2018年1月21日 (日)

30年振りに会う筈だった。

その人は私が派遣で働いたショウシャの正社員だった。
同じ部署の彼女は一課で私が二課。
30年以上前の話だ。
友人と呼べる間柄ではなかった。
最後に会ったのは30年も前だった。
彼女はファッションや行動が奇異で、あまり仕事もせず、周りからは<札付き>のあばずれのように敬遠される<マイナス全開>の女だった。
化粧が濃く、当時は有り得ない黒のマニュキア、黒の口紅をつけ、制服は超ミニにたくし上げ、網タイツを穿き、ど派手なスカーフを涎掛けのように首に巻いたりした。
どっから見ても<不健康>が歩いているような人だった。
 
パンクかぶれだったのかなあ。
一体何に反発していたのだろう。。
他人の話を聞く気は端から無く、急かし、茶化し、そして無視する。
集中力が無いのだろう。およそマトモな会話は出来ない。
一課は参与で課長でないオジサマたち。彼女は電話応対、書類整理などをしていた様だが殆ど席に居なかった。
おまけに机の前にポトスの壁を作って自分の陣地を確保していた。
全てが異様だったが、慣れてくると周りも然程気にしなくなる。
 
流れ流れてその部署に来たようだった。
Img_3801
同じ部署だから当然飲み会があると何かとふざけた話ばかりした。
一度仙石原の施設に新人男子社員と3人で遊びに行った。
今でもあれは夢だったかどうか分からないのだが、彼女はその晩に隣の彼の部屋に行った気がする。
 
そう。。
その事を私はどうこう言わなかったけれど、時々ふとあれは幻だったのかと思う時がある。
毎年送る年賀状に返信は無かった。
そんな彼女から昨年、暑中見舞いの翌月に連絡が来たので私はとても驚いた。
今までの私の年賀状等は一切知らないと言う。
どうしちゃったんだろう。
親が私を悪い仲間と思ってそれらを捨ててしまっていたのだろうか。。
”元気ですか?”
ケッコンしたの?
”はい。”
もごもごしていたが、アメリカ人と結婚してシカゴに住んでいるという。
ま、日本人じゃない気はしていたけど。。
Img_3874
 
懐かしい話で盛り上がって、会おう!という事になり、私は時間と場所を指定して彼女の確認を待っていたが何の連絡もなかったので再会は流れた。
一月後、USAから葉書が届いた。連絡が無くて会えなくて残念だった。。
えっ? ナニ言ってんの。。
数日後、メールを見落としたのは彼女だったと詫びのメールが届いた。
友人・知人と”会いましょう!”ってな事を言っても、お互いの都合で実現できない事がある。
お互いの<会う>気力が合体しない時。
そんなとき、今は<会えないご縁>なんだろうと思うようにしている。
また縁が熟れてきたら会えるだろう。
 
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年1月20日 (土)

トラヨの外出

トラヨは私が外出する準備をすると、そわそわして大概一緒にドアから出る。
離れて行く私を階段からずーっと呼び続ける。
(そんな大きな声で泣かないで。トラヨちゃん、直ぐに帰ってきますがな。。)
そして帰宅時にはドアを開ければそこに鎮座していた。
でも、最近は”オカエリ!”の愛想もなくなった。
Img_6162
或る日、部屋にいる気配がない。布団にも寝ていない。TVの上にも。
何処にもいない。
まあ。。
外出してもう4時間経つから、一度戻ってから又外出したのかしら。
それとも4時間も出たまんま?
こうなると心配だ。
交通事故に遭ってないか。
遠くへ行って迷子になっているのか。。
私が落ち着かない。。。
Img_6236
 
”ドン!” と風呂場から音がした。
(帰って来た。。)
私はトイレの中。
ようし。。このままだんまりを決め込もう。
ドアは開けたままで息を殺した。。
彼女はドアの前を素通りしてさっと部屋に行くだろう。。
ところがトラヨは急ブレーキをかけて立ち止まった。
そして私を見て ”ウワオッー!!”
”なんで黙ってんだよ!”と言わんばかりだ。
”ゴメン、ゴメン。。”
 
 
エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年1月19日 (金)

歌舞伎 国立劇場 世界花小栗判官

前にスーパー歌舞伎の”オグリ”を見ていた。
いざりのオグリが妻に巡り会い、猿之助は延々と<愛が大切!>を繰り返した。
m
歌舞伎で愛だ恋だと聞かされて最初はこそばゆい思いだったが、何十回も聞くうちに、本当に愛は大切なんだ、素晴らしいんだと胸に響いたのを思い出す。
あらすじを調べたけれど、覚えているストーリーと大分違うようだがそんな事は構わない。
<小栗物>は多いのだという。
 
 
 
Img_8511
<絵草紙>のようだとチラシにあったが、当に絵のように優雅で華やかな舞台だ。
あらすじ
或る夜、屋敷から宝物が盗み出される。
そして舞台に星空が一面に広がり、なぜか流れ星が数個堕ち、中空にはナポレオンのアルプス越えの馬のような形が赤く浮き上がる。
この宝を巡って善と悪が戦い、男女の愛が絡んでくる。
次に春夏秋冬の桜のシーン。
ここで小栗判官が荒馬を乗りこなし、碁盤のうえで前足を立てる。
この時、ああさっきの夜空の馬はこれか。。
馬も馬上の菊之助も息を呑むほどの迫力がある。
声も張りがあって聞き易い。
Img_8524
夏の場の漁師の家では亀蔵が面白い。
ごろつき共の会話に世相を反映した流行語が続く。
”ワタシ、失敗しないので、チガウダローこのはげ~、そんたく、35億、頭を勝ち割る、etc”
会場は笑いの渦。
登場人物は多いが、話のテンポがぽんぽんと進み分かり易い。
Img_8548
 
冬の雪景色。
舞台転換でぐぐーっと家が奈落に下がり、そこは菊之助の立つ滝つぼ。
照明とスモークで奥には水煙が立ち、川の流れは単純な青い線の遠近法で水が客席に向かって来る。
殺陣の美しさや西洋楽器の音楽も有ったりで、
新春に相応しい煌びやかな舞台でした。
Img_8520
 
1階中央席には40名程のキモノの団体さんが並んでいた。
その後ろ姿に、
あー、うなじって色気が有るんだなあ。。
 
これでやっと正月が来た。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年1月18日 (木)

太極拳でお年賀を頂く

準備運動で先生の説明が少しつかえた。
ご高齢なのであれっと思った。
 
”3週間ぶりデスネ。”
24式を繋いだ<白鶴の舞>。
なんだか不思議だ。。
二胡のメロディーに併せて動くとなぜか切なくなって、そして自分自身がツルになったような気がする。
Img_8486
ツルになったら。。
優雅にこのまま舞い上がってしまいそう。
このまま飛んでいけたらなーと妄想に捕らわれる。
休憩時に先生がお年賀を下さった。
毎年の事らしい。
私は小さな熨斗のついた<紅白のひよこ>の箱がとても嬉しかった。一人の年末年始に、こうやって何かを頂けるというのは嬉しいものだ。
第一回目の練習なので最初の型を習う。
何気なく真似てきた型だが、歩幅、腕の位置、手首の角度、地面に平行に手の平を腰あたりに置く、等とこんな緩やかな動作でも、言われたとおりにやろうとすると緊張するものだ。
ご年配の二人がこうだ、ああだとこそっと教えてくれる。
”太極拳は弓歩。健康、友好、和平を求めるものです。”
 
最後に先生は”準備体操の後半を省いて、時間まで<不老拳>の練習をします。”と仰ったのに、”サイチェン!!”とさよならの挨拶をしてしまった。
数名が”んっ?”と思ったが、節分に演じる5名で不老拳の練習が直ぐに始まった。
仲間とひそひそと、”ああ、良かった。。” と胸を撫でおろした。
先生はちゃんとしていた。
 
この穏やかな先生が私は大好きなのである。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年1月17日 (水)

水彩画 柿と花器

早めに来て自分たちで机の設定をしなければいけない。
隣の部屋から机を運んでくるのだ。

Img_8439
柿がある。
本日の題材は。。今頃。。柿?
用意した人が柿の説明をしている。
”ワタシ。。柿と牡蠣の区別がつかないの。東北出身なので。。”
 
思わず、”ワタシもなんです!”
柿と牡蠣、橋と箸のアクセントができない。
(西語と英語のアクセントに自信はあるのだけれど。。)
Img_8474
 
先生が到着して、”かき”がどうこうと言っている。。
えっ?
かき? 花器? 花瓶?
数名が慌ててセンター内の花瓶を6個かき集めて来た。
 
花瓶3個に柿を並べているのを見て思った。
先生は<花器>と仰ったに違いない。
それが<柿>になったようだ。
Img_8443
 
前回、大きく白を掛けられたシクラメン。
友人のと並べて最終チェックをしてもらう。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
今月は

2018年1月16日 (火)

盆踊り 新年会

いつものように和気あいあいと踊る。
<祝い酒>
”この歌詞って。。スゴイよね。”
”そうなのよ、えげつないでしょう? 男尊女卑も甚だしいわー。”
 
<ベイサイド・ブギ>はウキウキするステップで、<牛ちゃんマンボ>に至ってはパッソドブレ。凡そ盆踊りとは程遠い気がする。
思えば<ダンシングヒーロー>だって腰を捻ったりして変わった盆踊りだが、あれは曲が格好良い。出だしのチャンチャンチャッチャッチャで背筋が伸びる。
 
このサークルは2月で3年目に入るという。
殆どのメンバーは木曜日の別のサークルから来たそうで、
 
”こっちの方が役に立つよ。”
Img_8425
どういうことかと思ったら、木曜クラスでは日本全国の盆踊りをするというのだ。
結局、地元では踊らない曲が多い。
m
新年会は先ず大部屋で乾杯してから食事はニ部屋に別れた。
でも女性が3人集まれば姦しく、各テーブルでは話が盛り上がったようだ。
Img_8430
 
私の前に座った唯一の男性がオープンガーデンの話を始めた。
庭造りが趣味だという。
”ワーイ !!春になったら皆で見に行きましょう !”
市内でオープンガーデンに参加している家々のリストを見せてくれた。
地図を見ながら、”そうそう、ここに大きな家が有ってね。。それだわ。。”
流石、地元民だ。
 
ちょっとした会話から色んな情報が入って来るのは楽しいものだ。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年1月15日 (月)

能 難波 狂言 松楪

<あらすじ>。
天皇の臣下が熊野三山へ参篭後に難波に到着する。見事な梅の木の周りを掃き清める二人に会う。
二人は梅のめでたさを讃え、難波で即位した仁徳天皇の治世を懐古する。
彼等は梅の精と王仁の化身。
宵には木花開耶姫(このはなさくやひめ)の精魂が現れて天女の舞を奉納する。
王仁も舞楽を披露し、治まる天下を祝福する。
ふむふむ。。
そう言うおめでたいお話か。。
Img_8336
翁の白髪の髷げが不揃いで前に突き出ている。
これが力強いのが面白い。
 
金地に大きな黒の青海波模様が斬新で、このままだとド派手だけれど、一部をタンクトップの前に取り入れたら素敵じゃないかしら。。
などと能に関係ない事を思う。
天女の舞も翁の舞も優雅でした。
王仁が始終俯き加減でなにか変だなと思ったら、後見がしきりと冠を持ち上げていた。
まっ、重いのねえ。。
あれでちゃんと前が見えているのかしら。。
Img_8490
 
隣のご婦人は開始2分で寝始まった。
ずーっと寝て、狂言も寝ていた。
右隣は能の途中で寝てしまい、も一つ向こうの男性は鼾をかいて寝ていた。
すげえ。。
正月の疲れを鼓の音で癒すなんて、とても贅沢な過ごし方だと思う。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年1月14日 (日)

愛犬 はる

年賀状を見た友人が、
”可愛い犬ねえ。。相変わらず肌ツヤがいいわねえ。。何処で撮ったの?”。

もう30年も会っていない人から<アイカワラズ>と言われても。。意味がわかんない。

あれは。。
一廻り前(12年前)に使う筈だった愛犬”はる”と実家で撮った写真。
前年に母が他界したものだから使えなかった。
数年後はるは行き方知れずとなって、ご近所さんも探してくれたが見つからなかった。

Img_7425

私に一番懐いて、帰郷した時はいつも一緒に遊んだ。
山ヘ川へ。

あれは<お気に入り>だったから私は12年待った。

いい笑顔だ。。
私もはるも。。

 

あんな笑顔にはもうなれないような気がする。
(今は肌も気力もひなびた。)

今は東京では暑くて着る機会も無いけれど、アルゼンチンキツネの私に同級生が、

”どっちが犬だかわがんねえやなー。。”

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年1月13日 (土)

ひつまぶしを食べ損なう

”お昼は<ひつまぶし>よ!” と言われていたが、
私の出発まで20分しかなかった。
そこで軽食をとる。
ひつまぶしをご馳走する積りの友人は、バスの中でと天むす弁当を買ってくれた。
恐縮していたら、
”ええわー。ひつまぶしの筈やってん。。”
ぼそっと言う。
”姉がね、私が居ない時でも遊びに来てくださいと言ってました。”
そのご本人からは、私が最後にご主人の車に乗った際に言われた。
”旦那とだけではケンアクな雰囲気になるから遊びに来てください。”
Img_8286
一日半の滞在で熱田神宮と名古屋城、そして展覧会2軒と充実した名古屋デビューだった。
又来れるなー。。
 
高速バスの隣席は必ず同性なんですよ、と友人に説明していたにも関わらず、既に男子が座っていたので驚いてしまった。
それもアジア系の外人さん。
前日見たネーパール人を思い出した。
Img_8275
彼はずーっと電話をしていたし、面倒くさいので暫くは黙っていたけれど、左耳の大きなピアスが気になった。
ルビーだわ。。でかいわ。。1カラット以上だわ。。
気になるので話しかける。
”それ、ルビー? 素敵ね。”
そこから話が始まった。東京に就職が決まったという。
日本にネパール人は4万人程いるらしい。
そういえば姉夫婦が名古屋大学には留学生が多いという話をしていたっけ。。
 
彼は日本語が上手い。
ネパールの事を色々と教えてくれた。
漢字が分かるのでスマホであっという間に情報を探しだしてくれる。
ネパールの歴史をふむふむと読ませてもらう。
調べれば今は何でも学習できるんだわ。
 
Img_8354_2
彼女いるの?
”はい、今年結婚します!”
あら、おめでとう!!
得意げに彼女の写真を見せてくれた。
それがまた凄い美人だった。
大切にするのよ!二人で金を溜めなさい。
先立つものは金ヨ。
”はい。カノジョが傍に居れば僕はダイジョウブです。”
歯の浮くようなセリフが私の胸にぐっと来た。
愛する人は生きる活力そのものなんだ。。
 
実り多い名古屋の二日間でした。

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2018年1月12日 (金)

友人の家族

友人の姉夫婦は親切で楽しい人たちだった。
義兄は客が来ると色々ともてなし、連れて回るのが好きらしい。
私が焼き物の話をしたら、”常滑か瀬戸ヘ行きましょうか?”
もし私が”YES!”と言ったらそのまま連れて行ってくれただろう。。
Img_8263
馬好きで板に貼り付けた馬蹄の内側に鏝で馬を描く。それを友人たちに配るそうだ。
水彩画も描くが決して習いに行くことはなく全て独学。
頑固で凝り性らしい。
娘がスエーデンに嫁いでいるので、北欧3国は訪問しているがそれ以外の国には全く興味がない。
そんな具合だからスエーデン関連の本を読み、スエーデンの有名な小説を読んで居る。
Img_8283
 
へえ。。スエーデンの小説って面白いですか?
”面白いよ!”
 
あら。。
私の義兄に似ているなー。
彼はスペイン語の文法を私に聞いてきた。
私が良く分からずに口籠っていたら延々と解説が始まった。
なんでそこまで知ってんだ。。

全くの独学だという。
知識がどんどん頭に入って来るって”スゲエナ―。。”と尊敬はしているが、如何せん、人付き合いがとても下手な人だった。
(全く人気の無い男。。)
友人の義兄は明るく楽しい人の様だ。
熱田の歴史や東海道の宿場の話や信長・秀吉・家康と色々と教えてくれた。
 

エンジェル

こちらも書いてます。
http://blog.livedoor.jp/torayohime/
(Angelaの簡単スペイン語)
http://blog.livedoor.jp/torayohime-shirayuki/
(しらゆきひめのブログ)

↓読んで頂きまして有難うございます。ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

«名古屋市美術館 シャガール展