最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 鹿児島 薩摩川内へ知人を尋ねる | トップページ | 宮崎 綾町 照葉大吊橋 »

2016年10月24日 (月)

宮崎 鹿児島と桜島

往きに桜島PAで見た時は雲が多かった。Img_4609
薩摩川内市では台風の影響で土砂降りに会い、早々に鹿児島市に向かう。

Img_4614

 
 
伯母様から頼まれた”明石家のかるかん”と”徳永屋のさつま揚げ”を買う為だが、両方まとめて買える”山形屋”へ行くことになった。
 
Img_4616_2
既に晴れ上がり雲も取れ、桜島は綺麗にでんと聳えていた。
 
Img_4618_2
 
 
 
美しい山だ。
あー、此の山は<愛嬌>がある。
愛されているなーと実感する。
 
関東の友人は”男性的な山”と表現したが、南国の桃色に輝いていたせいか私は”女性的”だと思った。
 
Img_4634
我々が鹿児島へ行くと言った時、ヘルパーさん達は”泊まり?”と聞いたがその訳がわかった。
遠方なのである。


Img_4622
 
 
宮崎から薩摩川内まで3時間半かかった。
友人と2時間お喋りをした。
出発は叔母様に付き合って朝食を食べた後だから9時頃だった。姶良で蒲生八幡へ寄り、帰りは霧島神宮を参拝する予定だったが、鹿児島市内の買い物で、仙巌園も霧島神社も寄るどころではなかった。
走行約350キロで宮崎に戻ったのが21時。
 
私は夜のドライブは好きではない。
先ず、車窓が楽しめないし、狭い視野に何かが飛び込まないかと不安が増す。
 
当然無口になる。
Img_4404
 
”寝てるの?”
”否!私は助手席では絶対に寝ません。”
 
恐くて寝られやしないのだ。
運転手の<眠気>が心配で。。
 
Img_4470
 
 
叔母様は心配になって電話をよこした。
 
”あんたら 何時に帰って来るの? 心配で眠れませんわ。”
あと30分で到着イタシマス。スイマセン。
 
そうよ。
待っていてくれる人がいるのよ。
心配してくれる人が居るなんて有難いやら、申し訳ないやら。。
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

« 鹿児島 薩摩川内へ知人を尋ねる | トップページ | 宮崎 綾町 照葉大吊橋 »

宮崎県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎 鹿児島と桜島:

« 鹿児島 薩摩川内へ知人を尋ねる | トップページ | 宮崎 綾町 照葉大吊橋 »