最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 水彩画教室 ワークショップ 2 | トップページ | 電車の中 乳母車と彦ちゃん »

2016年9月 2日 (金)

遠藤彰子の世界展 COSMOS 相模原市

”リンリン草時計”さんのプログで紹介された。Img_2173
 
今まで”大作”は数点見てきたが、躍動感溢れて力強く、爽やかな空気感に繊細な印象を受けた。
 
Img_2187
 
そこで見に行く。
 
圧倒された。
大作で有るがゆえの絶対的な存在感だけでなく、それ等の絵が活発に動いて拡がっていく。
 
Img_2181
作品:”見つめる空”
解説によると浮遊感と落下感が同居する作品。
なるほど、見ていると足下がぐらついて来る。吸い込まれて行くような、持ち上げられているような。。

Img_2177

 
奇妙な絵。
空が二つある。見上げる空と覗き込む空。
対比のようだが、明暗、生死、苦楽などに含まれる大きな落差は感じない。
何処までも明るく、力強い。
Img_2190

人々は何をしているのだろう。

Img_2255
 
 
<何を>描いているのだろうかと隅から隅まで見る。
 
 
そこで気が付いた。
描かれているのは若者ばかり。
だからエネルギーに満ち溢れているのだろうか。
 
Img_2210
その中に化け物を2体見つけた。ところがちっともバケモノらしくない。鬼のような犬か、うさぎのような爬虫類か。。
 
Img_2266
 
 
下方にはスゴスゴとこの大きな建物(世界)から去って行く背中の曲がった4人。
これがもしかして<老人>なのかしら。
Img_2307
人々の生活が描かれている部屋を覗く。
見ていて飽きない。
 
Img_2321
 
 
居た!
骸骨が数体、人間の背後に居た。
でも、それは<一緒に生活をしていた大切な人>の魂のようだ。
 
 
Img_2284
 
作品:”私は来ている此処に、何度も”
私が夢で何度も行く場所に色合いが似ていた。
(私のはジゴクのようでもっと暗い。)
Img_2287
 
 
踊る若者の中に佇む少女。
これが作者だろうか。
(解説によると全てが作者だとか。)
Img_2194
足を絡めて踊っているのは。。”タンゴ”だ。
どう見ても3人で抱き合っているようだ。。
どういう状況なのだろうか。。
 
Img_2233
見れば向こう側にも3人が手を繋いで踊っている。
 
今回のオリンピックのロゴもそうだが、人が手をつなぐというのはマティスのダンスのように軽快で楽しくて踊りたくなるもの。
Img_2348
鬱蒼としたジャングルに絡まりあって伸びる枝は太古の恐竜の背骨のようだし、それが伸びて人間が手を取り合っている様にも見えて生命力を感じる。
網目状に拡がった<生命の木>みたいだ。
 
Img_2345

 
部分部分に物語があって、空想が拡がる。
 
ホント、奇妙な世界”COSMOS”だった。
Img_2336
 
 
 
とても楽しい気分で帰路についた。
折角ここまで来たのだからJAXAの見学もすれば良かった。。
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチを宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 
 

« 水彩画教室 ワークショップ 2 | トップページ | 電車の中 乳母車と彦ちゃん »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

Angelaさん、(遅くなりましたが)
観に行ってくださって嬉しいです。
で、この感想・・・・
すごいなぁ~。とても細かくご覧になっていて感心しました。
私の場合、目が眩みそうで(笑)
故に勉強になりました。ありがとうございます。

ururuさま
返事遅れましてすいません。楽しかったですよ。”絵本”の集合体のようでとても面白かったです。其々がヨーロッパの童話のようでした。恥ずかしながら作者を知りませんでしたので、素晴らしいものを紹介して頂きまして有難うございます。。あれ、入場料を取って当然でしたのに無料で写真OKって、相模原は昨今話題が多いですが芸術に対して開放的なのは羨ましいです。
横浜の映画館にも行ってみたいけど。。遠いんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635735/67283169

この記事へのトラックバック一覧です: 遠藤彰子の世界展 COSMOS 相模原市:

« 水彩画教室 ワークショップ 2 | トップページ | 電車の中 乳母車と彦ちゃん »