最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 宮崎 高鍋城址の 舞鶴公園 | トップページ | 鹿児島 蒲生八幡神社の大楠を見る。 »

2016年10月21日 (金)

宮崎 高鍋大師と持田古墳群

神の国ということは歴史があるということ。Img_4686
4-7世紀の豪族の古墳がある。
近隣の高鍋町を訪れる。
Img_4400
 
 
この一帯には古墳が多く、前方後円墳もあるが殆どが円墳だ。
 
友人が頼まれてきたという”無濾過”の焼酎を探して酒屋を数軒歩いた。
そこの玄関マットのデザインを家政婦に見せて、これが地図にある”高鍋大師”かと尋ねた。
これは。。十一面観音? 千手観音?
 
Img_6006
 
 
百聞は一見に如かずだから、観に行った。
標識が小さくて見落とした。
中々辿り着かない。
ぐるぐる回っていたら丘の上に白い塔のようなものが数基見える。
あれだ!
Img_4702
 
 
丘の上には住宅がパラパラとあり、茶畑とさつまいも畑が拡がっていた。
Img_4684

その中にこんもりした円墳があちらこちらに点在する。
 
 
Img_4705
 
 
友人は初めてこれを見た時、”気持ち悪う!”との印象しかなかったらしい。
でも、住人には生まれた時から有るのだから、畑の真ん中のおへそのような<古墳>を意識する事もないのだろう。
 
Img_4712
 
そもそも高鍋大師とは地元の篤信家がこれらの古墳の霊を慰めるために作ったもので、四国八十八か寺の仏様を刻んで南の斜面に鎮座させた。
これらは国指定の史跡で丘の下から歩いて登れる。その両脇に八十八体の仏様が並んでいる。
ちょっとした散歩道だ。
Img_4707
 
そもそも大分から仏師を招いて作成したとあるが、背の高いものはむしろトーテムポーロを想像させるほど直線的で粗削りのだが、先祖供養の思いは伝わってくる。
 
 
Img_4715_2
仏像を彫る事は徳を積むことだと言われる。
 
Img_4695
 
 
この高台からは日向灘が見える。
美しい。。
 
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

« 宮崎 高鍋城址の 舞鶴公園 | トップページ | 鹿児島 蒲生八幡神社の大楠を見る。 »

宮崎県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎 高鍋大師と持田古墳群:

« 宮崎 高鍋城址の 舞鶴公園 | トップページ | 鹿児島 蒲生八幡神社の大楠を見る。 »