最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 電車の中 踊るおかま | トップページ | トランプが勝っちゃった。。 »

2016年11月10日 (木)

ごみの出し方 宮崎

宮崎に滞在中、ゴミの出し方に驚いた。Img_8771
水切り口に溜まった生ごみはこれでもかというくらいにギュッと絞られ、他の紙類と一緒に新聞紙に包まれる。
これが一回分のごみという訳で、焼き芋を2本包んだような大きさになる。

Img_8610

この新聞紙の塊をプラスチック袋に毎日詰めて収集日に出す。


たまたま滞在した家の習慣かと思ったら、3人のヘルパーさんは同様の始末をした。近所の集積場の45Lのゴミ袋には全てこのような新聞紙の塊が入っていた。

ゴミ箱にセットされたプラスチック袋をそのまま取り出して捨てるのではなく、ゴミだけを開いた新聞紙にバサッとあける。(ヘルパーと言う仕事上、捨てる物に”間違い”がないように確認してるのかしら。。)
Img_8605

いつからの習慣なのかしら。
メリット、デメリットを考えてみた。

Img_8598

-. 当家のごみが見えないのは究極のプライバシー保護。
-. ”生ごみ”が見えないので美化推進。
-. 新聞紙が水分を吸い取るので回収者が汚水に汚れることはないだろう。

でも。。

-.新聞紙を<リサイクル>に回せるではないか。。勿体ない。。
-.本来のゴミの量は少ない筈。新聞紙は絶対量を増やしている。
   そうなると1枚当たりのゴミ袋が割高となる計算だ。

 

そんな、どうでも良い分析をする。

Img_8574

”今朝の新聞が無い!”と住人は探していた。

どうも、ヘルパーさんは郵便受けから持ってきた新聞紙をそのままゴミの包装に使ってしまったようだった。

一日探してもその日の朝刊は見つからなかった。。
でも、翌日それを問いただすような野暮な住人ではない。

エンジェル
 
こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

« 電車の中 踊るおかま | トップページ | トランプが勝っちゃった。。 »

宮崎県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごみの出し方 宮崎:

« 電車の中 踊るおかま | トップページ | トランプが勝っちゃった。。 »