最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 電車の中 泣き喚く子 | トップページ | 遠藤彰子の世界展 COSMOS 相模原市 »

2016年9月 1日 (木)

水彩画教室 ワークショップ 2

お盆中の第二弾。Img_1547
先生のトール・ペイント(こちらが本業)のクラスから2名が来た。
Img_1545
合計6名の参加者。
 
テーマは前回同様にバラ。
二度目の我々には ”特に<葉>を描く練習です!”
Img_1550と、サンプルを見せてくれる。
じっくり見て、此の通りに色を置けばいいんだ。。とは思うものの、そのように出来ない。
 
それでいいのよ、それが個性だと先生はいうけれど。。
Img_1771
 
 
以前先生に話していた、ロシア土産を見せた。
それを手に取って、
 
”あらー ! カンマストローク だわ !”
えっ?
なにそれ?
Img_1563
 
カンマ(、)と ストローク(-)。
良く使われる<模様>なのだそうだ。
実に単純な模様。
Img_1551
 
先生が先の丸い筆を取り出した。
”これで描くんですヨ。”
 
まあ、こんな細い筆が有るんだ。
Img_1562
私のは千円くらいのお絵かきセットで絵筆は一本。アクリルで筆先が割れてひん曲がっている。
 
Img_1564_2
 
先生がそれを見兼ねて、平筆を差し出した。 ”これを使いなさい!”
絵筆は馬やイタチの毛が多いらしいが、中にはネコの毛も有るそうだ。
因みに先生が使い易いといった筆は7000円。
参加者の書いたバラが素敵で、厚紙の額に入れたら、とても良い作品が出来上がった。
 
模様の話になる。
先生は有名な水彩画家に師事している。
 
そのセンセイが言うには、
”北斎の<神奈川沖浪裏>の波はネ、<百合の花>なんですって!”
 
へえー。。 ユリねえ。。
 冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏 ジクレープリント : 葛飾・北斎

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチを宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

 
 

« 電車の中 泣き喚く子 | トップページ | 遠藤彰子の世界展 COSMOS 相模原市 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635735/66983449

この記事へのトラックバック一覧です: 水彩画教室 ワークショップ 2:

« 電車の中 泣き喚く子 | トップページ | 遠藤彰子の世界展 COSMOS 相模原市 »