最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

2019年8月20日 (火)

太極拳のお茶会

月4回のクラスだが、8月はお盆以降が休みとなった。

可笑しいのはこれが先生の発案ではなくて、生徒から<夏休みにしましょう!>という強引な休みだった。

先生が休みたいのではなく主婦たちが休みたいのだ。

おまけにボスが ”センセ、今日は11時からお茶します。”
先生は初耳のようで、”どのくらい(の時間)ですか?”


”20分です。”

さっとテーブルが取り出され、20人分のコーヒーとお茶菓子がセッティングされる。

Img_5927

 

”皆、あ~る~~?”

一人分多いわよ !
ワイッワイ、ガヤガヤ。。

ボスが ”これが暑気払いだね!”



暑さも厳しい折だけど、この20分は元気を貰うのに非常に効果的だった。

 

Img_5934



女先生の水彩画教室(月二回)は7月後半から8月一杯まで夏休み。
もう一つのクラスは休みの<や>の字も出ない。
こちらは8月後半のクラスの後、すし屋で恒例の暑気払いがある。

暇を持て余している私としてはこの間何かして動かないといけないなー。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月19日 (月)

ゴーヤ

今年もベランダを緑で覆いたい。
ゴーヤの苗を二本植えた。

ところが二週間後に一本が引っこ抜かれていた。

な~に、これ?

ハタと気が付いた。

Img_5959

 


トラヨがこの植木鉢で用をたしたのだ。
そして土を被せるときに一本のゴーヤを引き抜いた。
(ったく、ヒノキチップの立派なトイレがあるというのに。。)

追加の苗を買いに行こうと思いつつ時が経ってしまった。


今年は成長が遅いようだから実は望めないかも。。

 

”アッチー!!”
高温の手すりに触れて思わず叫ぶ。


ここを這わなきゃあいけないゴーヤが可哀想、火傷をしちゃう。。
そこで布を被せる。


この時、小さな実が外側に付いているのを発見した。
あら、うれし。。
そこで全体をチェックしたが、実はこの一つだけのようだ。

成長の様子を見ながら収穫してチャンプルーを作ろう。

 

Img_5963

 

そして今日、手すりに懸けた植木鉢の裏側からもうひとつの実が出てきた。
熟れて黄色になっていた。

まあ、こんな小さくて。。
これ以上の成長は無理だったんだ。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月18日 (日)

盆踊り 7 隣町の小学校

”明日は何処へいくの?”

隣町の小学校デス。

”ボクはあそこは嫌だなー、人が多すぎて。。曲は踊りやすいけどね。ボクは明日もここへ来るよ。このくらいの場所が踊りやすい。 
でも、未だ行ったことが無いのなら一度は行ってみたら?”

Img_6111

Img_6107

 

 

そこで電車で隣町へ。
どう行くんだっけ。。人について行く。
狭い通りの両脇に露店がずらりと並び、食べ物の店に親子連れが多くてなかなか動けない。

 

会場へ着いて直ぐに友人と合流できた。
なるほど、3重の輪ができていて7-8の連が集まっていた。
曲目は殆どが習った曲なので、直ぐには踊れなくても2-3回で ”ああ、そうだ、こんな振りだったっけ。。”
お茶のサービスもある。

<うちわ音頭>では自治会女史がさっと団扇を差し出してくれた。
だいぶが団扇が溜まってしまった。。

 

曲のテンポが他より少しのろい。
<炭坑節>が伸びすぎて、却って踊りながら急いてくるようで ”せせこましい” 感じになるから不思議だ。
幅広い客層と仕事帰りのバッグ背負った女子が多かったせいだろうか。
全員でごちゃごちゃとラジオ体操をしている感じだった。

 

Img_6135

 

白地に紺色の市松模様を肩と裾に散らした<粋>な揃いの浴衣を見た。
これってオリンピックの市松模様ですか?

ご婦人は毅然として、
”いいえ、これは前からある柄です! 五輪の浴衣は<婦人会>なんです。”

東京2020の浴衣は二種類見かけた。
青地に白のロゴマークとロゴから派生した変形模様。
色違いがあるそうだが未だお目に掛からない。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月17日 (土)

嬉しい発見

アイスを4箱買った。
棒キャンデーだからあっという間に数本食べてしまう。

嵩張るのでばらして冷凍庫へ入れる。

食べきってしまった。
あれ? もう無いんだっけ。。奥までチェックするが無い。
全部食べてしまったんだ。。。

次回からはひと箱ずつ買うようにしよう。
だって、あったらあった分食べてしまう。
私は自制が利かない。。

Img_6046

 

アイスが無ければ無いで数日過ぎた。

今でも引っ越し時に冷蔵庫を小さいのに変えたことを後悔している。
大型を置く場所が取れず、小型がすっぽり入るスペースに置いたが今度は扉が全開できない。
だから奥まで見るのが一苦労。

先日、豚肉パックを探していたらクレソンの細長いパックが奥の壁にへばりついていた。発泡スチロールの同じ白色で気が付かなかった。
そうよ。。あの時、私は2パック買ったのに、一個しかなかったんだっけ。
勘違いではなかった。


そして足元の箱の間に黒い液体の袋。。

何? これ?
袋には<サニーレタス>と書いてあった。

しまった。。これ買ったんだっけ。。
どうして食べようと買ったものを目の前に置いておかないんだ。。
どうして忘れちまうんだ。。

引き続き豚肉の塊を探す。
チャーシューを作るのに同じ手間ならと二本買った記憶があるのだが、冷凍庫にも冷蔵庫にも二本目が無い。
どうしよ?
冷蔵庫以外の場所に置く筈が無いし、もしそうだったらとっくに臭っている筈だ。


ううーーん。
多分、豚肉は私の勘違いだったのだろう。。
(レシートは捨ててしまったから確かめようがない。)


戸袋に挟んであったハンバーグと共に何かが落ちた。

アイス。
あーら、見っけ!
そうだ ここに一本挟んであったんだ。。
あら、嬉し。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月16日 (金)

盆踊り 6 ダンシングヒーロー 2

仲間に誘われて初めての神社へ行く。
あの太鼓グループも来る。
数日前に通訳したスペイン人は奥方の実家へ里帰りしていた。
それがご近所だったので、”来れば?” と誘った手前、行かないわけにいかなかった。

Img_6107

 

ダンシングヒーローのお兄さんに声を掛ける。

”今日は踊るの?”

これで彼は私の事を思い出しただろう。
相手に印象付けるのは大切である。

 

例のスペイン人は話半分で来ないかもしれないと思ったらやってきた。
休憩時にアイスを配っていたので貰ってあげたら喜んでいた。

到着して掛かった曲が<ホームラン音頭>。
奇妙な踊りだといつも思うのだがフリは至って簡単。
奥さんはすぐに踊りはじめたが彼の方はてこずっていた。
矢張り日本人には盆踊りがDNAに沁みついているのかも。。

 

Img_6095


彼は最初のステップで間違えているのかな。
それにしても、腕は最初は右へ振るんだけど、いつまで経っても左へ振っている。

でも二人とも笑っていたから良かった。

記念写真を撮らせてもらう。
へえ。。
腕を組むのが正しい姿勢なんだ。。

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月15日 (木)

ボリショイサーカス

自由席のただ券があるという。
行かない手はない。

サーカスは子供の頃に町にやってきた小さなサーカス団を見に行ったきりだった。

国立ボリショイサーカス。
馬と犬との記念撮影をしていた。
たった15分の休憩時間でも馬が引かれてくる、犬がちょこんとベンチに座る。。
ショウバイ、ショウバイ。

<サーカス>という泥臭いイメージは皆無で、サルティンバンコのように洗練された<芸>を堪能する。

それはそれは素晴らしい”ショウ”だった。

Img_6078


布に掴まって空中をゆらゆらと幻想的に舞う二人。その美しさにうっとりする。
動物の演技がこれまた素晴らしかった。
馬の迫力、クマの玉乗りを見ながら今札幌で騒がれているクマはどうなるんだろうか。。
クマは球の上で二足歩行してどんな思いなのかなあ。

プードル7匹の成犬から子犬までのラインダンスのような行進は彼らまで楽しんでいるようだった。
愛らしい。

 

こんな中、特に驚いたのは<猫>の芸。

猫が芸をするんだ。。
ケージからパっと駆け寄って台に飛び乗り棒を渡る。
二本の棒の間に両腕を乗せてエッチラオッチラと3匹が並んで降りてくる。
降りてきたら今度は<猫使い>が一匹づつ方向転換してエッチラオッチラと登っていく。
下半身が同じように揺れるので笑いが生じる。
芸が終わったらエサを貰って、さーっと駆け足で自分のケージに戻る。
無駄がない。

Img_6084

 

”キレがいいわねえ。全ての演技のキレがいいわ。動物も含めて。。”
その通りだ。
エサを貰ったらそこでもう一粒呉れともたもたする猫もイヌもいない。

猫をここまで調教できるのか。
うちのトラヨちゃんに今から何か教えて上げられるのかしら。。


息を呑む楽しいショウが続いた。
最後のマジックショウの<早変わり>は素晴らしかった。
中国の変面ショウにも驚いたが、それよりも面積の広い美女の衣装がコロコロ変わるので会場は驚きの連続だった。

 

00007img_00007_burst20190812



終了後、”空中ブランコで最後に天井から飛び降りた人がパンフレットを販売しております。。”
早速、近寄って、”高さはどのくらい?”と尋ねたら、29メートルと言われた。
いやいや天井の高さではなく貴方の身長よ。
なぜそんな事を聞くのか不思議な顔をされた。私もなんでこんなことを聞いているのかしらとは思ったけれど、以前の上司が器械体操をしていて、体操選手は身長があるとできないんだよと言っていたのを思い出したのだ。
彼は174センチ。
結構ある。

上司が言ったのはあくまで日本人という事だったのだろう。

散々話して写真を撮った挙句に何も買わないで、”また来年ね!”とバイバイしたら、
友人が ”貴方何も買わないの?”

買いませんがな。。。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月14日 (水)

盆踊り 5 東京2020浴衣 四姉妹 

6名で向かう。
”絶対最後まで居てね!”と念を押された。
その方のご近所が踊りの先生で、参加者へお土産をくれるそうだ。

集まった人々は穏やかで上品な感じがした。子供たちがちゃんと浴衣を着ているので華やいだ雰囲気でとても良い。
間に小学生の花笠音頭とソーラン節が披露された。

Img_6024

まあ。。あの屈伸運動。。
”ウチラ、あそこまで沈んだら起き上がれないわよ。”
”ステンと転んじゃうわよ。。”
”骨折しちゃうよ。。”

 

櫓から降りてきた子供たちに拍手を送る。
”カッコ良かったわよ!”
全員に声をかけていたら、最後尾に若いお父さんが歩いて行った。

こちらは引き続き、”カッコ良かったわよ!”と声を掛けた。
30代のイケメン男子。
思わず仲間と顔を見合わせて笑ってしまう。

 

Img_6006

 

同じ市内でも会場によって曲が全く異なる。
でも、ここが盆踊りの良いところ、櫓を見ながら曲の3番目にはもう踊れるようになる。
ここは輪が三回で、中央を向いて手を打って、次に進行方向に直っておけさか。。
なるほど。。

結構集中している訳だから頭の体操にもなる。

あれだけ子供が居てワイワイガヤガヤと賑やかだったのに、終了20分ほど前に波が引くようにさーっと居なくなった。
露天は片づけを始めた。

ふとテントを見たら傍の大木が目に入った。
そうだ、この一角はブナの大木に囲まれているんだ。
遠くの五重塔といい、本堂前の広場にいたことを忘れていた。

そうだよなあ。。。
仏様の前で踊っていたんだよなあ。。

 

Img_6045



東京2020の浴衣を着た仲間が別の二人と意気投合した。
あれ、団扇があるの?
浴衣の付属品の話が合わなくてよくよく聞いてみたらあちらの二名は昨年購入していた。
初対面で話が弾むというのは善き事だ。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月13日 (火)

物を尋ねるタイミング

公園を横切ろうとしていた。
前方に変わった犬を連れた夫人が立ち話をしていた。

 

あの犬はなんていうんだろう。。

 

Img_5235


聞きたいと思って、彼女たちの会話が終わるのを待った。
ただぼーっと立っているだけでは不審がられるだろうから、ぶらぶらと他所を見ながら話しの切れ目を待った。

ところがどちらも私に気づかない。
向こう側の婦人は気が付きそうなもんだが眼中に入らないようで中々立ち話が終わらない。

 

 

私は行き先があった。

静かに近寄って小声で、お話し中スイマセンがと切り出した。

でも犬を連れた彼女は数秒間相手に話し続けた。

 

Img_5231

無視されたか。。
ま、答えたくなければそれはそれで彼女の選択。

迂回しようとしたら、ぱっと振り向いて、”American XXX テリアです。”
と面倒くさそうに言った。
覚えられなかったが聞き返す気も起きなかった。
どうせ、わかんないでしょう?というニュアンスたっぷりだった。


彼女は私の質問をきちんと覚えていて、相手の話を中断することなく私にもきっちり答えてくれたけれど、

やっぱり話の途中で話しかけたのはよくなかったな。

 

犬はそのとぼけた表情でチラリと私を見ただけだったが、お互いに興味の対象ではなかったようだ。

 

調べた。
アメリカンスタッフォードシャーテリア。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

2019年8月12日 (月)

盆踊り 4 ダンシング ヒーロー 

近所の公園へ出かけた。
会場に着いた時、”ダンシング ヒーロー”が掛かっていた。

この踊り、結構疲れる。

 

櫓の上のご婦人方に混じって男子が一人いた。
歌舞伎のお面をつけて白のパッチ。
太鼓の人らしい。

以前、阿波踊りでこんな感じの若者が凧になって<連>の周りを走り回って盛り上げていたのを思い出した。

 

ふむふむ。。
すごいなー、この人。

キレッキレッの ステップで、大きく跳ね上がりながら回る。
そのバネは若さの証明だ。
後ろ向きでもステップを踏んで流れに乗り、実に面白く私の目は彼にくぎ付けになった。

<風陣太鼓>のメンバーで、太鼓の演奏も男性ばかりで力強い響きだった。

 

Img_5722


この自治会は麦茶をマメに振舞ってくれて、通常は21時の終了なのに21時半まで踊る。
途中、櫓のご婦人が暑さで倒れてしまったので時間がオーバーしてしまった。

”時間過ぎたけど、近所からクレームが来ないのかしら?”

”来ないわよ、みんなこの近所の人なんだから。”

地元に長く住んでいる人が多いから、その点は文句など出ないようだ。

 

 

Img_5752

 


結局、彼の”ダンシング ヒロー”を3回見物した。 
アンコールでは別のメンバーがお面を点けて一緒に踊っていたけど、あの彼ほどのキレはなかった。
童顔で顎先の小さな髭は彼なりの精いっぱいの男のアピールなのだろう。

彼のノリの良いダンシングヒーローをオギノメちゃんに見せてあげたかった。。

気になれば進んで聞きに行く私。
勿論終了後に近づいて尋ねた。

”あなた、プロのダンサーなの?”
プロじゃあ無い事は百も承知だが、話の出だしはガツンと行く。

それにしても<だんじり>のような白のパッチと前掛けって日本男子を美しく強く見せる。
浴衣と共にこれも日本の美だと思う。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

2019年8月11日 (日)

セミの声

35度を超える暑さで外出が減ったせいなのか、セミの声がなかなか聞こえなかった。
昨年もそうだった。

通路に転がったセミの死骸を見て、セミは例年通り活動しているだわ。。
蟻はここまで上がって来ないようだし、猫も見向きもしない。
骸は暫くそのままだったので植木鉢に埋葬する。

先日のニュースでセミの寿命は7日以上だと証明した男子学生の話を思い出した。

Img_5940



そんな事を思っていたら、通路の目隠しに”ゴツン!”とすごい音がした。
セミがぶつかったのだ。


セミはそのままふらふらと空中に飛んで行ったけれど、あれは終焉を迎えていたのだろうなあ。
ヨロヨロとしてまるで自分の将来を見ている気がした。

 

太極拳の帰り道で突然 ”ジーッジーッ!!” と鳴り響き思わず飛びのいた。

私の目の位置にアブラゼミが止まっていた。
こんな低い位置に。
お前もそろそろ寿命が尽きるのかなあ。。

今年初めて聞いたセミの声だった。

 

エンジェル
こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)
↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

«太極拳 顔色が悪かったといわれた