。



でも。。何だろ。。
彼等からは<痛み>が感じられない。
皆、明るいオーラだ。

<回復>に向かう凄まじいエネルギーを感じる。
子供は活力の塊だ。

 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月21日 (火)

膝の治療 リラックスする男

ほぼ毎日通って調子が良くなった気がした。
そして4-5日空けたらまた膝が重い。
Img_4586

まめに行かなきゃあ駄目なんだろうなー。

私はいつも午後に行く。
ひと段落着いた夕方なら待たずに治療を受けられる。

そこで同じ人に会う。
アフリカ系の50代の男性。
或る日、”ダイジョウブ。OK。”と英語が聞こえてた。

Img_4584

二度目に彼を見たのは、私の直後に来院して両肩に紫外線を当てていた。
診療室には赤外線治療が2名、電気治療が1名のみで空いていた。
私は両方を10分ずつ終えて、ソファーに座って膏薬塗布を待っていた。
ヘンな音が聞こえる。
”ん?”
大きくなった。
なあに。。あの音?
キョロキョロしたが音が何処から来るのか分からない。
んーっ??
音が大きくなった。何なんだ。表で酔っ払いが喧嘩を始めたのか。。

隣に座っていた小学生と同時に音のする方をぱっと振り向く。
<いびき>だった。
その男性は座ったまま<いびき>をかいて寝ているのだ。

Img_4329
私は思わす”ハーッ!”と笑ってしまった。
マッサージをしていた二人の看護師と目が合った。
皆、笑っている。
なあーーんだ。。皆、知っていたのか。。
私は笑いを堪えるのが大変だった。
”いつもなんですよ。”
そして、次にぼそぼそと音楽の様なものが聞こえて来た。
何? なんだあれ? 何処から聞こえるの? 誰?
音の発信元には眠った彼しかいない。

当の本人は周りより遅れてやっとその着信音に気が付いた。
それは<お祈り>のようだった。
コーランかな?
着信音にお祈りって。。有りなのかなあ。
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月20日 (月)

電車の中 喧嘩

先日、絵の先生から聞いた話。

リンリンさんと同じ話のようです。
Img_4251
Img_4278
 (聞いた話ですので、詳細の真意は分かりませんが、) 
”この前ね、友達から聞いたんだけど、京王線が90分遅れたんだって。”
あら、事故ですか?

”それがね、乗客の喧嘩らしいんだけど。。何と女同士、オバサン同士のケンカなのよ。”
えーっ? と全員が手を止める。


Img_4791
その友人というのは男性。
”なんかね。それが胸倉掴んで凄かったらしいわよ。”
まあ。。
Img_4804
”でね、その友人は前にも女同士の喧嘩を見たんですって。車内でいつまでもグダグダしているので、<ホームに降りてやれよ!>って怒鳴って、当人たちを見たら、小学校の同級生だったんだって!”
全員が”アッハッハ―!” とオチが付いた。
でも、そこまで興奮するって一体何があったのでしょうねえ。
電車を止めるのって。。
賠償金とか請求されないのかしら。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月19日 (日)

健康診断の結果を聞きに行く

連休前だけど混んではいなかった。
良かった。

Img_4975
”外はあったかい?”と受付嬢が患者に尋ねる。
待合室にはヒーターが2台点いていた。



Img_4972
突然、<音>が聞こえて私は戸惑った。
何の音?賑々しい声。待合室には女性しかいないのに男性の声が聞こえたのだ。
なんだ。。。
受付嬢がTVにスイッチを入れたのだ。
そこにTVがある事に私は全く気付いていなかったので驚いたのだった。
画面はマレーシア暗殺事件の<容疑者>がもう一人出たと言う話。

”あら、<モリトモ>じゃあないのね。”
Img_4988
そうですよね。
毎日毎日聞き飽きるほどワイドショウに出てくる名前。
そこでひとしきり最近のニュースの話題となる。
受付嬢の新たな情報、”あの男、前科があるのよ!”にびっくり。
(私はまだ聞いていないわ。。)
花粉症の患者が来て、ダイジンの奥さんの話になった。
あの人、変ですねえ。


Img_4993
アレは国会で何を言うんでしょうねえ。
”あのオバさん呼ばわりされた人、まさに <ザ・オオサカ>って感じでしたね。”
(大阪の友人が聞いたら笑っちゃうだろうなあ。)
TVから溢れて来る事件について他人と話した事が無かったので、彼女と意見が合う事にホットする。
”元はと言えば アノ人がいけないですねえ。あれだけの肩書だったらそりゃあ案件をスムーズに運ぼうとする<意図>が役人に働きますよ。”
まあ。。どうなることでしょうか。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月18日 (土)

絵画教室 桃の花

教室には桃と梅が飾られていた。
Img_4257
いつもはバラや他の花々と小物がセットされているのに。
桃と梅だけ。
改めて見上げる。
Img_4271

”春ですねえ。。”
そう。。春ですねえ。。


桃っていいですねえ。
Img_4262
色んな紙を取り出して、”和紙を使いましょう。”
Img_4274
m
あっ、失敗しちゃった。。。
”では、はい、次。 同じものを何度も描く練習です。”
Img_4266
3枚目を呉れた時、”はい、5分で描いて下さい。”
 

Img_4275

”えーっ!?” と言いつつ、先生が言ったように同じ構図が頭に入っているので5分で描けた。

Img_4276
そして4枚目。
Img_4265
”画家は同じ絵を何枚も何枚も描くんですよ。”
そっか、ゲイジュツって。。簡単じゃあないんだ。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月17日 (金)

バーバーショップで髪を切る

髪を伸ばす積りでいた。
でも、これ以上伸ばしても髪のコシがなくなってどうにもサマにならない。
それに。。さっぱりしたかった。
春も来ることだし。。
Img_4760
いつものバーバーショップ。従業員はいつも違う。
客は私ひとり。


Img_4802
ラジオから神戸でヘリコプターが堕ちたニュースが流れた。
<毎日毎日、色んなニュースが起きますねえ。。>
(大阪の教育者、百条委員会、豊洲、トランプ、事故、etc。話題は尽きない。)
”それにゲイノージンの不倫とか?”
<え?そんな話題ありましたっけ?>
(キョーミないわ。。)
しつこく言うので、
<勝手にやってればいいのよねえ、所詮こちらには関係ないし。。。>
 
Img_4806
”ブータン知ってます?”
<えっ?あのブータン?>
(って。。あのブータンしかないわねえ。)
”ええ、一妻多夫なんです。”
<あっ そうなんですか?>
(これもドーでもいいけど。。)
”いいですよねえ。”
(何言ってんだろこの男。。)
Img_4799
その後、客から聞いたというシモネタ話が始まった。
バイアグラだの、60歳だの90歳だのがやれ愛人がどうたら。69歳の痴漢男。etc。
(と、どーでもいい話ばかり。)
へえ、ああそうですか。ほんと? と、テキトーにかわした積りが、彼は延々と続けた。
何なのこの男。
不快感を顔にはっきり出せば良かったのだろうか、止めて下さいとぴしゃりと言うべきだったのか。私が甘く見られたか。。

Img_4811
あー、負のスパイラル。
何でそっちの話ばかりするんだ。
高校生の息子がいるって言ってたけど、父親になってもこんなもんなのか。
さっさと店から出たい。
今回は写真を持って行った。
このようにお願いしますと言ったにも関わらず、気が付けば”超”ショート。
何なのよ。。。
下ネタを自慢げに話しながら調子に乗ってバンバン切っちゃった男。
アタシャ近眼だから鏡の中が良く見えないのよ。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月16日 (木)

電車の中 ぶつくさ言う女

なんとなく不思議と言うよりは不気味な感じだった。
Img_3493
 
発進する度にエンジン音がキーンと高くなり、連結部がガチャガチャと音を出す。いつもの機械音は意識の底でひっそりと流れているのに、それと異なる<変な音>が聞こえてくるのだ。

Img_3495
機械音?
いや、違うな。不規則すぎるし、特別な音が発生するようなカーブも無ければ急激なスピードの変化も無い。
耳を澄ませて全神経を左耳に移す。
どうも。。
女性の口から出ているようだ。
彼女はスマホをいじり乍ら小さな唸り声のようなものを上げていた。
なんだろう。。
気分が乗ったような鼻歌じゃあない。
メロディーではなくて、ウーウー、アーアーの類だ。
これが朝の電車の中。
Img_3252
こ れがm
m
そして帰路、左隣の女子が画面を引っ切り無しに捲っては小さな音が聞こえてくる。イヤホーンから音声が漏れているのだろうか。
マンガのような声色。
彼女は手元に気を取られているのだが、何となくその様子が変だった。
Img_3162
下車駅が近づいて、女はドアに立った。
私は目で追った。横顔が見えた。
にやりと笑ったまま一人でアニメの主人公のように高音で喋っている。
あー、やっぱり彼女がひとりで喋っていたんだ。
私の幻聴ではなかった。。
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月15日 (水)

歌舞伎 伊賀越え道中双六

何かの演劇賞を受賞した作品だという。
Img_4588

物語は敵討ちの義弟を助ける男が、身分を偽って敵方の家に入り込む。そこへ尋ねて来た妻を雪の中に追い出し我が子を殺してしまう話。
残酷な話だが、解説によると窮地の妻を心で泣いて追い出す所が泣ける場面だという。
でも、果たして観客はそこでお涙頂戴したのだろうか。雰囲気はシラーっとしていたけれど。。

Img_4592

 
そこまでする敵討ちって。。勧進帳を思い浮かべたが、あれは心を鬼にして打擲する弁慶の姿に主人への愛が重なって、その真情が伝わる訳だけれど。
これはねえ。。。
息子が敵方に渡るのを恐れたのだが、なにも殺すこたあないだろう。。
この山場で<山場の盛り上がり>が薄かった。

Img_4596
今回観客のマナーの悪さに驚いた。
何処かの大学生が開演後にどたどたっと20名程入って来た。視野を妨げられて、迷惑。
舞台が見えない、それでなくても小さな声の舞台が聞こえない。起承転結の”起”が分かんないじゃあないか。
(どうしてくれんのよ。)
Img_4593
 
いつも思う。
開演後にはオペラ・コンサートのように入場させる必要は無いだろう。次の幕迄待たせればよい。当人の都合で時間通りに来ていた客の大切な時間が奪われ、観劇が台無しになるのをどうして許すのだろうか。
学生たちは初めて観劇に来たようだった。
退屈だったのだろう、2列前の男がなんとスマホを取り出した。あの液晶画面の明るさは強烈だ。そして延々とページをめくり始め、メール迄打つ始末。
舞台が退屈なら寝てればいいだろうし、スマホを見たけりゃあ出ていってよ。

Img_4604
延々とスマホで遊んでいた。
声を出して注意も出来ない。
そして次の場までのほんの数分の間に隣の男もやりだし、第二場では両方が画面をいじり出した。
(何なんだ、こいつら。。。)

Img_4609

やっと休憩に入った時には右隣の男もスマホを見ていた。
何処の連中なんだ、この非常識な大学生は。。
勿論スタッフに連絡した。
”取り上げるか、追い出して下さい。”
休憩時の会話でアジアの学生だと分かった。
その一列後ろは隣国人だったが、この男<貧乏ゆすり>を続けていた。
一般的な足の上下運動ではなく。両膝で延々と開閉を繰り返す。足で拍手をするタイプだ。
白っぽいジーンズの左右運動が絶えずこちらの目線に入ってくるわけで、
いやあ。。散々な観劇だった。
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月14日 (火)

健康診断を受ける

毎年やってたけれど。。今年はバタバタと忙しいし、もういいっか。
と思っていた。

Img_4736

そんな時、藤山直美の乳がんの話に、ヤッパリ検査はちゃんとしておこう !

昨年は近場の小児科と婦人科と二か所ヘ行ったが、今年は全ての検査が出来る後者へ行く事にした。

Img_4733
看護婦さん。
一年前に会ったきりなのに顔を見て親しみを覚える。
そうだ。この人だった。
とても感じが良い。
んーん、何でなんだろう。。この親近感。
そうだっ! お笑いの人に似ているんだわ。

Img_4749

待合室にはシニアーが既に5名来ていた。
段々増えてきた。おばちゃんが増えてきたがその殆どが<健康診断>だった。

建物の一階は診察室とレントゲン室。その他の検査はいちいち2階へ移動しなければならない。
その都度、先生もエレベーターで上がって来る。
血圧はリストバンド型の計器で待合室で計る。

医者一人に看護婦一人。そして受付事務が一人。
皆、独楽鼠のように働いている。

Img_4744

人が多いんですねえ。
”そうね、休み明けだし、駆け込みの健康診断が多いんですよ。”

ここの先生はとても穏やかな70歳くらいのおじいちゃん。(って、私とそんなに違わないっか。。)
優しい言葉遣い。
聴診器の当て方も触れているんだかいないんだかそっと置く。くすぐったくて笑ってしまいそう。

こういう先生っているんだ。。
Img_4727

来院するおばちゃんたちは待合室の患者に挨拶する。
全員が全員軽く会釈をする。
お互いが顔見知りの様でもあるが、どうもそれだけでもなさそうだ。

ここのシニアーは礼儀正しい。

軽くちょこんと頭を下げるこのシニアーの習慣。
会釈。

何て美しいんだろう。
シニア-万歳!

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

2017年3月13日 (月)

MET ロメオとジュリエット

数年前にロベルト・アラーニャで見ていた。
今回はどんな舞台装置なのかそちらの方に興味があった。
ひとつの舞台で”大広間”が始まり、気が付けばそこはロメオが愛を歌う”中庭”となり、それから初夜の”寝室”となり、最後には”墓場”となる。
見る者に舞台が同じだという事を忘れさせる。
前回は四角いベッドだった。
今回は3段ほど高くなった10畳ほどの中央の台に大きな白布をまるでオリンピック旌旗のように女性が静かに運んできて下ろす。
これがとってもオモシロイ。
二人は其処に横たわる。
とてつもなく巨大な寝台だ。
。m
どうしてベッドシーンがあるかと言えば、それは幼い彼らの純愛の当然の結果だったからで、ベッドに横たわる二人が意外に思える私はやっぱり古いのかも。

恋人たちは素晴らしい歌声で切々と歌い、感動した客が”ブラボー!”と叫んだ。
そしてこの客、全てのアリアに ”ブラボー!” を連発した。”
ブラボー!(男性単数)、ブラバー!(女性単数)、ブラビー!(複数)と正確に使い分けたからイタリア人だろう。
まあ。。 いいっちゃアいいんだろうけれど。。
ちとやりすぎなのよ。
その叫び声のお陰で<余韻>を楽しめない。
ロメオの素敵な愛の告白に、まるで私が囁かれたようにうっとりしているのに。。
”ビットリオ ブラボー!!”って、歌手の名前を叫んだ。
ちょっと待ってよ。
あれはロメオなのよ!
ビットリオじゃあないのよ!
vvvv

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月12日 (日)

電車の中 ”金いつ払ってくれんのよ!”

ワゴンの奥から突然聞こえてきた。Img_1997

”カネ、いつ払ってくれんのよ。。”
見れば若者が数名いるのだが、グループが二つある。連結部に近い所の男子3名なのか、手前の高校生の制服の女子と男子のグループなのか分からなかった。

Img_1998_2

内容的には大人の会話である。
声のトーンからして少しドスの効いた声の女子じゃないかと思った。
又は、声変わりしたての男子。

でも結局、どの人が発したのか確認できなかった。

話の内容が面白そうなので、出来ればしっかり聞いてみたかったけれど。。

 

Img_2413
その後も金がどうたらと”声”は続いていたが、余り深刻そうな雰囲気は伺えなかった。

現実的な<カネ>の話は電車の中で聞くにはとても斬新なテーマだ。

私は本を読んでいたのだけれど、耳のアンテナが<カネ>に引っかかったのだ。

 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月11日 (土)

3.11  6年目

あれから6年。
未だ6年。
時は思ったよりゆっくり過ぎていく感じがします。
放射能が弱まって行く速度が何てのろいんでしょうか。。
犠牲者のご冥福をお祈り申し上げるとともに、多くの被災者のお心が穏やかでありますように。

Img_4671
 
エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

2017年3月10日 (金)

森山良子コンサート

ご近所が誘ってくれた。
割引券を買ったから、行かない? 招待するわよ!
(多分、どなたかがドタキャンしたのだろう。)

Img_4755彼女の歌声は美しい。
”もちろん行きます!”

御年幾つになったか知らないが、あの歌声は衰えてなかった。透き通った声。
前半は懐かしい曲をメドレーで聞かせてくれた。どれも聞いたことのある曲。

Img_4756
休憩時に彼女が、
”ねえ。。お隣がね。ズーッと一緒に歌っているのよ。それも音程が外れてんのよ。”
あら、まあ。
それは災難だったわねえ。

次は言ってやればいいのよ!

でも、後半はジャスだった為にお隣は口ずさめなかったそうだ。

50周年記念のコンサート。レコードのジャケットがズラリと並んでいる。50年前に比べたら大分顔も変わって来た。益々<福顔>に磨きがかかったようだ。

Img_4757

才能のある人は会話も上手。
穏やかな語り口でユーモアたっぷりで、そのひょうきん振りに会場は笑いに包まれる。
Img_4758

人前で話すのに慣れているから的を射た洗練されたお話が続く。
いつまでも<よもやま話>を聞いていたくなる。

最近何かと話題の女性の話し方に幻滅を覚えた所だった。
”何の能力も無い。。家事もしない。”と、へらへらと話し方も幼稚な印象を受けた。
もっと堂々としている方かと思っていた。
小池さんのように明確で綺麗な言葉で表現するのだろうと。
それに。。
服のセンスとヘコヘコしていて姿勢が悪い。あの場ではスーツでしょう。
スタイリスト付いていないのかなあ。。

誰かが言ったように、だったら引っ込んでいればいいのになー。

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

2017年3月 9日 (木)

電車の中 突然の匂い

22時の地下鉄ってこんなに混んでいるんだ。。
立っている客は体が触れるくらいだ。
Img_3351_2
突然<ぷわーっ>と強烈な匂いが湧いた。
思わす、”何この臭い!”と叫んでしまいそうだった。


Img_3308
それは安っぽい香水。消臭剤の匂い。
なあに !!
 
ドア口に女がしゃがんでいる。束ねた10センチほどの金髪がピンと張っている。
この女、何かをしているのだが、私の席からはその髪の尻尾とチェックの薄手のジャケットとGパンしか見えない。
暫く凝視する。
どうも腕の動きから<化粧>をしているようだ。
Img_4619
まずひと吹き香水を振りかけたのだろう。
私はこの消臭剤のような臭いが喉に絡むので苦手なのである。突然の悪臭に驚いてしまった。
Img_4299
 
女は3駅間座り続けていた。
後方の男が眉をひそめながら彼女を覗き込んでいる。ドア口が彼女の側に変わる。
さあ。。どうすんだろ、この女。
乗客は一様に”えーっ?”という顔をして乗った。
女はしゃがんでいるから約二人分のスペースを占めていた。
おまけにその理由が体調不良だったら同情を買うところだが、化粧なのでに廻りがうんざりしていた。とんでもない女だ。

Img_4306
何事も無かったかのように女は立ち上がった。
私はその<出来栄え>を確認したかったけれど横顔しか見えなかったが、期待した程の変身は無かったようだ。
この女、上着丈が短く、ウエスト部分の肌が露出していた。水色の下着が見える。
その日は寒波が襲った日。背中が外気に触れているのを見ているだけでこちらが寒くなる女だった。
 
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

2017年3月 8日 (水)

友達の子と 最後の夜

”もう一度全員で会いたい!”と友人が言う。
そうよね。一日だけじゃあ物足りないわねえ。
折角感じの良い子たちなのだから。
Img_4053
友人は彼らの京都旅行中に大きなスーツケースを預かってくれた。
その際は受け渡しのみでコーヒーの時間も無かったそうだ。
そこで最終日の夜にでもという事になった。
Img_4171
m
観光最後の日、彼らは神奈川で働いている従姉と会う予定だという。
彼女の両親には私も世話になった。初めて会ったのは10歳くらいの時。高音でキンキン話す愛くるしい子だったが、もう50歳を過ぎたとか。。

新宿、秋葉原と六本木のコスプレを見ようと言われたらしいが、前者2か所は行ってるし、コスプレって、そんな場所が六本木にあるんだっけ?美術館やバーに興味がないのであれば六本木は余り意味がないと思われた。

”浅草へ連れてって貰いなさい!”
Img_4181


私は体調が良ければ一日付き合ったのだが、とても歩けない。
だから従姉は参加しないだろうけれど、夜のみに顔を出そうと思っていた。
Img_4249
待ち合わせは新宿。
いくら車椅子とはいえ前日のデズニーで歩き回り冷えたのが堪えたようだ。体がどっと疲れて中々起き上がれない。
雨の中、とても新宿までいけない。
”無理しないで!” との友人の言葉に甘えて欠席する。
Img_4336
翌日、友人より報告があった。
”お好み焼きを食べて23:00までカラオケに行きました。兄は疲れたようだったけれど、ガールズがノリノリでした。”
 
良かった良かった。
Img_4477
まあだ体がだるい。
成田への見送りも断念した。
それにしても。。出発前にメールの一本も送ってコイや!

怒涛の16日間だった。

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月 7日 (火)

友人と ディズニーランド

開園が8時なのを、知らなかった。
開演前から並ぶ人がいることや入場と同時に駆け出すということも。
m
 
Img_4351
折角だから出来るだけ沢山見せてあげたい。
東京駅8時の待ち合わせでは山手線への乗り換えとラッシュアワーなどで彼女が可哀想だと友人に言われ、9:00に変更した。
Img_4401
駅からの長い歩道橋。
”あっ!ティンカーベルだ!”
これで彼女は魔法に掛かった。。
 
車椅子を借りてビッグサンダーを予約する。
順番を待つ間、”あなた、スペースマウンテンを予約してきなさい!シンデレラ城を見てきなね!”

Img_4433
この時、私は体に負担をかけるのは止めようと彼女一人で乗せる事にしたが、時間と共に、”私もスペースマウンテンに乗りたい。。。”と思った。
これが私の欠点である。優柔不断。時間と共にすぐに後悔するところ。。
Img_4446
 
駅での1時間の”行き違い”で予定していたパレードは終わっていたが、二大アトラクションには乗れたのでこれで満足。
(私の使命は果たせた。。)
ミッキーとミニーのショウ。
緩いスロープを上りながら、”derecha(右)?izquierda(左)?”と案内嬢がスペイン語で話しかけて来た。
あらまあ。。
スペイン留学経験があるそうで、会話が弾む。
Img_4468
白雪姫、眠れる森の美女、シンデレラが王子様と踊る。
ほんと。。うっとりするわ。
Img_4490
効率よく巡る事しか頭に無い私。
回転木馬に乗って、アリスの食堂で肉を食べてついつい話し込んでしまう。
思えばそれまでに3回のお出かけはしたものの、まだまだ両親やその親戚・友人の事など話は尽きなかった。
Img_4512
ビッグサンダーでぎゃあぎゃあ叫び、トゥーンタウンのジェットコースタで大笑いした。

ミッキーとミニーと誰かの小さな家々が並んでいる。
”可愛いから見てくれば?”と送り出す。
私は午後の陽を浴びながら、景色が<静>になって行くのを感じた。
何だろう。。静かでとても満ち足りた感じ。
そして世界の中でたった一人でいるような寂寞感。
Img_4375
平日なので人が少ないと言ったら、
”エーッ!こんなに居るのに、少ないの?”
Img_4498
小雨の中、コーヒーショップのテラスからアナのプロジェクションマッピングを見た。花火は中止となってしまったが、夕食を食べさせてから駅に向かう。

実に楽しい一日を過ごした。
良かった。良かった。
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月 6日 (月)

友達と  東京駅で待ち合わせ

待ち合わせは東京駅の新幹線中央口乗り場。
先日長野新幹線を使っているから場所は分かるわよね?
”はい!”
私が手渡したスケジュールではホーム着が9:00、早くて09:05分には来るだろう。
どうせ遅れて来るだろうと思った。
私が現場に着いたのは09:02分。

Img_4345
40分待った。
怒りとまでは行かないが静かに重い物が湧き上がってくる。
足が痛い。歩き回りたくないし立っているのもつらい。だからと言って下段の椅子に座ってしまうと柱の陰で死角になってしまう。
Img_4344
一体どうして約束を守れないのか。
”迷ったらこの紙をみせて呼び出して貰うのよ!”
あれほど言ってあるのに、どうしてあれを係員に見せないのか。
 
ふと目の前を案内嬢が通る。
あら? 彼女。。名前が出てこなかったので、”ねえ!!”
お客様を案内中だったようで振り向きもせずに行ってしまった。
戻って来た彼女に挨拶して、”40分も人を待っているのよ。”
Img_4547
”あっ、来たわよその人。9時ごろ。”
えーっ!赤ペンで書いたメモを持ってましたか?
”ええ。”

(あー、最後まで読んでくれていたら私の名前が書いてあったのに。。)

彼女はスペイン語を話す。
こっちよ。と連れて行かれたのが裏側の中央口”専用”出口。
私が書いたSalidaは そのまま訳せば出口。
出入り口と書かなきゃあいけなかったのだろうが、”専用出口”が有る事など知らなかった。
おまけに妹はじっとしていられないタイプらしい。
ここよ!と言われた場所にさえ居なかった。9時前に着いてウロウロとあっちこっち動き回ったらしい。
(まるでネズミだな。)
でも約束の時間前についていただなんて。。
見直した。(やれば出来るじゃん。)
時間厳守は日本では大切な事なのだ!とひとこと言ってやろうと思っていたのに。。
あー、この子はいい子だ。。

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月 5日 (日)

仲間と ディズニーの下準備

友人が訪日4日前に”デズニーランドの割引券があるよ!”と連絡を入れた。
折り返し返事が来なかったので督促したら、兄は興味ないと言い、妹は前日に”行きたい!”と言って来た。
Img_4060
まあ。。。
希望者はひとりかよ。。
ひとりで行かせる訳にもいかないし、友人は仕事を始めたばかりだし、私が付いて行くしかない。
 
そこまでは良かったのだが、彼らが京都見物に行っている間に私は二日続けて動き回り、足の痛みが酷くなっていた。
Img_4163
折角楽しみにしているのにこれではいけないと、”ビビり屋”の私がヒアルロン酸の注射を打つことにした。でもその効果は個人差があるそうで、注入したからと言って痛みがさっと消える訳ではないらしい。
Img_4545
たまたま絵画教室でディズニーの話をしたら、なんと仲間が13年間勤めていたという。
車椅子ってあるわよねえ?
”あるよ!”
Img_4546
ホームページで調べなさいと言われチェックする。
ふむふむ。。
あら-、楽しみにしていたスプラッシュマウンテンはお休みだわ。あら、アリスのティーカップもスモールワールドも。。
私のお気に入りが閉まっている。。
Img_4548
それ以上の情報を得ようと、翌日にエクスペアリまで連れて行ってくれた。
食事はここへ来ても良いわよ。雰囲気が楽しいしね。
ここは中華、此処はハンバーグ、此処はそば屋、等と殆どの店を教えてくれた。
Img_4549_2
インフォーメーションでアドバイスを聞いて、アトラクションを巡る順番をしっかりと頭に入れた。
聞いているだけで楽しくなってくる。
準備万端だ。
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月 4日 (土)

友人の子と 100円ショップ

京都の宿舎を聞かれた時に<宿坊があるわよ!>
門限が有って、朝の法要やお護摩や禅などに参加しなければいけない。
面白いわよ。
Img_4336
そうしたら兄が”Homa(護摩)”って、なあに?と聞いてきた。興味があるというので近所の寺に行く。
Img_4335_2
どうせ眠りこけるだろうと思ったら、3人は静かに聞いていた。
妹は途中からお経を口ずさみ始めた。お経を聞きながら泣きたいほどに込み上げてくるものが有ったそうだ。
まあ。。
そんな事があるのねえ。
彼らはキリスト教徒だが毎週のミサに行く程ではなく慣習としてのカトリックだという。
コーヒーショップで会ったアメリカ人に”100円ショップは面白いよ!”と言われた。
”午後はお土産を買いたい!”と言っていたので、丁度いい。
駅近くの店へ行く。

Cid_2a3ee862b1244eb2826dc4420f65e5f
私は100円イコール”1ドル”という漠然とした印象が強いので、決して安いとは思えない。
<1ドル>って私が住んだ所ではもっと価値があった。
アルゼンチンでも、スペインでも。。
Cid_4722cd2004664761919791b657c01f2

女達が購入体勢に入ると途端に目が輝く。
”メキシコよりずっと安い!”と興奮状態だ。
そっか。。.
カンクンは観光地だから物価が高いんだ。

20分も過ぎた頃、”それ。。なあに?”
小さなプラスティックの青いごみ箱。
”なんでこんなものを?”
”安いのよ!”
Cid_f06a2d47cea84da4962e40341f1300f
へえ。。
日本語が分かんなくても結構買っている。
中に”印鑑ケース”が有ったけれど、これはハンコそのものと勘違いしていたので取りやめる。
そうだ。。彼らの印鑑が有れば面白いなーと思ったが、時既に遅し。
Cid_2fcb32aed96b48479c62003f1a10f84
 
京都へ向かう前日に東京で地震があったという。
初めての体験だから建物が揺れて驚いたようだったが、私はこの揺れに気が付かなかった。
 
そしてこの日の夜のニュースで福島で震度5の地震が2回あったと言う。
”えっ?何時?”
そうだ、その頃は100ショップを歩き回っていたんだっけ。。。
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月 3日 (金)

猫のネコジタ

久し振りにカレーを作った。
野菜をたくさん放り込み”辛口”ルーにカレー粉を足し、胡椒を効かせて、中々美味しいカレーが出来上がった。
Img_2885

トラヨちゃんがその香りに興味を示した。
器に寄ってくる。
てっきり”肉”が欲しいのだろうと思い、一度口に入れて辛味をとって鼻先に差し出す。
でも、全く興味を示さない。
それでも何度も器にしつこく顔を近づけて来る。
Img_2975
”熱いわよ!”と言っても顔をよせてくる。
まさかと思い乍らも、舐めさせてあげようかしらと手のひらに一滴垂らした。
”あっちっち!”と私が慌ててそれを舐めた。
バカみたい。。
(ヤケドしちゃう。。)
Img_2562
口の粘膜が如何に熱に強く、分厚いと思われる手の平が弱い事を発見した。
ネコは引き続き興味を示すので、1分後に再度手の平に落とした。もう冷めただろう。。

又、”あっちッチ―!” と叫んでそれをパッと舐めた。
何てマヌケなんだろうと笑ってしまった。。。
1分でカレーの温度はそんなに下がらない事を学習した。


Img_2449
今までカレーを何度も作っているが、ネコがこんなに興味を示した事は無かった。
いつもと違う”ゴールデンXXX”のルーにはネコの食欲をそそるスパイスが入っているのだろうか。
とうとうトラヨは器に覆いかぶさるように座り直した。
あら。。
コイツ、カレーを飲む気だわ。。
こうなったらショウガない。そんなに飲みたいなら飲んでみれば良いだろう。
私はスプーンの手を休めてネコを観察した。
同じ器で、二人でカレーを食べる図っておもしろい。。。

Img_2417

いつも不思議に思っているのは、彼女は水を飲む時にもクンクンと表面の臭いを嗅ぐ。
そして、同じ動作をして彼女はカレーを舐めた。
その瞬間、”あっちいいい~!!!!!” と叫んだようだ。
顔全体が大きくビリイッ!!と震えて、驚いて固まってしまった。
あーあ、悪い事をしてしまった。。。
やっぱり阻止するべきだったんだ。
火傷でもしたかしら。
”ゴメンネ とらよちゃん!”
幸い、熱かった驚きの方が大きかったようで辛味を厭うような表情は続かなかった。
舌も怪我はしていないようだ。
それにしても。。
表面の匂いを嗅いだ時にネコの鼻は<温度>を感じないのだろうか。
(そうだ。。人間も火傷する時って。。あるっか。。)
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月 2日 (木)

電車の中 ”日本てこうなのよネ”

駅でどっと乗って来た。
空いていた席がさっと埋まって数名が立つ。
何度となく目にするありふれた光景だ。
Img_3497

小さなケースを持った30代の女子2名が座り損ねた。私の隣には男性がタッチの差で座っていた。
譲って貰えると思ってたのかしら。。
Img_3502
一人が言った。

”ニッポンってこうなのよネ。”
なあに?
思わず見上げてしまった。
がいじんさん?席が取れなかった、それも横取りされたのではなく、たまたま二番手だったから座れなかっただけなのに。
それだけの事でそんな台詞を吐くの?
あなたのお国では有り得ない事なの?
 
Img_3567
”ささっと取っちゃう人がいるからね。”
もう一人は、
”そうよね。皆、ツカレテいるのよね。”
(疲れていてもいなくても席が空いていて、スワリタイ!と思ったら座ります。。)
Img_3580
それこそ<席取りゲーム>のような ドタバタを見た事もありました。
オジサマたちの必死の形相に、思わず笑ってしまった事もありました。
 
この二人、日本語を話しているのだが、何となく語彙が違う。持ち物の好みが日本的ではなさそうだ。
黒布のバッグ。赤と黄色の厚みのある糸でど派手なトラが二匹刺繍されている。
やっぱり、違うなあ。
ミニスカートに薄い黒のストッキング。
裏地の長い毛がはみ出たスエードもどきの半コート。
どうも夜の仕事のようだけれど、然程魅力があるようには見えない。
全体的に安っぽい感じ。
”ニホンってコウナノヨ。。” って。。
貴方にそんな事イワレタクナイワ。
 
エンジェル
 
こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

2017年3月 1日 (水)

友人の子 長野 地獄谷のサル

彼は雪を見たことがない。
だから地獄谷のサルを見に行くのを楽しみにしていた。
Cid_b2d4a410b1014c0fb7757d02e9c9f_2
友人は2月の日本が如何に寒いかを伝え、毛糸の帽子にマフラーに手袋を持参せよと連絡していた。
Cid_d00cec04975d403cb425118fa86870f
全ての列車の予約はしてあるようだ。
出発30分前には東京駅に着くように! 遅刻すんなよ!

Cid_1db1d62c2002411b8bab9a1889ebc_2
駅弁でも差し入れようかと思ったが、電車の出発時間を連絡して来ない。
もう乗車しただろうか、未だだろうか。もたもたしていないだろうか。。と気に成っていた。
まっ、オトナだし。。そこは3人で何とかするのだろう。。

Cid_d36a1026161e4e00ba7a9b42da65ac5
翌日に写真を送って来た。
雪の中でとっても幸せそうに映っていた。
はしゃいでいて。。
子供だわー。
Cid_11dbbdc945b24f0e88d4e3fe0e50bf2
私はサルの写真が見たかったが、中々送ってこない。
(貴方方のはいいのヨ。。サルがみたいのヨ。。)
Cid_cb33b1ba0b174fa0aa790f0f92e5e_2
やっと送られてきたサルの写真を見てえっと思う。
食べ物を漁った形跡。
あー、人間が入ると生体系が崩れて行くんだなあ。
湯船に浸かっているのは無いのと聞いたら、”カメラで沢山撮ってあるよ。”

 

エンジル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »