最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 墨彩展 新国立美術館 | トップページ | 松竹大歌舞伎 東コース 染五郎 »

2016年8月 7日 (日)

ポンピドーセンター展  上野

前回、現代絵画が休館で見られなかった。Img_4785
そこでピカソやマティスを観に行く。
Img_9221
 
1906-1977年まで年毎に1作品ずつ紹介している。
これがとっても見やすかった。
絵画、オブジェ、彫刻、写真、フィルム。
 
Img_4900
<オルリーの飛行船格納庫>
作業の状況を記録した白黒フィルム。
エンジニア フレシネのプレストレストコンクリート(*)の作品で、とっても有名なフィルムだそうだ。
(*コンクリートは圧縮力に強く引張力に弱いのでこれを補う為に圧縮力がかかった状態。)
Img_4899
 
 
.
オブジェはよく分からない。
いいんだかどうなんだか、何を言わんとしているのかも分からない。
Img_9218
マティス、ピカソ、カンディンスキー。
どれも素敵だった。
<自由>という詩をデザイン化した作品が目を惹いた。
 
どうして脇に<訳>を掲載しないのだろうか。
勿体ない。
Img_9219
 
 
そして1945と書かれた一角には何も無かった。
”なんで ?”
小さな掲示板が貼ってある。
”音楽-バラ色の人生”と書いてあった。
そう言えば頭上からピアフの歌声が小さく聞こえる。
あまりに小さくて言葉が聞き取れない。
Img_9217
勿体ない。
 
アンケートに書こうと思ったら、そんな物はないと言うので直接監視員に申し上げた。
エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)
 
あのスペースに何も置かないというのは脳が無さすぎる。
せめて歌詞を<原語>と<日本語>で貼るなり、もう少しボリュームを上げて欲しい。
フランス語が分かる人も居るだろうし、シャンソンを聞きたい人も居るだろうし。。
 
見ごたえのある展覧会でした。
 

エンジェル

こちらも書いてます。

http://blog.livedoor.jp/torayohime/

(Angelaの簡単スペイン語)

(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

« 墨彩展 新国立美術館 | トップページ | 松竹大歌舞伎 東コース 染五郎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635735/65773863

この記事へのトラックバック一覧です: ポンピドーセンター展  上野:

« 墨彩展 新国立美術館 | トップページ | 松竹大歌舞伎 東コース 染五郎 »