最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 奈良 折り畳みのごみ箱 | トップページ | 京都 智積院 朝の勤行と長谷川等伯 障壁図 »

2016年11月18日 (金)

京都 智積院の宿坊に泊まる

コロッケの”ついで”に京都へ行く。Img_7319
智積院の宿坊へ泊まる。
以前から長谷川等伯の国宝障壁図が観たかった。
やっと念願かなって、1泊取れた。

Img_7322

 
相部屋はとらないようで8畳間にひとりだ。
15:00のチェックインに合わせて駅から歩く。
Img_7597
尼僧が対応してくれた。
美しい人だ。
説明は不愛想に近い”のぺっとした”表情だったが、心づけのハロウインチョコを渡したら、相好を崩した。
 
Img_7487
 
 
早速、三十三間堂へ行く。
最後に来た時はキンキラキンだったが、生憎の曇り空で鈍色の仏様だった。
はっとする。
多くの仏様が合唱したまま階段を一気に降りて来る。
私に向かって歩いて来る。
三十三間堂 見どころ に対する画像結果
 
えーっ。。
私に向かって。。押し寄せてくる。
 
一体何に向かって来るんだ !!
もしかして。。
私が持っている、”誰もが持っていると言われる”<仏性>とやらに向かって合掌しているのだろうか。
 
その迫力に押し倒されそうだった。
思わず、あー、私はどうすれはいいんだ。。
畏れ多く、恐しささえ感じる。
 
1001体のお顔が全部違う。
 
Img_7331
のんびりしたお顔。優しいお顔。詰まらなさそうなお顔。眠そうなお顔。
皆、半眼だが一体だけ目を少し開けた仏様が居た。 ジロリと私を見ている。


Img_7372
 
 
仏様の前では恥ずかしい気持ちになる。
見透かされた気がするから。
(後ろめたいんだろうなぁ。。)
 
 
Img_7379
ぶらぶらと近くの豊国神社へ参拝する。
宿坊の門限は10時。
もうお寺は拝観できないし、寒い中ウロウロする気もない。
昼食は遅くなってしまい、チェックイン後にうどんと稲荷寿しを隣のレストランで食したが、とっても美味しかった。
だから夜は軽めに生ハム、バナナ、そしてビールをコンビニで買ってきた。

Img_7488

 
 
翌朝は朝の勤行に参座することが義務付けられている。
5:30に起床のアナウンスがあり、ロビーに集合する。お坊さんが我々を本堂へ誘導してくれる。
 
遅刻しないようにと早く寝て、3時ごろに目が覚めた。
全員が5時には準備ができていたようだった。
総勢8名。
 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

« 奈良 折り畳みのごみ箱 | トップページ | 京都 智積院 朝の勤行と長谷川等伯 障壁図 »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都 智積院の宿坊に泊まる:

« 奈良 折り畳みのごみ箱 | トップページ | 京都 智積院 朝の勤行と長谷川等伯 障壁図 »