最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 小春日和に | トップページ | 日本死ね!の重み »

2016年3月 8日 (火)

電車の中 椅子取りゲーム

”バタバタッ”の面白い光景を目にした。Img_5847

私の左隣の外人さん2名が降りた。
正面の両隣も一気に降りた。
そして右ドアから60代男Cがさっさと向かいの右席へ駆け寄った。その時、私の前で立っていた30代女Bは一瞬遅れて振り向き、その席に座ろうとした。
Img_5782

男がタッチの差で座ってしまったので、Bは二個隣の席へ方向転換した。

その時、一度私の隣に座った20代女子Aがガバッと立ち上がって正面の席、Bが目指した席へ向かった。ところがBに先を越されてしまい、Aは最初に座った席(私の隣)を振り返った。


何事が起きたの?
アッハーン。Img_5790
そこで分かった。
どうしてAは向かいの席に変わろうとしたのか。。。
Img_5795


彼女の前に20代女子二名が来たので、彼等の為に席を譲ったのだ。。

ところが当てにしていた席は取られ、Aは振り返って、”あっ、しまった。。”
(と思ったようだった)
でも、二人は座らずにいたので、Aは一瞬躊躇したものの静かに最初の席(私の隣)に戻った。
Img_5792
此処で私は内心ほっとした。
だってAが座れなかったら、恩が仇で返されるみたいじゃん。(チョット違うか。。)
もう一つは空いたまま。
直ぐに60代女性2人が乗り込んで、より白髪で太った方がごく自然にその席に座った。

これで全部埋まった。
<椅子取りゲーム>は終了した。

Img_5816

この4個の空席に絡んだ人が7名。
バタバタっとした一瞬だった。
その後に来た<静けさ>が可笑しくて検証してみた。
・ もし男Cが(超)紳士でBに譲っていたら、全員が型に嵌ったようにさっと落ち着いただろう。
・ もしAが気を利かせず座ったままだったら、BとCはすんなり座れた。
・ もし二人連れがAの好意を受けて座っていたら、Aだけが椅子取りゲームに負けて馬鹿を見た。
・ 二人連れがAの好意を享受しなかったので、Aは<己の親切心>に裏切られることなく座れた。

Img_5819
結局、この一瞬の<混乱>を招いたのはAの<親切心>なのである。
なんか皮肉だよなー。
もしAが弾かれて座れなかったら、
正直者は馬鹿を見る。。(チョット違うか。。)


これを見られたのは私だけ。
高級なドタバタ劇を見た気分だ。

エンジェル

.こちらも書いてます。

(Angelaの簡単スペイン語)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

« 小春日和に | トップページ | 日本死ね!の重み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635735/63649463

この記事へのトラックバック一覧です: 電車の中 椅子取りゲーム:

« 小春日和に | トップページ | 日本死ね!の重み »