最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

2020年9月26日 (土)

太極拳サークル 練功

八月のクラスはいつもより30分早く切り上げた。
厳しい暑さなので全員がそれに賛同する。

この日は先生がお休みで、同じく師範のA子が指導する。
彼女は声も大きくて歯切れが良く、練習をしている我々に手の形などをパパッと注意してくれるので、適度な緊張感もあり聞いてて小気味良い。

そうだ、新先生になんか物足りないなーと思っていたのはそれだ。

メリハリ。


小さな声では何を言っているのか最後列では全く聞き取れないが、遠慮があって、”もっと大きな声で!”とは言えないのだ。
誰も言わないので、耳が遠いのは私だけかしらと思っていたら、その内にもっと聞きづらい状態になった。

 

A子はリーダーシップがあり、我々の先生として理想的なのだが体調が芳しくないので辞退していた。

 

 

Img_8587

 




八段錦後半の5段目を止めてA子は6段から始めた。

誰かが笑いながら、”5段は省略ね!!”

”そうなのよ、あれはストレス解消の運動なんだけど、動きがわけわかんなくて、却ってストレスが溜まっちゃうんダヨ!”

爆笑が湧きおこった。

それは腰を落として上体を斜めに倒し、体をぐるっと右から左、そして反対側の脚の裏を見て、そこで息を吸う。
吸ったり吐いたしながら動かすのだが、先生の指示通りにしているつもりでも、

”えっ、今は吐くの? もう息が無いんだけど。。”

いつ聞いても、”吐いて、吐いて。”と言われるようで、(いつ吸うんだ。。)

本当に訳の分からない運動で、私は一度としてうまく出来たためしが無かった。


この運動についていけなかったのは私だけじゃあなかったんだ。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年9月25日 (金)

ロト6

当たった !!
初めてだ。

 

ふむふむ。。

6個中3個あてて、それに補欠(?)の番号で4個当てたから、約7割の的中率。

 

それでもって。。。。 

1000円!!!

(元手が1500円。)

 

飛び上がらんばかりの嬉しさが、次の瞬間には、
”なんで 千円なんだ!! 少なくねええ??”

<喜び>と手を繋いだように<不平>がやってきた。

あーあ、まだまだ、物欲から逃れられないアタシ。。

 

友人も一様に喜んでくれたが、
”あらーー、コーヒーもたかれないわねえ。。”

なんだ。。
同類かよ。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年9月24日 (木)

”大黒柱”のTシャツ

公園からの帰り道でガイジンさんが私を追い抜いて行く。
T- シャツに膝までの短パン。

がっちりした40代のアフリカ系。

 

後ろ姿を見て、”んん??”

黒地に嘗て白く背中一杯に掛かれていた文字。

<大黒柱>

 

思わず笑ってしまった。
その白い文字は95パーセント剥げていたが、文字の形がしっかり浮かび上がっている。

この人はその意味を勿論知っているのだろう。
でも、大黒柱の威厳が消えかかっているパロディー的なお可笑しさまで分かるかな?

 

Img_8833

 


私が<大黒柱>を実感したのは、父が他界した後だった。
それまでは名ばかりでそんなに強そうで頼りがいがある父のようにも思えなかったけれど、父のいない実家に帰った時、庭一杯にでんと聳える<大黒柱>が見えた。
天に向かって伸び、丁度このTシャツのように輪郭だけを残して天空に消えて行った。
ああ、父は大黒柱だったんだ。。



この外人さんは10分後にU-ターンしてくる。。

我々は顔見知りになるのだろうが、彼は絶対に眼を合わせない。
いつも眉間に皺を寄せて怒ったような表情だ。

アイソウの無い人だわ。。
通りすがりの人と話したくないのだろう。

”メンドクセー。。” と顔に書いてあった。

まっ、海外に住んで色々と嫌な体験もしているんだろう。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年9月23日 (水)

柿の木の雀

角の家に柿の木がある。

春には白い花が歩道を覆うほど落ちていた。
搔き集めて小さな山が出来る。

こんなに落ちて。。病気?
これじゃあ実がつかないじゃあないかと思った。

ところが実はしっかりついていて、これは<自然淘汰>で木自身が間引きをしているのだと気が付いた。

どんぐり型の実はだんだん大きくなった。

TVでは柿渋がコロナウイルスを撃退すると発表があった。

思わず、”柿だ!!” と叫んだが、

でも、柿を食べれば良いという事ではないと注意があった。
苦笑い。。

 

春には 杏と梅、そして家庭菜園のさやえんどう、トマトにきゅうり。
路地には唐辛子やピーマンや茄子やゴーヤの鉢植えが並んでいた。。


これからは柿が色づくのが楽しみだ。

いつも思うのだが、路地の野菜が盗まれないのは凄いなー。。


9月に入ってこの柿の木に雀が集まってキャアキャアとうるさい。
朝5時過ぎからこんな具合では住人は眠れないだろう。


雀がささっと10-20羽飛び去った。
10羽は電線に並んだ。
案外小ぶりな雀だなあ。。

ベランダに餌があるのだろうか、20羽程飛び立っち、木からも30羽程が一斉に飛び立った。
凄いなあ。
一体、何羽いるんだ。。

雀が柿の実を食べている様子はないのだけれど、何をしているのかしら。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年9月22日 (火)

栗を茹でる

TVを見ていたら、押し入れの方で”ボン”と音がした。

あら、なああに?
そんな大きな音を出すのはトラヨが飛び降りたか。。
でもトラヨはその向こうのお風呂場で水を飲んだばかりでこちらを見ていた。

 

まさか押し入れにそんな<何か>がいるとも思えない。

20秒後にもう一度大きな”ドンッ”と聞こえたので、流石に気味が悪い。

私は物音がするとそれに向かって話しかける。

いつものように ”なあーーに!? ドーシタノ??” 

 

トラヨは相変わらず敷居に手をのせたまま前方を向いている。

 

そこでやっと重い腰を上げてトラヨに近づく。

”何なのトラヨチャ-ン? 今の音? 廊下で誰か作業をしているの?”

 

そしてコンロを見て、”アーッ!!!”

 

栗を茹でていたのである。
二個が爆発したのだ。。

 

なんなんでしょう。。
点火した時は、”ようし、10分ね。。”と自分に言い聞かせたのに、机に座ったらもうすっかり忘れている。

煮物をよく焦がしていた母親を叱ったけれど、私もいよいよそんな世界に入ってしまったんだ。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年9月21日 (月)

百均の帽子

シニアーは帽子を沢山持っている。
夏場は必需品だ。

私は夏の5個をとっかえひっかえ使っている。
キャップでは日除けにならず、ツバのあるソフト帽をよく被る。


週一回の室内の太極拳サークルでは副部長なので書記係をしている。
出欠や日誌を記入し、コロナ関係の名簿を施設に提出する。
30分前から入り口のテーブルに陣取る。
帽子を机に置く。
そこで帽子が皆の目に触れる。

”それ、いいわねえ。。”

”これ百均で買ったんですよ。”

エーッ!!?

100円の帽子と聞いて一様に驚く。

でも、内側のグログランリボンが200円で、外のリボンは残り布、手間賃も加算したら。。
”そうねえ、500円くらいかなあ。。”

 

Img_8631

 

そして白い帽子は、
”中国のウルムチのスーパーで300円くらい。リボンがちゃっちいでしょ? でも面倒でそのままなんだけど。。”

ここでまた皆が驚く。

”あなただから似合うのよ。” というけれど、

”そんなことはありません。これは誰にでも似合うんです。”

そこでA子とB子に被せてみた。

”そうそう、それでね、片方にちょっと下げてみて。。”

そうしたら、ぱっと<粋な女>に変わったので笑いが巻き起こった。
(皆、興味津々なんだ。。)

喰わず嫌いがあるように、似合わないんじゃないかと思い込みも多い。

なんでも試してみればいいのよ。
凡そ、市中に出回っているものは皆に合うように出来ているんだし。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年9月20日 (日)

9月14日

数日前から気になっていた。

”9月14日って何の日だっけ??”

当日も、その後も気になって仕方がない。
何か私には特別な日のような気がする。
それも<慶事>、嬉しいことのようだ。

何の日だ??

かの国の独立記念日じゃあないし、バレンタインデーは2月だし。。

いつもは気になってもそのまま忘れてしまうのだが、どうしてこんなに心がざわざわするのだろう。

 

そして2日後にはたと気が付いた。

”マリオの誕生日だ!”

私が敬愛する人。

どうしたのだろう。
これまで、思い出すこともなかったのに、誕生日だなんて。。

 

Img_8969

 

 

そしてニュースを見て、”エッ“と驚いた。

ヘンリー王子の誕生日が翌日の15日だった。
私はその翌日に強制送還され、イタリア人の彼と離れ離れになった日。
その後、再び出会うことはなかった人。

 

なんだ。。。。
9月は思い出の多い、嬉しさと悲しみが詰まった月だったんだ。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年9月19日 (土)

コンビニの冷房

三密を避ける為にドアが開け放たれていた。
暑いのに店側も電気代など大変だろうと思った。

 

或る日、ドアが閉まっていた。
入店してその寒さに驚く。
いくら何でもこりゃあ冷やし過ぎだろう。。

以前、仕事で入った水産会社の冷蔵庫を思い出した。
五分もいたら凍えてしまう。。

店員は半袖のユニフォームで作業をしていた。

”寒くて大変ですねえ。”

”ドアからの空気がアイスクリームの冷凍庫に当たって機械が故障しちゃうんですって。。”

”あらそうですか、でも冷えすぎちゃいますか?”

 

Img_8584

 

長居は無用。
さっさとお目当てのパンを手に取る。

支払いをしたら、店員が ”19度でした!”

一瞬何を言われたか分からなかったが、”22度にしました!”

私は要請したわけではなかったけれど、彼女も<冷え過ぎ>と感じていたのだろう。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年9月18日 (金)

誤解の官房長官

”ダメだわ。。”

あれよあれよという間に本命になって、首相になってしまった人。
意外(?)だったのは奥様が聡明そうでお美しいこと。

友人は、
”誰がなってもドウセ同じなら、一番見てくれの良いKさんがいいわ。だって、世界中に露出される顔なんだから。。”

なるほど。。
"イケメン”も選出の大事な基準になり得るかも。。

 

要の官房長官には笑顔と言うか、薄ら笑いに見えてしまうのあの人。


友人は途端に思ったそうだ。

”ダメだわ。。”

<誤解です。>としらばっくれた人。

何がゴカイよ。。
<37.4度以上で3日以上>って、毎日毎日言ってたじゃあない。
そりゃあ初めての事で情報不足もあったし、あれで医療崩壊を免れたようでもあるけど、後々の補償問題を考慮してのらりくらりの言い訳になるとも想像はしていたけれど、よりによってあれは国民のゴカイだったって。。
我々が全員聞き間違えたって、よく言うわ。

あれで重症化して亡くなられた方もいるんではないか。
惚けた顔して”ゴカイデス!”って。。

あの<ゴカイ顔>は。。
ダメだわ。。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

2020年9月17日 (木)

トラヨを病院に連れて行く

腰を撫でたら ”ギャアー!!” と叫んでいたが、私は単なる猫のヒステリーだと思っていた。

ところが、目の前で脚を上げて毛づくろいをした。
昨年同様に<臭い袋>が詰まって化膿し10円玉ほどに赤く腫れあがっていたのだ。

トラヨちゃん、ゴメンナサイ、気付かなくて。。

 

今回は予約を取っていったら、待合室は誰もいなくてトラヨも私も心細い。
病院で周りに誰もいないというのも寂しいものだ。

 

Img_8099

 

ふとグレーのプードルの脚が診察室からぬっと伸びた。
治療が済んで ”さっさと帰ろう!” と言わんばかりにドアを開けようとした。


先客が居たので私は少なからずホッとした。

 

 

先生はおもむろに、”昨年と同じ場所ですか?”

えっ? 右だったっけ、左だったっけ。。
覚えていない。。

女医は赤ちゃんを前に括り付けたまま診察していたので私は驚いた。

あれ? いつ生まれたんだろう。

4か月だという。

どうも計算していくとトラヨの前回の治療の後で命が育っていったようだ。
ついこの間の出来事のような気がしたが、一年以上経っていた。

”加齢で管の収縮機能が衰えてくるんですよ。”
そうすると、今後もこのぺースで臭い袋を詰まらせるのだろうか。。

 

 

それにしても、病室で医者が赤ちゃんを抱えて診察なんて聞いた事がない。
この子に感染しないのか?

そっか。。ここは動物病院か。。

 

その話をヨシダさんにしたら、”前の奥さんは評判が悪かったのよ。。”
へえ。。
よく知ってるわ。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

«秋の雲