最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

« 結婚式の記念写真 | トップページ | 母校の制服に会う »

2017年1月26日 (木)

電車の中 最後の一句

私は優先席の真ん中に座っていた。
右隣の男性は前の駅でご婦人に席を譲っていた。
Img_1944
 
次の駅で乗り込んだ人の買い物カートが見えた。ご婦人はお元気そうな気がした。
でも次に彼女の杖が見えたので、席を譲った。
”失礼しました。見えませんでした。”

 
彼女は遠慮して、いえ、大丈夫ですと何度も辞退した。
”いえ。。おみ足が。。。どうぞ。。”

二言三言のやり取りがあった。
(杖を付いているんだから、素直に座れば良いのに。。何でそんなにエンリョするのだろう。。)
 
 
ご婦人は最後に”あなたも私と一緒でしょうから。”と言った。
 
 
”?”
Img_1876
貴方も私と一緒で足が悪いんでしょうからというニュアンスだ。
一瞬、何を言われたか分からなかった。
外見は私の方が若い(と思う。)
私の方が太っている。でも明らかに膝に負担がかかると思われる程の肥満ではない(と思う)。
私は杖を付いていない。両膝は痛いけれど。。
パッと見、私は<元気>に見える。
辛そうな顔をしていなかった(と思う。)辛かったらそのまま座ってます。。
私の”どこ”が彼女と<一緒>なのだろうか。
Img_0407
 
私はそれが<最後の一句>のように胸に引っかかった。
勿論、ご婦人は嫌味を言った積りは毛頭ないのだろうが、彼女がいつも胸に抱えている”不満”が言葉の端に流れ出たような気がした。
m
元気(そう)な人が優先席に座っている。。。
では、私は優先席に座ってはいけないのか。。。
空いたから座り、もっと必要としている人に譲ったのに、何となく心が重かった。
 

エンジェル

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

« 結婚式の記念写真 | トップページ | 母校の制服に会う »

電車内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電車の中 最後の一句:

« 結婚式の記念写真 | トップページ | 母校の制服に会う »